FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
長野県で新聞業を営でいる共和堂という会社があるんですよ。

そこの米澤社長とはだいの仲良しなんすね。

仲良しというか、親友、刺激合う友、仕事の先輩、まあ、表現はいろいろあるけど会うと話が止まらなくなる人なんですね。

その共和堂は、町のほぼすべての住民がお客さんであるというぐらい凄い会社なんですよ。

そして、指示をしないで社員が主体的に運営してるという会社でもあるんですね。

米澤社長のブログにうちの店のことが紹介されました。

14文字の見事なPOP

僕のPOPをほめていただきました。

でも、米澤社長のいうほど、そんなに意識して書いてるわけじゃないですよ。

ただ、浮かんできたら書くだけなんです。

でも、見る人が見るとするどい分析をするんですね~

また、米澤社長の眼力の凄さを知りました。

僕ももっと勉強しないといけなんだな~と米澤社長をみていると思います。

がんばらなければ!!

さて、そろそろカフェのオープン日を決めないといけなくなってきました。

それは、シルクにとって3月のオープンに次ぐ大事なイベントです

今の予定だと、どう考えても11月に入りそうなんですね

11月・・・・

カフェがオープンしたら、僕も店をあけることができなくなるでしょうね

それまでにやるべきことをやっておかなければ・・・・

被災地へも10月中に行ってこなければと思ってます

あと、なんといっても大事なのはカフェの営業形態ですね

今も、数人のお客さんには少しずつ話をしているんですが、今までにない形で営業したいんですよね

会員制でやるということは決めているんだけど、果たしてどんな感じが一番しっくりくるのか、まだ、ハッキリ見えてこないんです。

まあ、とにかくやってみて、ダメなら変えるという感じになりそうなんですがね・・・

試行錯誤が続きます。




厨房工事初日です。

厨房といっても、喫茶コーナーみたいなもんだから本当に狭い部分なんですね

IMG_3901.jpg

床は、コンクリートの打ちっぱなしです。

何か加工しようかと思ったけど予算の都合でやめました。

だから、床と壁のふちはコンクリートが欠けた状態でけっこう見栄えが悪かったんですが、店舗屋さんの阿部さんが見るに見かねてモルタルで埋めてくれました。

IMG_1110.jpg

カウンター下の部分も板丸だしだったんだけど、そこも阿部さんが防水塗料で塗ってくれました

予算がない時に、いろいろやっていただけると本当にありがたいことです。

益々、がんばらねばと思っています。

明日から厨房の工事が始まります。

とその前にとにかく厨房の中を片付けないといけないんですよね

ずーっと使ってないから、物置状態になっているんです

でもその片付けは容易なことではありません。

だって、とにかくすごいんだもん・・・・

と思っていたら、電気屋さんの伊藤ちゃんが手伝ってくれました。

おかげさまで、きれいさっぱり!

IMG_0008.jpg

いや~、ありがたいですね~

どうみても、ひとりじゃ無理だなとは思ったんですよ

サッシが4枚おいてあるし、長い木やパイプもゴロゴロしてるんです。

とても一人ではできいな~と思っていたら伊藤ちゃんが手伝ってくれたんでなんとかなりました。

やっぱり、流れ的に運がいいみたいですね

あとは、明日の朝、ステンレスの2そうシンクと作業台を注文しないといけないんですね

明日注文しないと間に合わないんですよ。

だって工事は始まって、来週には給水と排水の工事がはじまるんですから・・・

あ~、なんていつもギリギリなんでしょうか?

このクセは直さないといけないですね。

買ってきた枕木はこれです。

IMG_1925.jpg

ジョイフル本田の山本さんが選んでくれた枕木なんで密度がしっかりしていてかなり重量があるんです。

水周りで使うのであまりスカスカだともちが悪そうですからいいのが手に入ったと思います。

まずやるのは枕木の裏に、水道のパイプを通す水を彫ります。

予定としては幅5cm、深さ5cmって感じです

IMG_4866.jpg

実は、この溝なんですが新品の枕木ですで彫ってあるのもあるんですよ。

枕木プラス4000円ぐらいするんですね

買っちゃおうかな~と思ったんだけど、新品の枕木はあんまり魅力がないんです

でも、プラス4000円するのがよくわかりましたよ

実際にこの作業やってみるとけっこうたいへんなんですね。

今回買ったヴィンテージのものは中がスカスカじゃなないんでけっこう硬いんですね

丸のノコで溝を入れて、ノミで地道にめくっていきます。

IMG_8134.jpg

とりあえず、今回はココまでできました。

IMG_9960 (1)

