FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
初めてクリーニングをご利用されるという方が本日お見えになりました。 来る前にお電話をいただいていたんですね。 なんでも、シミ抜きの相談があるとのことです。 夕方来店されて、お子さんのジャンバーと女性モノのショートコートの2点をお持ちになりました。 両方とも、あるクリーニング屋さん(チェーン店)で洗った直後だそうです。 それも、再洗いまでお願いしたものだそうです。 両方ともクリーニングの範囲ではこれ以上は落ちないと言われたようなんですね。 確かにもともと汚れはけっこうあったと思うんですよね。 でも、クリーニングした直後でこれでは・・・・ そんな疑問を解決したくてシルクに来店されたようなですね。 クリーニングにも、セカンドオピニオン が必要ですかね? まずは、子どものジャンバーのシミが落ちるかどうか?ということなんですね。 これ、今までのお店でシミ抜きの見積もりをしてもらったら7000円かかるっていわれたそうです。 7000円ですよ! え~!子どものジャンバーにシミ抜き7000円は高くないっすか? 確かに表面をポリウレタンコーティングしてあるから難しいシミ抜きであることはわかります。 でも、子どものジャンバーですからね。 ハッキリ言ってちょっと、高いっすね。 そして、もう一点のショートコートは、再洗いを依頼したわりに全然キレイになってないんです。 これが果たしてキレイになるのかどうかを僕に聞きたかったようなんですね。 まずは、やってみないとわからないので、両方ともお預かりしました。 とにかく、今回のことで今のクリーニング技術のレベルがあまりにも低いことにビックリですよ。 これじゃ、お客さんから代金をもらう仕事とは言えないんじゃないかと思うんですよね。 クリーニング屋さんは、キレイにしてなんぼですからね。 それなのに、子どもジャンバーで7000円のシミ抜きを見積もったり、洗ったのかどうか不安になるようなショートコートでお客さんから代金をもらったりしている事実を見ると、なんだか悲しくなってしまいました。 クリーニング屋さんが地域の人たちから尊敬されなければいけません。 でも、これだけ、技術力が下がってしまうと、まずは、自分の仕事をちゃんすることが最優先課題ですね。 早速、この2点、週明けに洗ってみようと思っています。 現状よりはキレイになる可能性は十分あると思うですよね 頑張りまーっす! (^ ^)b

今日も、元気にキムチが到着しました。




無理だと思ったキムチの販売だけど、お客さんとの連携で可能になりました。


仙台で被災してしまった「趙さんの味キムチ」は、やっぱ美味しいですよ。


冷蔵庫のスペースから考えて50個が限界なんだけど、今回も50個を超え、67個になってしまったんですよ。


すべてリピーターの方々です。


やっぱり、ちゃんとした商品を作っていれば、しっかりと支えてくれる人がいるんだと改め感じましたね。


キムチを扱いながら、商いのことを学んいます


いや~、それにしても今回、初めて頼んだキムチ鍋セットは楽しみですね。





もう、前に書きましたっけ?
たこ焼きの話・・・


息子がたこ焼き器を買ってきたときのことなんですけどね。


そのたこ焼き器が普通じゃないんですよ。


なんと、銀だこ仕様だっていうんです。





見た目は普通のたこ焼き器ですよね。





どこが違うの?って息子に聞いたら、ガイドラインがあるっていうんですよ。


何それ?と思ったんですね。


普通の、たこ焼きはこんな感じから始まりますよね。




次にこれを串で区画していくわけですよ。




その時に大事なのがころミゾらしいですです。





なんと串で線が引けるミゾがあるんですよ。


なるほど!


このミゾがあるだけど、真っ直ぐに串で区画できるわけですね。


ちょっとしたところなんだけど、さすが銀だこ仕様ですね!


