FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
病気で枯れてしまったアオダモですが、消毒をしたほうがいいというので消毒しました。

やっぱ、一度枯れてしまった葉っぱはもとには戻りませんよね。

なんで、今年は枯れてきちゃたんでしょうね。

木自体が心配ですね。

でもね。

不思議なんです。

なんとですね。

今まで芽が出なかった場所から芽が出てきたんでよ。

新芽ですね。

出るのを我慢していたんでしょうかね。

さて、今から新しい葉が出て、どうなることでしょうか。

ちょっと心配ですが見守っていきましょう。




仙台に木の家さんという缶詰めの会社があるんです。

震災当時、ラベルがない缶詰めをドロの中から広い集めて「希望の缶詰め」として販売した会社ですね。

前々から、その存在を知っていたけど実際に食べたことがなかったんですよ。

そこで、知人のスーパーにお願いして取り寄せて食べてみました。

IMG_6883s.jpg

さばの味噌煮は、間違いなく美味しいですね。

味噌が甘過ぎないので、さばの味が引き立っています。

鮭の水煮は、中骨入りです。

そのまま食べれるし、鮭の身もちゃんと入って美味しいです。

この会社、もともとが、鯨の缶詰め工場から始まったらしく、珍しい鯨の大和煮とか、須の子とかあるんですよ。

須の子っていのがなんだかわからなかったけど、どうも鯨のホホ肉のようなんですね。

1頭から2~3%しか取れない貴重なもんらしいです。

しばらく、この缶詰めを取り扱うことにさせてもらいました。

よろしくお願いします。

今までは、観葉植物を店のあっちこっちに置きながら販売していました。

でも、今年からは、ちゃんと陳列しようかと思ってるんですね。

今回は、こんな感じにしてみたんです。

IMG_6844s.jpg

これだと、なんだか売ってるみたいに見えるでしょ?

まあ、クリーニング屋で観葉植物っていうのもなんなんだけど、やっぱり森を目指している店としては扱わないわけないはいきませんからね。

これからは、植物のセレクトと置く場所との相性などを考えて充実した品揃えにしたいと思ってます。

これだけあると水をやるのがたいへんだと思うでしょ?

でも、大丈夫。

ここにあるのはみ~んな、底から水を吸い上げるタイプなんでそんなに頻繁にやらなくても平気なんですね。

これなら、きっとお客さんも喜んでくれると思うんだよね。

うちで扱ってるスピーカーの聴き比べをしてみました。

そのスピーカーの名前は「波動スピーカー」って言って一つのスピーカーから音が広がるように出るんですね。

その新型が出たいうので、デモ機を借りて実際に店で聞いてみたんです。

以前、試聴ルームでは聞いたことがあるんですが、お店で実際にかけたことがないんでやってみたんですよ。

それに、今度の新型はコンパクトなんで持ち運びが出来るんですね。

だから、料理をしながら聞くというシーンも考えられるわけなんですよ

IMG_6824s.jpg

現在、店にある波動スピーカーと新型の波動スピーカーでは、それぞれ音に個性があるんです。

だから、とにかくお客さんに実際に聞いてもらうのが一番ということでやってみました。

いや~、やっぱなんでもそうですが、実際にやってみないと感じられないことってたくさんあるんですね。

これから、これを使ったイベントの企画などをしたいと思ってます。

偶然、つけたテレビでワイシャツのエリのシミ抜きをやってたんですね。

誰もが、エリの汚れを落とすのに苦労してるんですよね。

その番組はですね。

主婦の方が「エリのシミが取れなくて困ってるの・・・」に対してシミ抜きを実演するってやつですよ。

解説をするのは、たぶんクリーニング屋さんだと思うんです。

「まず、エリの汚れは油ですからクレンジングオイルを付けて歯ブラシでこすります」

「次に、中性洗剤を付けて歯ブラシでこすります」

「今度は固形石鹸を歯ブラシで泡立てエリに塗り込みます」

「最後に、これがポイントですがスプーンで汚れを剥ぎ取ります」

IMG_6874s.jpg


お~!スゴイ手間!

