FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
最近、出店ラッシュです。

個性あふれるお店がドンドン増えてます。

え?

どこかの商店街だって?

違う違う、シルクワールドの中にある小さな店たちですよ。

今日、オープンしたのは多肉小物とバックとキーフォルダーのお店です。



店名は、まだありません。

女性3人がオーナーです。

なかなか可愛い店ですよ。



ぜひ、シルクの店に足を踏み入れたなら、観ていてくださいね。

入り口入って右手にあります。

よろしくお願いします。

m(_ _)m






今日は日曜日です。
(^ ^)

でも、仕事しました。
(^ ^)b

だから、ご褒美に回転寿しさんへ夕飯を食べに行く事にしました。

席に着き、まず注文しようと思ってボード見たら、な、な、なんと!

こんなメッセージが!



ガビーン!

ビールが売り切れ!

それも、生も瓶も・・・

そんなバカな!

こんな事ってあるんだ!

初めて遭遇しました。

そりゃね。

業務用の樽生が売り切れっていうのは、仕方のないことかもしれません。

でもね。

瓶ビールまで無いっつうのはちょっとどうなんでしょうか?

この回転寿しさん、某大型ショッピングモールに入っているんですよ。

ってことはですね。

その中建物の中にスーパーがあるわけですよ。

だったらさ、瓶ビールを買ってくるって手があると思うんだよね。

それなのに、なぜ、無い?

あ~

せっかく楽しみにしてたのに・・・

まあ、いいか。

僕の健康ためだと前向き考えよう!
今日は休肝日だ!

(^^)/

って、実はここに来るまでに缶ビール2本飲んじゃったるんです~

(^ ^)b

さらに、家に帰ってきたら、その反動で小瓶ビールを2本飲んじゃいました。

(^ ^)v

あら?
やっぱり休肝日が出来ませでした。

というお話しでした。
残念。

(^^;;


結局、飲んじゃってるじゃなですかね?




これも僕の健康を考えてのことだといい方にとりました。







シルクでは、シルクサポートセンターに登録している人には、メールでいろんな情報を送ることにしてるんですね。

もし、登録していない人がいたら、ぜひ登録してくださいね。
(詳しいことは店頭で・・・)

さてそんなメールなんだけど、配信するタイミングがあるんです。

ひとつには、イベントなどの告知ですね。

これは、どんなお店でもやっていることですね。

次に、メールを配信するのは、お店がヒマな時なんです。

ヒマだから遊びに来てって感じですね。

次に、レスキューメールでです。

何、どうしても困ったことがあったら、助けてくれ~ってメールで出します。

まあ、この3種類ぐらいですかね。

とこがです。

今日、サポートセンターの人にメールを出したです。

それは、教室の参加のお誘いだったんですね。

今、ニューズレターが、完全に後手に回って発行遅れているかたいち早くイベントだけは伝えておきたかったんです。

そんでも持って、そのニューズレターは、明後日の朝に配送業者に渡さなければいけない状態なんです。

だから、レスキューメールをするほどでないし、なんとか自分ひとりで出来ると思ったんです。

ところが折り込みをいざやってみると、これがなかなか手間なんですね。

そこで、メールで「今、ひとりでニューズレターと格闘してます」って書いたんですよ。

そしたら、なんと3人の方がニューズレターの折り込みを手伝ってくれたんです。



ほんと、ありがたいことです。

おかげさまで、明後日の発送に間に合いそうです。

そして、今回、僕が出したメールは「ぼやきメール」と命名していただきました。

ありがとうございました。

m(_ _)m







ジャンジャジャーン!

本日、初の「夜の洗濯会議」を開催しました。



申し込みの人が少なくてお流れになっちゃういそうだったけど、なんとか開くことが出来ました。

この「会議」って言葉に僕はなんとも言えない意味を込めているんですよ。

普通なら「洗濯教室」とするところですよね。

それが、そうじゃなく「会議」ってするところが重要なんです。

教室は一方的だけど、会議は皆んなで話し合うようなニュアンスなんですね。

その微妙がニュアンスを僕は大切にしたくて会議としたんです。

(^ ^)v

え?そんなことはどうでもいいかって?