このたこ焼き器、火力が強いせいか、中はドロッとしてるけど、外はカリッと焼
けるんですよね。


家庭調子器も進歩してますね。


ちなみに、僕が好きな夕飯は、ホットプレートの焼肉と、手巻き寿司ですね。


手巻き寿司なんか、もう、何年やってないけど、あれ、ホント好きですよ。


いつか、シルクのお店で手巻き寿司大会でもやってみますかね?(笑)






今日、突然、お客さんが知り合いのケーキ屋さんを連れてきました。

北海道に工場あるメーカーですね。

当初は、うちによる予定じゃなかったんだけど、急に思いついて連れてきてくれたらしいです。

僕は基本的ケーキが好きってほうじゃないんだけど、レアチーズケーキは好きですね。


北海道ということなんで、濃厚牛乳とか濃厚チーズとか、の文字が一段と美味しいそうです。


それに、メーカー直売だから安いんですね。

メーカーさんが来たからといって、うちでどうこうするということは、全然わかりません。

とりあえずは、一通り購入して味をみてみる予定です。

果たして、これから先、どんな展開になるのかは乞うご期待です。

観葉植物は見てると、なんと癒されます。

でも、ちょっと目をはなすとすぐに、クタ~ってなってしおれているんですよね。

ガッカリですよね。

まして、成長期にもなると、ドンドン大きくなって、すぐに土が乾いてしまうんですよ。

水をやるだけでも結構大変なことなんですよね。

そんな観葉植物の中で、オリヅルランっていうのがあるんです。

葉っぱが細く奴ですね。

こいつがですね。

子供をドンドン増やすんですよ。

ライナーっていう細い棒みたいに伸びていって、その先に子供が産まれるんですね。

それを、ひとつひとつ植え替えしてたら、そりゃたいんなんです。

そんな子供がたくさんいるオリヅルランを先日、お客さんの原さんからいただきました。

どうしようか考えてはみたものの、いいアイデアは出てこないんですよね。

そんなある日、バックヤードの片付けをしていたら、棚からコロっと何かが落ちたんです。

あれ?何かな?

と思って拾い上げたら、もう使わなっくなっちゃった製氷皿だったんですね。

お!

これは!!

と叫んだあと、こんなもんを作ってみました。



どうっすか?コレ?

お部屋が別れているから1個づつ入れるんですよ。

大きな器だと、根が水に浸かってなかったり、葉っぱが腐ってきたり、いろいろ困ることがあるんですよね。

でも、これなら大丈夫!

部屋が別れていると、葉っぱが水につかなくていいんですよ。

見た目もいいでしょ?

我ながらナイスアイデアだと思いました。

特許でもとっておけばよかったと後悔してます(笑)



人はみかけによらないというけど、本当ですよね。


お客さんと話をしている中で、ひょうんなことから、その人の趣味とか得意技とかを知ることが出来たりするんですよ。


今回もそんな感じでした。


うちのお客さんなんだけど、手作りのアクセサリーを作ってネットで販売してたりしてるというんですって。


今は、ネットという手軽にモノ売る仕組みがあるから、誰でも出来ちゃうんですよね。


でも、出来れば現物を見て買うのがいいのかもしれませんよね。


そんなことを思ったのかどうかは別にして、そのアクセサリーを作っている女性が、このたび、めでたくシルクワールドに小さな店をオープンさせてしまいました。





開店してまだ1週間ぐらいなんだけど、もう、興味を持って見てくれる人や、実際に買ってくれる人がボチボチ現れてきましたね。


まだまだ、お店を出店したいという人がいるみたいだから、少し、この小さな店が並んだ商店街を整備し直さないといけないんですね。


やっっとエントランスのモルタル塗りが終わって、しばくは日曜大工は無いと思っていたんだけど、また、始まりそうですね。


まずは、窓ぎわの外から見える部分をショールーム化しようとたくらんでおります。


まあ、それも小さな店の人たちの作品をいい感じで他のお客さんに見てもらうためですからね。

もう一踏ん張りしますかね?

