FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
人間とは、本当に不思議な生き物ですよね。

僕には毎月、月末までに作成しないといけない資料があるんです。

自分の商いのことをまとめた資料なんですよ。

通常は30日か31日が〆切なわけですよ。

いつもギリギリの仕上がりなんです。

ところが今月は28日しかないんですね。

だから、泣いても笑っても今日までにまとめないといけないんです。

でも、やってみると出来ちゃうです。

いつもより3日短いのにですよ。

通常から言わせると3日早い仕上がりです。

まったく、面白いもんですよ。

人間、やれば出来るじゃないですか

やっぱ目標を持ち、計画をしっかりたてるということはとっても大事なことなんです。

さ~て、早め早めにやっていこう!

と思ってもたぶん三日坊主ですね・・・

昨日、シルクの店の中の小さな店に、ステンドグラスの方が出店しました。

IMG_6284s.jpg

この方は、2年前、この店がオープンする前に、うちのシルクオリジナルのステンドグラスランプをお願いした人なんですね。

けっこういい出来で、すっごく気に入ってます。

今は、まだ店の中に飾ってあるんだけど、いつかは入り口の外に飾る予定なんですね。

入り口付近の造作が終わったら飾り直そうかと思ってるんです。

この方の作るステンドグラスて、派手な色使いじゃないんですよね。

なんていうか、ナチュラルな感じなんです。

こういった手間仕事って、本当にたいへんだと思います。

でも、こうして出店していただき、実際に陳列していると本当に素敵な空間が生まれます。

小さな店も8店舗になったんで、もうそろそろ商店街になりそうですね。

いい感じです。

今日は、あのシューフィッターがやって来ます。

前に、日本で4人しかいないとブログに書いたら、電話がかかってきて「石井さん、12人ですよ」と言われました。

とはいえ、僕にしてみれば、4人でも12人でも、とにかくスゴイことだと思うんです。

僕も、この人の靴には、本当にお世話になりました。

今、働いている人にも、いつかはこの人の選んだ靴を履いてもらいたいと思ってます。

特に、僕の仕事のかわりをしている息子には、早めに用意してあげたいと思ってます。

そうじゃないと、僕と同じように足を痛めてしまいますからね。

さて、昨日でカキ料理大会は終わりました。

結局2月は日曜日をこのイベントに使ったんで、休みは1日しかとれませんでした。

でも、そのかいあって販売用に仕入れたカキも全部出てしまいました。

さらにバックオーダーもいただきました。

いや~、ほんとありがたいことです。

今までの仕入れを計算すると、カキもマグロも合わせると100g換算だと300袋を超えているような感じです。

お客さんが、1個、2個、買っていってくれた結果がここまできました。

仙台でも、水産加工会社の入り口にポスターを張ったりして頑張っているようです。

僕も、もうちょっとだけ頑張ってみます。


2月の日曜日を開放して始めたカキ料理大会も、今日で4回めになりました。

泣いても笑っても、僕がカキ料理を作るのは今日が最後です。

今回は、お客さんの小川さんがケーキを作ってきてくれました。

IMG_6256s.jpg

さらにコーヒー、紅茶、ハーブティーまで準備してきたんです。

というわけで本日のカフェのオーナーは小川さんになりました。

店名は「DEKO」だそうです。

小さな店のカフェ版ってところです。

だから、僕は今日1日は、サブマスターです。

小川マスターの邪魔にならなりように、お手伝いをさせてもらいました。

小川マスターのパワーでしょうか、今日のお客さんの入りは、いつもと違います。

IMG_6251s.jpg

来る人来る人ケーキセットを注文します。

ミモザケーキ、抹茶ケーキ、チーズケーキ、と合計24個がドンドン出て行きます。

一方、僕の作った「カキのクリームスープ」はボチボチのです。

今回はスープの量を、最終日ということもあっていつもの倍作ってみました。

ですから、けっこう気合が入ってるんです。

ケーキの注文が続くと、僕は「カキのクリームスープはいかがですか?」と売りに入りました。