そんじゃなんで、こんなことをやるかっていうことを話しますね。

普段、店頭で、家庭洗濯のことをお客さんと話していると、ずいぶん、間違った知識や、間違った洗濯方法でやってる人がいるんですよ。

洗濯機にお任せだったり、テレビのCMに踊らされたり、ネットの情報に振り回されたり・・・・

そんな様子を見ていると、やっぱクリーニングのプロとしては黙ってられないわけですよ。

だから、家庭洗濯のことを教えたくなっちゃうんですよね。

人間、便利になるとあんまり考えなくなっちゃうんですよね。

洗濯機が自動化すればするほど、お任せになっちゃうんです。

とにかくね。ヨゴレが落ちるには理屈があるわけですよ。

例えば靴の泥汚れなんか、漂白したりする人いるけど、まったく意味がないわけなんですね。

洗濯ってある意味「化学」ですからね。

そんなわけで、家庭洗濯のやり方を見直そうというのが、この会議の主旨なんです。

本日、もっと基礎である洗剤と石鹸について話しました。



皆さん、知ってるようで知らないことがあるんですよね。

まだまだ伝えないといけないと思って、今度は、昼の洗濯会議を開催したいと思いました。

果たして、参加者はいるのか?

そのへんが心配です。

希望者は、前もって声をかけておいてくださいね。

そうすれば、僕も安心して開催できますからね。

そんじゃ、参加者はの皆さん、本日はお疲れさまでした。

m(_ _)m


小さい子どもから、大人まで、本気で楽しめる教室があるんですよ。

デコなんですね。

日時は12月6日(日)なんですよ。

デコってます?

細かい飾りを貼り付けて作品を作るんですね。

今回はクリスマスリース作るんです。



どうっすかね?

いいでしょ?

講師を務めてくれる佐藤さんがなかなか時間が取れたくて、やっとカタチになりました。

そんな、珍しい企画なんで、ぜひ参加してみてください。

参加希望の方は
メール silk929@kzn-mail.jp
電話 0120ー840ー929
まで!よろしくお願いします。

m(_ _)m

Googleが、また変な事を始めますよ。

誰もがご存知かと思いますが、12月18日はスターウォーズの公開日です。

それにちなんで、Googleがスターウォーズ仕様になったんですよね。

Gメールの壁紙が、スターウォーズになってアクセスするとライトセーバーが出て来るんです。

さらにマップにはXウィングが出て来たり、かなり面白いです。



公開日までの限定なんでやってみるといいですよ!

イースターエッグも用意されているみたいなんで・・・

ダブルブッキングしてしまいました。

お客さんのお宅にお伺いする日を決めていたんだけど
その日は、洗濯会議の日でした。

あちゃ~、わざわざお客さんに変更してもらったのになんてこったです。

予定を入れやすく、確認しやすいと思ってスマホに統一したけど
ダメでしたね。



やっぱ、今までの通り、紙の手帳を使うことしました。

人間にアナログが一番いいのかもしれませんね。

紙の手帳を復活です。


人は、自分に関係ないものは、なかなか目に入らないもんです。

興味のないものは、視界から消えてしまうんですね。

なぜ、そんなことを感じたのかというと、店が祝日定休日ということで、イオンに行ってみたんですよ。

連休最終日で、天気が悪いんから多くの人が大型施設に遊びに来てたんです。

かなりの賑わいでしたよ。

そんな中、いつもは気にしていない子供の遊び場スペース見たんです。



1時間600円で遊べるというキッズコーナーですね。

自分の子どもが大きくなったんで、まったく関心がないから、今までは全然気にしていなかったんですよ。

ところが連休中に、息子夫婦が遊びに来て、子どもを遊ばせるというから付き合ったんですね。

そこで、あらためて無邪気に遊ぶ子どもたちを見ていたら、いろんなことを考えてしまいました。

だってね

そこにいる子供たちの将来を決めるのは今の我々なんですよね。

今の我々の行動で、この子たちが暮らす社会が決まるような気がするんです。

なんだか、今の自分の生き方って、すっごく大切だと感じたんです。

責任っていうでしょうかね?

確かに、そこにいる親たちにもその子の将来に対する責任はありますよ。

でも、僕がいう責任とは、もっと大きなもので、その子どものが関わる「世界」なんですね。

やがては死んでしまう我々が、何をこの子どものたちにしてやれるかということを考えたら、なんだかやらなきゃいけないことがたくさんあるなと思ったんです。

今、生きてるうちにこの子どもたちに対する責任だけは果たそうと思いました。

子どもたちが無邪気に遊ぶキッズスペースで、そんなことを考えるのは僕だけかもしれませんね?

(^^;;

本日は真面目に商いの勉強やってます。



月1回のペースで集まってるんです。

え?何の集まりかって?

