FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
今日までが1周年記念感謝券の利用期限なんですね。

あいにくの雨だったので、3時ぐらいまではポツリポツリのご来店でした。

でも、雨が上がってからは、券を使ってくれる方やクリーニングを引取りの方が続いてなかなか賑やかになりました。

やっぱ、店は賑やかじゃないと寂しいですね。

期間中の券の回収はこんな感じです。

IMG_4780.jpg

やっぱり自分が作った券が帰ってくるということはとってもうれしいことですね。

さて次の企画は何にしましょうか?

面白くて、笑えて、ちょっとお得なのがいいですね。

考えます。

お客さんからの依頼で、仕上がったクリーニングの娘さんとところに送って欲しいと言われました。

どうしても、明日の午前中には必要ということなんですね。

準備が出来たのが、6時を過ぎちゃってました。

宅配のコールセンターへの電話での集荷依頼は6時までなんで、かけても無理な時間なんですね。

で、実際にまわっている担当に直接電話してみました。

そしたら「今からでは無理です」と冷たい返事でした

そりゃそうです。無理ですよね。

さあ、困りました!ピンチです!

あとは、直接集荷センターに持ち込むしかありません。

お客さんから依頼されている翌日配達は7時までに持っていかなといけないんですね。

ところが、人もいなければ、車もないんです。

ぜ~んぶ出払っちゃっていて、僕ひとりで店番をしてるんです

店の営業は7時までです。

店からセンターまでは車だと5分ぐらいの距離なんです。

仕方が無いので、自転車で行くことにしました。

自転車の前にクリーニングの入ったダンボールを載せて必死でこぐこと15分。

店を出たのが7時5分だから、着いたのは20分ですね。

センターの受付に明日の午前中着でお願いしますと駆け込んだら「すみません、今、トラックが出るところなんで明日にしてください」と言われてしまいました。

ガビーン!

やっぱ無理か!!

と思ったけど、ダメもとで「なんとか今日の発送に入れてください!」ってお願いしたんですね。

そしたら「ちょっと、待ってくださいよ」といって、受付の女性がトラックの方に走って行きました。

そしたら「なんとか今日の便に載せましょう!」ということでトラックをとめてくれました~!

エライ!

それでこそクロネコヤマト!

あ~、よかった~♪

これでお客さんとの約束も守れました。

店に戻る帰り道、脱力した身体でで自転車をこぎながら思いました。

「やっぱ、何事もあきらめちゃダメだな~」って

これが今日の教訓です。

SILKには看板がありません。

そのため、初めての人には何の店だからよくわからないんですね

それはとっても不親切なことなんです。

でも、そこには僕の意図があるんです。

でも、それそれとしても最低限のことは表示しておかないといけないですよね

最低限というのは営業時間と定休日、それに電話番号ですね。

これはやっぱり書かないとマズイです。

ということで、お客さんにそれを黒板に書いてもらいました。

お母さんと高校生の姉弟による合作です。

IMG_8757.jpg

この看板をお客さんに書いてもらうという企画?今回で3回目になります。

皆さん、本当に上手です。

もっとたくさんの人が書いてくれるようになったらコンテストでもやってみたいですね。

そんなことを考えいるとワクワクします。

それにしても、ありがたいことです。




最近、やたらと親子ずれのお客さんが多いと思ったら、子供たちが春休みに入ったんですね。

自分にそのくらいの歳の子がいないと、全然わからないんですよね。

そんなわけでやってくる子供たちなんですが、けっこう親が手に余った状態なんですね。

春休みって、あんまり宿題がないからやることがなくて「ヒマ」みたいです。

今日来たWさんの小学校4年生の男の子も「ヒマだ・・・」と口にしていました。

そこで「草むしりをやっていったら?」と声をかけました。

まあ、冗談半分ですけどね。

そしたら「やる!」っていうですよ。

まあ、冗談からコマって感じです。

本人がやるっていうんだから、早速手伝ってもらうこにしました。

お母さんにはその間、買い物に行っていただいて用事をすませてもらい、子供だけ預かることにしました。

小学生の彼は、遊び感覚ではあったけど、けっこうマジメに草むしりをしてくれました。

IMG_9924.jpg

おかげで、ちょっと伸びだした草が全部なくなり、サッパリした店の庭になりました。

もう少し庭が完成したら、これもイベントにしてみたら面白いと思いました。

草むしりを手伝ってくれたKちゃん、ありがとうね!

