FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
まったく、片付けられない僕としては、ついにやってしまったって感じです。

朝から、お店で使ってる電話の子機ないんですよ。

試しに携帯から電話をして鳴らしてはみるものの、どこからも音は聞こえなんです。

あら・・・どこにいっちゃたんだ
だ・・・・

と思って探しているんだけど、たいてい探す時には、見つからないものなんで、あっさりとあきらめてみたんです。

そしたらですね・・・

あったんですよ・・・

それはカウンターの下にある引き出しの中なんです。

え~、こんなところに誰が・・・って思ったけど、使ってるのは僕だけなんだから犯人は僕ですよね。

まったく、予期せぬところから出てくると自分の脳の衰えをすごーく感じます。

電池が切れていたんで、音もならなかったんですね。

これじゃ、探したって見つかるわけないですよね。

反省。







入り口のところに、ツルナスバナっていう木が植えてあるんですよ。

白い花が咲いて綺麗なんだけど、この暖かさのせいか壁に向かってドンドン伸びてきてしまいまったんですね。

(左の緑色がそれです)


そこで、壁にじゃなくて入り口の横に金網を張ってそこに絡ませようという作戦にでました。

園芸店に行くと、黒くていい感じのが売ってるんだけど、どれも高くて手がでません。

だって8000円ぐらいするんですよ。

そこで、ホームセンターに行って野菜用のを買ってきました。

2枚組みで1600円です。

それを駐車場と入り口の間に取り付けました。



我ながらしっかりと出来たことに満足です。

今度の連休で、剪定をして、この金網にツルを誘導しようと考えています。

乞うご期待!

開店祝いにいただいた観葉植物のサンスペリアなんだけど、株分けをして兄弟が二つ増えました。

サンスペリアって株分け以外に葉っぱを土に挿しておいても増えるんですよね。

前に一度、そうやって増やしたことがあったんで、また、やってみたんです。

ところが、今度はなかなか芽が出ないんですよ。

あんまり、かまってやらないからなのか1年ぐらいまったく変化がなかったんです。

ところが、ここに来て、よ~く見ると小さい芽が出てるじゃないですか!



見えます?

ちょっと拡大しますね。



ほら、あったでしょ?

さらに拡大すると



こうなればこっちのもんです。

あとは、光と水を気にしてやればドンドン出てくると思うんですよね。

楽しみにです。

昨日、仕事仲間の勉強の集まりをやりました。

まったく業種的に関係ない商人が集まってあーだこーだと仕事の話をする集まりなんですね。

いつも、みんな真剣です。

日曜日というのに、仕事をしてきてから来る人がいるんですからね。

開催は夜の8時からやるんですよ。

終わるのがなんと夜中の12時なんです。

遠くから来てる方なんか、それから帰るのに2時間ぐらいの人もいるんです。

凄いですね。

そんな勉強の集まりなんだけど、なんと、今回はサプライズがあって僕は感動してしまいました!

解散の時間になり、帰り支度をみんながしている時に、どこからともなく「ハッピーバートゥーユー ~♪ ハッピーバースデートゥー~♪ ・・・・」とあの歌声が!

何が起こったのかと思ったら、あら!目の前に次々とビールか運ばれてきました。



22日が誕生日だったんで、お祝いしてくれたんですね。

これだけのビールが並ぶと思わず、笑顔になります。

それにしても不思議です。

僕がビールを好きなのをよく知っていたもんです。

え?それって常識らしいんですか?







