FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
店頭で販売しているイチゴの植えものがあるんですね

そのイチゴがあまりにも元気なんで今、実が出来てきてるんですよ。

IMG_2452.jpg

来年の春を目標に甥が植えてくれたものなんですが、あまりにも元気がよくて12月にはイチゴの実ができそうなんですよね

クリスマスのシーズンにピッタリ!ですね。

そんなイチゴなんですが、実は売り物なんです。

もうすでに4鉢売れてしまってるんです。

でも、現在のイチゴの苗はすでに多くのイチゴを実らせているんですね。

それを知ってる女子中学生が外に立てかける黒板の看板を作ってくれました

IMG_9631.jpg

赤いイチゴの字は小学生の弟が書き、そのあとにお姉ちゃんの女子中学生が描いてくれたんですね

これって、なかなかの傑作でしょ?

なんだか、もう、ここまでくると売れないほうがいいかもしれない。

あとは大事に育てて、実がなってるうちに塾させて食べようかと思っています

楽しみですね~♪


只今、カフェは慣らし運転です。

正式なオープンをするには、まだまだやらねばならないことがあるんです。

そのひとつにカフェの庭の整備ですね。

カフェと庭をつなぐ部分の段差をなくさないといけないんですね。

その工事の見積もりを今依頼しているところなんです。

だから、最終的な理想には、まだまだほど遠い状況なんですね。

ソフト的にも注文から会計までの仕組みはまったく出来ていないんですね

とはいえ、とにかくやってみないとわからないことだらけなんで、お客さんを呼び寄せてみました

まず、犠牲にになったのが親友であり同業者のマコちゃんです。(笑)

彼にお願いして、というよりは半強制的にカフェのお客さんになってもらいました(笑)

そんな彼から面白い寿司屋の話を聞いたんですね。

その店は新宿2丁目にあるそうです

歓楽街の1階にあるもんだから、へんな客が入らないようにいつも「満席」という札と表に出しているそうなんですね

いいですね~

だからお客さんはすべて予約になるそうです。

完全に口コミの店ですね

僕は、そこの店主の気持がよくわかります

今は、多くの店がどんなお客さんでもウエルカムですよね

それはそれでいいと思うんです。

そうしないと、経営が成り立たないですからね

でも、これからはお客さんがどういう店を望んていて、店主がお客さんにどんな世界を体感して欲しいのかということが合致しないと商いは成り立たなくなっちゃうと思うんです

誰でもウエルカムでは面白くなんですね

店主の個性がその店のすべてを決めるんですよね

そんな店がたくさんできたら、そりゃ面白い街になりますよね

まあ、そんな話を聞きながらマコちゃんにお客さんになってもらい、糀ドリンクを出し、代金をいただき、レジを打ち、ああ、こんな感じなのかとカフェの流れを確認しました

マコちゃん、忙しいところほんとご協力ありがとうございました。

また、時間ができたら遊びに来てくださいね。

感謝です。

今日の午前中、来週の日曜日にやる垣根づくりの材料を檜原村まで取りに行って来ました

IMG_1662.jpg

これヒノキの廃材なんですよ

僕が忙しくて取りにいけないから、親友の井上くんのところに、ずーっと保管してもらってたんですね。

この廃材、なかなかいいんですよ

木って、材木にする時、丸い木を四角くするから使えない部分ができちゃうんですよね。

木は表面部分のまるいところなんですね

普通は、細かく砕いてチップにし、燃料として消費しちゃうんですよ

でも、僕のわがままで、自然の感じを残して垣根を作りたい井上くんに無理いったら、もっと早い時期から準備していてくれたんですね

その木を本日午前中、山からSILKまで運びました。

何回も運んだんで、腕がちょっといたいです

明日、イヤ明後日あたり筋肉痛になっていそうですね

午後は、ホームセンターに行って塗料と刷毛をかってきました

これで、とりあえず準備OKですね。

あとは、気になるのは天気ぐらいでしょうかね?

そうそう、それと本当にお客さんが手伝ってくれるのか?もありますね

がんばりま~す!