そのため、僕のスープの名前は「強制スープ」と名付けられました。

おかげさまで、最終的には完売です。

小川さんのケーキももちろん完売です。

いや~、この小さな店カフェ版は、なかなか楽しいと思います。

自分の得意なことで、お客さんをおもてなしする。

これは、まさにシルクポリシーに合致しています。

今回がスタートなので、これからルールを決めて本格的にやってみたいと思いました。

3月15日でオープン2周年を迎えます。

いや~、早いですね~

2年たっちゃいますよ。

思い出すと、ほんとスゴイ時にオープンしたもんですね。

震災直後だから、ガソリン、米、水、単一電池、とまあ、普通にあるものが不足した時でしたね。

そんな時から2年が経つのです。

何か、イベントをやりたい。

今年は何にしようか?

去年のイベントはガラポン大会でした。

とにかく、当たりを多くして楽しみましたね~

あれはあれで良かったんだけど、2週年ともなるともうちょっと楽しみたいですよね。

そこで、お客さんに聞いたところ「風船割りがいいんじゃないの?」という意見が出ました。

パートさんに話したら「風船割りいいわよ、膨らますのやりますから。」と言ってくれました。

で、今年は風船割り大会にすることにしました。

さて、賞品は何にしますかね?

当店は、基本的には個人のお客さんが主なんですね。

ただ、会社などから依頼があった場合は、それにお応えする場合があるんですよ。

というのはですね。

企業向けのクリーニングって、意外と管理が悪いんですね。

まあ、薄利多売という考えがあるから仕方のないことなのかもしれませんがね。

ただね。

それじゃ、うちのやり方に反するんです。

やっぱ、クリーニングってやつは、お客さんの大切な服を預かってメインテする仕事なんだから、最低でも預かったものはお返しするということがルールなんですよね。

でも、ほんと、寂しいかなその最低のルールすら守れなくなってきている現状が業界の中にあるんですね。

それは、たぶん価格競争の弊害なんでしょうね。

だからこそ、管理の徹底したクリーニングの必要性が問われるなんですね。

まあ、そんなことを考えながら、今日、お得意さんの会社の責任者の方と話をしました。

目的は管理の見直しです。

いや~、これよかったですよ~。

うちが、管理で困ってる箇所を正直に話をしたところ、当店にすべてを任せるということになったんです。

管理で需要なのはナンバリングです。

これを当店のやり方で出来るということは、スッゴイメリットです。

これにより、当店の管理は格段に向上するし、ミスも防ぐことができます。

やっぱり、たまには直接話をすることが必要なんですね。

やっぱ、人は会って話をしないといけないんですね。

今日、つくづくそんなことを感じました。


さ~て、始まりましたよ~、新しいシルクの販促活動です。

いや~、何年ぶりでしょうかね~

ポスティングをすることにしたんです。

いままで、折り込みやポスティングなど、な~んにもやらずにサボっていましたからね~

もっと早くやらにゃいかんとは思っていたんです。

でも、とにかく今の店の環境整備が先だったもんで、なかなか手が回らなかったんですね。

さて、今回のポスティングを開始した大きな理由は「クリーニング難民の救済」です。

クリーニングって、その需要じたいは縮小しているんですね。

そりゃそうですよね。

クールビスや、カジュアル化によってクリーニングの必要性が少なくなっていくのと、団塊の世代が次々に引退してゆく状況があるんですからね。

ただね。

確かに需要は減ってるのはわかるんだけど、それにともなって品質も低下しちゃってるわけですよ。

このまま行くとですね。

次世代のクリーニング業界はメチャクチャになってしまうんです。

そんな品質が低下してしまうと、困るのはお客さんです。

実際、すでにその被害は出ている感じなんですね。

そこで、今回のポスティングの目的を「クリーニング難民」を救済にしたんです。

とにかく、クリーニングで困ってる人と出会ってその悩みを解決したい。

それが今のシルクの使命なんですね。

さ~て、そんな思い出始めたポスティングですが、どんなことになるでしょうかね?

