FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
またまた、続きです。

とにかく、知恵を絞って出来たのがこの管です。

IMG_5185.jpg

長い排水管を切って、それをドリルで穴をあけました。

あとは、これを穴に入れて砂利を詰めるだけなんです。

でも、穴にそのまま入れて砂利を入れてしまったら砂利に土が入り込んで目詰りしていまいます。

そこで、水は通すが土は通さない浸透シートを敷きました。

IMG_5120 (1)

シートで覆ってから管を入れました。

あとは、砂利を入れるだけです。

砂利は、お客さんの新井さんが前日にダンプに満タンに積んで用意をしておいてくれたんです。

それをダンプごとお借りして、運んできました。

使った分だけ支払うというお約束です。

IMG_0773.jpg

あとは、この砂利をパイプの入った穴の中に入れて、残りを庭に敷くだけです。

DSC00690.jpg

かなり深い穴なので砂利がドンドン吸い込まれていきます。

DSC00692s.jpg

砂利を敷くのって意外と時間がかかるんですよね~

始め時は、まだ陽が出ていたのんですが、気がつくと夜になっていました。

途中から、仕事帰りの新井さんが応援に来てくれました。

DSC00716ss.jpg

皆さんのお力のおかげで、なんとか砂利を敷くことができました。

浸透マスを入れた庭には、相当な雨が降っても貯めこむだけの力はついたと思います。

最後に完成を祝して記念写真撮影です。

DSC00727s.jpg

仕事が休みに日ということで手伝ってくれて石田さん、ダンプの手配をしてくれた新井さん、そんな作業をしている間、ニューズレターの封入をしてくれたひろみちゃんと神宮さん。本当にありがとうございました。

おかげさだで、これで庭の森化に一区切りができました。

あとは植栽をしてゆくだけです。

本当に、皆さんありがとうございます。

そして、どうかこれからも、よろしくお願いします

昨日の続きです。

この穴↓に雨水がしみこむように砂利を入れるです。

IMG_5411.jpg

当初は、そのまま入れちゃおうと思っていたんですね

でも、そうすると砂利に土が入って目詰りを起こすというのです。

お客さんの新井さんからは、浸透用のシートを敷いたほうがいいと言われ、伊藤さんからは管を入れたほうがいいといわれたので、その両方をすることにしました。

そこで、浸透ようの管を買いにいったんです。

IMG_4280.jpg

管をつなげていくタイプで、横と下に水が出るように穴が開いているんですね。

そしたらですね、これがまた意外と高くて、計算してみると25,000円ぐらい材料費だけでかかっちゃうんですよ。

当シルクには「知恵を出してコストを下げる」というモットーがあります。

その規則にしたがって、違う方法を探しました。

買い物に同行してくれた石田さんが探して来てくれたのは、排水管です

IMG_3494.jpg

これに穴をあければ、浸透マスと同じ役割をします。

コストは18,000円になりました。

僕はこれで十分だとおもったんですよ。

20,000円をきっただけでもいいと思ったんですね。

だって、これ以上他の材料はないでしょ?

ところが、石田さんはまだ何かを探していたんです。

それはまだカットされていない管でした。

IMG_6849.jpg

これをカットしたほうが安くつくんじゃないかと思ったそうです。

店の人にカットをする費用を聞いてみると100円かかるそうなんですね。

それをいれても計算すると全部で11,000円ですむんですよ

いや~、びっくりしました。

石田さんの知恵のおかげでコストが半分以下になりました。

やっぱり知恵を搾ることは大事なんですね。

では、今日はここまで、この続きは、また明日です。

いや~、一区切りつきましたよ~!