昨日、ワイヤレスキーボードを認識にしないということで修理に出していたiPad2が、症状がでないし悪いところはないということで手元に戻ってきたんですね

けっきょく、どこも悪くなかったということなんですよね。

でもね。

また、戻ってきたiPad2でやってみたんですよ

そしたらですね、やっぱりワイヤレスキーボードを認識にしないんですね・・・・

どうしてなんだろう・・・・

と悩んでもしょうがないから、ケアサポートに電話してみたんです

そしたら、新品と交換ということになりました。

でも、到着するのが来週になると言うんです

まあ、困るもんじゃないから別にいつでもいいやと思ってたんです

とこがです。

今朝、新品が届いてしまったんです。

IMG_8711.jpg


昨日の3時頃の話で、今朝には新品が届いてしまったんですね

まったく、2~3日かかるといっていたのに、びっくりです。

「やるな!アップル」って感じました。

あ~、またWindowから遠のいて、Mac派に近づいてしまいました。

まあ、

かねてから、お客さんに告知していた「いっしょに垣根をつくりませんか?」という企画、名付けて「垣根づくり応援団」の決行日がついに決定しました~!
(^^♪パチパチパチ~

12月4日(日)で~す!

もう少し早い時期にやろうと思ってはいたんだけど、どうしてもやりたくない理由があったんですよね

それは、この垣根の作りの立案者であるお客さんの石田ちゃんにはぜひ参加して欲しいということなんですよ。

石田ちゃんは、これから作る垣根をどういうふうにしたらいいのか真剣に考えてくれたんです。

そして、彼女を連れホームセンターに足を運んでくれたんですよ

今でもそうなんだけど、そのころも僕は店から出れる状況じゃなかったんですね

それに他にもやらねばならないことがあったので、なかなか垣根づくりの具体的な構想が描けなかったんですよ。

そんな僕に、石田ちゃんと彼女は、ホームセンターめぐりをして写メで情報を送ってくれたんですね

いや~、そんときゃほんとうにありがたかったです。

彼らが、現在の垣根の案を作ってくれなかったら今頃まだ計画すら出来ていなかったでしょう

その石田ちゃんがこのごろ忙しかったんで、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーと時間が出来るのをまっていたんです。

そしたら、やっとここで時間ができるようになったんです。

そこで、早速彼らの予定を聞きました

そしたら、12月のなら大丈夫ということになり、12月4日決行!となったわけなんです

やっぱり、石田ちゃんたちにはこの完成の状態を見て欲しいですからね

明日、昼休みにお客さんにメールを送って募集をかけてみることにします。

そんなに大人数はいらないと思うんですが、どのくらい参加してくれるのか不安です

そんなわけで、これから準備に入ります。

まずは、今度の日曜日に檜原村に行って、ずーっと、キープしてもらっていたヒノキの廃材を取りに行ってきます

そして、その塗料をホームセンターに買いに行ってきます。

あとは、4日の当日に集まったメンバーで話し合いながら垣根を作ってみたいと思います。

見事、完成した夕方には打ち上げをします

さてさて、どんな結果になるのやら、楽しみです。

発想はいいんだけど、いつも段取りが悪くて参加してくれるお客さんに迷惑をかけっぱなしだから、今度は、ちゃ~んと計画をたてるつもりですいます。

がんばろう~!

そうそう、久々に栄光のつなぎの登場となりそうですね!

最近、身体がバリバリに固まってきました。

このところ、立ちっぱなしのことが多いんですね。

どうも、座ってじっくり何かに取り組む時間が作れないんですよ

なんなんですかね?

だから、ニューズレターの作成が全然進みません。

とはいえ、身体が固まってる時は、いい文章も書けないとのでとにかく寝てみます。

身体と思考はつながっているんですね。

では、おやすみなさい。

いつもお世話になってる、石田ちゃん夫婦(11月11日入籍した)の結婚式に出席してきました。

こんなクリーニング屋の店主を呼んでくれてほんとありがたいことです。

出席させてもらうだけでもありがたいのに、乾杯のあいさつを頼まれてしまったんです

いや~、参りましたね・・・

僕は何も考えないでその乾杯に望みました

というのはですね。

僕の性分なんですが決まりきった挨拶ができない人間なんですよ

あの固い挨拶ができないし、紙に書いた文章が読めない人間になってしまってるんです。

理由はですね

ああいう挨拶って事前に考えておくわけじゃないですか

その時って、家で時間があるときですよね

紙とペンを用紙して文章を練るわけですよ

でもさ、それって当日とは違う状況ってことじゃないですか?

やっぱだ、当日は当日の空気ってあるでしょ?

あれって、当日じゃないとわかんないじゃないですか?