被災地から帰ってきたんだから、その状況を報告しなければいけないと思っているんですが、なかなか書けないでいます。

ひとことで言えないということもあるんだけど、いろんな思いが交錯してしまうんですよね。

それは、悲惨な出来事だからというわけではなくて、人間の営みの根源に触れるような感覚を覚えるからなんです。

とはいえ、支援金に協力してくれた方々のためにも今週中にはレポートをまとめないといけないですね。

そうそう、この「支援」という言葉にもちょっとひかかっているんです。

この言葉も考えないといけないですね。

今回、お邪魔させていただいた南三陸町仮設商店街では多くの学びを得ることができました。

やっぱり見ると聞くとでは違いますね。

被災していない僕たちでは想像できないことがたくさんあるようです。

これからさき、そんなことを人に伝えていくことが僕の役目ではないかと感じています。

今、店頭に仮設商店街で買ってきた品を置いてみました。

IMG_9360.jpg

これから、この品々の活用を考えいます。


東今、北自動車道を南下中です。
南三陸町から帰宅中の車の助手席で書いてます。

詳しいことは後日という事で。
m(_ _)m

本日で、オープン1周年の記念して開催した早割キャンペーンと予約キャンペーンが終わりました。

最終日なんで、たくさんのお客さんが来店してくれました。

うれしいですね~

自分で企画したキャンペーンにお客さんが来てくれるというのは、なんとも感動的です。

今まで寒くて、冬眠していたクリーニング屋にも、やっと春がやって来たような感じです。

明日は定休日

南三陸町に向けて4時出発なんで早く寝なければと思ってはいたんだけど、結局仕事が終わったのが9時前になってしまいました。

今、夕飯が食べ終わったんで、寝ます。

お休みなさい。

明後日の日曜日に被災地に行くにあたって、高速道路の通行許可書を申請していました。

南三陸町に行くのに車でだいたい7時間ぐらいかかります。

その時にガソリン代は、同行者の自腹と決めているんですね。

でも、高速代はできれば助成して欲しいんですね

そこで、申請を出していたんですが、それを今日、市役所に取りに行って来ました。

IMG_2333_20120324012548.jpg

いろいろと細かい手続きは必要ですが、こうしたバックアップがあるとたいへん助かります。

とにかく首都圏から遠いのでなるべく交通費を公の機関が負担してくれることが支援をスムーズに進める助けになると思います。

少しだけ希望を言えば、申請書のフォーマットをネットからダウンロードできるようにしてくれると、市役所に足を運ぶ回数が1回減るんですよね。

ちょっとしたことですが、とても助かると思うんです。

本日、お客さんの石田ちゃんが壁塗りの下地になるモルタル塗りに来てくれました。

大事な休みの日に、本当に申し訳ないと思っています。

でも、おかげさまで下地のモルタルが塗れた箇所は全体の3分の2まできました。

あと1日あれば、下地は完成すると思います。

では、今回のビフォー・アフターです。

ビフォー

IMG_8685.jpg


アフター

IMG_0653.jpg


前回の僕と妻が塗った壁よりかなりキレイです。

僕は、今回の塗りで、花を載せる出っ張りの部分を表と裏で3個塗っただけです。

でも、その出っ張りが少し丸みを帯びたんで、かなり満足です。

夕方、内側に貼るブリックというタイルを買いに、ジョイフル本田に行きましたが、まだ入荷してないということで、25個だけ買ってきました。

あとは、毎日コツコツこのタイルをはめていくことにします。

なに?・・・明日は雨だって?

いや~、また、しばらくお預けですか!

モルタルの3回目はいつやりましょうかね?