乞うご期待です。

朝、NHKのニューズ番組の中に「まちかど情報局」という番組があるんですよ。

テーマを絞って、便利な商品を紹介するコーナーなんですね。

たまたま、見ていてたらミニロボット掃除機を紹介していたんです。

「ふ~、なかなか可愛いな~」と思って、すぐにamazonで調べたんですよ。

そしたら、3980円なんですね。

そんなに高くないし、お店に置いておいたら楽しいな~と思ったんですね。

そう思った瞬間、心の中の悪魔が「買っちゃえば!早く買わないと無くなっちゃうぞ!」とささやくです。

しかし、今度は天使が「イヤイヤ、衝動買いは良くないわ。そんなもん買ってる場合じゃないでしょ?」と言うんです。

う・・・・

そうだよな~、そんな無駄遣いしてる場合じゃないよな~。

と思い直してヤメました。

でも、しばらくして気になったんで、またamazonを調べてみたんです。

そしたら、売り切れになっていました。

お~、さすがテレビの力はスゴイ!

でも、これも一時的なことだから、すぐに終わっちゃうんだよね

こういう売れ方をする商品は、ほんと怖いです。

だから、みんな商品開発をするサイクルが短くなるんですよね。

本当はなが~く売れるような商品が結果的にはいいんですね。

あ~、買わなくてよかった。




「ウイルスプロテクター」なる商品が自主回収になりましたね。

ついに来たか!って感じですよね。

あの首から下げて、ウイルスをやっつけるヤツだけど、あれ身体にいいわけないと思っていたんですよね。

今回、自主回収になったのは、子供がヤケドをしたからなんですね。

知らない人は、まず消費者庁のHPで確認しよう↓

---------------------

消費者庁2013年2月18日

2月18日 次亜塩素酸ナトリウムを含むとの表示がある「ウイルスプロテクター」をお持ちの方は直ちに使用を中止してください。[PDF:294KB]http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

----------------------

あの次亜塩素酸って、キッチンハイターなわけですよね。

そんなもん、首から下げていていいわけないじゃん!

そんなことを先週話していたばっかりなんですよ。

それはね、うちの来た営業の人のジャンバーを見たらですね。問題のそれがポケットにに着いていたんですよ。

僕はね、それあんまりよくないんじゃないかって言ったですよ。

そしたらね。

「やっぱり、インフルエンザは怖いですからね。お守り代わりに持ってるんです」って言うんです。

僕はね思うんですよ。

僕みたいに、アトピーやアレルギーを持っていない人には直感的に良くないってわかるんですよ。

だからね。その営業の人に言ったんです。

「ついでにいっちゃうけど、一吹きで部屋の除菌しちゃうやつあるでしょ?あれだって、絶対身体によくないと思うんだよね~、たださ・・・ああいうのってすぐに変化が出ないでしょ・・・それが良くないんだよね~」

そしてね。

「ぜったいさ、ジワジワと身体に入ってさ、アレルギーとか喘息とかいろいろ悪さするんだよね。」ともいったんでです。

そんな話をしたばっかりだったんですよね。

やっぱさ、菌だ、ウイルスだって言って、化学物質でやっつけることばっかり考えてちゃ良くないよ。

自分たちの抵抗力をどうするかのほうをもっと真剣に考えないといけないと思った今日の出来事でした。




昨日までは、ガラスの器が中心メインテーブルに並んでいました。

本日からは、手作り小物がたくさん並びだしました。

IMG_6234s.jpg

いいですね~。

うちの店にとっても似合ってると思うんです。

この店のオーナーOさん曰く「百均の材料は、やっぱりダメなのよね・・・、作りが悪かったり、トゲが出ていたり・・・。だから、どうしてもちゃんとした材料使っちゃうの・・・」

ということらしいのです。

だから、価格があんまり下げられないというんですね。

え~、そんなこと言ったってこれ350円だし、こっちのは450円じゃん!