だから、僕の場合は何も考えないで望むわけなんですよ。

確かに型にはまった挨拶なら可もなく不可もなくで問題はないと思うんですね

でも、それじゃ、僕じゃなくてもいいと思うんですよ。

それよりも、たとえ間違えようがハチャメチャな内容だろうがその人の言葉でいうのが一番いいと思ってるんです

案の定、僕の話はメチャメチャでした。

普通、挨拶の最初は「新郎◯◯さん、新婦◯◯さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様、誠におめでとうございます。」な~っていうところから始まると思うですよね

ところが僕の初めはふたりに向かって「おめでとう!式場に入ってくるふたり、よかったよね~、あの音楽がかかったときは、もう感動して目がウルウルしちゃいましたよ!」

ってもう、挨拶というよりただのそのまんまの感情ですね

まあ、あとはとにかくふたりが幸せになってくれればいいな~ってことを話していたと思うんです(何を話したから緊張して記憶にないのが問題ですが・・・)

まあ、とにかくそんでもって「乾杯~♪」でおしまいでした。

いつもそうなんですが、終わってから反省をしるんですよ。

自分の性分とはいえ、もうちょっと普通にやったほうがいいんじゃないかってね。

今ブロクを書きながら思いました。石田ちゃん夫妻は人選を間違えてしまったかも?ってね

とにかく、陳謝。

そして、おめでとう!!幸せになれよ~!

喧嘩したときはいつでもおいで~!

おしまい。

只今、シルクはカフェ化中なのは、だいぶお客さんに知られてきたようです。

とはいえ、営業してるんだかしてないんだか、よくわかんない状態が続いています。

まあ、ボチボチ準備を進めてるって感じですかね

もうちょっと形が整ったところで正式にオープンにしょうと思っているんですね

そんなカフェ化の中で、やりたいことのひとつに居酒屋があるんです。

居酒屋っていってたって、本格的に焼き鳥や刺身を出してやるというんじゃなくて、お酒をいい感じで飲みたいっていうところですかね

居酒屋を本業にしている人にとっては失礼な話だとは思うんですが、学校の文化祭版居酒屋って感じです。

なんで、そんなことを思ってるのかっていうとですね

昔、親友の伊藤ちゃんとマコちゃんと飲み歩いていたときに「俺たちだったら、もっと面白い居酒屋をやるんだけどな~」って会話したことがあるんですよ。

それをちょっとだけ試してみたんですよね

まあひとつのイベントとしてですね

そんなわけで、今日、その親友の伊藤ちゃんと実験をしてみました。

伊藤ちゃんとからは、ちゃ~んとお金をいただいて飲んでもらいました

今度は時間を作ってマコちゃんも交えて再度検証してみたいと思います。

さてさて、どんな感じの居酒屋が人の気持を充足してくれるんでしょうかね?

勉強します。

iPadの調子が悪いんですね。

悪いというより、ワイヤレスのキーボードに反応しないんですよ。

早速、アップルケアサポートに電話を入れました。

すぐに、クロネコヤマトに引取りがやってきて、iPadを渡しました。

修理、もしくは交換になるそうです。

とかく、アフターケアがよろしくないインターネットやコンピューター関係の中で、このアップルだけはかなりいい対応をしてくれるんです。

かの有名な通信会社N◯Tなどや某大手、パソコンメーカーに電話をしても「待たされる」「対応が親切でない」「らちがあかない」など、あまりいい印象がないんですね

その中でアップルのサポートはすごく好きなんです。

待たせるにしても、予想待ち時間をお知らせしたり、受付番号を発行して継続して相談できたり、iPhoneの窓口に電話してるのに、症状がまたがっているという理由でMAcに回してくれたり、本当に親切なんですね。

以前、某S◯NYというメーカーに電話をした時などは、バトルになってしまいました。

サポートはお客さんと共に考えること、けして対陣してはいけないと思うんですよね

そんなことが続いて、今は某S◯NYのVAI◯からMacに切り替えてしまった自分でした。

アフターケアは大切ですね。

昨日の新聞屋さんとの話の中で「行動デザイン」の話をしたんですね。

簡単に言えば、我々商人はお客さんに次にとってほしい行動を示していないといけないってことなんですよ

そうしないと期待した行動(また来店してくれる)をとってもらえないわけなんですね。

そんな話をした今夜なんですが・・・

あるお店にピザを食べにいったんですね。

うちのお客さんが美味し~いっていうから行ったんですよ

確かに味もいいし、お値段もお手頃だし、なかなかいいお店だったんですね

だから帰り際に「◯◯さんに、美味しいってすすめられてきたんです」とその店の店主にお伝えしたんです

ところがです。

そんな僕ら夫婦に対して、その店はな~んの手も打たないでかえしてしまったんですね

「打つ手」といっても、そんなに大げさなことじゃなくてもいいと思うんです。

せめて、名前だけでも聞いて欲しかったんですね

せっかく、◯◯さんの紹介で来たわけだから、僕の名前を聞いておかないとその人にお礼を言えないと思ったんですね。

それに、美味しい料理をだったんだから、次に来てもらう工夫をしてくれるといいな~と思ったんです。

まあ、そんなことを感じたんですが、そんじゃうちの店はどうなのか?