あとは地道に深くしていこうと思います。

仕事の合間をぬってどこまでできるやら・・・

妻に「木は腐るからやめたほうがいいわよ」といわれたのに

「枕木風の偽物じゃダメなんだよ」と言ってしまったてまえ、なんとか完成しないと男の威厳が保てませんからね。

がんばります。

ほんと、瑞穂にあるジョイフル本田の園芸担当の山本さんは親切なんですよ

3月に、お店をオープンする時に、たいへんお世話になったんですね。
詳しくは↓を見てください。
2月26日のブログ

今回も、またまたその親切さを体験させてもらいました。

実は、今、厨房の水道工事が始まるところなんですね

そのついでに庭に立水栓を立てようと思ってるんですよ

まあ、家の横に作るからなんでもいいんですよ

でもやっぱり普通のじゃイヤじゃなんですか。

妻と話をして「枕木にしようと思うんだけど」といったら「腐るからよしたほうがいいんじゃない?」っていわれたです。

でも、枕木にすることにしました
(まったく頑固ですね)

その枕木なんだけど、新品じゃイヤだからヴィンテージのを買おうと思ったんですよ

早速、ジョイフル本田瑞穂店に行きました。

でも、ヴィンテージなんでそれぞれ顔が違うわけですよね

だから、選んで買いたいと思うんだけど枕木って山積みになってるんですね。

上に乗ってる枕木は、あんまり形が良くないので、下のほうのを見たいと思ったんですよ

そこで、近くにいた店員さんに声をかけました

そしたら、それがあの山本さんだったんですね

山本さんに「この下の木がみたいんですが・・・」っていったんです

枕木ってけっこう重いから取るのはたいへんなんですよね

でも、山本さんは「いいですよ、お客さんの好きなのを買えばいいんですから!」快く引き受けてくれました

そして、下の枕木を1本出してくれたんです。

僕が「これでいいかな・・・」というと「ちょっと待ってくださいこっちのほうが・・・」

山本さんは次から次へ下のほうの枕木を引っ張り出す出すね。

そして「これなんかいいですね!重量があるから木がしっかりしていて・・・」と形のいいのを出してくれたんです

まったく、ありがたいことですね

どうせなら見栄えのいいのをほしいと思うのは客の心理です。

でも、あんまりお店の人に面倒をかけても申し訳ないという気持ちをあるんですよ

そんななか、こうしてお気に入りの1本を探してくれたことはなんともありがたいことです

こういうことは、その場の担当の判断です。

その対応によっては、そのお店自体も好きになります。

山本さん、本当に素晴らしい対応をありがとうございました。

自作の枕木立水栓がんばりま~す

昨日、デザイナーの杉山さんがお店に来てくれました。

ずーっとお会いするのが楽しみでした。

僕は商人なんだけど、デザイナーの方と話をするのは本当に大好きです

もう、エキサイティングって感じなんですよね

なんて言うんでしょうか、感覚的に話ができるのがうれしいんですよ

僕は、理論というよりは人の感性のほうが好きなんでしょうね

杉山さんの好きなところは、ちゃ~んと指摘しれるということなんですね。

だいだい普通、新型シルクの店に来たプロの方々は「いい店ですね~」とか「落ち着きますね~」「きれいですね~」などほめてくださいます。

それはそれで心からうれしいことなんですよ

でもね。まだ素直に喜べない自分がいるんですよね

というのは、まだまだやり切れていない部分があるからなんですね

だから、それを踏まえて新型シルクを見ていただけるとうれしいんです

杉山さんって、気になったところをビシバシ言ってくれます

それも、あんまり遠慮しないで言ってくれるんですよね~

ありがたいですよね~

彼はまず、外側から店をみてくれたんですね。

そしてタイルの色と店の壁面の世界観を話をしてくれました。

これが、また、すっごくわかりやすい話で、いままで自信がなかった部分がかなり自身が持てるようになったんです。

ありがとうございます。

人の感覚って、ほんとおもしろいですよね

ちょっとしたことで、いい感じになるということが多々あるんですよ

お店のレイアウトや、やり方に正解はないと思うんですよ

やり方を発見する悦び、そして、実際にやってしまう実行力、おまけにちょっとおちゃめな遊び心・・・そんなもんがよりかさなりあって、お店って「いい感じ」ってなると思うんですよね

正解はとにかくないわけですね

だから、何が何でもやってみるということは大事なんですよね。

杉山さん、本当にありがとうございました。

午後3時にお店に来ていだいたのに、帰り電車は10時過ぎになってしまいました。

僕にとっては多くの学びのあった再開でした

感謝です。

庭をどうするか?