全然、高くないと思うんだけど・・・

そうなんです。

全然、高くないんだけど作ってる人にしてみると高いと思っちゃうらしんですね。

あんまり、低く価格設定をなくてもいいよというのも僕の役割なのかもしれませんね。



今月に入ってから、日曜を開放してやってるカキの燻製料理会ですが、本日で3回めになります。

3回ともなると、僕のスープ作りもなかなかなもんですよ。

手順が頭に入ってるから、かなりスムーズにいきました。

本日は、お客さんのSさんが手伝ってくださるということなので、けっこう気持的に楽でした。

Sさんはカナッペを作ってくれるということになってたんですね。

これが、かなり美味いんです。

はっきり言って売れます。

僕のスープが180円。カナッペが150円。

かなりリーズナブルだと思います。

で、そんな料理も準備万端でお客さんをお待ちしてました。

ところが11時・・・12時・・・・?

あれ?誰も来ない・・・・

12時半・・・・??

あ~、今日はどうしたんだろうか?

青梅マラソンをやってるから、みんなそっちに行っちゃたんだろうか?

まあ、そんなことはないと思ったけど、とりえずSさんに「もう、誰も来ないから作ってたべちゃおうか!」

と言って、カナッペをトースターに入れ焼きだしました。

そしてもうすぐ焼きあがるぞ~!という瞬間!

お客さんが来たんです!!

お~!ついに来てくれた~!

そして、タイミングよくカナッペを注文!

間髪入れずに、出すことができました。

そしてコーヒーの注文!

さらに、次のお客さん!

あ~!忙しくなってきたぞ~とSさんと、カウンターの中でてんてこ舞い!

そんな中「小さな店」に出店が1件きまりました!

今度の方はステンドグラスを制作されている方です。

だんだんおもしくなってきたぞ~と思ったけど、どうみても棚が足りません。

急きょホームセンターに棚を買いに行って来ました。

そして今、やっと組み上がっったところです。

IMG_6226s.jpg


電灯も2個完備しています。

作品の移動は明日やることにします。

いや~、今日はカキの料理会もうまくいったし、新しく小さな店の仲間も増えたし、終ってみれば、いい日曜日でしたね。

あと来週の24日が最終です。

今度はお客さんのOさんが手作りケーキを出してくれることになっています。

体調を整えて来週も頑張るぞ~!!


愛知県刈谷市に、日本に4人しかいないシューフィッターのお店があるんです。

世間でいうと「靴屋さん」ですね。

ところが、その店、、普通の「靴屋さん」ではないんですよ。

とにかく、スゴイんです。

何がスゴイかっというとですね。

数年前、僕は足に違和感を覚え時期あったんですね。

とにかく立ちっぱなしの仕事だったんで、疲れが原因だと思っていたんです。

ところが、仕事がないときでも足がだるいというか、気持ち悪いというか、なんともイヤ~な感じだったんですね。

で、そのシューフィッターの方に相談しに行ったんですよ。

僕の足のサイズを測ってくれて、今までの症状を聞いて、靴を用意してくれたんです。

早速、それを購入して、その場で履いて帰ってきたんです。

そしたらですね。

足の感じがいいんですよ。

なんていうんでしょうかね

歩いて気持がいいんですね。

それからは、出かける時はその靴を履くようにしました。

この前のビックサイトで5時間歩きぱなしでも、帰ってきてからの疲れ方が違うんですね。

いや~、靴って大事なんですよね~

そんなスゴイシューフィッターがお店に来ると電話があったんです。

どうせ、来るなら足に悩みのある人は相談するといいな~と言ったら、計測機器を持ってきてくれるというんです。

あら~、これは朗報です!