ここにいる人たちはクリーニング屋さんじゃないですよね~。

皆~んな違う業種なんです。

やっぱさ、勉強っていうか、刺激っていうか、そういうものは違う人たちと話をするのがいいんだよね。

同じ業種だと発想が似てきちゃうんですよ。

そうなると、新しい発想が生まれないんですね。

だから、こうして違う業種の人が集まっていろいろ話をするんです。

夜8時~夜中までやるんだから、たいへんです。

だって、仕事を終わらせてから来るわけだし、遠いところからくるんだもん、よっぽど真剣じゃないと出来ないっすよね。

ほんと、ここに集まってる人たちはたいしたもんです。

僕も、毎回、学びがあります。

ここで受けた刺激が、明日のシルクを作ります。

あとひと踏ん張り、頑張りま~す!

これ、何だと思う?



何かのボタン?

飾り?

何に使うんだ?

スゴくキレイですよね~

実はペットボトルを花瓶にする道具なんですよ。



八王子のスミレ薬局さんのアヤさんから教えてもらいました。

早速、購入して使ってみるとこれがかなり良いんです!

僕は一輪の花ってタイプじゃないから、折れちゃった観葉植物の葉っぱをさしてみました。



こいつのスゴイところは、倒れても水がこぼれないってところなんです。


ってことは、パソコンの近くとか、書類ののったテーブルとかの上でも安心ってことでしょうね

(^ ^)b

かなりの優れモノなんで、この製品のメーカーに連絡して、仕入れることにしました。

一度に沢山仕入れることが条件だったけど、まあ、なんとかなるかと思って発注したら、な、な、なんと、まだ仕入れてもいなのに、本日、4個を購入したいというご予約をいただきました。

いや~、なんか嬉しいっすね!

来週中には、正式に発注するので、週末には店頭に並ぶと思います。

ぜひ、実物をご覧になってくださいね!

毎週金曜日の午前中にですね「子育てママの井戸端KAIGI」っていうのをやってるんですよ。

子育て中のお母さんが気軽に話を出来ると場ですね。

そこに本日は言語セラピストの片岡さんに来てもらったんです。

でね。

せっかく専門家の話を聞くチャンスなんで、ひとりでも多くの人に聞いてもらえると嬉しいな~って思ってたわけなんですよ。

そしたら、まあ、たくさんの人が来てました~!
\(^o^)/
ヤッフォー!



正直ね。

どのくらいの人が来てくれか?

どんな感じになるか?

心配してたんですよ。

ところがですね。

まあ、始まってみれば、皆んなそれぞれの悩みなどを気軽に話してくれて、とっても雰囲気でした。

井戸端KAIGIを主催している平井さんもホッとしたことでしょう。

これからも、金曜日の午前中、子育てママの井戸端KAIGIはやりますから、ぜひ、気軽に遊びに来てくれると嬉しいですね。

片岡さんにも、また、来てもらうことがあると思うので、興味のある方は、僕宛に「興味がある」とメールください。

そうすれば、人が来てくれるかどうかという余計な不安が無くなりますから・・・
(^^;;



ついに大作に挑戦しだしたカゴ教室のメンバーたちがこの前の日曜日に続き、再度集結しました。

日曜日に参加できなかった人や、新しく始めたい人たちをを呼んで、プチ教室となりました。

だから、本日は、バックの途中経過の連絡と、新規カゴ作りと、コースター作りを同時にやったわけなんですね。



なんとも素晴らしいパワーです。

この店の責任者としての仕事は何もありませんでした。

しいていえば・・・・

豆を挽いて珈琲を入れたぐらいですかね?

そうそう、今回の手作りバックと、他の出店者のコラボが実現するかも?

偶然の出会いで、面白いものができそうです。

それは、いつか書きますね。

といわけで、今日は連チャンの疲れが出てきたようなんで、もう寝ます。

おやすみなさい・・・

悪いことが起こっても、いい方に考えないといけないってよく言われますよね。

でも、なかなかコレが出来ないんですね、のが現状ですよね。

今朝ね、店の片付けやってたんですよ。

みかんの測り売り会場の整備してたんですね。

そしたらですね。

パイプを天井につけていたら、天井のレールが突然落ってきたんですよ。



そんでもって、その下にあった観葉植物をひっくり返してしまったんですね。

あちゃー!!

やらなきゃよかった・・・

余計な仕事がふちゃしちゃったです~

な~ん、今までなら、嘆いていました。

しか~し

最近はちょっと違うんです。

まず、レールが落ちて来たのが、お客さんがいる時じゃなくて良かったって思ったんです。

もしそうで、ケガでしたらたいへんですからね。

次にですね。

そのひっくり返してしまった観葉植物ななんだけど、実は植え替えをしなければと前々からおもっていたヤツだったんでうよ。

めんどうだから、伸ばし伸ばしにしてたんですね。

ところが、 今日、こうして土がひっくり返しえったことで、植え替えしざるおえないくなってしまいました。

おかげさまで、根がギッシリつまっていたのが、大きな鉢に植え替えられました。



手前が以前の鉢です。

けっこう、ゆとりの大きい鉢でしょ?