店内のカウンターの正面に窓があるんですね。

ちょうど店の東側になるんですよ。

その窓の外で、なんだか鳥がバタバタ飛んでいて騒がしいんですね。

外に出てみるとツバメでした。



2羽のツバメが飛んでいたんです。



ちょうど屋根の下なんで、巣を作る場所でも探しているんですかね。

それにしても、仲のいい2羽でした。





毎日、忙しかったり、何か悪いことがあったりして、ショボンとすることってありますよね。

そんな時には、大自然の中かなんかに身を置くと「あ~自分はちっぽけなことで悩んでいるんだ・・・」という気持ちになり癒されます。

でも、やっぱり忙しいと大自然に触れ合う機会がなかなかチャンスがないですよね。

ところが、みじかにも「あ!こんな事でくよくよしてちゃいけないな・・・」と思わせてくれる出来事があるんですよ。

それがこれです。



自分の数倍の大きな虫の死骸を、一所懸命に運んでいるアリさんの姿は、なぜか、やる気とを起こさせてくれます。

「こんな、小さなアリさんが頑張ってるるんだから、弱音なんて吐いてられないぞ!」

気合が入りました。

小さなアリさんから勇気をもらった朝でした。


お客さんから、いただきました。



なんだか食べるのがもったいない気がします。

本日、新刊が届きました。







藤田紘一郎さんと言えば、言わずと知れた腸の中に寄生虫を飼っている人ですよね。



寄生虫に名前をつけて可愛がっていたんですが、確か、3代目が亡くなったような話をどこかで聞きました。



そんな藤田さんが書いた腸の本なんです



今までも藤田さんの本は読んだけど、今回は時間割というのがなんとも気を引いたんですね。



それにサブタイトル「老化は夜つくられる」なんですよ。



ね、意味深でしょ?



まだ、読んでないからなんとも言えないんだけど、これから腸の健康を保つには時間って大事だと思うんだよね。



っていうのは、ぼくのアトピーがひどくなる時って、たいてい寝不足の時なんですよね。



ってことはですよ。腸に良いものを食べることも大事だけど、それと同時に時間の管理も大事だってことですよね。



そりゃわかってるけど、どうすりゃいいのかがわからないんですよ。


その答えがこの本にあるんじゃないかと思ってるんですね。


何か新しい発見があったら、このブログで紹介したいと思ってます。




あんまり言いたくないけど、4月22日、
本日は僕のお誕生日なんですよ。

ここあきる野市で生まれてうん十年。
ずーっと地元で仕事をしているんだけど、ずいぶんあきる野も変わりましたがよね。

さて、自分のことはともかくとして本日は当選番号の発表の日でもあるんですよ。

当選番号?って不思議に思うかもしれないけど、実は、今年から「ご近所さんハガキ」というのを作ったんです。

この店は看板がないから何の店だからわかりませんよね。

それはそれで、僕のポリシーだからいいって言えばいいんです。

でも、ご近所の方にはやっぱりここがクリーニング屋なんだってことぐらいは教えておかないとマズイですよね。

そこで思いついのがご近所に自己紹介の
おハガキを送ることなんです。

でね。そのハガキの下に抽選番号があるんですよ。

まあ、ちょっとしたお楽しみってところですね。

その当選番号を発表するのが今日なんですね。

当選番号は次の通りです。



今回は、瀬戸岡地区限定で配りました。

もし、瀬戸岡にお住まいでこのハガキをお持ちの方は、番号を見てくださいね。

当たった人は、5月30日までにお店に持ってきてください。

クリーニング券がもらえますよ!

今回は、瀬戸岡地区以外の人は、まったく関係ないけど、これから少しづつあきる野にお住まいに人にハガキを出していきますので、もし、自分のところに届いたら、ぜひ、当選番号を見てくださいね。