お会いするのが楽しみです。

もう、バレてますがブログのデザインを変えました。

僕は、その知識ないのでうちの「シルクサポートセンター」でお世話になっているEさんにお願いしました。

いや~、やっぱスゴイですよね~。

難しい暗号が並んでいるところを、見ただけでトップの写真が入れ替わってしまいました。

まったく、たいしたもんです。

といいますか、Eさんはコンピュータのプログラムをする会社を経営しているから彼にしてみれば当たりまえのことなんでしょうね。

あと、ついでと言っちゃあなんなんですが、ホームページを作り始めました。

実は、僕はホームページなどはあんまり必要ないなと思っていたんです。

だって、クリーニング屋って非常にローカルな仕事なんで、ホームページがあるからって何が変わるわけでもないと思っていたんですよ。

ところが、最近、新規で来るお客さんが「ネットで探して、ブログを読んでから来た」とか「スマホで探した」というんです。

「え~、ほんとにですか?」って感じです。

だってさ、ネットなんてこのブログぐらいしかやってないんですからね

それに、このブログだって、僕の日記だと思って好き勝手にその日の出来事を書いてるだけですからね。

そんなブログを見て来ていただくなんて、本当に申し訳ない。そう思って、少しはまともなホームページを作らねばと思ったんですよ。

今、とにかく作ってます。

来月の15日開店2周年記念までには、とりえず感性させますのでよろしくお願い致します。

では、m(__)m

バレンタインデー2月14日を記念してお店の壁に看板を取り付けました。

IMG_6214s.jpg

この店を始めた時に、なんだか看板を付けるのがすっごくイヤだったんですよね。

なんでなんでしょうか?

看板をかけると、店になちゃうからなんですかね?

えっ?店じゃないの?

って言われると店であることは確かなんですよね。

でも、なんだかしらないけど既存の店にはなりたくなかったんです。

普通なら、オープンしたらとにかく「◯◯クリーニング」とかなんとか書くのが当たり前ですよね。

でも、それをやったらクリーニング屋になったちゃうと、すっごく心配してたんです。

だから、看板を掛けなかったんです。

でも、最近、何屋という前に、店かどうかがわからないといろいろとマズイこと起こってるんですよね。

あんまり配達に来ない宅急便の運ちゃんが、うちの前を4周も5周も回っていたり、散歩する人が立ち止まって考えていたり、車を運転する人がよそ見をしたり・・・・

新しく来店される方の口から「ずーっと気になっていたの!」という言葉がよく聞かれるんですよね。

だから、もうそろそろタネ明かしの意味を込めて、小さな看板をかけて店だということは宣言しておこうとおもったんですね。

カタチもいいでしょ?

この看板のカタチには、デザインナーの杉山さんの思いがあります。

それは、また別の機会に・・・

久々に、クリーニングの話題ですよ。

本日、家庭洗濯物を界面活性剤を使っていない洗浄剤で洗濯してみたんです。

え?石けんが入っていないの?