本当なら、今は植え替えには適した時期じゃなんだけど、やっちゃいましたたね。

さ~て、この観葉植物がこれからしっかりと根をはって栄養をとれれば、またガンガン成長することでしょう!

楽しみだし、サッパリしました。

( ^ ^ )/


キャンペーンのチカラはスゴイ!

だって、あれからビールと言えばキリン一番搾りになっちゃいましたからね。

キリンもこのキャンペーンで随分売り上げを伸ばしたんじゃないですかね?

そんなキャンペーンの商品が届いたんです。



それも2箱です。



投函した日ずれていたのに、なぜか、同時に到着してしまいました。

では、開封の儀を・・・



なかなか、いい感じの化粧箱です。

さらに開けると・・・



6✖️2の12本の限定醸造ビンビールです。

実は、もう1回送れるだけの応募シールがあったんだけど、辞めました。

だって、3箱まではいらんでしょ?

それにしても、もらえることは嬉しいんですが、あらためて考えてみると、よくもまあ、ビールを飲んだもんです。

1回も申し込むのに100枚弱必要だから、3箱分となると・・・

なんか、ビールを飲むことは楽しいんだけど、飲んだ本数がバレるのはちょっと・・・・

まあ、そこは細かく考えないようにしましょう。

そんじゃ、また!




これ見たら何を思います?



ただの落ち葉の山?

そうっすね~

確かに落ち葉の山ですよね~

でも、これ。

燃やしたくなりますよね。

燃やしたら、その中にサツマイモいれたいですよね。

(^ ^)

なんか、秋の風物詩ってかんじしません?

ところが、今じゃ燃えるゴミ袋に入れて、市のゴミ収集に出すわけですよ。

風物詩がゴミ・・・

ちょっと寂しいっすよね。

僕が子どものころは、庭で燃やしいたんですけどね~

庭といっても、借家だったから本当に狭いところで燃やしていたんですよ。

そこにはいつも灰の山があったんですよね。

ところが今じゃ燃やしてちゃいけないことになってるみたいです。

ダイオキシンの問題があってからですかね。

なんだか寂しいですよね。

バーベキューは問題ないですかね?

山火事はどうなんですかね?

本当のところはどうか僕もよくわかりません。

でも、落ち葉は燃やしても問題ないんじゃないかと思うんですよね。

落ち葉や木を燃やして焼き芋をつくり、その周りで雑談をして、近所のコミニュケーションをとる

そんな日本の風物詩を大切にしたいような気がします。

ついに、禁断の?本格的バックの製作が始まちゃいました。

なんで、禁断?なのかっていうと、これ完成するまでに、かなり時間がかかるわけですよ。

それを、どういう仕組みでやっていこうか、教えてくれる大屋さんと随分話をしたんですね。

2時間ぐらいで完成できるものなら、ワークショップとして簡単に出来るけど、ここまでの大作をどう進めていいか悩むところなんです。

だから考えましたよ。

そして、本日、やってみました。

実際、このバック製作のスタートはコレを作り出した時からなんです。



コースターですね。
これは2時間で出来ました。

そして、次にコレを作ったんだけど、これが2時間で終わらなかったんですね。



そして今回、目標にしているバックはこれなんです!



いや~皆さんのこのステップアップには頭が下がります。

m(_ _)m

まさか、ここまで来るとは、ほんと思いませんでした。

これは、けして最初からプログラムされたことじゃなくて、参加しているお客さん同士のパワーによって実現していることなんです。

ここまでの段取りは、み~んなお客さんがやっているんですよ。

スゴイことですね~。



これ見ただけで、完成までには時間がかかることはわかりますよね。

このバックを作るには、まず、こんなにたくさんある色から選ばなきゃいけないんですよ。



迷いますよね~

でこれを必要な長さに切って編み始めるとこんな感じになるわけですよ。



参加してない僕が見ると、なにがなんだかよくわからんです。

そして、これを地道に編んでゆくんですね。



スゴイですね~

これをやろうとしているお客さんのたちの思いは素晴らしいと感心させられます。

m(_ _)m



まだまだ知らないことがたくさんあるっんですよね。

そんなことを今日、マジマジと感じました。

本日、紅茶教室を開催したんです。



紅茶って、なんとも優雅でコーヒーとはまた違った時間の流れがあります。



って、なんでそんことを感じたのかっていうとですね。

実は、今日の紅茶教室、なかなか人が集まらなかったんですよ。

定員6名のところ3名だったんですね。

ところが、時間がずれると参加出来るという方がいて、同じことを2回やったんですよ。

そしたら、気がつくと定員の6名になっていたんですね。

不思議ですね~(講師の人は大変でしたが・・・)