今、悩んでいます。

まあ、一番いいのはプロのお願いすることなんでしょうが、そこは予算との関係でまず無理なんですよ

だからといって、この土のままないしておくのもなんとも、どうかなと思ってるんです。

だから、庭にチップでも敷いちゃおうかと思ってるんですね

チップは木を細かく砕いたものです。

だから、時間がたつと腐ってくるんです。

腐るとその上から新しいチップをまた敷くという循環なんですね

でも、うちの場合はそこまでながくチップを敷いておくことはないでしょうから、腐るまえに取り除くようになるかと思うんですよね

でも、悩んでるんですよ。

それは、コスト的なものじゃなくて、あとあとのことなんですね~

そうそう、草を植えるという選択もあるけど、それはこの時期では遅いですね

春ならばいいけど、冬に向かっていくわけですから・・・

さあ、悩みどころです。

新型シルクのカフェ化の工事が決まりました。

来月の3・4日になります。

いよいよですね~

といっても、オープン日をまだ決めてないから、なんだか人事のようです

今度の工事は、シンクを取り付け給水と排水の工事なんですが、これがまたけっこう費用がかかるんですよね~

シンクもなるべく安くと中古を使う予定だったんだけど、世の中おもしろいもんで、中古より新品が安かったりするわけですよ

で、もう、これでいいかな~と思ったシンクあったんだけど、念のために飲食業の社長にさらに安く手に入る方法はないかとお願いしました。

とにかく、コストを下げるためです。
(というと、なんだか格好がいいけど、ようするにお金がないんですよ)

で、今、考えているのはその利用方法なんですね

まあ、普通に考えるとコーヒーを注文して1杯届いてそれが250円だったらお金を払う。

これが流れですよね

でも、これじゃどうもおもしろくないんです。

どう、おもしろくないかというと、ワクワクしないんです

コーヒー1杯250円で飲むなら、別にうちじゃなくてもいいわけですよね

マックいけば100円で飲めるわけだし、スタバに行けば、いろんな種類のコーヒーが飲めるわけです。

うちでなければならない理由にお金を払ってもらわないと、うちの存在価値がないんですね

これには、どうしたらいいのか?

いや~悩みます。

考えています

誰かヒントをくれないでしょうかね~・・・・


台風が去りました。

うちは大きな被害がなかったけど、被害にあった方々には心からお見舞い申し上げます

それにしても、まあ、その雨は凄いし、風は強いしハンパじゃなかったですね

この前の日曜日に作った垣根の骨組みが倒れるんじゃないかと心配もしたけど、もっと心配なのがあるんです。

それは、シルクの庭に植えてあるなんじゃもんじゃの木なんですね

当店のシンボルツリーなんで、折れでもしたらたいへんなんですよ。

もう、心配で心配で、ずーっと見てました

風で横に傾くときには「がんばれ~!耐えろ~!」と声援を送りました

なんとか踏ん張ってくれて、立ち続けてくれました。

ありがとう!がんばったね~!

さて、そんな天候なのでお客もあんまり来ません。

そこで、この前の休みに買ってきたカフェ家具を組み立てることにしました。

でも、テーブルが3卓、イスが8脚なんで組み立てる前から戦意喪失でした

やっぱり自分ひとりでは、たいへんなんで息子に手伝ってもらいました

IMG_4277.jpg

手伝ってといっても有料です。

1000円取られました。

まあ、そのおかげで組み立てられたんだから感謝しましょう

あとは、配置ですね。

今は、ただ置いただけです。これから配置を考えます。

大きく模様替えをしないといけないかもしれませんね。





先週終わったビンゴ大会の賞品を作りました

それも今朝なんですよ。

なんでいつもこうギリギリになちゃうんでしょうかね~

言い訳をするわけじゃないけど、実はこの2日間の連休中に作ろうと思ってたんですよ

でも、この連休は垣根の骨組みづくりと、カフェ家具を買いに行く事でパワーを使ってしまったんで着手できなかったんです。

でも、今日からその賞品の交換が始まるんで、営業時間前には出来ていないとまずいんです

そこで、いつもより早起きして図案を考え作ってみました。

不思議と朝は頭がさえているんで、作業がはかどりました

で、出来たのが1等賞、2等賞、参加賞、それとまだ出来ていないカフェのスイーツ&ドリンク券です。

IMG_8749.jpg

我ながら、なかなかいい感じで出来上がりました。

特に、スイーツ&ドリンクの「正しい使い方」は、いろいろ考えましたよ~

どうやったら、お客さんが楽しめるか?