そうなんです。入ってないんですよ。

そんなんで、汚れが落ちるのか僕も不安はあるんですよ。

でね。

そんじゃ、どうやって汚れを落とすのかってことが知りたいですよね。

それはね。

界面活性剤のかわりに酵素を入れているんですよ。

それも3種類です。

その酵素は20℃ぐらいから働くので、なかなか便利だと思うんです。

あとは、あのセスキ炭酸ソーダが入ってるんです。

これで汗の油汚れを分解するんですね。

セスキで油をとって、酵素で分解する

こりゃ、また、おもしろい組み合わせですね。

妻に洗いあがりを聞いたら「普段と変わらない」と言っていました。

こりゃ、いけるかもしれませんね。

手作り品博覧会が続いています。

陶芸の作家の方に続き、ガラス工芸のHさんが作品を持ち込んでくださいました。

IMG_6205ss.jpg

まあ、ガラスっていうのもキレイですよね~

なんともいえません。

陶器を展示しているときは、重量感のある雰囲気だったけど、今度は一変して華やか感じになりました。

まったく、皆さん、本当にスゴイです。

うちのイベントに協力してくださり本当にありがとうございます。

たくさんのお客さんが見て触れてくれるといいですね。

今日は、半日、実家の片付けをしました。

母親が、もうホームに入ったんで、今までお借りしていた借家を返さなければいけなくなったからなんですね。

その期限は3月末日なんです。

いや~、片付けっていうのはほんとイヤですよね~。

そりゃ、誰も好きな人はいないと思いますが、エネルギーをすっごく使うんですよ。

思えば、この3年間は、これでもか!と思えるほど片付けが続いたんです。

まず、父親がやっていた店を、大家さんに返す片付けが最初でしたね。

昭和41年から営業してたから、まあ、いろいろ荷物があることあること・・・

クリーニングの機械だって、2日かかりで2件の業者にお願いして出来たんですからね。

次は、家の引越しでしたね~

20年住んだアパートの片付けをしたんです。

ずいぶん処分しましたね~

3階だったからたいへんでしたよ。

次に、今の店の移動のために、旧店舗の片づけですね~。

そこは、今もクリーニング工房として使っているから、まだ完全には片付け終っていません。

そして今回の実家の片付けです

まったく、よくもまあ、これだけ片付けが続いたもんです。

おかげで、今日は足の太ももがつりそうなんですね。

中腰で荷物を持ち、階段を登ったり降りをしたからもうガクガクですよ。

こりゃ、きっと明日から筋肉痛の日々が続くだろうな~と覚悟しております。

でも、本当に片付けはエネルギーを使いますよね。

この前行ったビックサイトのギフト・ショーで買ってきた漆喰のブロックがあるんです。

なんでも漆喰を固め、光触媒で加工してあるみたいなんですね。

ビックサイトの会場では正露丸を瓶に詰めて実験していました。

あの強烈な正露丸の臭いも、かなり薄くなるんですよね

そんなだったから、僕も実験したくなったんです。

でもさすがに正露丸ってわけにはいかないんでコーヒーでやってみました。

確かに、臭いは薄くなったですね。

そんなことをしていたら、ふと、うちで売ってる竹炭ならどうかとやってみたんです。

2つのフタ付きカップに、挽いたコーヒーを入れて片っ方には竹炭を入れたんです。

そしたらですね。

漆喰を固めたブロックよりも消臭するんですよ。

「お~、これはスゴイ!」

漆喰のブロックは、16個セットで2000円もするけど、竹炭なら同じ効果を期待するなら500円ぐらいで済みそうです。

デザイン的には、漆喰のがいいけど、効果は竹炭ですね。

こりゃ、竹炭の勝ちです。

やっぱ、竹炭ってはスゴイんですね。

親友のクリーニング屋さんに行って来ました。

普段、クリーニングの話より飲むことの話が多い仲間です。

彼は、とってもシミ抜きの技術が高く、常に研究をしているのでクリーニング屋としても尊敬できる人物なんです。

僕より年下ですが、こうした人がクリーニング業界にいることじたい財産ですよね。

そんな彼から、最近のシミ抜き技を教えてもらいました。

シミ抜きってほんと、たいへんなんですよね。

あれって、多くは化学変化(漂白)を利用して取るのですよ。

でも、マニュアル化ができてて、誰でも出来るってものではないんですね。

まあ、人で例えればお医者さんが手術をするみたいなもんですよね。

同じ病気でも、年齢や体調、アレルギーあるなしで処置が変わってきますよね。