2回転してくれたおかげで、いつもは忙しくて参加出来ない僕も、生徒として参加させてもらったんです。

茶葉の製法を見分けての量を決めるコツも知りました。



美味しい紅茶のために、どうやったら、茶葉を踊らせること出来るのかも知りました。



マナー違反にならないミルクを入れるタイミングもわかりました。

これでいつでも自信をもって英国にいけます(笑)

知識も増えました。

そんな中で、へ~って思ったがオレンジペコのことです。

僕は、今までオレンジペコって、なんかオレンジに関係するのかなと思っていたんですよ。

そしたら、新芽の次の葉っぱのことだったんです

ご存知のように、紅茶も緑茶も同じ木でですよね。

収穫するとき、葉っぱの上の方を摘むとわけですよ。

それを1芯2葉っていうんですよね。

その2葉の最初の1番目の葉っぱのことだったんですね。

いや~、正しい知識が増え、たくさんの種類の紅茶の味を体験出来き、そして恥じないマナーを知る。

こりゃ、ほんと素晴らしい内容でした。
(自画自賛)

人が集まらなくて、急きょ2回転したおかげで、知ること出来ました。

すっごく内容の濃い紅茶教室でした。

初心者コースは、これくらいにして次回はさらにグレードアップしたいと思ってます。

(^ ^)v





子どもの純粋さに触れると、気持ちが安らぎますよね。

(^ ^)

小さい子どもって、言うことを聞かない時は悪魔のようだけど、寝顔は天使って感じですよね。

でも、子どもってかなり才能を持てると思うんですよ。

今日、微笑ましい出来事があったんです。

お客さんのUさんが、午前中に来店されたんですね。

金曜日の午前中に開催している「子育てママの井戸端KAIGI」に参加するためですね。

Uさんには幼稚の男の子がいます。

けっこう、やんちゃなんです。

その男の子が、今、一番大切いしている
宝物があるというので、見せてもらいました。



これ、何だと思います?

「マスター財布」駄だそうです。

この財布を完成するには、お父さんとの格闘があったみたいですよ。

持ち手は1本がいいのか2本がいいのかという細かい部分に悩むみたいでね。

そんな悩みが夢まで出てきてうなされたみたいですね。

いや~そんなことで悩ませてしまってほんとすみませんでした。

でも、凄く嬉しい出来事でした。

(^ ^)b

「正解した方の中から抽選で10名さまに、来店した時にカップコーヒーを無料でサービスさせていただきます。」

っていう企画、どうっすかね?

問題はこれです。

これは何に使うものでしょうか?



シルクの小さな店「mameyakko」さんにオーダーして作ってもらったもんです。

前々からあればいいなと思っていたんです。

モノというより道具って考えてくれるといいかな~

使う場所はカフェです。

お客さんにとってはお得な事に使います。

さて、答えが分かった人は、お店に来た時に、小声でマスターに教えてくださね!

期限は、正解をブログにアップされるまでです。

そんじゃ!

SILK マスター石井



なんだかんだといっても、もうすぐ年賀状をようする季節になりますね。

いや~、今年も早いっすよ!

でね

年賀状って、家に届くとどうしてます?

まず、家族それぞれに振り分けますよね。

それから自分宛にきたのを見ますよね。

そこでまた、個人と業者とを分けます。

その時、業者関係っては、定型文の印刷ですよね。

毎年、同じで、年号と柄を変えたら、また使えるんじゃないかと思うくらい毎年同じですよね。

ところが、そんな中に、例えば手書きで「お元気ですか?」とか「また、お会いしていです」な~んて書いてあるとどう思います?

ちょっ違いますよね。

宛名から文面まですべて印刷の年賀状は無条件にはじかれてしまうと思いませんか?

でも、たった一言、手書きで添えてあるだけで、全然印象が違うんですよね。

人は、モノより、そんなちょっとしたことで、悦びを感じるわけですよ。

ということで、うちもレジのところに一言添えられるようにメッセージカードを置きました。

fc2blog_20151111231753c77.jpg

プレゼントにちょっと一言添えるだけで、価値が2倍になります。

こんなカードですが意外と出るんですよ。

やっぱ、贈り物なんかは、贈る気持ちを一言添えることが大事なんですね。

ちなみにメーッセカード30円(税別)です。

たまにはね。

家族で外食でもと思い、奥さんと息子も連れて食事に出掛けたんですよ。

行ったお店では、今、流行りの飲み放題っうのをやってるわけです。

以前、この店に行った時は飲み放題にしたんですね。

だってさ、ビール底なしの僕と、のんべーの息子じゃ、食事よりも飲み代のほうが多くなっちゃいますからね。

通常で3杯ぐらいは飲むふたりなんで、飲み放題の金額でもとは取れるわけなんです。

ただね・・・

最近、ちょっと僕の考えが変わってきたんですよ。

なんだか、食べ放題とか飲み放題とかが、イヤになってきてるんですね。

っていうのは、食べ放題ってなんだか食べなきゃ損って感じするしょ?