これだけやれば、落ちて当然だわ!!

でも、こんなの毎日出来ないと思うんだよね。

それに、うちのお客さんに話してもやってくれないだろうな~

こんなエリ汚れは、うちで売ってる魔法の石鹸を塗るだけで簡単に取れちゃうよね

あ~、だからプロが出てくるとこうなっちゃうんだよな~

「理屈は確かにあってるんだけど、忙しい主婦には出来ないよ!」

っていうのがテレビを見ていた、僕と妻の感想でした。

いや~、この季節がやってきましたね~!

「幻のポテトチップス」と呼ばれる「三方原のポテトチップス」の販売開始ですよ。

いつも、入荷するとすぐに無くなっちゃうんで、最初は予約にしてるんですね。

とりえず、12箱180袋注文を入れたけど、たぶん予約で完売してしまうんでしょう。

今回ね。そんなポテチの製造工程を初めて見たんです。

別に、工場に行ったわけじゃないんですよ。

ユーチューブ動画にあったんですよ。

それを見ると、なんとも手作りだなと思いましたね~。

スライスしたじゃがいもを揚げる時間なんて、揚げ具合を見て決めてるんです。

タイマーじゃないんですよ。

担当の方が「このくらいの色になったらです」って言ってました。

それに、塩かげんもけっこういい加減です。

工場の担当の人が「出荷してしょっぱかったら、次から変えますから・・・」

と、なんとも大雑把なんですね

まあ、だから、あの手作り感があるんでしょうね。

工業製品と違って、その年のじゃがいもの出来て味が変わってくるポテチなんて、今は無いですよね。

あ~、今年の出来が楽しみです。

今日と明日の2日間、東急の前にある噴水広場で「よかもん市」が開かれます。

うちのお客さんでもある小川さんが主になって毎年やってるイベントなんですね。

手作り品の店が並んで、なかなか楽しいんですよ。

今までは、小川さんが中心になって開催していました。

ところが、話によると、今年から参加者が主体的に実行委員会を作ってやってゆくとのことなんですね。

これは、とってもいいことです。

イベントって、企画はいんだけど実際に実行するとなるといろいろな手配が必要になってくるんですよね。

そんな参加者主体になったおかげか、出店数が40近くになるみたいですね。

素晴らしいことです。

でも、今年は見に行けないんですよ。

日曜日営業を始めてしまったんで、土日は店を空けられれないんです。

残念です。

最近の洋服は、おかしなものがたくさんあります。

とにかく、着たあとのメンテを考えていないんですよね。

本来、洋服は着続けるわけだから、洗わないといけないわですよ。

着れば汚れるんですからね。

それなのに、水洗いもドライクリーニングもしちゃダメだよという表示をする服があるんです。

ほんと、どうしろっていうんでしょうかね?

使い捨て?じゃないよね

そして、注意書きには「クリーニングは、クリーニングの専門店にご相談ください」って書いてあるわけなんですよ。

まあ、いっくら僕らが洗いのプロでも、あらっちゃダメっていうのを相談されても困っちゃいますよね。

そんな表示のある服も、買うときにはショップの人も何も教えてくれませんよね。

だって、教えちゃったら買わないですからね。

イヤ、待てよ

教えないというよりは、もしかして知らないのかもしれませんね。

そんな服が時々出てくるんで、お客さんに説明すると「あら!まあ!なんでもこんなもん作るのかしたね~!」驚かれます。

そりゃそうです。

知らないで買っちゃうわけですからね。

それも、作ってるのはちゃんとしたメーカーがなんですよ。

これも、時代なんですかね。

なんか矛盾してるような気がするんですけどね。

店の入口右側にアオダモの木があるんですよね。

アオダモって、野球のバットに使われるほど硬い木なんですよ。

今年で2回目の春なんだけど、どうも調子が悪かったんです。

新芽が出て、葉っぱが茂ったんだけど、黒い斑点が出来て、だんだん枯れだしちゃったんですよ。

IMG_6856s.jpg
(葉っぱの上の文字は目印に僕が書きました)