昨日、やっと、定休日で晴天の日がやってきました。

さっそく、ブロック塀の下地作りを妻としましたよ。

あの壁塗り大会が雨で延期になったのには、やっぱり理由があったんです。

それは壁の色塗りをする前にとにかく、ひと通りモルタルを塗っておかないとけないということだったんですね

だって、そうしないと、自作ペイントの塀の多くが、乾いたあとにブロックの境目が出てくるということがわかったんですよね。

やっぱあれはかっこ悪いです。

だから、とにかく一度モルタルを塗れってことだったんですね。

まずビフォー・アフターのビフォーです

DSC00237.jpg

ブロックがそのまんま出た状態です。

この状態で1年が過ぎました。

これからモルタルを塗るんだけど、その前にやることがあるんです。

それは、下の側に化粧用のレンガを貼ることにしましたんです。

というのは、塀の色がアイボリー系なんで、泥ハネが目立つでしょうという妻の意見があったからなんですね。

その位置を決める道具がこの道具です。

DSC00244.jpg

妻がダンボールで作ってくれました。

これで、レンガを貼る場所をだいたい決めるんです。

決まったらチョークで印をつけます。

そのチョークの場所をさけてモルタルを塗るわけなんですね。

モルタルをバケツに入れて水でコネコネしました。

それを、自作の木のパレットに載せ、コテで塗っていくわけなんですよ。

予定では庭側全部をやるつもりだったんだけど、暗くなる限界までがんばったけど、結局、全体の3分の2ぐらいで終わりました。

DSC00248.jpg

一夜明けて本日の状態は、こんな感じです

IMG_1959.jpg

あとは、天気のいい休みの日にボチボチやってゆくつもりです。




フレッツ光の支払いを自動引き落としにしようと思ってNTTに電話しました。

用事はただそれだけだったんですよ。

ところが、話をしているとうちに、いろいろなサービスが行われていることを知ったんですね。

ひとつは2年契約割。

2年単位で契約すると、月々735円安くなるというサービスなんですね。

まあ、こりゃデカイですね。

月々の話ですからね

だって、たぶんこれから途中で変えることはまずないですからやることにしました。

もし、途中で解約すると9000円ぐらい取られるそうです。

それにしてもやったほうがいいと思うんですね。

で、次がフレッツ光のメンバーになること。

これに登録(無料)すると、新規加入で2100ポイントもらえて、月々100ポイントづつ入ります。

年々、ポイントがあがって5年目になると月々500ポイントが入るそうなんですね。

で、さっきの2年契約割りと合わせると月々1235円安くなるという計算なんです。

そんでももって、請求書をネットで見るというふうにすると-100円。

うちは3回線あるんで、月々-300円。

いろいろ手続きをした最後にアンケートをやったら500ポイント加算。

ま~、一本の電話でいろいろ変更してみました。

5年間で計算してみるとなんと80600円お得になる計算です。

スゴイですね~

まったく、こんなサービスをやてるって知らなければ、そのまま支払っていた額なんですね~

いや~、びっくりしました。

でも、なんだかNTTの宣伝みたいになっちぃましたね。

仙台で被災したギャラリー・シンの米澤さんが販売してるチャリティーポストカードをお店で販売しています。

IMG_5327.jpg

お店に入ってきたところの正面で、一番目立つところです。

【瓦礫の中に一輪の花を】がテーマに17人の作家の方が思い思いに作られています。

本当に些細なことしかお手伝いできないけど、出来ることは続けていきたいと思っています。

【瓦礫の中に一輪の花を】チャリティー付ポストカード、遠くからでもご購入いただけます

延期しているブロック塀の壁塗りの準備に入りました。

まず、やらなければならないのは内側の下の部分なんですね。

そこに泥ハネをしても目立たないように細工をしないといけないわけなんです。

そこで、考えたのはブリックタイルというモノ。

まあ、簡単に言えばレンガの模造品ですね。

1枚50円という安価なんで、手軽に使えます。

これを、下から3段ぐらいのところまで貼りつけようというものなんですね。

だいたいの必要枚数は、計算すると160枚になるんです。

で、ジョイフル本田に買いに行きました。

そしたら、さすがに160枚は在庫にないんですね。

そこで、注文となったんです。

ほんとなら、今度の20日の休みにやりたかったんだけど、ダメでしたね。

とりあずは、在庫してた25枚と前回購入した10枚で、どんな感じになるかやってみようと思います。

ついでに、25kgのモルタルを6袋買って来ました。

軽自動車でいったんで、さすがに車が沈み込んでいましたね。

さて、少しずつですが壁塗りの準備が進んでいます。

あとは、体力勝負というところでしょうかね

がんばります。

お客さんから聞いた話でうれしことがありました。

そのお客さんとは二人の女の子のお母さんですね。

その娘さんが通っている小学校のクラスでうちの店のことが話題になってるっていうです。

「カッコいいマスターがいるっていう話題?」って聞いたんだけど、どうも違うみたいですね(笑)