飲み放題も、もとが取れるとか、量を多く飲めるとかがポイントですよね。

ようするに、損か得かで食事をしてるわけでよ

それってさ、ちょっと「食事」違うんじゃないかと思うんですよね。

食事の楽しみは、美味しいものをたくさん食べるということもあるかもしれないけど、僕としては美味しいものを楽しむ時間も食事なんですね。

そう考えると、僕にとって大事なのは雰囲気だとか、接客なんですよね。

楽しむ時間を与えてくれるという気持ちが欲しいんです。


ところが◯◯放題は、そんなことより、量が多くとか得だとか、そこに焦点があたってるから、せっかく美味しいものが目の前にあっても虚しくなってきちゃうんですよね。

ということで、今回は僕はビール3杯、息子はイモを3杯なんで飲み放題と同じ金額だから、飲み放題をやめました。

もし、飲み放題にしたら、僕も息子も、あと1杯づつ飲まないと得にならないとおもっちゃうからですね。

ビールを楽しく飲むっていうより、詰め込んでるって感じになるからです。

だから、飲み放題やめたんです。

そしたらですね

なんか、こう、損得のイヤなしがらみから開放され、食事の感覚が違うんですよ。

なんつですかね。

楽しめるって感じですかね。

ここで結論です。

飲み放題や、食べ放題は、お客さんのためというより、一客単価をあげるだけで食事を楽しむものではないということですね。

もとを取るとか、儲かったとか、たくさん飲めるとか、そんな食事の仕方はそう長続きしないんじゃないかな?

とはいえ、それも年齢や、家族構成で違ってくるかもしれないですね。

育ち盛りの子供が多いとことでは、食べ放題のほうがいいのかもしれませんからね。

僕だって、宴会や何かでセットになっているときは行くことがあるわけですから・・・

どちらにしても、外食をするときは、家族の会話が楽しく出来るといいですね。

けして、スマホや携帯ゲームをしながらだけは、ちょっと・・・・

残念なんだけど、11月22日に開催予定していた「キャンドル教室」は延期になっちゃいました。

講師の方から連絡があって、当日作ろうと思っていた作品がどうも2時間枠では完成しないことがわかったんですね。

だから、もう一度検討して、新たに開催するということにさせていただきました。

やりたい!と宣言していた方々、本当にごめんなさい。

m(__)m


いつも、お客さんからたくさんの頂き物をするんですね。

本当にありがたいと思っています。

僕の親からは、いい意味で遠慮はするもんじゃないと言われて育てられました。

だから素直にいただく事にしています。

今回、思いもかけない事が起こりました。

あきる野市で、昨日、今日と産業祭っていうのをやってるんですね。

その中で大島からサザエのつぼ焼きが売られているらしいんです。

毎年、美味しいという噂は耳にするんだけど、店を空けることが出来ないんで、今まで食べたことがないんですよ。

昨日、あるお客さんのご主人が、ジャケットの前にその産業祭のサザエの汁をこぼしたと言ってクリーニングに持ってきてくれたんですね。

シミは早い方が落ちやすいことを、主人は知ってるんで、産業祭から直行してきたんです。

その時に、僕はそのサザエのつぼ焼きを食べたことがないんですよ。

な~んて話をしたんですね。

だから冗談で、、羨ましな~いって言ったんですよ。

とそんな会話をしてご夫婦は帰られたんです。

そのご夫婦がお店を出てから30分ぐらいたったでしょうか?

またそのご主人がやって来たんですよ。

手には、白いビニール袋を持ってるんですよ。

そんでもって「ハイ、これ!いつもお世話になってるから!」っていいながら渡すんです。

え!

何?

もしかして・・・・

お!

サザエのつぼ焼き?

やっぱり・・・

いや~、申し訳ない~

あの時、僕があまりにも羨まし~い!!
って連呼しちゃったからいけなかったんですね。

と反省しましたが、家訓にしたがい、遠慮なくいただきました

それにしても、昨日は天気がよかったから、駐車場も混雑していた事でしょう。

そんな中、また戻って買ってきてくださるなんで、なんて手間をかけさせてしまったことか・・・

と悪いな~とありがたいな~と思いながら、開封。

開けてみるつぼ焼きが4個も入ってました!