虫か何かと思ったんだけどどうも違うみたいなんです。

そこで、いろいろ調べてみると、どうやら病気のようなんですね。

病気なら治療しなきゃいけないということで、消毒をしました。

虫のことを考えるとあまり薬を使いたくはないんだけど、病気じゃ仕方ないですよね。

あとは経過観察をしてみます。



うちでは、店頭で被災地の特産品を販売してます。

もう、震災の年の夏から始めたんでもうすぐ2年になりますかね。

その支援金の箱のお金は、とっても厳重に扱ってるんです。

だって、預り金ですからね。

自分では開けません。

まず、銀行の担当が来たら開けてもらいます。

IMG_6850s.jpg

次にそのお金は「東日本大震災復興支援」の通帳に入れます。

そして、特産品の支払いや、支援物資の購入は、すべて記録に残るようにしています。

今回は、合計で82,895円の入金が出来ました。

被災地のことを考えると、まだまさ微力な活動ですね。

でも、とにかく、被災地に言った時に言われたことば「細く長く支援して欲しい」は守りたいと思います。

ホームセンターに行って来ました。

店を森にしようと、植物を扱うようになったら行くことが多くなってしまったんです

でもね、あんまり行くの好きじゃなかったんですよね。

あの広い売り場で買い物するのって好きじゃないんですよ。

まあ、仕方ないっす。

ただ、時々、面白いものに出会うことがあるんで、それはなんか楽しいですね。

と今回は、こんなものに出会いました。

IMG_6843s.jpg

競走馬の堆肥?

なんか、すっごく効きそうですよね。

でも、僕は買いませんよ。

いったい、誰が買うんでしょうかね・・・・

今、新しい企画として手作り品のオーダーを受注しようかと思ってるんですね。

でも、それはあくまでも趣味の範囲を超えないように注意しないといけないんです。

ようするに、うちのお客さんに作ってもらうわけだから、あまり負担にならないようにしたんですよ。

で、そのためには材料をうちで用意してあげようと思ったんです。

個人が在庫を抱えると何かと大変ですからね。

でね。

去年1回だけ電話したお取引をお願いして、そのまま連絡をしてない会社があるんですよ。

カラフルな生地や、テープを扱ってる会社なんですね。

手作り品を作る人に、その会社のカタログ見せてところ「かわい~い!!」っていうんで、正式にお取引をお願いしたいと思ったんです。

最初に電話した時は、まだ、店がカタチになっていなかったからお取引を申し込んでいなかったんですね。

で、だんだん店もカタチが出来てきたんで、もうお取引をさせていただいてもいいかなと思ったで電話しました。

そしたらですね。

そこの担当が方がですね。「シルクなんですけど・・」といったら、うちのこと覚えていてくれたんですよ。

いや~、感動しましたね。

1年前に1回だけなんですよ。

それも、問合せだけ。

それなのに「シルクさんって、クリーニング屋さんでしたよね?」言われたんです。

こりゃもう、その会社とはお付き合いしたいですよね。

なんだか、ウキウキしてきました。

こういうことが大事なんですよね。

とっても勉強になりました。

さ~て、どんなモノを仕入れたらいいのか?