それを判断しながら、慎重にすすめないと手術は失敗してしまいます。

長年の感と知識が必要です。

洋服も同じです。

生地やシミになってから時間などでやり方が変わるわけですよ

だから、日々学び、技術を高めていかないといけないんですね。

そんな彼から、新しい技の話を聞いていて「ほんと、たいしたもんだな~」と感心しました。

これから業界の後継者がいなくなり、クリーニング屋の未来を明るくしていゆくのは、こういう人たちなんだな~とあらためて思います。

僕もさらに学ばないといけないとあらためて思いましたね。

バレンタインデーというわけではないんだけど、知り合いからチョコを買いました。

それが早速届きました

IMG_6196s.jpg

それも京都の家具屋さん。

不思議な買い物ですが、なんだか嬉しいです。

なんで、チョコなどを買ったのかというと、コーヒーに何かひと品、合うことモノを探しているんですね。

以前、ラスクをお取り寄せしたんですが、ちょっとイマイチのマッチングだったんですね。

コーヒーを飲んで、ちょっと何かを食べたいという時にチョコなんかいいんじゃないかと思って今回注文したんですね。

このチョコは、コーヒーに合うために作らてそうなんですね。

名前の「カフェタッセ」とは「コーヒーカップ」という意味だそうです

いろんな種類があるんで、少しずつ味見をしていきたいと思ってます。

食べ過ぎないように気をつけます。

店に高校時代の友が、クリーニングを持ってやって来てくれました。

ひさびさに会ったけど、変わんないですね~。

同じバレーボール部だったんですよ。

時間があるってことなんで、コーヒーを飲んでいったんですね。

そこで、話をしている時に、バレー部の後輩のことになったんです。

そしたら、なんと、ひとりは議員さんになり、ひとりは弁護士になってるそうなんです

へ~、あいつがね~、と感心しました。

ネットで写真を見たけど、すっかりオヤジになってましたね。

ってことは、たぶん後輩も僕らをみたら、超オヤジになったと思うんでしょうね。

まったく、いつまでも高校生だと思ったら大間違いですね

でも、どこまでその大間違いを続けられるかどうかが勝負かもしれませんね。

活躍している後輩、がんばれよ!

新しい商品との出会いに東京ビックサイトで開催されている「ギフトショー」に行って来ました。

前回は、息子と行ったんだけど、今回はひとりで行くことにしたんです。

だってね。

この前は息子も歩きまわってかなり疲れたみたいなんでよ。

そうなってくると、回わるに回れないところも出てきちゃいますからね。

だから、思いっきり歩くことを覚悟の上でひとりで出かけることにしたんです。

ところが、今日は雪が降る予定だったんですね。

もし、積もるようならやめようと思ったんだけど、それほどではなかったので車で行くことにしました。

電車だと2時間、車だと1時間なんですよね。

やっぱ歩き疲れた帰りのことを考えると車が楽ですからね。

午後1時に到着して、6時の閉館まで5時間歩きまわりました

5時間、歩きっぱなしでした。

そのおかげで、さまざまな商品と出会いました。

今回は、注文してきちゃったものもあるんです。

でもね~

とにかくこれだけ世の中に商品があるってことにビックリですよね。

すべて生まれては消えてゆく運命なんですよね

その1点1点には、作り上げた人の努力の積み重ねてあるだろうにな~と思うとセンチメンタルになります。

人の思いが商品になり、その商品と人を出会わせるのが商人の役目。

まったく不思議な循環ですね。

3日からお客さんが作った手作り品を展示販売する企画をやってるんですよ。

今まで限られてスペースで展示販売をしていたんだけど、今回は展示場を広げて今までの作品を蔵出ししてもらおうと思ったんですね。

そうすれば、普段は場所が足りなくて飾れない物も飾れますからね。

それにしても、まあ、皆さん本当に器用ですよね~

感心します。

こうした趣味を持っていると、歳をとったあとでも楽しみがありますよね。

仕事をしている時は、仕事に追われて趣味をやる時間がなかなかとれないけど、将来のことを考えたら何か没頭できることを始めていたほうがいいですね

展示している作品を見ていてつくづく思います。

僕は、いったい何が出来るんだろうかと考えました。

時間を忘れて取り組めるような趣味があるかどうか・・・

いや~、まったくないですね。

どうしましょうか?