と言われればまだまだやらなきゃいけないとこと山積みなんですよね・・・・

「人のフリ見て我がフリ直す」ってことなんですね

さ~て、明日から、しっかりやりまっせ~!がんばりま~す!

今日は、長野の新聞屋さんの集まりに行ってきます!

なぜ、新聞屋さんなのか?

クリーニング屋と新聞屋さん、こりゃまた面白い組み合わせだと思いませんか?

商いに境界はないのです。

何をしに行くのか?

その答えは、帰ってきてからご報告します。

あ!もう出発しなきゃ!

あ~!忙しい~!

親友である若夫婦が引越しをしたというので、お邪魔しました。

入るなりいきなり「これ見てよ」と言われました。

それも、大笑いしながらなんです。

台所の床下収納をまず外しました

IMG_4569.jpg

そして、懐中電灯で奥を照らすと・・・・

な、な、なんと!基礎と柱の間にクサビが打ってあるじゃないですか!

IMG_9912.jpg

詳しく話を聞いてみると、冷蔵庫を入れたら、そのとなりにあるトイレのドアが閉まらなくなったそうなんですね。

その原因を調べれ見たら、どうも床が弱いみたいなんです。

それから床下を除くと、基礎と柱の間に隙間を発見してしまったというわけなんです。

なんと床が浮いていたんですね。

そこに冷蔵庫を入れたから、その重みで床が沈み壁が斜めになりトイレのドアが閉まらなくなったというわけなんです。

不動産屋さんが慌ててクサビを打って対処したとんですね。

でもあるんですね~、こんな違法建築が・・・

借家だから笑いばなしですみますが、自分の家だったらもうたいへんですよね

手抜き工事の現物を見て、もうびっくりです。

それにしても、こんなクサビでいいんだろうか・・・

某有名な食材提供会社があります。

自宅に専用のボックスを置いて、そこに食事の食材を届けてくれるんですね。

うちは、自営で妻もいっしょに仕事をしているので、買い物に思うようにいけないからお願いをしていたんです。

よく、妻が何週間も先のメニューを開いて頭を悩ませながら食材を頼んでいました。

でも、何十年もお付き合いしていたその会社から食材を取るのをやめたんですね。

ほんと、結婚してからですから、かなり長い年数なんですね。

まあ、その会社にすればお得意様だったと思うんですよ。

そのお断りの連絡を電話で妻がした時「それではボックスを引き上げますね」と言って、あっさりと引き上げちゃったんです。

まあ、銀行の定期解約みたいに、理由をネチネチ聞かれるのはイヤなんで、それはそれでいいんです。

ただ、僕が思うに長いお付き合いをしていたお得意さんが辞めるときは、もうちょっと何らかのフォローをしたほうがいいような気がするんですよね

例えば、担当者が長い間ありがとうございましたって書いた手紙を入れとおくとか、その会社の責任者の名前でお礼状を送っておくとか、いろいろあると思うんです。

それは解約を取り消すとかなんとかよりも、もっと人間的なつながりを残しておいたほうがいいようなきがするんです。

解約してから数ヶ月後

その会社のうちの配達担当の人が「ポストにお歳暮のカタログを入れておいたんですが、いかがですか?」とやってきました。

その担当の方とも、長いお付き合いだったようで、お歳暮とかお中元はお願いしていたんですね

でも、あんまりにも最後があっさりしていたんで、お願いする気にならなかったんです。

やっぱり最後は人間力なのかなって思いました。

ちょっと学びになりました。

店でやったイベントの片付けついでにスピーカーを動かしてみました。

今までは、中央にある食器棚(クリーニング屋にコレがあるのもおかしいが・・・)の上だったんですね

この高いところに置けば、全体に音がまわるような気がしたからなんですね。

それはそれでいい感じだったんですよね

特に、鳥の声をかけると、もう音がひろがってそこは森ななるんですね

どこで、鳥が鳴いているのかわからないくらいなんですよ

こりゃ、僕の好きな森の雰囲気ですね。