こればっかりは、僕にはよくわからないのでお客さんに聞いて決めることにします。

これからの展開が楽しみです。

雑貨を買いに行きました。

つい、仕事柄、洗剤コーナーには足がむいてしまうんですね。

そしたら、偶然ですね「重曹」のパッケージが目に入ったんですね。

そこには、こんなコピーが書いてありました。

IMG_6834s.jpg

いや~、上手ですね~。

重曹って、そうなんですよね。

あれは、洗浄力じゃないんです。

これが使う意味なんですよね。

だから、電子レンジの中なんかがいいです。

早速、パクらせていただきます。

パッケージを作った方、本当にありがとうございました。





ちょっとムードのいい店に家族で食事に行って来ました。

時間が遅かったんで、うちらの他に3組みいるだけだったんですね。

とりあえず、注文をして食べ出しました。

しばらくすると「ラストオーダーなんですが・・・」との声。

まあ、もう追加がないからもういいですということを伝えました。

と、そのとたん、その店員さんたちがラストオーダーがもうないことを全員に伝言するんですね。

まあ、そこまでは普通の業務だからいいんです。

で、そこからがちょっとマズイ・・・

みんなで片付けを始めたんです。

厨房の人は、床にブラシがけを始め、外のバイトの若い人は話しながらコップをしまい、もうひとりの人はご飯の炊飯器を拭きだしました。

う・・・・

ラストオーダーはないけど、まだ食べている最中なんですけどね・・・

せっかく、美味しい料理が、ブラシの音や、コップがぶつかる音で、なんだか美味しくなくなってしまいました。

僕の座った位置からは、とにかく、み~んな見えちゃうんですよ。

あとちょっと、あと15分、いや10分待ってくれれば食べることは終わるんですけどね・・・

同じ商人として、ちょっとガッカリしてしまいました。

あとで、聞いたら家族もそう思ったそうです。

今朝、クリーニングを出しに来てくれたお客さんがコーヒーを2杯注文してくれました。

でも、お客さんは女性、ひとりなんですよ。

外に、誰か待っているのと思いきや、誰もいない。

ここで待ち合わせなのかというとそうでもない。

2杯目を時間ずらして出したほうがいいのかと聞いたら同時に出して欲しいという

何でなんだろう?

でも、オーダーはそうなんだからそうしないといけないですよね。

僕は2杯同時に作ったんですよ。

で、お客んが座ってる席に持っていったんです。

そしたら、なんと、そのお客さんが
「マスター、遅くなったけど誕生日おめでとう!」
といって、そのうちの1杯を僕にくれたんですよ

あら~!びっくりしましたね~!

1杯は僕のためだったんですね~!

僕は、久々に客席に座ってコーヒーを飲む事ができました。

Tさん、本当にありがとうございました。

そしてごちそうさまでした。


最近、お店のBGMを自然の音を流すようにしてるんです。

ちょっと前までは、ボサノバとかジャズだったんだけど、庭の緑が芽生えてきたんで森の音楽が似合う季節になってきたからなんですね。

鳥の声だとか、小川のせせらぎだとか、を音と映像で流しているんですよ。

するとですね。不思議なことが起こるんです。

それはね、鳥が入ってくるんですね。

IMG_6822s.jpg

写真じゃよく見えないけど、右端の上のほうに写ってるのが鳥です。

庭のほうの折り戸を開いておくと、鳥が入ってきて店内の2~3周回って出てゆくんですよね。

よくもまあ、壁にぶつからないで飛んでいけるもんだと感心しています。

仲間がいると思っているんでしょうかね。

それとも、なわばり争いなんでしょうかね。

まあ、出ていってくれからいいけど、そのまま店の中に居座ってしまったらこまりますが、なんとも面白い光景です。

昨日、浅草の薬局屋さんと、僕の知ってるデザイナーの方の話し合いにお邪魔をしたと書きました。

その時に、いろいろデザイナーの方からお話を聞きました。

そして、結論としてやっぱりなんだかんだ言ったってデザインの力はスゴイってことをあらためて認識しました。

デザインって本当に面白い力があるんですよね

まあ、普通デザインっていえば、ロゴ=デザインって感じですよね。

誰が見てもひと目でわかるロゴマークを作ることがデザインだと思いがちです

ところがですね。

それだけじゃないんですよね。もっとスゴイ力がデザインにはあるんですよ。

当店の「SILK」のデザインって、僕の考えを忠実に表現してもらったと思ってます。

そだけでも、大満足なんだけどプロの創ったデザインって、時間が経つとその効果が実感出来るんです。

なんて表現していいかわからないんだけど、自分が人に伝えたいコトの集まりがカタチになってるっていったらいいのかな?