お疲れ様で~す

やっとここまで来たって感じです。

いままで、少しずつ庭にお客さんとともに手を加えてきました。

垣根をつくり、塀に色を塗り、やっと庭らしくなってきましたが、最後にどうしてもやらなければならないことがらうんですね。

それは雨水浸透マスの設置なんですよ。

大雨が降った時に水を地面に吸い込んでくれる役目をするんですね。

浸透マスというとなんだか、スゴイ設備のようだけど、そんなんじゃなくて簡単に言えば砂利を入れた穴なんですね。

とにかく、それを終わらせないと草木を植えることができなんですよ。

ところが、本日、その作業が無事終わりました。
(^^)/パチパチパチ

今回は、とにかく、凄まじい勢いで作業が終わりました。

とても、1日でかけない量なんで、わけで書きます。

さて、その浸透マスの第一段階は穴掘りなんですね。

以前から、僕と息子で少しずつ穴を掘ってはいました。

基本的に穴はどんなんでもいいんだけど、丸じゃあ面白みがないんでハートにしました。

IMG_9076.jpg

でも、結局は隠れてしまうものだし、機能的には丸のほうがいいんで丸にしました。

今度はバトンタッチして、本日仕事がお休みというお客さんの石田さんに掘っていただきました。

IMG_5002.jpg


この穴が、まあ、深いこと深いこと・・・

子供が、ポッコリ入る大きさです。

IMG_5064 (1)


まずは、この穴が完成しました。

次は、この中に入れるパイプ探しです。

その話は明日書きます。

つづく

昨日印刷が終わったニューズレターの続きです。

あとは封入作業をするだけとなりました。

今まではメールや店頭に手伝ってくださいと呼びかけたんですが、今回はあんまり時間がなりので、店頭で声かけをしてみました。

それはお店に来た人に「手伝ってくれる?」と声をかけるんです。

それで、もし時間のある方がいたら、出来る範囲でに手伝ってもらおうと決めたんです。

そしたら、さっそくクリーニングを取りに来てくれたFさん親子が「時間があるからいいわよ」と手伝ってくれました。

IMG_2414 (1)


ほんと、ありがとうございます。感謝です。

これからもまた捕まってしまうかもしれませんがよろしくお願いします。

ニューズレターの印刷に商工会に行きました。

自前で輪転機を持てればいいんだけど、なかなかコスト的にね・・・

だから商工会で借りてるんです。

とにかく、使えるものは使わせていただくという主義なんですね。

でもね・・・

個室で黙々と印刷するのもけっこうつまんないんですね。

ノートを出して、何か別のことでもやるかと思ってもダメなんです。

版をつくたり、紙を補充したり、二つ折りにしたりと、意外と忙しくてひとつのことに集中できないんですよね。

そんなとき、輪転機のしたにこんなメッセージがありました。

IMG_0171.jpg

「マスターはここに入ってます」

これを見るたびに、笑いがこみ上げてきて元気がでした。

僕はこの中にいるんだ・・・

そんなことで気を紛らわせていたら、5時で終わる商工会6時45分までいました。

商工会の皆さん、たいへんご迷惑をおかけいたしました。

おかげさまで、ニューズレターが完成しました。

あとは、折込封入するだけです。

がんばりま~す。

庭の森化計画も、順調に進んでいるように見えてなかなか手ごわいです。

昨日、夜中までかかって僕が並べたというブロックはこれです。

IMG_7937.jpg

まだ、水平もとっていないんです。並べただけなんですね。

やってみるとわかるんですが、この微妙なラインを出すのが意外と難しいんです。

最初は、木の配置だけにとらわれて何も考えないで置いてみたら、とっても不自然なんですよね。

ちゃ~んと測って並べなおしたら、昨日はこれだけで終ってしまったんです。

で、そんなことをしていたらブロックが足りなくなったので買って来ました。

IMG_7093.jpg

ジョイフル本田から買って帰ってきて、下ろす時にお客さんに手伝ってもらちゃいました。

手があるとあっと言う間におろし終わっちゃいました。

ありがとうございます。

さてさて、買って来たのはいいけど、これをいつ並べる事が出来るのか?