(^ ^)











やっぱ、天気がいいと出掛ける人が多いんですね。

昨日、今日と秋川駅前にあるルピアのとなりの広場で「よかもん市」という手作り市が開催されたんですね。

そこに2日間出店された女性が、手作り品がたくさん売れたと喜んでいました。



僕は、昨日のお昼ごろ出かけてみたんだけど、その時もかなり賑わっていましたね。

とにかく個性的な手作りの店がいっぱいです。





みんな楽しそうにしているのを見てると、こんなイベントがたくさんあると街は賑やかになるんだろうな~って思いました。

でもね。

実は、このイベントは個人的にあるご夫婦が企画をしているんです。

公共の支援はなんですよ。

たいへんなことだ思いませんか?

さらにですね。

これだけ人が集まるのに、この近辺と商店との連携も出来ない状況なんです。

もったいないですよね~。

支援を受けたり、連携したりすることが絶対にいいことだとは僕も思いません。

ましてや、規制の多い行政と組むのが必ずしもいいとは思いませんね。

でも、これだけ賑やかなイベントの企画を、実行を個人に負担をかけてることじたいどうかと思うんですよ。

そのご夫婦が主催出来なくなった時はどうするんでしょうかね?

今の世の中、そんなことをちゃんと考えておかないと、いつのまにか消えてしまうイベントになる危険はあるんですよね。

難しいことだけど、街という視点から見たら大切なことですよね。


ネイルをシルク始めることは、ちょっと前のブログで書きましたよね。


でもさ・・・


男の僕としては、どうやって企画していいのかあんまり発想がわかなかったんですね。


ただね・・・


商売柄、女性のお客さんがとっても多いので、その方々が喜んでもらえることは何でもやりたいわけですよ。


でも、まだ仕組みが出来てない。


と、そんなことをしていたら、ぜひ、ネイルをお願いしたいという女性が現れてしまったです。


まだ、よくカタチが出来ていないんだけけど、間違いなくシルクのネイル1号のお客さんってことなんですね。





どうっすか?この雰囲気!


僕としては、かなりイメージ近いんですよね。


森の中で、ゆったりと時間を過ごしながらネイルが出来る。


ネイルということだけじゃなくて、空間、時間、もまとめて、シルクのネイルって感じにしたかったんです。


それが、少し僕の理想に近ずいたような気がします。


毎日毎日、進化するシルクをよろしくお願いしますね。


そうそう、ネイルをしたい人はマスター石井までご連絡を!


(^ ^)b


待ちに待った商品が届きました。





ギフトショーで注文してきた秘密兵器です。


な~んちゃって、実は、消臭、殺菌、虫除けが出来るスプレーなんですよ。


中身はヒノキから抽出した液体です。


伊勢神宮に使われた木曽ヒノキの端材を材料にしてるんですってね。


今まではさ


お客さんにファブリーズは使っちゃダメだよってアドバイスしてきたんですね。


その理由は、砂糖だから使いすぎると洋服がダメになっちゃうからなんです。


そんじゃ、匂いを取るにはどうしたらいいのかってことで、悩んでいろいろ試してはいたんです。


ところが、コレってもんがなかったんですよ。


以前、ヒノキのアロマを精製する会社を訪ねたと時に、精製の過程で出来るヒノキの水が消臭や殺菌に効果があることは耳にしていたんですね。


ところが、これがなかなか商品にならなかったんですね。


ところが、先日、シルクの売り場担当のお客さんであるチーとギフトショーに仕入れに行ったら、偶然この商品に出会ったんです。


早速、その場で注文を入れてしまいました。


それが今日やっと届いたんです。


一緒にギフトショーに行ったチーが展示してくれました。



コレ、うちのお店にピッタリの商品だと思いませんか?


ボチボチ使い方などを研究してゆきたいと思っています。


これからが、楽しみです。


(^ ^)v

コーヒーって不思議な飲み物ですよね。
苦いのに美味しいんですから・・・


コーヒーの香りも不思議です。


なんとも癒される香りですよね。


そんなコーヒーをシルクでは、すべて手作りのコーヒーカップで出してるいるんですよ。


その人その人の雰囲気や、その時の状況に合わせて僕がチョイスしてるんですね。


でも、だんだんお客さんも増え、常連さんが現れると、いつも同じカップじゃ申し訳ないと思うように最近なってきたんですよ。

だからといって、既製品を買う気にはならないんですね。


そんなやさきに、以前、シルクの店に入って、すぐ右側の窓際にある小さな店たちに、陶器の店を出店していた「遊土」さんから電話が入ったんです。


「新たにコーヒーカップを焼いたけどいる?」ってね。


いや~、グットタイミングです!
待ってました!!って感じです。

早速、新作4点を購入しました。




新顔が4点仲間に加わって、シルクのコーヒーはさらに美味しくなると思います。


ぜひ、お立ち寄りを!