う?よくわかんない?

まあ、簡単に言うと世界観を作るうえで絶対に必要なコトだって事なんですよ。

まあ、なくてもそれはその人の世界は表現できるんだけど、あるとスッゴクわかりやすいってことなんですよね。

あと、優れてデザインって日が経てば経つほど、見ていて嬉しくなんです。

奇抜なデザインとか、強烈なデザインはインパクトがあり、効果がすぐに現れるんだけど、飽きてきちゃったりすうんだよね。

いいデザイン。それは壁に貼って毎日見ているうちに腹に落ちてくものなんですね。

そんなデザインを作るプロのデザイナーって、やっぱすごいわ!

平日だっていうのに、浅草には人がたくさんいますね~。

特に外国の方が多いですよ。

さすが、日本の名所ですね。

今回、浅草に来たのは遊びじゃないんですよ。

といっても仕事でもないみたい・・・

仕事でたいへんお世話になってる薬局屋さんのご夫婦にお会いするためなんです。

この店、ほんとスゴイですよ。

といっても、ここでそのことを書き出したら夜明けになっちゃうから省略させていただきます。

とあえず、シャッターが閉まってるところの写真はこんな感じです。

IMG_6807s_20130603164433.jpg

ね!なんとも温かみのある風景ででしょ?

さて、それじゃ僕は何しにいったのかというとですね。
このご夫婦と僕の知ってるデザイナーの話し合いにオブザーバーとして同席させてもらったんです。

僕は、これからの商いには、デザインってスッゴク大切だと思ってるんですよ。

自分の考え方を人に伝える時に、やっぱり言葉だけだと細かい説明になっちゃう。

それが、ちゃ~んと落とし込まれたデザインなら、それだけですべてを語ってくれるんですよね。

そんなことを、この薬局の方にも活用してほしくて、余計なお世話をさせていただきました。

この薬局屋さん(といっても、ネオ薬局さんって名前が出てるし・・・)