仕事中ですが、早速いただきました。



メチャクチャ美味しかったっす!!

もう、店閉めて、ビールを飲んじゃおうかと思うくらいでした!

お手間をかけたSさんご夫婦、本当ありがとうございました。そしてご馳走さまでした。

m(_ _)m







いや~、こんなにたくさんの人が参加してくれるとは思いませんでした。

気軽にネイルを体験する企画「ワンポイントネイル」です。

初の企画なんですね。



ネイルに興味があるけど、どこでやってもらっていいのわからない、時間がない、そんな人に体験して欲しいと思ったんです。



初めてやる企画って、どのくらいの人が集まるか心配だったんだけど、終わってみると満員御礼でした。



だって、13:00~18:30までを30分で区切ると、11名出来るんだけど、気がつくと11名の方が参加してくれてたんです。

初に企画に参加してくれてお客さん、本当にありがとうございます。

そして、休みなしで突っ走ったネイルの石川さん、お疲れ様でした。

次回は11月21日です。

興味のある方は、シルクまでご連絡ください。



あなたも、こんな感じでワクワク感を手に入れてみませんか?





夢が広がる自分のお店をコンセプトにやっている小さなお店なんだけど、本日新店がオープンしました。

店名は「なーら」。

手作り皮革製品のお店です。



今までワークショップは、各地で開催する経験をお持ちのオーナーですが、こうして作品を展示販売するのは初めてとのことです。




今まではワークショップの見本として作ってきたから数は必要なかったけど、今回は展示販売なんで、いっぺんにかなりの量を頑張って作ったそうです。

以前、鎮守の森にも参加していただいた時に、キーホルダーを作らせていただいたんですが、その色使いに僕はたいへん好感を持てました。

だから、2個作っちゃいました!
(^^;;

シルクの入り口を入ってすぐ右手で開業してますんで、ご来店のさいは覗いていたけると嬉しいです。

(^ ^)b

先週の週末は、渋谷じゃ、大騒ぎでしたね。

賛否両論あるとは思うけど、まあ、いろいろですね。

さて、そんな大騒ぎの日本列島でしたが、シルクでは何をやったのか?

実は、クッキーを配りました。

あら?やっぱり、流行りに乗っかっちゃたのね?って言われそうだけど、そうじゃないんっすよ!

別にハロウィンを理由に人寄せのためにやったんじゃないですよね。

もし、そうだとしたら事前に告知するはずです。

でも、何も言わずにクッキーを配ったんです。

というのは、クッキー作ってくれた子がいたからなんですね。

その子は、みなみちゃんと言います。

川崎に住んでます。

ご縁があって、シルクワールドに迷い込んでしまいました。

その子が、シルクのお客さんのためにクッキーを100個作って来てくれたんです。



だから、配ったんです。

せっかくだから僕はシールを作って貼りました。



まったく、ありがたいことであり、たいへん嬉しいことですよね。

そして、若者のチカラはスゴイって思いました!

地方を元気にするキーワードが3つあるってよく言われますよね。

若者、バカ者、よそ者。

確かにそうだと実感させてくれた出来事でした。

みなみちゃん、本当にありがとうでした!

感謝!


(^ ^)b



シルクでは、いろんな教室をやってます。

今月は、カレンダーまで作っちゃいました。
(^^;;

0002_201511030702060e3.jpg

11月 教室

なんで、こんなことになってしまったのかというとですね。

毎日、時間は過ぎてゆくけど、その中で充足感を得るにはどうしたらいいのかってことを、仕事しながら考えるわけですよ。

話がちょっとそれるけど、先日、あるビュッフェタイプのレストランに行ったんすね。

なんでもあって、食べ放題です。

でもね。

うちの奥さんと食べていたんだけど、すっごく虚しくなってきたんですよ。

なんだか、食べ物が豊富にあるのに、精神的な充足感がないんです。

そん時、思ったんです。

充足感ってモノじゃないんだなってね。

そんじゃ、モノじゃなければ何なんだってことですよね。

それは人と人の触れ合いから生まれる悦びじゃないかと思うんだよね。

そしたら、ひらめいたんです。

シルクとして、人のお役に立てるとしたら、場所と時間の提供ぐらいなもんです。

だったら、そのためには何が必要か?