そうそう、シルクのカフェはシルクの店のお客さん専用ですので、一般の方はご利用できません。

悪しからず・・・
m(_ _)m


鎮守の森のお祭りで、今年から新しく参加された方がいます。

皮革の小物を作る「な~ら」さんという女性です。

僕がネーム入りのキーフォルダーを作った人ですね。

その「なーら」さんの提案があったんですよ。

最近、いろいろやてるけど、久々に感動する提案でしたね~!

なんつーんですかね。

モノじゃなくて人にフォーカスが当たっている企画なんですよ。

それは、赤ちゃんが歩き始める時の靴を一緒に作ろうという企画なんですね。

その靴とは・・・・

コレです!




どうですか?

これ、歩き始めた時に記念に履かせる最初の靴、よーするにファーストシューズなんですね。

お腹に新しい生命が宿った記念として、作り出し、1歳ぐらいになって歩き始める時に、とってもいい記念なるとおっむですよね

ぜひ!この企画は実現します!!

なんだかワクワクします!!







昨年からお付き合いさせていただいている山田さんのみかんなんだけど、極早生っていうのが入荷しました。





初物ですね。


20kg、3箱の入荷なんで、とりえあえずいつもみかんを買ってくださるお客さんと試食を開始しようかと思ってたんですね。


そんなことを考えていたら、3箱を抱えているクロネコヤマトさんが、すっごくありがたく感じたんですね。


だから、いつもお世話になってるという理由で、初物を差し上げました。


試食第1号なのかも知れませんね。


これからしばらくの間、シルクには、みかん星人が集まって来ることでしう!

あ~、急がしいくなりそうなんです。

また、急がしい時




昨日、描いてもらった僕の似顔絵をチラッとお見せしちゃいます。



僕にジャンケンで勝ったらお見せします。

え?見たくなあいって?

それは一生の悔いですよ!

挑戦したい人は、受付でマスターに「ジャンケンしよう!」と言ってくださいね。


そんじゃ


いや~、今日はいい天気でしたね~

地元でも運動会が開催されたりして、スポーツの秋って感じです。

そんな中、シルクでは、第2回になる鎮守の森まつりを開催してたんです。



鎮守の森とは人が集まる場所。

それになぞらえて、手作り品のワークショップをしたんです。

木の実で写真立てを作ったりするんですね。

世界にひとつの手作り品です。

他にもいろいろやりましたよ。

皮革の小物を作れるリボンさんのコーナーもあります。



皮革のお皿が作れるんですね。

好きな文字も入れることができます。

作るだけじゃないんです。

プロに似顔絵を描いてもらえるんですよ。



僕も描いてもらったけど、見たいひとは僕とジャンケンして勝ったひとだけにします。(笑)

エスプレッソも飲めるんです。



これ、めちゃめちゃ美味いんです!

この方、別にコーヒー専門店にお勤めとかなんとかじゃないんすよ。

エスプレッソをこよなく愛するドッザーニという方なんです。

ちなみに日本人です。

庭では、カラーセラピーもやったんですよ。



これがまたスゴイんだわ!

以前、やってもらって、こりゃスゴイと思ったから、今回もかなりスゴイです。


カラーセラピーって占いじゃないんだけど、選んだ色でその人の性格や悩んでいることなどがわかっちゃうんですよね。


何にもの人が「これスゴイわ!」って言ってました。


最後に、今回もから登場した「なーらさん」です。

皮革キーホルダーですね。

僕も作ってみました。



どうっすかね、出来栄えは?