子供たちの中でもなにやら話題になっていて、なおかつ保護者会があって、その中でも話題になってるっていうんですね。

どんな話題になってるのかは、子供とガラポン大会で盛り上がってしまったので聞けませんでしたが、どこかうれしい気持になりました。

うちが目指している何かがそこにあるような気がするんです。

その何かとは、まだ正確に言葉では表現できませんが、きっとそこにこれからの商いのひとつの形があるような気がするんですよね。

まだ見ぬ将来の姿を思いをよせて、日々の商いを頑張ってやります。


1周年を記念してやってるガラポン大会なんだけど、ついにスゴイことが起こりました。

特等、2等、3等、4等、5等とすべて出した人がいるんです。

IMG_1259.jpg

黄色が特等 1000円分のクリーニング券

ピンクが2等500円分

紫が3等300円分

緑が4等200円分

赤がまあハズレということで100円分

いや~、スゴイですね~

僕もこの「よく当たるガラポン大会」を何回もやっているけど、こんなことになったのは初めてです。

こんな確率が高くていいんでしょうか?

今日3月15日で新しいお店になって1年が経ちました。

振り返るとたいへんな1年だったと思います。

だって、4日前に震災が起こったあとでのスタートでしたからね。

オープンといえどもとてもお祝いができるような雰囲気ではありませんでした。

ガソリンを入れるために、スタンドに並ぶ列が夜明け前から店の前にできました。

スタンドは遥か先にあるにもかかわらずです。

異常な光景でした。

スーパーからは、水やトイレットペーパーがなくなりました。

単一電池も手に入らなくなりました。

まったく、スゴイ時期に店を開いたんだなと思いました。

そんな店が1年経ったのです。

この1年は、店づくりと模索の1年でした。

今までにないクリーニング屋とはどんな形なのか?

そのスタイルと探す1年でした。

外観や内装は作ればできるけど、その店のスタイルはなかなか創りだすのが難しです。

それは、お客さんとの関係性だったり、コミュニティのあり方だったり、店の空気感だったり・・・

でも、そんな理想としているスタイルが、嬉しいことにちょっと垣間見ることが出来ました。

それは、お客さんが友達を連れてきて、その友達が、他のお客さんの仲良くコミュニケーションをとる。

そんなことがこのお店で起こりだしているんです。

たぶん僕が思ってるのは、人と人がつながるになりたいと思っているんでしょうね。

スポーツだろうが、趣味だろうが、なんであれ、その集まりがあったおかげで、人と人が出会いつながりができる。それと同じ役割を店に求めているのかもしれませんね。

まだまだ、未完成が多いみせだけど、僕の頭の中にあるあの楽しそうな風景は実現できるんじゃないかと感じています。

やっとスタートラインに立ったSILK。

また今度の1年は、思いついたことを実行する1年になりそうです。

これからもよろしくお願いいたします。

夜な夜な明日のイベントの支度をしています。

IMG_3984.jpg

1周年記念のガラポン大会です。

うちで、ガラポンをやるのは久々ですね

以前は2月の恒例行事にしてたんです。

でも、新しい店をやるにあたって、なかなか準備が出来ずしばらくの間は封印していたんですね。

そのガラポン大会が帰ってきたって感じです。

とにかく、うちのガラポンは高確率なんですよね。

自分で言うのもなんですが、よく当たるんですよ。

だから、かなりヤバイんですよ。

あきる野市でやっているポイントカード「るのカード」100ポイントで1回できるんだけど、一番悪くて100シルク(世間では100円と同じ価値)なんですね。

特賞は1000シルクですよ。

こりゃ、やるっきゃないってところなんですね。

10回やるとだいたい1.5倍ぐらいになります。

1000円が1500円になるって感じです。

やってるこっちが、ヤバイなと思うぐらいなんですね。

そもそも、これをやる意味は、ガラポンで当たる楽しみを体験して欲しいということなんです。

だってさ、よくあるガラポンってだいたい、ティッシュから飴かなんかじゃないですか?