そんじゃ、今日はこのへんで・・・おやすみなさい。


甘夏って、デカイから木から落ちやすいんですってね。

だから、農家の方は落ちないうちに早めに収穫してしまうそうです。

それも、年末から年明けにかけてなんですってね。

ってことは、普通に流通しているのはけっこう早めに収穫して保存してあるやつなんですね。

ところが、ここに「木成り甘夏」っていうのがあるんです。

ようするに、木に成らせっぱなしってことなんですね。

なんで、そうするかっていうと木で熟すから美味しいわけですよ。

そのかわり、見栄えがあんまりよくないですよ。

だって、ずーっと成らせておくわけですから、色があせたりしますからね。

そんな珍しい甘夏が、今、シルクにあるんですよ。



すでに1ケースは完売して、只今2ケース目にはいりました。

まだ、食べていない人はぜひご賞味ください。


今のインターネットってコードってないですよね。

WiFiってやつでつながってるから、家の中のどこでもインターネットが出来るってわけです。

なんの疑問持たずに使ってますよね。

でも、昔は違ったですよ。

僕がインターネットを使い始めたころは電話回線を利用していましたからね。

まあ、正確にいうと今でも電話回線みたいなもんで、自分の家まで回線を引っ張って来てることは確かなんだけど、途中から電波になってるわけですよ。

今の人から言わせれば当たり前のことだと思うんだけけど、僕から言わせれば、画期的なことなんですよね。

そんなインターネットなんだけど、僕の使ってるVAIOってノートパソコンが急にネットにつながらなくなっちゃたんです。

このノートパソコン自体、もう10年も使ってるからいろいろガタがくることは仕方のないことだと思ってるんです。

でも、急にネットにつながらないって言うのもほんと不便なもんですね。

ネットにつながらないだけじゃなくて、プリンターにもつながらなくなっちゃうんですよね。

結局のところ事務所の壁にあるコンセントにコードをつないで、ネットと印刷をしてるんです。

やっぱり便利には落とし穴があるんですよね。

いざという時のために、コードを用意していて良かったですよ。


普通、よっぽどのことがなければ、 小学生や中学生から自分の将来のことなんて考えていないですよね。

実際にどんな仕事が世の中にあるのかだって、よくわかってないからでですね。

まあ、考えていたとしたら、お金をいっぱい稼げる仕事をやりたいぐらいなもんですかね。

今日、お客さんのsさんの中1の息子さんと話をしました。

本当にしっかりしたいい息子さんです。

将来、やりたい仕事はなんだろうと聞いたら「中小企業に勤めたい」と言っていました。

大企業は、リストラがあるからイヤだそうです。


小さい店は将来が不安だからやっぱりイヤみたいでした。

そんじゃ公務員は?ってきいたらそれもイヤだそうです。

海外は?って聞いたらそれも無理だって言うし、弁護士はというと、勉強がたいへんだからダメだそうです。

彼、曰くディスクワークだと、老後に足腰が悪くなるからイヤだそうです。

思い切って、錦織選手みたいにテニスをやっちゃう?って聞いたら、それももう遅いと言っていました。

僕みたい、親から「お前は跡取りだ!」と言われちゃうと悩む事はないんですよ。

今の若い子たちは、テレビのニュースやネットの情報で物事を判断する機会が多いことはとてもたいへんなことだと思います。

理想と現実の違いなどネットの情報だけじゃ無理ですからね。

それでもいろんな情報が入ってきても、自分で判断出来るチカラを持てるといいですよね。

彼が人生の道を判断するときに、そばにいい大人がいるといいなと思いました

まあ、最終的には行き詰まったらシルクにコーヒーでも飲み来なって言っておいたですけどね。


宮城県からギャラリーシンの米澤さんが来店してくださいました。

あの桜のオーナメント主催されている方です。



手に持ってるのは、南三陸の復興商店街にある「わたや」さんからのいただいたい震災に関しての冊子です。

ここには、実際に被災した方たちにアンケートをとって、「必要だったもの」「欲しかったもの」「(あって)助かったもの」などが記載されているんですよ。

読んでみる、なるほどと思えることばかりなんですね。

支援物資の送り方も書いてあるんです。

これは、現実の話なんでとても役に立つ情報だと思うんです。

4年前、震災直後にうちでも支援物資を送ろうと思ったことがあります。

でも、どこに何を送っていいのか全然わかりませんでした。

そこで、実際に現地に薬剤師として行っていた坂本さんから情報をいただき、なこかつ坂本さんも同行してもらい南三陸町へ車に積んで行ってしまったんですね。