僕的には、大満足です。

とまあ、こんなことをやって、1日を過ごすのが鎮守の森まつりです。

たくさんの人、そして新しい人との出会いに感謝いたいます。

m(_ _)m


人にとって、喜ぶということは様々ですよね。。


ある人にとって楽しいことだったとしても、他の人にとっては逆に迷惑なことかもしれないんですよね。

そんな事件
何の刺激もないということもあるわけなんです。


ネイルと聴けば、クリーニング屋としては何の関連性もないことですよね。

でも、もし、お客さんが喜んでくれるならが、うちの仕事のひとつになると思うんです。

そんな思いで、今日、カフェでネイルを開催しました。



11月7日(土)・21日(土)にもワンポイントネイルを開催しますので興味のある方は、ぜひご参加ください!

では!

うちでは、檜原村の生ハチミツが店頭に並んでるんですよ。





これみんな生ハチミツなんですよね。


ハチミツって熱すると酵素が死んでしまって、ただの甘味料になっちゃうって知ってます?


身体にいいからと思って加熱したハチミツを食べていても、ダメだっつうことなんですね。


非加熱の生ハチミツじゃないといけなんです。


って、今日はその話をするためにブログを書いているんじゃないんですね。


そのハチミツの瓶の上にある布地の事なんですよ





これ、檜原の染め屋さんが染めてくれた草木染めなんです。


季節の植物で染めているから2度と同じ色は出ないんですね。


この小さな生地がとてもナチュラルでいいのはわかるんだけど、何かに使っていいかわからなかったんですよ。


ところがです!


今日、ハチミツを買って行ってくれた岸野さんから、ビックリするメールが来たんです。


そこにはですね。


こんなメッセージと写真があったんです。


#################

岸野です
こんにちは

先程ははちみつの試食ありがとうございました

買ったはちみつのビンの蓋の染布がとても可愛かったので、
くるみボタンを作ってしまいました♪♪
写真添付します


ただ、それだけの報告なのです…
ごめんなさい

では、また遊びに行きまーす



##################


スゴくないっすか!このアイデア!!


僕は感動してしまいました!


ちなみに岸野さんは、これにゴムを通して髪留めにするそうです。


素晴らしい~!



明日のお昼12時~夕方5時まで中抜けさせていただきます。


その間、お店は閉まっています。


今までは、僕が店を空ける時は誰か(奥さんか息子)にお願いをしてたんですね。


ところが今は、クリーニング屋にとって、夏物衣替えで繁忙期なんですよ。


1年で春についで忙しい時期なんです。


だから、奥さんも息子も作業の方で手一杯なんですね。


そんな状況なんだけど、僕は以前からお約束している用事があって都内に行かなきゃいけないんです。


行くのをやめようかとも思ったんですが、今回、初めて「中抜け」ということをさせていただきます。


都内には、普通、電車で行くのですが、今回は初めて車で行きます。
(ちょっと不安・・・)