それが問題です。

予定としては、今週の木曜日にまたまたお客さんの手をお借りして庭の中央の穴を広げ、お客さんのダンプを借りて砂利を運び入れる予定です。

でも天気が怪しい・・・

まあ、なんとかなるでしょう。

では。

そろそろ庭に草木も植え終わらないといけない時期にやってきました。

もう、のんびりはしていられません。

やれるところは、ドンドンやって行こうと思っています。

そこで、本日は黒土を山のように買ってきました。

IMG_2153.jpg

そして、植えるための草木も・・・・

IMG_9175.jpg

いや~、こんなに買っちゃってどうかと思ったけど、買っちゃいました。

買い物が終わったのが5時半。

これじゃ、どう考えても今日中に植えることはできないですよね。

でも、妻は一生懸命に植えて、鉢植えを完了。

僕といえば、花壇の縁をブロックで区切るのだけで終了してしました。

終わったのが8時半です。

もう、これが限界ですね。

ということで、本日の業務は終了です。

夕飯を食べに行く事にしました。

では、また。

お客さんからもらったトマトの苗と、甥が持ってきたトマトの苗を植えたら7鉢の家庭菜園トマトが出来てしまいました。

IMG_2391.jpg

こりゃどう考えたって多いですよね・・・・

イチゴのようなトマトが出来るが5鉢。
黄色いトマトが出来るのが2鉢。

ぜんぶ育てたら、家庭菜園の店になってしまいます。

そこで、店頭で販売することにしました。

価格は980円

ほぼ、鉢と土の代金ですね。

でも、このまま置いただけじゃ売れないですよね。

さて、どうやって販売しましょうか・・・

また、考えることが増えてしまいました。

うちで売ってモノを大きくわけると4つぐらいになるんです

1,クリーニングに関するもの
まあ、お得意な商品です。泥汚れがよく落ちる石鹸や竹炭の乾燥剤、天然の防虫剤ですね。

2,食べ物
サイダー、味噌、ポテチ、その他・・・、そして被災地の特産品です。地元の野菜などなど・・・

3,植物
花や観賞植物です。

4,他に分類出来ないモノ
アンゲームや2回転するグライダー、映画のDVDなど

お客さんが出店にしている店も入れればもっと多彩になるけど、だいたいこんなもんでしょうか?

ところが、ここでもう1種類増やそうと考えているんです。

それはアンティーク雑貨。

アンティークって、なんだか心が落ち着くんですよね

ずーっと前から注文しようと思っていたんですが、ここにきてやっとオーダーすることができました

そして、入荷しました。

IMG_1588.jpg


あとは、この雑貨がある暮らし表現できる展示をしたいと考えています。

あ~、まったく未知の分野だけど出来るのかな?心配です。

外の塀にツルを絡ませる計画があるんですよね。

そのツルを何にしようか考えているところなんです。

だいたい、あるのが「アイビー」ってやつです。

斑入りできれいなんだけど、どこにでもあるからイマイチ踏ん切りがつかないんですね

そこで、今、候補にあがってるのがコレ

2012-06-24 09.23.45


でも、名前がわかんないんですよ

出かけた時に撮影してきた写真なんですね。

そこで、お手数ですがお客さんにいろいろ調べてもらっているんです。

ネットで検索して資料をいただいたり、実際に取ってきて付けてみたり様子をみたりしています。

そのうちにわかると思うので気長に調べています。


台風も過ぎ、なんとか庭の木々たちは持ちこたえました。

ほんとよかったです。

でも、またシーズンになれば台風もやってくるんでしょうか心配ですね。
これも自然に任せるしかないので、出来ることだけやって見守るしかないんでしょうか

自然といえば、この時期に台風が来るといろいろと作物に被害があるんですね

夏に販売しようとしていた朝取りのトウモロコシですが、みんな倒れてしまったという連絡をいただきました。

IMG_0422ss.jpg

これを3日間かけて立てるそうなんですね。

たいへんなことです。

自然の恵みを得るといことは、こういうことも受け入れないといけないんですね

農家の方のご苦労をシミジミと感じます。


台風4号がスッゴイ勢いでやってきました

庭に掘った穴がどのくらい水を抱えれくれるのか実験できると思っていたんですが、それどころじゃなくったってきましたね。

なんだか直撃って感じです。

庭の木々たちも真横になるぐらい風にあおられているんだけど、耐えています。

瞬間的に、風が強くなるとみんな暴れまくってるって感じでほんと心配です。

窓から外を見て「頑張れ!!」と祈るばかりですね。

何か、支えをしてあげれがいいのかなとも思ったんですが、しないほうがいいような気がします

見た目は、スッゴイ傾いて折れそうなんだけど、意外としなやかに身体をくねられているんですね

あのほうが折れにくいような気がするんです。

とにかく踏ん張ってほしいですね

ちなみに、穴の水のほうは、集中すると一杯になるけどしばらくすると水を浸透してゆくので良い感じのような気がします。

あとは、砂利を入れたらどうなるかですね。

と、ちょっと待って下さいよ・・・・

外が静かになってきましたよ・・・

ちょっと見てきましょう・・・・

雲が切れていますね。

風も弱くなってきましたね。

過ぎたみたです。

やりましたね!!

