人と人がつながる店
仕事の事で秋葉原に行って来たんですよ。

いや~、まだ足の具合から考えるとキツイっすね~。

階段の上り下りが難関ですな。

で、せっかく秋葉原に来たんだからと現在、購入検討中のMacBookの下見をしたんです。

まずは駅前にあったヨドバシカメラに入ってみたんです。

まあ、さすが秋葉原!そのパソコン売り場の広い事広い事。

スタッフも多いし、雰囲気もいいし、さすが秋葉原って感じでしたね。

windowパソコンのところなんか、中央にスタッフがいて、まわりをお客さんがイスに座って囲っていて、使い方のレクチャーをしてるんです。

とっても、良い感じです。

思わず、僕もじっくり説明を受けてみたくなりました。

でも、忙しいから店員に声をかけることはしませんでした。

さてさて。

今度は、ものは試しと、帰りに立川のビックカメラに寄ったんですよ。

あの秋葉原のシックな雰囲気とどう違うのか?

比べてみたかったんですね。

そしたらですね。

まあ、MacBookのコーナーが、すっごく小さいし、なにやらガチャガチャしていて、なんとも落ちつかない雰囲気なんですよ。

もちろん、windowパソコンのコーナーも、いかにもモノを陳列だけして売ってるという感じです。

とっても残念な雰囲気でした。

とても、買おうという気持ちにはならないしつらえでしたね。

そしてでね。

極め付けは、1階のスマホ売り場なんですよ。

「いらっしゃ~い!いらっしゃ~い!!」
「安いよ~!安いよ~!!!」

の大合唱で、なんだかスーパーの魚売り場かと思っちゃいました。

せっかく苦労して、スマホを研究し、開発し、製造してきた方々に申し訳ないほど、値段だけで売ってるんです。

せっかく、技術の粋を集めた機器なのに叩き売りされちゃかわいそうですね。

こうなってくると、本当に買う気がまったく起こりません。

いや~、もっと、ゆっくり、じっくり対面で話をして買い物をしたいですね。

以上、最近の量販店レポートでした。
(^^;;