あれじゃ、やる意味がないですよ。

やっぱ、当たらないとつまらないです。

それと、連続してまわしてみたいという欲求も満たさないといけないですよね

るのカードってやつもあんまり活躍しないから、それを使って何回もガラポンが回せるとそれだけで楽しいんですよね。

さて、どんな感じになるのかワクワクしています。

細かいところは、やりながら準備するとして、そろそろ明日のために寝るとしましょうかね。

只今セミナーに参加してきた帰り道、電車の中でかいています。

このブロクでは何度となく書いているんだけど、セミナーと言っても、ちょっと変わったセミナーなんですよね

下北沢の小さな劇場で、映画を見て、それを題材にいろいろ学んじゃおうってやつなんです。

まあ、詳しいことは話す(書く)と長くなっちゃうから話せない(書けない)から簡単に言っちゃうね。

とにかく、商売の形が変わったってことなんですよね

今までにはない形の商売が支持されるようになってきたってことなんです。

そんじゃ、商売がどんな感じになってきたのかっていうとですね。

それは、ズバリ「アート」ですね。

これまた説明すると終電を乗り過ごしてしまうから簡単に言うと、ビジネスがアート化してるってことなんです。

これって、最近、すっごく感じていたことなんで、なんだかバッチリなっとくしてしました。

詳しく説明するのは、あまりにも眠いので、今日はこのへんで・・・

では、おやすみなさい・・・じゃないよ!なんとか家に帰るんだ~!!!

壁塗り大会が天候のために延期となりました。

とても、残念なことだと思っていたんですが、どうやらこれには意味があったみたいですよ。

といのは、この企画の中心になってもらってるお客さんである石田ちゃんの調べによると、ブロック塀にそのまま塗るとヒビ割れが発生する可能性があるということがわかったんですね。

ありがたいことに、うちが理想としている壁がヒビ割れを起こしているという証拠写真を撮影してきてくれました。

まあ、これは絶対にそうなるということではないにしても、その可能性があるということは考えないといけないんですね。

それを防ぐにはどうしたらいいのか?

