人と人がつながる店
南三陸の田畑さんと電話で話をしたんですよ。

その中で、昨日の北朝鮮のミサイルの話が出てきたんですね。

当然、南三陸でも、朝、7時ぐらいにJアラートのサイレンが鳴ったそうです。

ところがですね。

田畑さんのいうには、その音が、あの震災で津波が発生した時に知らせる音と同じでイヤだったというんです。

そりゃ、そうだよね~

あのサイレンの音ってさ、僕らが聞いても不気味ですよね。

僕は、経験してないけど、空襲のような感じがするんですよ。

何かの理由があって、あの音にしているとは思うんだけど、どうなんですか?

明るい音にしろとは言わないけど、もうちょっと考えてもいいんじゃないかと思うんだよね。

さらにね。

被災地に人たちのことは、もっと考えないといけないと思うんだよ。

トラウマみたいになってる人もいると思うです。

あの音を聞くたびに津波のことを思い出しちゃうかもしれませんよね。

なんとも言えない恐怖が湧き上がるんじゃないかと思うんですよ。

なんとか出来ないっすかね?

北朝鮮がミサイルを発射するたびに、あの音を聞くっつのも、つらいもんです。

なんですな。

せめて東日本大地震の地域だけは、少し考えたほうがいいような気がしました。

これから、まだまだ、必要なサイレンなんですからね。