やってみたいな~ということはあるんですよね。

でも、やってみようじゃダメですね。

とにかく始めなくっちゃね。

今年、こそ始めてみます。

とここで宣言しておきましょう。


ワークショップに参加していきました。

普通のセミナーと違って、考える時間が多いやつですね。

仕事をしていると、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと頭の中に、いろいろ出ては来るんだけど、なかなかやりきれないですよね。

ましてや、考えることなんてゆっくりやってられません。

目の前の業務に追われちゃうんですよね。

何をやらなければならないかということは、わかっているわけですよ

ただ、その時間が作れない。

そこで、ワークショップという集まりがあるわけですよ。

みんなで集まり、考える。

やぱっぱこして時間が強制的に作らないと人間ってやつはやらないんですね。

だから、なんでもそうですが、目標とか期限とか作らないといけないんですね。

がんばろう!

いや~、料理のイベントって緊張しましたね。

胃が痛いですよ。

自分がやったことがないことをやるということは、本当にプレッシャーです。

でも、お客さんのHさんとWさんが手伝ってくれるということなんで、ちょっと気が楽です。

僕がやることは朝、スープを作ることなんですね。

白菜を切り、牛乳を沸かす。

温まった牛乳に白菜を入れ、オイスターソースで味付けをする。

煮たったら片栗粉を入れる。

最後にカキを入れ、一煮立ちする

それを11時までに完成させたんです。

で11時になったらスタートしました。

そこからは、食材の準備をしただけで、もうHさんとWさんに任せてしまいました。

というのは、やっぱり僕にはそれ以上の料理はよくわかんないんですね。

現役に主婦のほうが、臨機応変に味付けをしてくれるだろうと思ったんですね。

そんな他力本願の僕ですが、文句も言わずに手伝ってくださったHさんとWさんには本当に感謝です。

普通なら、こんな店とは付き合いたくないと思うでしょうね

でも、こうして貴重な日曜日をうちのために潰してくれるんだから本当にありがたいことです。

僕もお客さんのためにしっかりしないといけないとまたまた反省しました。

明日、やる料理イベントの準備のため買い物に出かけました。

店が終ってからなんで、ひとりで行って来ました。

とりあず必要なものは妻にメモしてもらっておいたんで、まあ、なんとか買えるだろうと出かけたんですね

ところが、やっぱり食材の買い物っていうやつはホントわからないんですよね。

ミニトマトひとつ決めるにも、どれがいいんだかわかりません。

ここにあるのが、手頃な価格なのか?高いのか?

このトマトでいいのか?

普通のトマトじゃダメなのか?

などなど・・・

よくわからない時は、写メで妻にメールしました。

返信には「明日使うんで、どっちにしても買わないとダメでしょう」とありました。

確かに、高い安いを言ってる場合じゃないと妻のアドバイスに納得しました。

他にも、調味料などは、どのメーカーを買っていいのかわからないので、そのたびに写メを送りました。

妻からは、そのつど的確な指示が帰ってきました。

やっぱり、普段慣れていないことをやると、本当に迷惑をかけることになるんですね。

少しは妻の買い物に付き合わないといけないと反省しました。

今月の日曜日ごとにやる牡蠣の燻製を味付けしてみました。

下味を付けると、いろんな料理に使いやすいと聞いたからなんですね。

教えてもらったように塩と砂糖を1:2の割合でいれてみたんです。

なんのためらいもなしに、入れたのが塩10gと砂糖20gでした。

「たしか、こんな感じで1:2だったよな・・・」と記憶を頼りに入れました。

よこで見ていた妻が「ちょっと、塩がおおいんじゃないの・・・」とつぶがいているのが聞こえたので「そんなことはない、確かにこの割合だ!」と頑固に入れ続けたんです。

でも、実はいれながら思ったんですよ。ちょっと、砂糖が多いような気が・・・・

さ~て、完成です。

一口味見を・・・・

あ!なんだこりゃ!すげ~しょっぱ甘!!

と味付けは見事に失敗してしまいました。

あとで、念のために書いたメモ書きを見たら、塩5gに砂糖10gでした。

1:2はあっていたんだけどな・・・