だから、夕方には帰ってこれるとおもうのです。


たぶん、シルクからのメールや、このブログを見なくて、来店される方もいると思います。


その他、いろいろとご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解のほどよろしくお願いします。


今回、僕が体験してくることが、やがてはお客さんの喜びにつながると思いますがますので、ご理解のほど お願いします。

m(_ _)m

先日の常総市での水害で、女性用の下着を200枚送ったんですが、今日、そのお礼のハガキが届きました。





羽富(はとみ)さんは、一緒に商いの勉強をしている仲間なんです。


たまたま、彼のFacebookを見たところ、被災された中で女性の下着を配布していることを知ったんですね。


そして、うちのお客さんに呼びかけてショーツが200枚を送りました。


彼はブティックを経営しているんです。


彼の店も浸水被害があったんですが、それでもこうしてお礼状を書くとこは、ほんと商いとい眼でみても、尊敬出来ますね。


被災した方々は、想像を絶するたいへんさがあるとは思いますが、前向きに顔晴って欲しいと思います。

久々に着物を仕上げました。





僕は、クリーニング師の資格を持ってるし、着物の洗い方なども勉強したんで、基本的に着物洗うことは出来るですよ。

でもね。通常はお預かりしないんです。

というのは、着物の洗いと洋服の洗いは基本的違うからなんですね。

洗いだけじゃなくて仕上げも細かい点で違うんです。

縫い目が見えないようの生地をかぶせて仕上げたりしますからね。


だから、当店では着物は基本的にお預かりしたとしても、京都の着物専門のお店にお任せしています。


今まで、いろんなところの着物の仕上がりを見てきたけど、そこが一番いいみたいなんですよね。


今回は、踊りに使っている着物ということで、当店で洗って仕上げさせていただきました。


こうして、たまには、僕の仕上げ姿を見せないと、クリーニング屋だということを忘れられてしまうかな?と思ってブログにのせてみました。

どうおっすか?


受付でしゃべるだけじゃないでしょ?
(笑)

最近、休みの日はお店の環境整備になっているんですね。


ということは、今日の祝日・定休日も環境整備の一環として、店の庭の昨日のお手入れをすることになりました。


何をやるかっていうと、庭にある木の剪定なんですね。


使うのはよくテレビの通販で見かける高枝切りバサミってやつですよ。


最初は通販で買おうかと思ったんだけど、やっぱ現物を見ないといけないと思ってホームセンターで購入しました。


何を基準に購入していいのかわからないんだけど、まあ、とにかく長いやつは絶対必要だと思うよね。


次に、切れ味だけど、こりゃ使ってみないとなんともいえないからなんとも言えないですよ。


最後に大事なのはやっぱ軽さだよね。


だって、ずーと持って作業するんだから軽いにこしたことはないです。


ただ、軽いからといって、ふにゃふにゃしてるのはダメですよね。


そんなポイントを総合して、1本の高枝切りバサミを購入しました。


実際に使ってみました。




この体勢でずーっと枝を切っているのだから、やっぱ軽さは重要でしたね。


この高枝切りバサミ、初めて使ったけど、かなり切れ味いいですよ。


先っぽで、切った枝を挟む事もできるんでですよね。


これかなり便利な機能です。


そんなこんなで、4本あるうちの2本は今日終わりました。


明日も火曜日の定休でお休みだから、残りの2本をやっつけることになってます。


さ~!がんばって行きましょう!!