これからが楽しみです。

昨日母の日のために用意した「しあわせのハンドクリーム」おかげさまで最初に注文した2箱を完売することができました。

いや~、どうなるかと思ったんですがなんとかカタチにはなりましたね。

クリーニング屋でハンドクリームが売れるのかと心配だったんだけど、意外とお客さんはすんなり受け入れてくれました。

ありがたいことです。

それにしても、このハンドクリームはスゴイですよ。

お試しに見本をおいて自由に付けられるようにしてるんだけど、全員が「これイイね」と言ってくれます。

これだけ評価が高いと、こちらも嬉しくなりますね。

まだまだ、世の中には素晴らしい商品が存在するんですよね。

で、そんなわけで、本日追加注文をすることができました。

もう少し頑張って、しあわせのハンドクリームを定番がしたいと思ってます。

世間で言う、クリスマスとかハロウィンだとかいう行事にからめた企画って、うちではやらないんでよね。

だから、母の日にからめて企画も今まではやらなかったんです。

でも、今回はハンドクリームを取り扱うことになったんで、せっかくだからやってみたんです。

普通に商品名を書いて売るのがおもしろくないので、名前を「しあわせのハンドクリーム」に変えました。

商品のブランドや効果効能を全面に出して売るのも悔しいから、ただラッピングをして展示してみました。

それに、ちょうどいいタイミングでレジ横に展示台を作ったんでそこに飾ってみたんですね。

こんな感じです。

IMG_6798s.jpg

なかなか良い感じだと思うんです。

でも、この展示も今日までなんですよね。

もっと早く展示台を作っておけばよかった・・・・

さて、明日からどんな展示をしようか考えないといけないですね。

今度、カフェを利用してスイーツデコのイベントをやろうと思ってるんですよ。

料金設定やどんな内容にするかいろいろ悩んでいると時に、お客様のWさんが以前、他のところで作ったデコを持ってきてくれました。

IMG_6795s.jpg

コレはミニティッシュケースですね。

上にのかってるのも主催された方の手作りだそうです。

なかなかてんこ盛りですね。

それと、これはWさんが近々参加しようと思っていて、参加できなくなったイベントで作る予定のアイスのマグネットです。

IMG_6796s.jpg

手で引っ張って作るそうです。

さらに、これまた、他の場所でやるスイーツデコを作るイベントのチラシまで持ってきてくれました。

いや~、ありがたいですね~。

こうして、いろいろと資料を持ってきていただけると、ほんと助かります。

6月には実現します。


昨日の答えはコレなんです。

IMG_6778s.jpg

レジ横の陳列台なんですよ。

このゴチャゴチャしたレジの横をうまく活用するために作ったんですね。

段差があったり、レシートの発行機あったりするんでどうしたらいいのか悩んでいたら、こんなことを思いつきました。

これから、ここの旬の品々を展示します。

こんなものを廃材で作ってみました。

IMG_6777s.jpg

これは何でしょうか?

答えは明日です。

昨日の映画セミナーの話です。

頼まれていたレポートは、おいおい書くとしてその映画で学んだことをちょっと書きますね。

「義憤(ぎふん)」って言葉知ってますか?

恥ずかしながら、僕は初めて聞いたんですよ。

意味はですね。簡単にいうと「道義に外れたこと、不公正なことに対するいきどおり」ってことなんですね。

今の世の中、けっこうこういうことってありますよね。

政治なんかそうじゃないですか?

原発に関してもあると思うんです。

じゃあ、そんな時、どうするのか?ってことなんですよね

確かに、反対運動をしたり、批判をしたりすることは必要かもしれません

でもね・・・

あれって、あんまり気持ちよくないんですよね。

いろんなことに頭に来て、批判する気持ちを持つけど、いつのまにか熱が覚めていつもの生活に戻っています。

それが、また、ある時、頭を持ち上げてきて批判したくなる・・・

そんな繰り返しが起こるんですよね。

じゃあ、どうする?

そう、そんな時には「リアルな行動」に出るんでるってことなんですよ。

そうすると「何か」が変わる

今までのルーチンから外れると世界が変わる

そう、とにかく行動する

そんなことをこの映画から学びましたね。

え?何ていう映画かって?

映画のタイトルは内緒ですが2010年制作のバイオレンス映画です。

それも評論から「ふとどきな映画」と酷評された映画なんですね。

そんな映画から「義憤」を学びました。

下北沢で時々やる映画のセミナーがあるんですよ。

みんなで映画を見て、人生に役立つことを学び取ろうっていう主旨なんですね。

いつもは、気軽に参加していたんですが、今回はそのレポートを頼まれてしまいました。

ハッキリ言ってこういうの苦手なんです。

ブログとかニューズレターとかは、日記がわりに自分の勝手なことを書いてるからけっこう気が楽なんですね

でも、レポートとか議事録とかはちょっとね・・・・

レポートって、その事柄を伝えないといけないでしょ?

議事録は、記録だから正確じゃないといけないですよね。

そうしたたくぐいの文章は、ほんと苦手なんですよ。

あ・・・・

どうしよう・・・

映画を見る前にどうな感じでやるか決めておかないと、映画の世界に入れないかもしてない・・・


ゴールデンウィークですが営業してます。

なかなか、静かです。

やっぱり、この時期は皆さんお出かけなんでしょうかね?