でも、こうして受けるほう気持ちがちょっとだけどわかると、こからさき行動しやすいと思うんですよ。

防災に関しての冊子は、たくさん出ているけど、なかなか読み切れなれてないのが現状じゃないっすかね。



この冊子の希望者がいましたら、以下のアドレスに連絡ください。

silk929@kzn-mail.jp

南三陸の復興商店街から取り寄せて販売しようか考えています。

















今日は金曜日。

子育てママが気軽に話せる場作りのを4月に入ってやってるんで、3回になりますかね。

今日は、平井さんに加え、人生の先輩である佐藤さんもお手伝いに駆けつけてくれました。

とにかく、ただ話を気軽に出来る場を目的に始めたんで、まだまだ試行錯誤だけど、はたから見ていていい感じだと思いました。



これから少しづつこの場作りが認知されていけばいいな~と感じました。




うちの奥さんから面白い話を聞きいたんで書いちゃいます。

某イオンで買い物すると、いろいろと割引き券をもらえるそうなんですね。

そういった割引き券をうまく活用すればいいのかもしれないけど、うちの奥さんは、一緒に仕事をしている関係で、有効期限内に買い物に行くことがなかなか
難しいんですね。

だから、割引き券が役に立つことはマレなんです。

ところが今回買い物に行ったら、たまたま、財布の中に割引き券が生き残っていたんですね。

そこで買い物した時に、恐る恐る「これ、使えますか?」と聞いたんですよ。

そしたら「これは、食品以外使えないんっです」と言われたんですね。

よーく見ると小さな字で、食品にしか使えないとか、3,000円以上のお買い物じゃないとダメとか書いてあったそうなんです。

でもさ、その券割引き額は、なんと50円ですよ。


せっかく期限が切れていないから使ってみるかと思った券が使えないなんてなんともガッカリしますよね。

うちの奥さん曰く「絶対、これから割引き券はとっておかないことにする!」って言ってました。

怒っちゃったですね。

こうしてみるとね。

割引き券っていったいなんのためにあるのか考えちゃいますよね。

そうなりたくないから、シルクではシルクマネーを流通させているんですよね!

(^ ^)v





いっつも遅れ遅れになるニューズレターがやっと完成しました。



いや~、今回はなかなかたいへんでした。

それもこれも元を正せば、僕の原稿が遅れることが原因なんですよ。

だから遅れるんですね。

とはいえ、文章を書くのがもともと苦手な僕としては、かなりハードな日々でした。

僕の原稿が遅れるってことは、最終的には、折り込みの作業がかなり強行状態になるってことなんですよね。

そこんとこを助けてくれるのがシルクのお客さんたちです。

本当に感謝です。

今日、来てくれてたのは佐藤さんと桜沢さんです。



今日の午後、2人が来てくれおかげで今月号のニューズレターが完成したんです。

本当にありがとうございます。

途中、ニューズレターに追われていることを知った小林さんご夫婦が心配してくださり、わざわざ様子を見に来てくれました。

その心遣いに感謝です。
本当にありがとうございます。

とにかくこうした皆さんの協力のもとに4月号のニューズレターが完成しました。

心から感謝です。

m(_ _)m










今日は定休日。

ということで新横浜のホテルで1日セミナーに参加してきました。

今、帰りの電車の中なんですよ。

いや~丸1日セミナーっていうのは随分久々なんですね。

なかなか時間が作れないでいましたからの。

今日のセミナーは、僕が学んでいる集まりの15周年記念のセミナーだったんですね。

だから、記念に仲間と声を掛け合ってお花を贈りました。



なかなか綺麗でしょ?

勉強会はとても大事大事なことです。

でも大敵は睡魔なんですよね。

案の定、午前中はよかったんだけど午後がね・・・・

やっぱさ、お腹がいっぱいになると眠くなっちゃうわけなんですよ。

でもね、ちゃんと学んできましたよ。
何を学んできたのかというとですね。

簡単に言うとですね。これからの商いは、お客さんの日々の生活を豊かにしなくちゃダメだってことですね。

そりゃ、そうですね。

なんか、よくわかんないけど、今の世の中、利便性が優先されているようでちょっと寂しい気がしますよね。

利便性は、大手に任せてうちみたいなちいさい店は、お客さんと仲良くやっていかなきゃいかんってことですよ。

今日の学びを踏まえて、シルクはさらなるお客さんの毎日の生活を豊かにしてゆきたいと思いました。

おっと!今八王子駅だけど、終電が来ました。

ってことで本日はここまで!

おやすみなさーい!