そこには、3つのことが必要だと思ったんです。

ひとつめは「出会い」

やっぱ、人と出会わないと世界は広がらないですからね。

ふたつめは「体験」

いっくら頭の中で、考えていても実際に行動しなければ何もかわりませんからね。

みっつめは「知恵」

情報だけあって、それを使えなきゃなんの意味もないですよね。

知恵は無形文化財ですね。

そうそう、こんな話を聞きました。

あのアグネス・チャンがデビューした当時、あまりの忙しさに自分を見失いかけた時、お父さんが言ったそうです。

『お金や名声というのは流れもので、奪われるものだ、でも、一度頭の中に入った知識は、奪うことができないよ』と


この言葉でアグネスは・チャンは芸能界を引退して、カナダに留学、博士号を取得したんですよね。

モノがいくらあっても幸せにはなれない、やぱりその人がどう生きてゆくかということが大切なんですね。

あら?なんだか難しい話になっちゃいました?

ようするに、シルクワールドに触れた人たちが、少しはでも人生を充実して過ごしていただけたらいいな~って思ってるってことなんですね。

まあ、そんなとこです。

そんじゃ!

ネットの印刷、こりゃ凄わ!

驚きました!

ほんとに届いちゃったんですよ!

今日の午前中ですよ。

A3とA4と2種類依頼したんだけどね。

A3が佐川急便で、A4がクロネコヤマトだったんだすよ。

ヤマトはちゃんと午前中に来たけど、さすが佐川急便、電話してやっと2時ぐらいない持ってきました。

それにしても、恐るべしだよね。

だってさ、入稿したのが一昨日の日曜日の5時ですよ。

それが今日の午前中に届いちゃうんだもん、こりゃかなわないわ。

もう、うちが印刷屋さんだったらどういしょうかと思いました。

早速、住所を印刷して折り込み開始です。

夕方5時からお客さんである、ちーちゃん、櫻澤さん、そして櫻澤さんの息子さんゆーとくん、3人の手を借りて、無事折り込みを完了しました。



めでたし、めでたし。




お客さんに送るニューズレターなんだけど、今まで家庭用インクジェットで印刷してたんですよ。

でもね

さすがに枚数が多くなってきたんで、ネット印刷にしようと思ったんです。

僕の場合、原稿が完成するのがほんと遅いんで、完成したらすぐに印刷してたんですね。

だから、今回も遅れに遅れたんで、出来れば4日の朝には配送業者に渡したいと思ったんですよ。

そこから逆算すると、ネット印刷の〆切が、昨日の5時までなんですね。

それまでに入稿しないと今週中に発送できないんです。

今回はA3両面と、A4両面の2種類なでんす。



12時を回ったあたりから、ネット上で、印刷を依頼していたんです。

〆切は5時です。

余裕があると思ったのが間違いでした。

時間はドンドン経過していくのに、手続きがうまく進みません。

やれIDだ、パスワードなんかの設定が必要だからなんですね。

A3の原稿を投稿し終わったのが4時ですよ。

お~!5時までにあと1時間!!!!

これからA4の原稿をを見直して投稿しなきゃいけないんだけど、受付しながらの作業だし、初めてのことだからなかなか進まないんですね。

4時45分になって、やっと原稿を見直して完了!

本来ならk紙に印刷してチェックすべきなんだけど、なかなかね~

とにかく時間がない!!

5時までに原稿をいれないと発送が遅れてします!

4時50分!

あ~お客さんが来た!

もう間に合わないかとちょっと弱気になったけど、とにかくこのA4が出来ないと、発送が出来なくなるので、踏ん張りました。

4時56分!

次にまたお客さんが来たんですけど、ちょと待ってもらいました。

そのスキに原稿をチェック。

だいたいの出来たんで入稿!

4時58分!

もう、どうにもなれ!
という思いで投稿ボタンをプッシュ!

時計を見れば、5時59分!投稿完了!!

仕上がりは保証できない!!!

とまあ、とにかく〆切には間に合うことは出来ました。

あとは到着を待つばかりです。

明日3日は、火曜日だからお店はお休みです。

到着したら、お休み返上で発行準備する余ていです。!

果たして間に合うのか!

そんじゃ、また!

実りの秋ですよね~

食べ物が美味しい季節です。

そんな中、シルクでも恒例の「みかん」が始まりましたよ!

え?クリーニング屋さんでみかん?

そうなんです。この時期から年末にかけてはみかんがバンバン登場するんです。

ミカン星人には、たまらない季節なんです。

まずは、最初に登場したのは浜名湖の極早生みかんですね。



除草剤を使わず、防腐剤もかけない、安全・安心のみかんなんですよ。

香りと酸味がちゃんとあって、みかんらしいみかんですね。

これから季節が進むと、さまざまな味のみかんが登場します。

こりゃ、クリーニングの用事がなくても時々、シルクを覗かないともったいないですね。

今日なんか、 みかん入荷の看板を見てご新規のご夫婦が来店されました。

その美味しさに感動してました。

(^ ^)