庭の木々は耐えましたね!!

いや~、エライ!!

あとは他の地域でも被害がないことを祈ります。

昨日、お客さんのHさんの庭を見たあとジョイフル本田に行って来ました。

もちろん、庭の部品を買いにいくためです。

新しい店を始めてから、本当に行動パターンが変わりましたよね~

今までDIYにはまったく縁がなかったんですよ。

それが、休みの日といえばホームセンターに行ってます。

前までホームセンターなんて必要がなければ行きませんでした。

それに、あんまりデカイホームセンターは疲れるからイヤなんですよね。

そんなホームセンターにもかなり通いなれたつもりなんですが、やっぱりあんまり楽しくなりません。

そこで、違う楽しみを見つけて実行しています

それは、ホームセンターに行った帰りに飯を食って帰ってくるということです。

ホームセンターの買い物より、何か好きな飯を食う楽しみをニンジンとして目の前に吊るしてみたんですね。

昨日は「スシロー」にしました。

というよりは、最近ジョイフル本田→スシローのパターンが定番化しつつあります。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが、スシローがやたら混雑してるんですね。

40分待ちぐらいなんですよ。

8時過ぎているのに珍しいな~と思ったら、「父の日」だったんですね。

いや~、気づきませんでした。

最近、父の日の感動を味わっていないので、すっかり忘れていました。

子供がだんだん自立してゆくと、こういうことも無くなってしまうんですね。

少し寂しい気もしますね。

来年からは、父の日は飲みに行くことにしましょうかね。

うちのお客さんHさんのお庭を見に行って来ました。

前々から行こうとは思っていたんですが、なかなか行くことができずやっお邪魔することができました。

なぜ、見に行ったのか?

それは現在のシルクの庭の森化するにあたって、参考にさせてもらおうと思ったんですね。

今のところうちのポリシーは「森っぽい庭」を目指しています

それと「なるべく手入れをしなくてもすむ庭」もあるんです。

その条件を備えたのが、宿根草の庭なんですね。

まあ、よするに1年でダメになっちゃう花や木々じゃなくて、毎年咲くような植物を植えるってことなんです

それを実際にやってるのがHさんだったんですね。

DSC00656s.jpg


それにしても、よく手入れをさせている庭でした。

いや~、こうなるには何年かかるんでしょうかね?