今日は雨でした。

それも冷たい雨なんですよね。

春はどこへと思うほど肌寒い今日この頃です。

そのおかげ?でお店には、あんまりお客さんが来ません。
誰も来ない・・・

そこで、ここはチャンスとのばしのばしにしていたニューズレターの印刷のラストスパートをかけました。

実はシルクのニューズレター「一期一会通信」は家庭用プリンターで印刷してるんです。

どこにでもあるCanonのインクジェットプリンターなんですよ。

だから、すっごく時間がかかるんです。

いつもは、店を閉めてから夜中の3時ぐらいまでかけて印刷するんだけど、今日は来店が少ないということで営業時間中に印刷をしてみたんです。



途中お客さんが、刷り上がったばかりのA3を二つ折りにしてくれるのを手伝ってくれたんで、 3分の2ぐらいは二つ折りが終わりました。

とりあえず、今、A3は印刷が終わったところなんでですね。

A4はあと4種類印刷しないといけないんですが、明日は横浜に1日セミナーに参加してきますので、今日のところは寝ます。

というわけで、明日はセミナーでダメ。
だから、明後日の水曜日午後に織り込みして、木曜の朝発送する予定ですね。

さ~て、頑張るぞー!!
と思いつつお休みなさい・・・



いや~、なんともグットタイミングですね~。

ちょうどドンピシャです。

今、4月号のニューズレターを書いているんだけど、セーターが縮ませないで水洗いするのにはどうしたらいいのかというのが今回のテーマなんですね。。

そしたら、クリーニング業界のお知らせこんな記事が出てました。



こりゃ、もう、偶然もいいところですよ。

久々のクリーニングネタのブログですね。

どしたら、家でセーターを縮ませないで洗えるかについてはニューズレターを読んでもらえるとわかると思うんですよね。

え?

そう言わないで教えろって?

まあ、かいつまんで言うと、洗い過ぎないってことですかね。

みんな一所懸命洗うから、縮んじゃうから縮んじゃうだよね。

きれいにするのはいいんだけど、ほどほどにしないとダメですね。







以前、黄金柑の話はこのブログに書きした。

ゴールデンオレンジと呼ばれる幻のみかんですね。kgで3000円するやつですね。

その黄金柑を取り寄せる静岡のみかん農家の方から「甘夏があるんだけど・・・」と言われたんです。

「甘夏か・・・・」別に、甘夏は珍しいものではないんで、うちで扱わなくてもいいかなと思ったんですよ。

ところがその農家の話を聞いて欲しくなっちゃいました。

それは、甘夏は普通、とっとと収穫をすませてしまうものらしんです。
というは、重いから落ちちゃうそうなんですね。落ちたら商品にならないから先に収穫しちゃうわけです。

ところが、その農家の方は、そのまま木にならしておくそうです。

木の上で熟させるそうなんですね。

こりゃ、面白い!
と思って食べてもいないのに1箱注文してしまいました。

クリーニング屋で甘夏が買える。なんといい響きだと思いませんか?


金曜日の午前中は、子育てママのお役にたちていと、カフェを解放することにしました。

朝10時から保育関係にお勤めの平井さんという女性ににお願いして、カフェでお茶を飲んでもらいました。

まだまだこのことは告知をしていないので、子育てママは誰も来られませんでしたが、そのかわりに、僕の疑問点を平井さんにぶつけてみました。

僕は、男だから子育ての悩みなどはないし、もう、息子もデカイのでいまさら子育てのことについて聞くことないんです。

ただ、子育ては、家族、社員、商人仲間との付き合い方のヒントになるんじゃないかと思ってるんですよ。

そこで、まったく、畑違いで抽象的な質問だけど、平井さんにしてみたんですね。

そしたら、やっぱさすがですね。

経験があるのはもちろんなんだけど、もう一度学校に入り直して勉強しただけあって、裏付けっていうかしっかりとした根拠のがあるんすよ。

この人なら、僕が理想としている子育てママの集まれる場ができると確信しました。

最初はボチボチですが、なんとかカタチにしてゆきたいと思います。



店の前にあるシルク牧場のチューリップが咲き出しました。 以前は、雑草が茂っていたんですがうちの奥さんお手入れのかいがあって牧場に生まれかわりました。 あれ? でも、ちょっと変? 2月ぐらいに撮った写真がこれ。
現在がこれ。
花が咲き出しただけなのかと思いきややっぱり何かが違う。 よくよく見たら牛ちゃんがいない!

あいつ、脱走しやがったな!! ちゃんと柵をしているのになぜ? と思って調べてみると、わかりましたよ。 原因は道路側に柵をしてなかったことでした。 きっと、1匹で寂しかったんでしょう。 仕方がない、今度は、友だちも一緒に飼うようにします。

3月15日が、今の新しい店の開店記念だということは、この前書きした。

そして、旧店舗が24年前にオープンしたのが4月8日なんです。

だから、今日も実は記念日なんですよ。

3月15日が「サイコー」の日なのに対して、4月8日は「お釈迦さまの誕生日」です。

そんなめでたい日なんですが、まさかの雪です。



朝はみぞれだったんだけど、だんだんボタン雪みたいになって積もってきました。

外はスゲー寒いです。

24年前が雪じゃなくて良かったです。







新しい店になって4年も営業していると、この店は何の店なのかと多くの人の頭を悩ませていることに最近気がつきました。

そりゃ、そうですよね。看板付けてないんですから。

そこで、この春に新店舗になってから初めての新聞折り込みチラシを出そうかと計画していたんです。

でも、よくよく考えたらそんなお金はないし、あんまり遠くまでお知らせする必要がないんじゃないかと思うようになったんですね。

そこで考えたのがご近所にお手紙を出すことです。

まずは、今回「瀬戸岡地区」に出すことにしました。

果たしてどんな手紙なんでしょうか?