でね、どうなるかはわかんないけど、今度は店の中央の腰高の台においたんですよ。

そしたらですね・・・。

これがまたいいんですよ~。

今まで聞いていた曲が、こうなんていうのか身体に染み込むって感じなんですね

胸に突き刺さるって感じなんです。

ただし、まだ、カフェに人がいる状態じゃないんで、なんとも言えないんですけどね

もう、ちょっと人の話し声が入った場合はどうか試してみる必要があるみたいですね

それしても、音楽は重要ですね

スピーカーを移動してるときって、電源がないから店内に何の音楽もかかっていないんでしょよね

この時間ってすっごく寂しいんです

静かといえばそうなんだけど、やっぱつまらないですよ

人は、音楽で元気になりま。

これは、とても重要です。

だから、現在カフェ用音楽としてセレクトした曲は134曲です。

それをランダムにかけているんだけど、けっこういいかんじですよ

SILKのオリジナルバックグラウンドミュージックを完成るには、あとちょっと努力が必要ですね

がんばります~♪


いや~買い物がハードですよ。

今までは、店が1軒だったらから、ちょっと買い物に行くなんてことが簡単にできたんですが、今は出来ません。

だから、買い物は日曜日になってしまうんですね

でも、日曜日もこの前はイベントで、今度は出張があるんで買い物もできない

それに、今は店の改造中だからどうしてもその日に必要なものがあるんですよね。

そんなときは、綿密な計画のもとに買い物に行くんです。

今日はカインズホームとイオンに行かなければならないんですね

カインズホームが8時に閉店。イオンの専門店が9時閉に店。

SILKは閉店が7時3分。

さ~、よーいドンです!

SILKの閉店と同時に圏央道を使っていざ、カインズホームへ。

高速代が持ったいいとは言われるけど、店から10分もあれば隣町の青梅・カインズホームに到着するんですよね

10分に出て20分には到着してます。

買い物時間は40分。

もう、買い物をカートを引きずり回して、あっちへこっちへメモに書いたものを買いまくります。

8時閉店ギリギリまで買い物をして、また圏央道を使ってあきる野市に戻ります。

で、そこから、イオンに向かい、TSUTAYAで借りていたCDを返し、本屋をのぞき見し、文具売り場をなめ、ダイソーで厨房に使う小物を買い、ノジマでプリンターのインクを買う。

あ~、もう、超ハード!

帰ってきたのは9時過ぎです。

いや~、こんなハードな買い物が続いたら、とてもじゃないけど身が待ちません。

もう少しだけ余裕が欲しいと思いますが、まだまだ新店舗で1年未満なんだから、我慢しなくちゃいけないですね。

がんばろう!

今日は結婚記念日でした~

いや~、もう何回目になるんでしょうかね?

昔は、秘密のプレゼントを、な~んてことやった時がありましたが、もうやらなくなっちゃいましたね

でも、何もしないのもマズイので、何か美味しいものを食べに行こうということになりました。

さてさて、何を食べるか・・・・

考えても思い浮かびません。

そんじゃ、焼肉屋さんに行ってみようと決めました。

まあ、条件としてはビールが飲めればいいって感じですね

妻は「テグタンメン」が食べたいということで焼肉屋さんになったわけです。

IMG_7995.jpg

食事が終わっていざ、会計へ

そしたら、なんとサイフには一銭も入っていなかったんです

あちゃ~、せっかくおごってあげようと思ったけど、妻に出してもらうことになっっちゃいました。

会計額は、4500円。

妻は「あと1杯ビールを飲んだら5000円になってたからよかったわ、逆に1杯飲まなかたら4000円だったのにね~」と言っていました。

う~、やっぱりおごられると肩身が狭い感じです

で、妻は「このことって、Facebookかブログに書いといてね。」と言いました。

てなわけで、本日は結婚記念日ですというお話でした。

でも、実際は何回目なんでしょうかね?

まあ、いいか!