それは、仕上げ剤塗る前に、モルタルで一度塗るといいみたいなんです。

ということは、1日で完成するとんじゃなくて、何回かにわけてやらないといけないってことなんですよ。

そんな計画をまずは立てなおさないといけないんですね。

もし、今回、天気がよかったら、ザ~ッと塗ってしまったと思うんだけど、どうもそれはよくないみたいなんです。

これから暖かくなって行くし、天気もよくなっていくでしょう。

ブロック塀の壁塗り大会は徐々に進行する企画になりそうです。

東日本大震災から1年。

今日は、どこもこの話題になっていることでしょう。

あの地震発生の2時46分には、いたるところでサイレンがなりました。

黙祷をする人もいれば、そのまま日常を過ごす人もいました。

テレビやラジオで震災の特集をしています。

でも、なかなか見る気になれませんでした。

メディアで悲惨な出来事や、悲しい物語を流すことはけして悪いことではないと思います。

でも、それ意外にもやるべきことがあるような気がするのです。

もっと、こう世論を結集して、国を動かすような・・・・

被災地が復興するのに壁となってることは、なぜか法律だったりするようなのです。

もっと、この復興に向けて集中的に力を注がないといけないような気がするのです。

とにかく、震災から1年は経ちました。

今日のこの日が終わって、また次の1年が始まる明日がやってきても、まだ非日常を過ごしている人がいるということを忘れないようにしないといけないと肝に命じました。

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

明日の日曜日に予定していたブロック塀の壁塗り大会は、雨のため延期としました。

参加者にはメールで連絡をしました。

残念は残念なんですが、いろいろ学びを得ることができましたよ。

まず、雨が振った時に予備日を決めていなかったことですね。

今までは、なんとかうまくいったんですが、これからもう少し規模が大きいイベントをやる場合は事前に最悪のことを想定しておかないといけないですね。

まあ、どちらにしても、なんとか予定をたてて壁塗りをしたいと思います。






雨が降っちゃいましたね~

どうしましょうか・・・・

明後日のブロック塀塗り大会のことなんですよね~

とりあえずは、洗浄したブロック塀はブルーシートで覆ってはあるんですよ。

だから、濡れはしないんだけど、ちょっと日曜日までには乾かないと思うんだよね~

予定を変更するか?それとも決行するか?

難しいところですね~

変更したとしたら、来週の18日の日曜日か、20日の祝日しかないですね

さてさて・・・

今は、はっきり決められないので、明日の朝の様子で決めることにしましょうかね

では、おやすみなさい。


昨日、庭の植樹を行いました。

IMG_4097.jpg

オープンから1年でやっとってところですね。

カフェの窓から見えるところなんで、早くやらねばと思ってはいたんです。

でも、なかなか先立つ物がないから、こんなに遅くなっちゃいました。

造園屋さんいわく、木を植えるのは新芽が出だす3月までだそうです。

また、ここでもギリギリってところですね

でも、今回、それ以上にギリギリ事件があったんですよね

というのはね。

造園屋さんにお願いしていた木が1本違っていたんですね。

僕が書き方が悪かったんですよね。

僕もそれをよく確認しないでお願いしちゃったんですよね

でも、どうも常緑樹の数が少ないので、念のために図面をもう一度見なおしたんですよ

そしたら、やっぱり1本違っていたんですね。

いや~、危ないところでした。

こういうものは、一度植えてしまうと簡単に変えることができませんからね。

今は、落葉樹が多いんでガラ~ンとしてますが、春に葉っぱが出てくれば少しは賑やかになることでしょう。


11日のブロック塀塗り大会に備えて、塗る色の確認とブロック塀の洗浄しました。

色確認は、石田ちゃんが担当です。

元の色に、違う色を10%~50%まで入れて色合いを見ます。

DSC00228s.jpg

だいたい30%ぐらいのところがいいようなので、それで行くことに決めました。

あと、伊藤ちゃんに高圧洗浄機を借りて、ブロックの裏表を洗いました。

DSC00231s.jpg

色は決まったし、壁の洗浄は終わったので、準備はOKです。

ただ、天気が心配なんですよね。

木~土まで曇に雨マークなんで・・・

ヤフー天気予報、日本気象協会、goo天気、マッピリオン天気といろいろ調べた結果、ほとんど曇りですが、goo天気だけが曇り時々晴れだったので、goo天気を信じることにしました。



NHKの復興商店街をとりあげた番組を見ました。

商売を始めることの大変さを痛感させられました。

その壁の多くは、法的な問題のようなんです。

災害が起こって平常ではないところなんだけど、一般的な法的規制が加わるんですね。

建物に関しては、建ぺい率。営業に関しては保健所の検査など。

確かにいい加減がモノを作ってはいけないことはわかりますが、まったく同じ規制をかけるというのもどうかと思うんですよね。

極めつけは、地元と密着している信用金庫跡地の話。

最初は貸すといいながら、計画が出来たとに貸さないというなんともひどい話です。

それも法律が根拠だという言っていましたが、果たしてどうか・・・

あの信用金庫は、もう、地元の商店の方からは支持されないでしょね

とにかく、被災地の仮設商店街は頑張って欲しいと思います。

商工会開催のラッピング講習会に参加してきました。

予想どおり、女性ばっかりでした。

単独で参加した男性は僕だけでした。(ご夫婦ではふたりいましたが・・・)

それにしても、ラッピングっていうのは深いですね~

きれいに包めるかどうかということもそうなんだけど、その包み方に意味があるんですよね

たとえば、商品を包む場合、表と裏だけじゃなくて「天」「地」という向きがあって、開けた時にそれがどう向くのかまでを考えて包んむんですね。

スゴイですね~

また、お祝いごとには、右かぶせだとか、重ねが上にくるなど、ルールがあるんですよ

葬儀なんかのお返しではその反対だったりするんですね。

日本人なんですね~

と感心しました。

で、僕の作品はこれ。

IMG_7573.jpg


花までリボンで作りました。

いかがでしょうか?