お住いの方は届いたら隅から隅まで目を通していただけるとたいへん嬉しいです。

この先、他の地区にもご近所手紙を出してゆきますので、お楽しみにしていてくださいね。



庭の木々、一番最初に花を咲かせるのがジューンベリーです。

今まで、葉もなく寂しい立ち姿だったけど、つぼみが膨らんでここに来て咲き始めましたね。



この花が咲くと、春がやって来た感があります。

暖かくていいな~と思うかもしれないけど、僕にはとっては、これから毎日水やりの日々が続くわけですよ。

でもジューンベリーの花を近くで見ると、そんなに花好きなわけではない僕も、なんだか気が休まりますよね。



樹々の芽吹きはいいもんです。

某イオンの某ダイソーに行った時のこと、夜9時閉店の15分前に入店しました。

ギリギリセーフって感じですね。

アナウンスでは「ごゆっくりお買い物お楽しみください~♪」と言ってるんだけど、そんなに時間はないはずです。

まあ、買うものは決まってたんで、別にゆっくりはしてないんだけど、そのうち閉店の音楽が流れ出しました。

おや?と思ったら、日本語だけじゃなくて、英語、中国語、韓国語でアナウンスが入るんですね。

100均一もなかなか、国際的ですな。

この店はまだだけど、日本のどこかのダイソーでは、外国人による爆買いでもあるんですかね。

そんなアナウンスを聞きながら会計に向かっていたらなんと、店内の電気を消し始めたんです。

こりゃ、焦りますよね。

なんか、後ろから闇に攻めたてられているようです。

確かに働いている方からすれば、早く店を閉めて帰りたいですよね~

その気持ちはよ~くわかります。

とはいえ、まだ、店内に人がいるのに電気を消し始めるのはどうかと思うんだよね。

もうあと5分待って、お客さんが店外に出たのを確認してからでもいいんじゃないかと思うんだわ。

まあ、しょうがないな~と下のエスカレーターに向かったら、今度は警備のおっちゃんが「エスカレーターを止めま~す」って言ってエスカレーターの前の柵を閉めはじめてたんです。

まあ、これまた早いこと。

まだ上の階から人が降りてくるのが見えるのに、閉めようとするんだよね。

確かに警備上は仕方のないことだけど、なんだかあわあわしちゃって焦りましたよ。

時間ギリギリに行く僕もいけないとは思うんだけど、もうちょっと執行猶予が欲しいですね。






シルクの店頭で、土日限定で販売しているパンがあるんです。

檜原村の人里(へんぼり)にある時「たなごころ」さんの自家製酵母パンなんですね。



酒饅頭と同じ製法で作ってるんです。

そのたなごころさんが営業を開始しました。



12月~3月までは、店はやってないんです。

4月~11月の土日だけ営業をしているんdねすね。

そんなたなごころさんに、シルクで販売してる糀ドリンクを並べてもらいました。

今回、嫁いでいったのは「桜と糀」と「栗と糀」です。

どちらも、地元のお土産としてどう歩んでいいのかの修行のため嫁がせました。

展示した状態を写メでいただいたんですが、木の内装と実にいい感じでマッチしてます。



嬉しいっす!

さてさて、桜と栗は、これからどんな学びを持ち帰るんでしょうか?

楽しみです。



うちのお客さんの中に、保育士の仕事をされている平井さんという方がいらっしゃいます。

この方、今まで保育の世界で長年やられていたので、経験は豊かで、モノの見方は素晴らしい方がなんです。

ところが平井さんは経験だけじゃダメだと仕事をやめ2年関、介護関係の学校に入学しなおし理論から現場までしっかりと学び直しました。

すごいですよね~。

僕はその決断を来た時、感動で鳥肌がたちました。

僕と同じぐらいの年齢になって、まだ学び直すなんて尊敬です。

そんな平井さんは今も保育関係の仕事を続けています。

昨年、クリーニングの受付をしていると時に、僕が子育て支援をしたいことを平井さんに話してみました。

それは孤立しているお母さん同士がシルクという場に来ることによって、つながってゆくイメージです。

僕は子育てをしてきた女性じゃないから、本当の気持ちはわからないけど、今の子育て中のお母さんって、悩みなどを気軽に話すところがないんじゃないかと思ってるんです。

昔は、近所付き合いがあったから、買い物途中に、立ち話をしたり、家のおばあちゃんいたり・・・。そんな場あったけど、今はそれが無くなってしまったんじゃないかと思うんですよね。