地道にやってゆくしかありませんね。

余談ですが、庭の隅にピア釜を発見したんです。

DSC00672ss.jpg

ご主人の自作だそうです。

昨年の12月に完成したばかりです。

僕は、庭もとっても参考になったんだけど、このピザ釜も気になりました・・・

あ~、こんなのを作りたいですね~

でも、今はガマン、ガマン。

ずーっと前からご利用してくださっているお客さんなんですけどね。

本日、ご夫婦でご来店くださいました。

普通なら、クリーニングをお預かりして、ちょっと会話してお帰りになるんですね

ところが、今日は「コーヒー飲めるの?飲んでいこうか?」ということになりカフェをご利用していただきました。

コヒーが出来るまでは時間があるので、最近の話を聞いたんですね。

そしたら、ご夫婦で新潟に行ってきたっていうんです。

へ~僕も行ったことがあるんですよ~、な~んて会話をしていたらご主人が
「紙すき職人の小林さんに会ってきたんだよ」っていうんです。

「小林さん?あれ、どっかで聞いたな?」

「お酒の久保田のラベルを作ってるらしいよ~」

「あ!小林さんって、あの小林さん!」

「え?知ってるの?なんでマスターが知ってるの?」

「だって、『降りてゆく生き方』って映画で・・・」ってことになり、話が弾みました。

まったく世間は狭いもんです。

その小林さんって小林康生さんのことです。

次の動画の3分22秒後に小林さんは登場します。



残念ながら、僕はまだ小林さんにお会いしていません。

ぜひ、今度、機会を作ってお会いたいと考えています。

昨年からお邪魔している南三陸の田畑さんからフキが送られてきました。

IMG_2453.jpg

これだけの量を採るのはたいへんですよね

せっかくのお気持ちなので、小分けして本日来店してくださったお客さんにおすそわけさせていただきました。

新鮮なものは新鮮なうちにお渡ししたいので、今日、全部配れるのか心配ではありました。

ところが、最後に一束残ったと思ったら、営業時間を過ぎてご来店してくださったお客さんにお渡しすることができたんんです。

おかげさまですべて完了です。

田畑さん、ごちそうさまでした。

皆さん、喜んでいましたよ。

一昨日から掘り出した穴の続きです。

雨水を地面に吸収するために穴を掘ってます。

ユンボで掘れば、あっと言う間だと思うんだけど、こここは自分たちで掘ることにしました。

IMG_2819.jpg


見てもよくわかんないと思うんだこ、深さ1m弱まできました。

最終的には1.5mぐらいはいきたいと思いますので継続してがんばります。

ちなみ、ここまで掘ったのは次男です。

さらにちなみいうと、次男は手に豆が出来たそうです。

ご苦労様です。

お互い頑張りまそう!

ずーっとやらねばと思っていたことがあるんです。

それは、カフェで使う陶器を作っている方から販売用に購入したコーヒーカップやお茶碗の値付けです。

やり始めると、いっつもお客さんが来て中断してしまって最後まで終わらないでいたんですね。

そんな時、学生の藤井くんがクリーニングの用事でやって来ました。

「忙しい?」と聞くと「イイエ、今日は忙しくないです」というので、値付けをお願いしました。

IMG_0191.jpg

以前、販売のバイトもしたことがるとうので、ラベラーを使うのは慣れているんですね。

僕がお客さんを接客している間に、ぜ~んぶ終ってしまいました。

陳列棚の中もキレイすっきり収まりました。

藤井くん、ありがとう。

このところ、クリーニング屋なのに土木工事が続いていおります(笑)

以前、コンクリートの持ち過ぎで左手が腱鞘炎っぽくなったけど、それも直りました。

スコップを使い過ぎて右手のひらに豆が出来たけど、それも直りました。

体調がよくなってきたということで、今度は穴掘りを始めることにしたんですね。

庭は、中央が凹んでいます。

だから、雨が降ると水たまりが出来るんですよ。

これを避けるにはふたつの方法があるんです。

ひとつは土を盛って高くする方法、それと地面に水を吸う穴を掘る方法。

土を盛って高くしてもいいんだけど、やっぱり雨水はどっかで地面に浸透させてないといけないと思うので穴を掘ることにしたんです。

予定では直径1mで深さ1~1.5mぐらいのを掘って中に砂利を詰めようと思ってるんです。

本日、とりあえず、ほんの気持だけで掘ってみました。

IMG_8839.jpg

表面がコチコチに硬いので、梅雨のこの時期、雨が降った後が狙い目なんですね。

これから毎日、コツコツ掘っていこうと思ってます。

また、手に豆が出来てしまうかもしれませんね・・・・

そとに枕木に立水栓を作ったという話は、ずーっと前のブログに書きました。

あれから、どれくらいたったんでしょうかね・・・・

最初は、庭の水まきぐらいにしか使わないと思っていたから、穴を掘って砂利でも入れておけばいいかなと思ってたんです。

ところが、いつごろからか庭でピザを焼いて食べたいという話が出てきて、それなら食べたもの片づけに流し台みたいなのが必要だよねということになってきたわけなんですね。

それには、途中にゴミを取るマスをいれなくちゃいけません。

そうなるとやっぱり素人では無理ですね。

そんな排水の配管が今日めでたく設置されたのでした。

IMG_5852.jpg


設置してくれたのはお客さんである新井さんのご主人です。

実は新井さんのご主人は水道屋さんなんですね。

そこで、お願いすることにしたんです。

あっという間に仕事は終ってしまいました。

さすがプロだと思いました。

あとは、この配管のまわりにコンクリートを敷いてブロックかレンガか何かで囲えば完了です。

さ~て、どんな感じにしようかな~って嬉しそうに聞こえるかもしれないけど、けっこうたいへんなことだろうなと自分では思ってます。

果たして出来るのか・・・・

イヤ、出来ないかもしれない・・・

まあ、そんな時は「お客さん~!誰かレンガ積みと、コンクリートのばしやりませんか~!!」と助けを求めることにします。

よろしくお願いします。
m(__)m


今日も庭の植物を買いに行くことで日曜日が終ってしまいました。

日に日にやらなければならないことがたまっていきます。どうしよう?