来週の11日に控えた壁塗り大会の材料であるジョリパットを大量に買ってしまいました。

IMG_5213.jpg

もう後戻りはできません(って、する気はないけど・・・)

いつもそうなんだけど、大量に材料を買うときはなんだか勇気が入りますよね

もし、違うものだったらどうしよう・・・ってね。

今回は特にそうですね。

だって、「色」が問題なんですからね

理想の色で塗りたいとは思っているんだけど、市販品は限られた色しかないわけですよね

でね。

今回の色を買うまでには、なが~い道のりがあったんです。

まず、ジョイフル本田に自分が塗りたいと思っている色見本を持って行ったんですね。

もちろん、店頭に並んでいるものの中には、同じ色はありません。

そこで、カラー見本と合わせて色を注文したんです

でも、それを塗ってみたら、思った色より白っぽいんですよ

そこで、今回の壁塗り大会の中心人物である石田ちゃんに同行を願って、またジョイフル本田に行ったんです。

そして、店頭で色見本と見比べていたら、なんと石田ちゃんは店員さんに「色見本の小さい見本を取り出せませんか?」と言うんです。

どういうことかというと、色見本はガラスの中に2cm×2cmぐらいの小さいものなんですね。

それを取り出して、持参した色の上にのっけて見比べようというんです。

そんな無理な願いをジョイフル本田の店員さんはどうするのか?

そしたら、なんと「いいですよ」と言って色見本の額をバラしだしました。

IMG_3040.jpg

僕は、驚きました。

この要望を出す石田ちゃんもスゴイが、それをのむジョイフル本田の店員もスゴイです。

そんな格闘の末、今回買うことになった色にとりあえず色に決めてみたんです。

とはいえ、慎重には慎重を重ねるという意味で、今回のように大量に買う前に、その半分ぐらいのをまず買ったんですよ

そして、塗ってみたんです。

でも、ちょっとだけ色が違うんですね。

そこで、前回買った、白っぽいのと混ぜたんです。

そしたら、かなりいい線になってきたんですね。

それを乾かして、実際に塗るブロック塀の前に置いてみたんです。

IMG_2984.jpg

右側にあるのが目標にしている色です。

左側にあるグロックの左上が最初に買った白っぽい色、その下が市販品右上が混ぜあわせた色なんですね。

遠くからも眺めてみました。

IMG_9970.jpg


まあ、まったく同じ色ではないんだけど、なかなかいい感じなんですね

そんなことで、今回、やっと材料を大量に買う決断が出来たわけなんです。

あとは、今週の半ば頃にもう一度配合をやってみると石田ちゃんと話をしているところです。

さ~ていよいよ始まりますよ~♪


店頭で販売している「梅」を作られている梅農家である小阪農園さんか梅の花が届きました。

IMG_4450.jpg

遠く、紀州から封筒で送られてきたので、びっくりしました。

いや~、でもうれしいですね~、ありがたいですね~

カフェのテーブルに差したんだけど、これまたいいですよね~

なんて言うんでしょうか、季節を感じるってやつですね

こうした、ちょっとした心遣いが人の心を暖かくするんですね

学びました。

うちの店ももっと、些細なことに気を回せるように努力します。

もうすぐ、震災から1年が経ちます。

テレビでも、そんな特集が目立ってきました。

そんな中、NHKで放送されたヘレン・ケラーの番組を見たんです。

僕は映画「奇跡の人」の中のヘレン・ケラーしか知りませんでした。

ところが、彼女がとても日本を愛していたということを知り驚いています。

そんなヘレン・ケラーの言葉に深く感動を覚えました。

「不幸のどん底にあっても

この世には自分に出来ることががあると信じよう。

誰かの苦しみを和らげてあげられるかぎり

人生は無駄とはなりません。

人生で最も胸が高鳴るのは

他人のために生きる時です。」

胸がつまる想いでした。