(^ ^)v

今回で4回目になるシルクの文化祭が無事開催することが出来ました。

天気もなんともってよかったです。

シルクはオープンしたのが2011年3月の震災の年だったんで、その年は開催できなかったんですよね。

翌年から始めたから4回目なんです。

早いっすね~。

手伝ってくれた方々、参加してくれた方々、参加したくても用事があって行けなかった方が、本当にありがとうございました。

いつもながら、いろいろと不手際もあるかと思いますが、まあ、文化祭ということでご勘弁ください。

毎年、早めに焼きだそうということで、2時半ぐらいから設置しだして、3時から焼きだしたんです。



文化祭の中で、とってもたいへんなのが焼き鳥と焼きそばなんですね。

焼き鳥は、煙がスゴイんで目が開いていられないぐらいなんですね。

それに来客が集中すると、追いつかなくなっちゃうんです。

今年もやはり追いつきませんでした。

毎年の課題ですが、来年は工夫します。


暗くなって、電灯がつくと、なんだかお祭りぽくてワクワクします。



子供たちが来てくれるの嬉しいですね。
なんだかんだといいながら、何事もなく無事に終われたということはありがたいことです。


1年に1回だけ開く庭の門が閉じられました

最後は、子どもたちも後片付けを手伝ってくれました。



来年は、また、何か新しい工夫をして開催したいと思いますので皆さんのご協力をよろしくお願いします。

m(_ _)m

なんとか天気が持ちそうですね。


雨が降った場合のことをまったく考えていなかったんで良かったですよ。


来店のお客さんには本当にご迷惑おかけしますが、本日、4時から文化祭お開催します。


たぶん、遅くなるので詳細は明日のブログでご報告します。


m(_ _)m


ついに明日はシルクの文化祭です。


皆さんが天気を心配してくれていたけど、予想通り雨にはなりませんね。


天気予報が二転三転したけど、とにかく雨さえ降らなければこっちのもんです。


天気の心配がないんで、いつもは当日やる会場作りを、今夜やってしまいました。


とにかく、席と電灯はやっておきたかったんですよ。


席は、近くの酒屋さんからビールケースを借りてきて、それを並べて板を通して作るんです。


このビールケースを運ぶだけでもたいへんなんですよ。


そこで、お客さん息子さん&そのお友だちに協力を求めました。


そしたら、若者3人が快く手伝ってくれることになったんです。


ありがたいです。


まず、ビールケースを並べるんだけど、明日のお客さんが、どう動くのかを考えて並べているんですね。


たいしたもんです。


その並べた席の人たちがみんな明るくなるよに、今度は電灯のセッティングをやってました。





いつもは、当日やるんだけど、昼間だとどんな感じの明るさになるかわからないで、今回は夜のうちにやってみたんです。


案の定、夜やる事によってリアルに明るさを調整できるようになりました。





この配線も彼らが工夫をしてやってくれたんですよ。


とても僕だけでは出来ないことなんで、とても助かりました。

あとは、本番を迎えるばかりです。



この会場で皆んなが楽しく飲んだり食べたりしているのが眼に浮かぶようです。


若者3人、本当にありがとうね!


あ~、明日が楽しみにだな~♪












女性の気持ちっていうのは、一生、男性にはわからんもんですな。


爪を綺麗にするネイルというものは、この気持ちを理解することは難しいかもしれませんよ。


とはいえ、爪が綺麗だと嬉しいことは確かなら、こりゃシルクででやんなきゃマズイっしょ!

ってことで、シルクでは、ネイルをやることになりました。

とはいえ、そのへんにあるネイルとは違うものにしなきゃいかんですよね。


誰も気軽に出来るネイル。


忙しい人でも、というか忙しい人だからこそやっと欲しいネイルをめざしてシルクでのネイルを始めることにしました。


そんなことを考えていたら、ネイリストの方からこんな画像が届きました。





よく見ると、シンボルツリーとSILKの文字が・・・・


こりゃ、僕にやれってことですかね?


さ~て、このネイルということをシルク流にするにはどうしたらいいんでしょうかね?

今、まさに思案中です!!

(^ ^)b










このところ、なんだかよくわかんないけど、お客さんからシルクのカフェで教室をやりたいとう問い合わせが急に増えてるんですよね。


うちは、人と人をつなげることがミッションだから、店が賑やかになることだ大歓迎で、とっても嬉しいっす。


そんな中、様々な教室の中で、今回、キャンドル教室を開催することが決定しました。





押し花を使った素敵なキャンドルですよね。


クリスマスも近いので、季節的にはいいですよね。


僕も初めて知ったんだけど、このキャンドル、火を着けてもまわりの押し花は溶けないそうだんです。


中央にある芯の部分がドンドン深くなってゆくだけなんで、使い終わったらまたそこに細いロウソクを入れればいいんですよって!