だから、昔では考えられないような悲惨な事件が起こるんじゃないかと思ってるんです。

そこで、カフェをある決まった曜日に解放して、お母さん同士が気軽に話を出来る場を作りたいと思っていたんです。

そんな話しをしたら、平井さんが「私もそういうことをしたかったです!」というんです。

お~、なんというシンクロ!

それじゃ、いつの日かやりましょう!
って話したのが去年。ところがお互いなかなか時間が取れず、話が進まないでいました。

それが、今日、やっと具体的なカタチになりました。
平井さんが午前中にやって来て、詳しく話をすることができたんです。

毎週金曜日の午前10時~12時。

平井さんは、カフェでお茶してますから、何か心配ごとや悩みがあるお母さんは、ふらっとやってきて平井さんに話しかけてみてください。

お悩み相談会とかいう硬いものではなくて、買い物途中の立ち話って感じが理想です。

まだまだ、細かいことは決めていませんが、とりあえず動かしてみたいと思います。

カフェの利用仕方は、カフェと思わないで児童館だと思ってください。

カフェでの飲食が出来ません。
赤ちゃんのいる方は、ミルクはOKです。小さいお子さんは水やお茶の持ち込みはできますが、お菓子はNGです。

どうぞ、ご活用ください。

って、思ったら、早速赤ちゃんと小さい子どもさん連れのお母さんがやって来て平井さんと話をしていました。

お!いい感じ!

素晴らしい偶然だと嬉しくなりました。

とにかく、こんな感じでスタートします。

よろしくお願いします。





このところ、廃業されたとう話を耳にする機会が多いんですビックリしてます。

それも、どれも地元で何十年もやっていた店ばかりなんです。

店を閉じるということは、ある意味勇気のいることだと思うのでんです。

ある飲食店などは、父親の代からお世話になっていて、よく出前をとったもんです。

家族が集まった時などは、その店の出前を食べるのが楽しみにでした。

そんな店が、このところ立て続けに店を閉じているんです。

個々それぞれ理由があるとは思うのですが、とても寂しいことですね。

大型店がやって来て、そこに行くと品揃えが豊富で安いという便利さを知ると、近くの店の行かなくなってしまいます。

そのうちの近くのお店は将来のことが見えず、廃業へ追い詰めらてしまいます。

大型店にテナントとして出店していても業績が悪ければ、すぐに撤退です。

そしてまた新しいテナントがやってきます。
テナントのように、すぐに閉めれる店ならいいですけど、個人の店だとなかなかそうにはいきません。

結局、廃業という結果になってしまうんですよね。

地域に大型店が出店して、小さな店がぜ~んぶ店を閉じちゃったあとに、大型店がいなくなったら、一番不便に思うのは誰なんでしょうか?

この先に、街から小さな店が1軒も無くなってしまったら、とても魅力ない街になってしまいそうですね。

そうならないためには、お客さんとのつながりが大切なんですね。

シルクもそこんとこチカラ入れて踏ん張らねばと思っています。

シルクも廃業しないように、皆さんのご支援をよろしくお願いします。












まったく、洒落っ気があって好きですね。

あのGoogleが、4月1日エイプリルフールにちなんでGoogleマップ上でパックマンを出来るようにしちゃったんですよ。

パックマンと言えば、あの昔懐かしいファミコンの名作です。

ダウンロード

このゲームを、実際の地図の上で出来るってんだから、こりゃ面白いですよね。

やり方は簡単です。

まず、Googleマップを開きます。

pakk2

次に、左下のパックマンのボタンを押します。

そうすると・・・・

pakk1

あ~ら不思議。

シルクのまわりがパックマンの画面に早変わり!

おー!スゴイ!

と思って、実際にプレイしてみたけど、意外と難しい・・・

こりゃ、ちょっと練習しないとダメかもしれませんね!