昨日の話じゃないけど、やっぱりイベントをやらないとおもしろくないですよね

イベント、イベント、イベント、イベント・・・・

来店はしっかり計画をするぞ~!

うちのゴールデンウィークが終わり、営業開始です。

以前なら休んでいた日なんですね

実際、営業してみるとあんまり違和感がないですね。

よくよく考えたら、今までもゴールデンウィーク中も結局は店にいたんですよね。

だから、店が開いてるかどうかだけの違いで、自分の行動はあんまり変わらないってことなんですよね。

そんなゴールデンウィーク真ん中の5月5日。

今日は、子供の日だったんですよね。

いや~、失敗しました。

せっかく子供の日に営業をするんだから、子供中心の何かイベントを企画すれば良かったですよね。

くじ引きかなんかがいいですね。

縁日でやるような楽しいのがやりたかったですね~♪

来年は、絶対に面白い企画をしたいと今から思っています。

今回は、いつも違う美容室で髪の毛をお願いしました。

勉強会の仲間がやってる八王子の美容室に行ってきたんですね。

やっぱさ、いろんな店に行くっていいですよね。

ほんと、いろんなことに気づきますよ。

お客さんの立場に立つということは、本当に大事ですね。

自分の店でよくそう思うんですよ。

お客さんって細かいところまで見てるですよね。

棚の一番下とかは僕らが見ないんじゃないかと思うようなところをちゃ~んと見てるんですよね。

手が抜けないですね~!

あのディズニーランドの歴代大統領かなんかの服の生地は、当時のものを使ってるとかなんとか聞いたことがあるけど、そういうことが大事なんですね。

そういう細かいこだわりの積み重ねが店の世界を作ってゆくということになるわけなんですね。

いや~、日々、修行です。

ゴールデンウィーク初日です。

今年のゴールデンウィークは、今日と明日しか休みません。

今まではカレンダーどおりに休んでいたんですね。

別にどこに行くわけでもないんだけど、定休日が日曜・祝日だったからなんですね。

でも、今年の3月から定休日を火曜・祝日にしたんで、事情がちょっと違ってきたんです。

そのまま、素直に火曜・祝日を休んでしまうと、なんだかよくわかんない営業日になりそうなんですね。

だから、必要最低限の休みを取るだけにして、あとはやることにしたんです。

今年は、家族恒例のバーベキューを3日にしたんで、今日と明日だけ休んだわけなんです。

さて、そんなバーベキューですが、いつも記録に残そうとデジカメで写真を撮ります。

本当は一眼レフのちゃんとしたのが欲しいだけど、なかなか手が出ないんで安いカメラを使ってるんでね。

ところが、妻の妹持っているPENTAXの一眼レフを借りて撮ってみたんですよ。

いや~、やっぱ違うよね~!

背景がボケますよね~

IMGP2547s.jpg


いや~欲しいな~!

と思ったけど、今はそんなもんを買ってる余裕などまったくないので、1年間とりえず我慢してみます。

来年のゴールデンウィークには、買えることを目指してこれから1年仕事を頑張ろうと思います。

目の前にニンジンをチラチラさせないと働かないものなんで(笑)

このところ、新規でカフェからこの店を利用する人が現れてきました。

まだ、コーヒー、紅茶、糀ドリンクしかでないのに不思議ですよね。

メニューだって、ちゃんと作ってないんですよ。

今朝も、そうだったんですよ。

店の開く準備をしていたら、ウォーキング途中という方が入って来ました。

そして「あら?コーヒーが飲めるの?」

と言ってコーヒーを飲んでくれました。

話をしているうちに、地元の話題になり、けっこう盛り上がりました。

カフェの利用が先になると、もうちょっとメニューを充実させないとお客さんに失礼ですよね。

でも、今のところは、僕ひとりしかこの店にはいないんです。

さて、どうやって、クリーニングの受付と、カフェの営業をやってゆくのか真剣に考えないといけない時期に来たみたいですね。