そんじゃおやすみなさい。

イベントが終わりました。

日曜日というのに、時間を作って来てくれたお客さんには本当に感謝です。

普段、あまりお客さんと話す時間がないので、こういう時間を作るといろいろ勉強になります。

それに、仕事のことでどうしようかと思っている答えを、実はお客さんがみ~んな持っているんだということに気づきました。

やっぱ、商いは現場からなんですね。

商人は、もう、立ち止まって悩んでいるヒマはありません。

お客さんの気持がドンドン進化しているいじょう、こちらもドンドン変化していかないといけないんですね

まだまだ、やることがあるんだと多くを学んだイベントでした。

お手伝いしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

明日の会場の準備をしていたらこんな時間になってしまいました。

椅子の数は15脚です。

だから、余裕で15人は入れるようにしました。

それに、手作りイスを加えると20人以上は入れるかなと思います。

まだまだお客さんをもてなす準備はあるんだけど
あんまり眠い目お客さんに会うのも失礼だと思って、今日は寝ます。

でも、イスを並べていてふと思いました。

この感じだとプチコンサートできるかも・・・

IMG_5242.jpg

では、おやすみなさい・・・

本日、SILKは越境しました。

DSC09403.jpg

この時を境に新しいデザインに変わったんです。

今まではいろいろなことにチャレンジしてきたんだけど、やっぱりそれはクリーニング屋の延長でした

新しいことを始めても「おもしろいことをやるクリーニング屋」だったんですね

でも、今日からは違います。

クリーニング屋という枠組みをはずし、まったく新しい業態に変わろうと思っているんです。

それが、今日だったんですね。

実は、このカメラにおさめる瞬間、ほんと緊張しました。

お客さんがいるにもかかわらず、受付を中断して撮影したんです。

この瞬間から、SILKは今までの固定観念にとらわれない店をへと変態してしまったんですね

これからもよろしくお願いします。

見積もりがやって来ました。
カフェと外の段差に、コンクリートを打つ工事の見積です。

外装工事はけっこう金額がかかるので、最初に全部できなかったんですよね

でも、さすがにカフェをやるにあたって、この段差だけはどうにかしないといけないと思い見積もりを取りました。

封筒を開け、紙を取り出し、開く瞬間、あ~高かったらどうしよう・・・

来年へ持ち越しにするか・・・

それとも、無理してやるか・・・

とはいえ、先立つモノがない・・・

そんなことが脳裏をよぎりました。

で、金額を見ると・・・・

なんとか手が届く額でした。

資金的に厳しいけど、とにかくこれをやっておかないと形にならないのでやることにしました。

とにかく頑張ります。

さ~て、飲食業の認可も無事おりて一安心しました。

これを機会にSILKは変わります。

「越境」ってやつですかね。

新しいお店を、出した時もそんな気はしたんですよ。

でも、それはなんだかんだ言ったてクリーニング屋の延長線上にあったんですね。

でも、明日からは違う。

未知の世界に足を踏み入れてしまったみたいです。

どうなるかはわからないけど、ワクワクするから大丈夫でしょう。

お客さんからは「着々と夢がかなっていくのを体験出来て、店にくるのが楽しみだわ」と言ってくださるけど、僕はちょっとまだ、違うんですよね。

ほんとまだまだ、準備の段階なんです。

100m競争でいえば、足首をほぐして、スタートラインに手を置いて、さあ、おしりをあげようかという感じなんですね。

僕は、まだ、そんな感じなんです。

でも、明日からお客さんの声援によっては「よーいドン!」でとりあえず走っちゃおうかと思ってます。

さて、明日の11時11分。

新たなスタートを切れるでしょうか?

今日の午後3時、カフェをオープンするため保健所の検査を受けました。

喫茶コーナーぐらいの許可申請だったら、けっこう簡単らしんですが、うちはあえて飲食店で申請をしていたんです。

その理由は、喫茶店ではビールが出せないからなんですね~(って冗談ですけど・・・)

とにかく飲食店で許可をとれば、制約がかなりなくなるので、そうしました。

だから、けっこう細かいところまで言われたんです。

たとえば、今日も指摘があったけど、トイレの洗剤が固定式になっていないと言われたんですね

あとでも構わないと言われたんだけど、僕は、その場でトイレの壁に透明のケースをビス止めちゃいました。

で、めでたく合格となったわけです。

でね。この保健所の検査を僕が気にしていたのには大きな理由があるんです

たとえばね。普通に飲食店をやるなら設備さえ整っていれば許可はすぐにおりるんですよ

でもね・・・うちの場合はちょっとね・・・・普通じゃないですからね・・・

たぶん、クリーニング屋でカフェやってるところなんて、まずないと思うんですね

ってことは「前例がない」ってやつなんですよ

実は、20年前、今でこそ、そんなに問題視されませんが、クリーニング屋の許可を僕はクルマで取ったんですよ

ようするに移動店舗ってやつですね

その時も「前例がない」ということで保健所の偉い方ふたりとバトルをしました

その結果、営業許可を勝ち取ったんです

で、今回も、最初に保健所にお伺いをたてにいったときに言われたんです

「前例がない」と・・・

だから、許可が降りるかどうか心配していたんです。

でも、なんとか無事許可がおりたんで、明日から飲食店を営業することができます

なんだか、商いの世界が広がったみたいでとってもうれしいです

さ~てがんばろう~♪

只今、厨房の片付け中です。

近所からはこんな夜中に、何をやってるのかと思わるでしょうね

まぶたが半分落ちてきているんで、音楽のボリュームをあげ、がんばっちょります。

昨日も書いたけど、検査で指摘された冷蔵庫は設置したんでいいんだけど、食器をしまっておく場所がまだ出来ていなんです。

でも、昼間、保健所には「この前指摘された設備はバッチリです。明日の検査をお願いします」って言っちゃったんですよね

実は、その収納って電話をした時点ではまだ、買っなかったんですね

そこで、当店の閉店時間の7時3分が来たら、大慌てで近くのホームセンターに買いにいったんですよ

僕は、そのホームセンターがてっきり8時まで営業だと思っていたんですね

ところが、店について売り場にいったら、アナウンスで「本日もご利用ありがとうございます。閉店10分前です」っていうじゃないですか!