まあ、そんなことは、棚にのせておいて、植物と砂利の買い物帰りに妻と食事をしてきました。

本日のセレクトは、チェーンの和食レストランにしました。

実は、肉が食べたかったんで焼肉屋にしたかったのですが、諸事情によりチェーン店になりました。

肉意外に、これといって何が食べたいというわけではなかったんです。

ちょうど、そのレストランはなんでもありの店だからいいかなと思ったんですよね

店の作りはいいけど、料理にはこれといって特徴がない店なんですよ

寿司もあれば、うどんもある、ナポリタンもたこ焼きも、焼き鳥も、・・・

何を食べようかとメニューを見ていたらなんだかどうでもよくなってきちゃいました。

だって、決め手がないから決まらないんですよね。

寿司は、回転寿司のほうが美味しそうだし、うどんはお昼に食べたし、ナポリタンを食べるなら最初からパスタ屋に行ったし、たこ焼きならお好み焼き屋さんのほうがいいし、焼き鳥なら居酒屋のほうが種類もある安いし・・・

こういう考えになってくると、決まらなくなってしまうんですね。

この店は、2階に大宴会場があって法事などでの大人数に対応出来るようなんですね。

それと、個室が中心なんです。

それがこのレストランの特徴なんですね。

だから料理に特徴がなく、なんでもありの店になってるんです

まあ、それはそれでいいと思うんですね。

でも、僕はメニューを見ても「食べたい!」ってものがないのは、つまらないと思うんです。

やっぱさ、あれも食べたいコレも食べたいってことがあったほうがワクワクしますよね。

それはけして品数豊富にしなきゃいけないってことじゃないんですよ。

決めようとしている料理の情報をもうもうちょっと欲しいんですよね。

いろんな情報が頭の中に入ってきて、どれを選んでいいのか迷ってるのはけして悪いことじゃないんですよね。

気分はいいんです。

でも、そのなんでも選べるということと、料理にあんまり特徴がないのに選べということは、けっこう面倒なことなんです。

気分が悪いんですよ。

そんな時ふと、気が付きました。

食事は気分だと。

気分は、料理の味だけじゃなくていろんな要素が絡んでくるんだと。

メニューが豊富でいいという人には、この店はいいけど、何か美味しいもを食べたいという人にはちょっと向かない店なんです

我々商人は、お客さんの気分をよくすることに神経を集中すべきなんですね。

うちでは、何がお客さんの気分をよくするのか考えなくちゃいけないですね。

店の前の壁に小さな虫たちがたくさん張り付いています。

ブロック塀の時はではそんなに気にならなかったんだけど、壁をアイボリーに塗ったらやたら目立つんだよね

見た目は意外とグロい奴らなんです。

お世辞でもかわいいとは言えません。

そいつらは、雨が降り出したりすると出てくるんですよね。

人間には害がないというけど、見た目がなんとも良くないんですよね。

本来、奴らの仕事は土の中の不要なものを分解することだそうです。

そんじゃ、害虫じゃないんですね。

とはいえ、そのままにするわけにはいきせん

なんてたって、店の入口付近にまで進出してきているんですからね

殺虫剤をまいちゃおうかと思ったけど、それはあまりにも悪いと思って一匹一匹捕まえました。

しばらくして、また見るとどこからともなく奴らはやって来てるんです。

なんだか異常発生って感じですよね。

お客さんがいなくなっては、外へ出て虫取りして、また受付をして、虫取りをして・・・・

なんてことを1日繰り返していました。

それにしても奴らは何のために壁や建物を上に登っていくんでしょうか?