せっかく作ったから使いたいでも、溶けちゃうのはもったいないよね~っていう人にはいいですよね。


日程は、11月の終わりの方の日曜日にしようかと思ってます。


興味のある方は、お店までお問合せください。


0120840929(0425584346)
お教室受付担当・石井まで


お店に突然「お客さんじゃないんだけど!」といって元気な女性が入ってきたんですね。


何かと思ったら、絵手紙とその素材を届けてくれたんですよ。




この方、時々、こうやって絵手紙を届けてくれるんですよね。


ありがたいです。


うちの店も、こんな感じで気軽に入ってくれるようなお店になったんだと嬉しく思いました。


食事っていうのは、基本的には身体に栄養を入れることですよね。


食べる事って書くわけなんだからね。


でもね、僕の場合は、その食べる事っていう中に含まれる時間がとても大事だと思ってるんですよ。


コミュニケーションをとるにには絶好のチャンスだと思ってるんですよね。


だから、「食事」ではなく「食時」っていうイメージですかね。


食べる時間を楽しむことなんですね。


それは美味しいとかなんとかより、一緒に作るってことですかね。


簡単にいうと調理しながら食べるメニューってことですかね。


だから、例えば、「手巻き寿司」とか「焼肉」なんですね。


バーバキューもいいかもしれません。


とにかく、ただ食べるだけじゃなくて、会話をしながら食べたいということなんですよ。


そんな思いが通じたのかどうかは別として、我が家の食時が「たこ焼き」になりました。


息子が、いつ買ったのは知らないけど、たこ焼き器がどこからか出てきました。





それも銀だこ仕様です。


息子曰く、この銀だこ仕様のポイントはこの串のガイドラインだそうです。





こういったタイプのたこ焼き器は、出来上がりがパンケーキのようになりやすいんだけど、コイツはちょっと違いましたね。



外はカリカリ、中はジューシーのうたい文句どおり、銀だこっぽいたこ焼きがちゃんと出来ました。




たこ焼きなんか、買ってきたほうが手間がないし、安いし、後片付けもなくて楽なのかもしれないません。


でも、それじゃ会話を生まれないんですよね。


手巻き寿司もそうです。


もう回転寿司にいったほうが手っ取り早いし、安いし、便利です。


でも、そんな便利な影で、失われてゆくものがあるんですよね。


まあ、難しい話は抜きにして、今回のたこ焼きは、かなり美味しかったことは確かです。


(^O^)/

シルクには、実はホームページなるものが存在するんです。

シルクのHP↓
http://akiruno.town-info.com/units/36232/silk/

ところが、この僕は基本的にマメじゃないんですね。

だから、更新がなかなかできなんですよ。


そこで、ITに詳しいご主人をお持ちのEさんに更新を依頼したんです。


そしたら、なんと、早速更新してくれたんです。





いや ~ありがたいっすね~


やっぱり、うちの店はお客さんで持っているんですね。

18日(日)
手作りワークが出来る「鎮守の森」にぜひ、お気軽にお越しください

そんじゃ!
^ ^)b






文化祭はまであと1週間となりました。


学校や幼稚園などの運動会とかぶってしまっている方がけっこういるようですね。


無理のない範囲で遊びに来てくれると嬉しいです。


さて、現在、前売り券を販売しています。





お得なことは言うまでもないんですが、来れそうな人は、買っていただけると材料の見当がつくので助かるんです。


では、どんなものが食べるのかという事と、前売りはいくら安いのかを書いておきますね。


価格は(当日→前日)

定番メニュー!

□焼きそば 300円→250円

□焼き鳥3本セット 250円→200円

□フランクフルト 150円→120円

□つくね2本セット 150円→120円

□生ビール 450円→400円


今年登場!

□モツ煮 120円→100円

□プチ丸ごとバナナ 120円→100円


お子さんには、スーパーボールすくい!


さらに、ニューズの券をお持ちの方はジューズ無料!


ニューズレターが届いていない人は、届いていない!といえばジューズ無料!


ってなことで、とにかく、皆んなでワイワイやりましょうよ!!

*\(^o^)/*















を正確にお伝えてしていないので、ここでお知らせしておきます。


あのシルバーウィーク3日間を費やして完成させた庭のエントランスを公開しま~す! え?何が変わったのかって? そんな人のためにビフォーはこれです。 ようするに、コンクリートの打ちっぱなしだったんですよ。 そこにブロックを縁取りして、歩く部分にも石を埋め込んだんです。 上から見るとこんな感じです。 まだ、中央に埋めた石のモルタルを掃除してないから、白っぽいでけどブラシで綺麗にすれば、けっこう見栄えが良くなる思うんです。 25kgのモルタルを15袋ぐらい使ったんだけど、塗るのもたいへんだったけど、水で溶いてくれた奥さんもたいへんだったことでしょう。 これで、今年の文化祭は気持ち良くお客さん迎えることができます。 店に来たら「素人ながらに良くやった!」と褒めてください。 疲れが吹っ飛びます!