あら~、閉店は7時半だったんですね~

もう、収納するものならなんでもいいと、すぐ近くにあったボックスを2つ買って来ました

いや~、これでほんとうに明日の検査が通るのか心配です

でも、しょうがないです。

これから厨房を片付けして、印象をよくしておこうかと思います。

今夜は、まだまだ寝れそうにないですね

がんばろ~!

明後日は、保健所の検査なんですね。

ついにカフェの許可を取るわけなんですよ

でも、ちょっと問題がありましてですね少々改善してるんですね。

給排水工事は終わってるし、二曹シンクもOK。

手洗いに洗剤もついてるから問題ない

換気扇も大丈夫と思っていたら、冷蔵庫と食器棚の位置がマズイらしいんですね

事前に図面を提出してるんで安心していたんですよ

でも「冷蔵庫と食器棚は厨房の中に置いて欲しい」という要望が出たんですね

ようするに、カウンターを境に厨房は厨房。ホールはホールにわけろというわけなんです

いや~、困りました。

だって、冷蔵庫は今まで自宅で使っていた中古を使うつもりだったし、食器棚も自宅で使ってたやつだからかなり大きんです。

とてもあの狭い厨房には入りません。

そこで急遽、仕方がないので冷蔵庫は昨日ホームセンターと安いのを購入しました。とにかく安くてなるべく小さいのと選んできたんだけど、まあ、入れてみるとカウンターの天板の下ギリギリでしたよ。

ヤバイヤバイ・・・

あと食器棚は簡易的なフタ付き収納ボックスかなんかを使おうと思っているんですよね

明日、食器棚を探しに行ってきます。でも時間がないので7時に店を閉めてから行ってきます

近くのホームセンターは8時までだからまたギリギリになってしまいました。

果たして、保健所の検査に間に合うのでしょうか?

昨日から今日にかけて初孫誕生に、TwitterとFacebook、そしてメールでたくさんの祝福をいただきありがとうございました。

どんな理由にしろやっぱり祝福されるということは、正直、嬉しいもんです。

これだけ祝福されることが悦びなら、僕も発信していかねばならないと感じました。

今日、初孫に会いに行って来ました。

IMG_4267.jpg

行くまでは「実感がない」と言っていた妻も、赤ちゃんの顔を見るなり涙ぐんでいました。

やはり女性なんですね。

僕は、孫を持った悦びというよりは、こうして、新しく生まれてくる命のためにも、今いる我々大人はしっかりしないといけないんだと感じました

そしてワクワク系商人はそんな若い人達が夢を持てる新しい世界を創りあげないといけないと新たに思いました。

そんじゃ、どんな世界が次の世代に夢をもたせられるのか?

それは「復興」です。

きっと、昔の生活の中には、夢があったんです

でも、何かのきっかけで、人はそれを忘れてしまったような気がするんです。

その何かというのは、便利さだったり、栄光だったり、お金だったり・・・

日本人が本来持っていた良さが、海外からの影響でどこかに置き忘れてしまったような気がするんです。

それを取り戻すのが、我々商人の役割だと思うのです。

そこには、常識にとらわれない柔軟な発想が必要です。

芯をぶらさず、自由な行動を取ることによって、その復興は成せるような気がします。

老いてゆくものは、新しきものに対して、無形の遺産を残さねばならないと思うのです。

SILKの存在価値は「懐かしい未来」を創り上げることだと今日再確認しました。

横須賀に住んでいる長男夫婦に、待望の子供が生まれました。女の子です。

本日の夕方6時16分のことでした。

連絡をもらって、うれしい反面、自分がおじ◯ちゃんになったんだと自覚しました。

でも、とにかく「母子ともに健康」であることに感謝です。

長男は自分の子供が11月5日に生まれたから「115(いい子)だよ」と言っているそうです。

日本に、またひとり親ばかが出現してしまったみたいですね(笑)