とにかく上を目指しているんです。

雨が降るから流されないように登っているんでしょうか?

でも、それだったら、そんなに高いところまでいかなくてもいいと思うんですよね

だって、今度は降りてこれなくてなって次の日カンカン照りかなんかになっちゃったらカラカラに乾燥しちゃいますからね。

いつか、機会にあったら奴らに聞いてみたいと思ってます「なんで上に向かうのか?」って。

ハンドラベラーなるものを生まれて初めて買って使ってみました。

よく、スーパーなんかでバチバチ値段をつけてるやつです。

IMG_4932.jpg

僕も、その気になって商品に値段のシールを貼り付けてみました。

たぶん、モノを売ってる店には必ずある道具だと思うんですよね。

でも、クリーニング屋の当店には今までなかったんです。

というのは、陳列した商品に値段をつけないで売っていたんで必要なかったんですよね

ところが、最近、まったくクリーニングと関係ない品が店のあっちこっちに置いてあるので、どれが売り物で、いくらするのか書いておかないと、お客さんに迷惑をかけてしまいかねない状態になってきたんです。

そこで、このハンドラベラーを買うことにしたんです。

本格的なものじゃないくて簡単な構造なんですが、値段を印字して商品に貼り付けるには十分です。

そんな自分の姿を見て「なんだか、スーパーの店員になった気分だな~」とニヤリとしました。

これからもビシバシ値段を付けていきたいと思います。
「ハンドラベラー」なるものを買いました。



追記を閉じる▲

実は、店内で観葉植物を売ってます。

最近、寄せ植えも始めました。

でも、前から置いてあって根付いているものは販売しますが、最近のはまだ売りません。

だって、心配ですからね。

でも、だいたい売れてしまうのは、僕が「これはいいぞ」と思うものなんですよね。

最近、置いておくだけでお客さんから評判の良かった「トラデスカンチア」をスタンド仕立てで飾ってみました。

IMG_6514.jpg

やっぱり、すぐにうれちゃいました。

正直、もうちょっとお店に彩りを添えていてほしかったんですが、お客さんの目は確かなんですよね。

でも、僕もこのスタンド自体、気に入ってたんでお客さんに気に入ってもらってうれしかったです。

また、あらたな植物を展示してみたい思います。

観葉植物の寄植えに挑戦してみました。

店の雰囲気から、店内は花よりも緑だと勝手に思ってるんですよね。

だから、観葉植物をいろいろ買ってきては置いているんです。

それをいつかは寄植えにしたいと思いつつなかなか手がつけられないでいました。

苔まで用意してあるんですよ。

でも今日は、午前中ちょっと店がヒマなんで挑戦してみることにしました。

作品第一号がこれです。

IMG_8181.jpg

なかなかいいかんじだと思います。

基本的にセンスはないので、勘で植えてみました。

これから少しずつ腕を磨きたいと思います。

このPOPを見た時は、うなりましたね。

なるほど、こんな手があったのかと思うような考え方です。

IMG_6457.jpg
POPです。

ここは、焼肉屋さんです。

初めて入ってみました。

なんでもお肉屋さんがやってる焼肉屋さんのようなんですね。

そんな焼肉屋さんで、こんな考え方をするととは・・・・

期限が切れたスタンプカードや金券を復活させるこの考え方。

素晴らしい~!