明日は、ちょうど定休日でお店が休みなので、妻とその両親と初対面に行くことにしました。

孫も、休みの前の日に生まれるなんて僕が忙しいのを知っているかのようです。

こんな初めから親孝行、いや、おじ◯ちゃん孝行するなんて、将来が期待できます。

とにかく、息子夫婦には「おめでとう!」と言いたいですね。




横須賀に住んでいる長男夫婦に、待望の子供が生まれました。女の子です。

本日の夕方6時16分のことでした。

連絡をもらって、うれしい反面、自分がおじ◯ちゃんになったんだと自覚しました。

でも、とにかく「母子ともに健康」であることに感謝です。

長男は自分の子供が11月5日に生まれたから「115(いい子)だよ」と言っているそうです。

日本に、またひとり親ばかが出現してしまったみたいですね(笑)

明日は、ちょうど定休日でお店が休みなので、妻とその両親と初対面に行くことにしました。

孫も、休みの前の日に生まれるなんて僕が忙しいのを知っているかのようです。

こんな初めから親孝行、いや、おじ◯ちゃん孝行するなんて、将来が期待できます。

とにかく、息子夫婦には「おめでとう!」と言いたいですね。




イチゴ第1弾は苗が3~4本入っている大きめのイチゴの鉢植えだったんですね。

これは、ほぼ売れてしまって、残るは僕の非売品ぐらいになりました。

でね。第2弾はかわいいのにしようと甥夫婦と話していたらね、すっごくいい鉢を探してきてくれたんです

IMG_3547.jpg

どうっすかね?

なかなか可愛いと思いませんか?

あまりにもかわいいので売れなくてもいいような気がするんです。

でも、それは商人として失格ですね

でも、いいんですわ。

とはいえ、甥の花に対する材料費を支払っても1万円以上は東日本大震災の支援金にまわせるとおもうんですよ。

今年、初めてのこころみ。いいスタートだと思います。

来年は、もっと計画的に“元気な花”を販売していきたいと思いました。

春の花の苗から始まって、今度は店頭でイチゴの鉢植えを売り始めました。

ちょっと前まで、まったく時間がなかったからPOPも何もかかなかったんです。

IMG_9633.jpg

まあ、これじゃどう考えたって売れないですよね

そこで、POPを描いてみました。

IMG_6601.jpg

すると、3鉢売れてしまいました。

やっぱり、ちゃんと書かないとダメですね。

商いはどんなに忙しくても、ちゃ~んとお客さんに伝えるべきことを伝えないといけないんですね。

反省。

冬に向かうにつれて、カフェの日差しがだんだん内側に入ってくるようになりました。

部屋の中が暖かくなるのはいいんだけど、やっぱり日差しが眩しいのはちょっと困るんですよね

そこで、ロールスクリーンを付けることにしたんです。

完成写真がこれです。

IMG_8725.jpg

う~ん、なかなか良いムードになってきましたよね~

でもね、このロールスクリーンがほんと安いんでよ

180cm×180cmで1980円ですよ。1980円!!

これを2本買ってきたんですね

でもね、ここで問題が発生したんです。

というのはですね、スクリーンを上下するヒモがロールスクリーン本体の右側にあるんですよ。

ということはですよ。2個並べてつけると右側はいいんだけど、左側のヒモが窓の中央に来ちゃうんですよね。

これじゃ、ちょっとまずいですよね

だって、ここは折戸だから開放したときに邪魔になっちゃうんですよね

そこで、考えました。

左側のロールスクリーンを左右反対にしてつければいいんじゃないかってね

でも、それじゃダメなんですよ

というのはね

まず巻き方が逆になるんです。逆ってことは見た目左右が違うからへんなんです。

それとね、ヒモにストッパーがついてるんですよ

そのため、ロールスクリーンが下まで下がらないんです

いや~、参りました

またまた、考えました

まず本体は左右逆につけないととにかくダメなんです

巻き取り部分が移動できないからなんですね

でね。コロンブスの卵じゃないけど、巻き方が逆なら、一回全部伸ばしきってひっくり反対に巻けばいいじゃん!ってね。

でやってみたんです。そしたら、生地の裏表の色の差がそんなにハッキリしてないのでうまくいったんですね

つぎにストッパーですね

これは、もう、巻き取り部分を工夫するしかありまえん

IMG_3513.jpg

一度外して、巻き取りのヒモも取っちゃってロールスクリーンの回転を考えながらもう一度組み直しました

そしたら、うまくいったんですよ!

というわけで、中央もスッキリしたロールスクリーンの完成ということになりました。

ちょっとだけ前進した1日でした。