僕もまだまだ頭をひねらないといけいないですね。

参りました。降参です&ごちそうさまでした。

昨日、買って夜8時までかかって植えた木々の続きです。

まずは、植える前のビフォアーの写真です。

IMG_3276.jpg

シンボルツリーであるナンジャモンジャの木の下がちょっとさみしいので、草木を植えることにしたんです。

アフターはこれです。

IMG_5912.jpg

まだ、スカスカですが、1年もたてばもっとこんもりしてくることでしょう。

まあ、とりあれずはこんな感じでスタートです。

それにしても、草木を選ぶってほんとたいへんですよね

まずね、とにかくどんな木があるのかを知らないですよね

どんな木あるのを知らないのに、何を植えるか考えるなんてほんと至難の技です。

情報が少ないのに決断するっていう、僕の一番苦手なパターンなんですよね。

もっと勉強しないといけないですね。



では、また。


壁塗りから1ヶ月が立ちました。

歳をとると回復が遅いというけれで、僕の場合は回復まで1ヶ月がかかりましたね。

やっと次のステップに行こうという気力が出てきたので、庭の森の木々たちを植えることにしました。

とにかく「森」がイメージです。

いろいろと本も買って読んでみました。

でも、もともと木のことなんか詳しくしらないので、よくわかりません。

でも、なんとなしに森のイメージが少しづつ見えてきたことは確かです。

とはいえ、まだまた素人の考えることです。

とにかくやってみないとわかりませんよね。

というわけで、ジョイフル本田に草木を買い出しに行ってきました。

妻と、いろいろ選んで買うものを決めたあと、ふと心配になりました。

「こんなに買って車に載るんだろうか・・・」ということです。

背の低い木が一本、デカイ葉っぱのが3鉢、あとは細かいポットが多数、、果たして大丈夫か?

でも、買うしかないので、買っちゃいました。

で、いろいろ工夫してなんとか詰め込んでました。

なんといっても軽自動車でなんで、中はジャングルのようです。

IMG_0115.jpg

店にもどって車から出してみると、かなりの数が入っていたことがわかります

IMG_8155.jpg

これをなんとか夜8時までかかって植えてみました。

さて、明日、明るくなってどんな状況になっていることでしょうか?

楽しみですね。

では。

野菜を置いた昨日の続きです。

今回、何も告知しないし説明もしないで野菜を置いて、お客さんの反応からいろいろ学ぶことにしました。

買っていったお客さんはこれといってクリーニング屋の店内に野菜があることを不自然と思ってる人はいませんでした。

まずは、いい感じです。

そんなお客さんからの言葉からいくつかの学びを得ました。

そのひとつに「その野菜がここに売っているという状況を知っていたらスーパーではその野菜を買わなかった」ということです。

新鮮でシャキシャキしたレタスを見て言ったお客さんの言葉です。

スーパーには基本的になんでもあります。

だから、安心して買い物に行くことができると思うんです。

野菜を売るような店でない場所に、地元の野菜がいつでもなんでもあるというわけにはいきません。

ましてや、あるかどうかわからないところ(うちみたいなクリーニング屋)にわざわざ野菜を買いに行くことはしません。

でも、もし、地元で採れたての新鮮野菜があるよということをお知らせしてあげれば、それだけはうちに買いに来てくれる可能性があるってことなんですよね。

このへんから地元の野菜を売る仕組みが出来てくるといいな~と思いました。

それともうひとつ。「何を売るか?」ということです。

もちろん、商品としては「野菜」なんです。

でも、野菜で「何」を売るか?が大事だと思うのです。

僕は野菜で「ローカルが大事」を売りたいと思っています。

ここを、もう少しわかりやすくすればいいのではと思いました。

先日、お客さんから「ねえ、今年はブロッコリー売らないの?」と聞かれてしまいました。

そういえば、去年ブロッコリーを店に置いたらあっという間に売れてしまったんですね。

お客さんから言われた以上やらないといけないので、早速、農家の方に連絡して今採れている野菜を置いてみることにしました。

IMG_8364.jpg

レタス、ニンジン、玉ねぎを並べてみました。

レタスは、スッゴクでかくてシャキシャキして美味しいんですよね。
まるで高原レタスです。
うちの妻が「スーパーに行ってレタスを買うと、まわりの葉っぱを剥いているうちに小さくなっちゃうのよね」と言っていました。

でも、このレタスはまわりの皮を剥く必要がないほどみずみずしいんですよね。

ニンジンは、葉っぱ付きで売ります。

スーパーのは葉っぱを切って売ってるでしょ、あれってなんでか知ってます?

栄養が葉っぱにいっちゃうということもあるんだけど、ニンジンに葉っぱを付けたまま売る場合、新鮮じゃないと葉っぱでわかっちゃうんですってね。

ようするに、時間が経っていることは葉っぱをみるとわかるわけなんですよ。

ということは、葉っぱを付けて売るのは「新鮮だぞ!」とアピールしていることなんですよね。

とりあえず、どんな形になるのかわかんないけど並べてみました。

あとはやりながら考えます。

では。