その方法をちゃ~んと、券の裏側に書いておきました。

さてさて、どのくらいの方が引き換えに来てくれるのか本当に楽しみです。


カフェ用家具を買いに行ってきました。

すでにテーブルを1個買っているんで、今日購入したのはテーブルが3個にイスが8脚です。

IMG_9190.jpg

まとめて買うとけっこう重いんですよね~

価格も、上をみればキリがないということで、予算と照らし合わせ、なおかつお客さんに写真を見せて相談しながら決めました。

どれもパイン材で出来た安い家具なんですよ

全部組み立て式だから、明日から仕事の合間にやらなければ・・・けっこうたいへんそうです。

まあ、それはいいとして・・・

実は、今日3軒の家具屋さんに行ってきたんですね。

港北のIKEA、八王子のニトリ、そして地元のY店なんです。

3軒いっぺんにまわったことで、とても勉強になったんですよ

確かに、IKEAはその商品力、集客力で大混雑でした。

ニトリは夕方だったんで、まあまあ人がいました。

最後に行った地元のY店は閉店間際だったんで、お客さんはいませんでした。

そんな状況で感じたのは、それは、IKEAは完全に人にフォーカスされているということなんですね

IKEAは、今回で2回目なんですよ

最初に行った時は「ここまで徹底してお客さんにやらせるから、この価格が実現するんだな」と効率重視のお店とはこういうことを強く感じて感心したんですね。

とにかく人件費を節約するためか、トコトンお客さんにやってまらってますよね

ただし、お客さんにやってもらうには、それなりの工夫をしないとダメなんですよね

初めての人でも、IKEAの仕組みよく理解して、その場で出来ないと意味ないですからね

その工夫たるや素晴らしいものだと感心しました。

たとえばこんなことがあったんです。

あそこは、自分で商品を倉庫にとりに行くんですが、中には店員にお願いしないといけない商品があるんですよね

それは、お客さんが入れない倉庫にある商品なんです

それを、欲しいとなった場合、店員に商品番号を伝えます。

すると、店員はパソコン上で在庫があるか確認します

そして、次に実際に倉庫に連絡して現物を確認します

在庫があるとなると、その時点で購入するかどうかを決めないといけないんですね

今回は、頼まれものだったんで購入となりました

そして、配達もお願いしたところ、配達先の住所と電話番号、そして名前を聞きます。

それも、紙に書くのではなく、その場でパソコンに直接入力です。

画面を店員とお客さんがいっしょに見てる状況なんですね

全部伝え終わると、会計伝票が出てきて渡されます。そして、あとで会計するという感じですね

う~ん、なんともスピーディ!

宅配なのに、サービスカウンターへ行ったりしないんですね

これって、一見効率的にやるためと思われるかもしれないけど、たぶんお客さんの買い物行動を途中で止めないためだと思うんですよね

頼んだ僕がそう感じたから、そうだと思うんです。

いや~、ほんと人の行動を考えていますね~

その後に行ったニトリは、ニトリで素晴らしいことがあるんですよ

これは、前にも書いたけど店員の対応がなかなかいいんです

人と人の接点を大事にしているような気がするんですね

前も、電話で問い合わせをしたら、現物を見に行ってくれたり、違う商品を探しに行ってくれたり本当によく対応してくれました

結局、購入にはならなかたけど、印象はすっごく良かったです

そして最後に行った地元のY店は、これはもう昔ながらのやり方でした

2階建てでフロア面積もそこそこあるにもかかわらず、中に入るとふたりの女性店員はおしゃべりをしてるし、男性店員は、商品の応接セットのイスに座って携帯電話で話をしていたんです

う~、こんな状況を見ると、家具を探すこと自体やりたくなくなってしまいます。

人にフォーカスがあたると、たぶん心地よい買い物ができるんだと思います

逆に、もう商品を並べて売る商いには、もう何の魅力を感じないことが、今日の3軒をいっぺんに回ったことで、つくずく感じました

買い物に半日かかってしまったけど、いい勉強になりました。

それでは、今日はこのへんで・・・明日から組み立てがんばりま~す!!

「垣根づくり応援団」の準備に入りました。

この「垣根づくり応援団」とは何か?

それは、垣根をお客さんといっしょにお店の庭の垣根を作ろうという企画なんですね

でも、それをやる前に事前準備が必要なんです

それは垣根の骨組みを作ることなんですよ

骨組みだけはしっかりしていないと、危険ですからね

というわけで、本日は骨組み作りとなりました

なりましたといっても、またまた、お客さんに手伝っていただきした

IMG_5081.jpg

それにしても、いつもお客さんにお手伝いしていただき本当にありがとうございます

おかげさまでシルクの庭の西側に垣根の骨組みが出来上がりました

IMG_6890.jpg

あとは、これに茶色く塗装した立て板をつけるだけです

それなら、誰でも参加できると思うんですよね

少しずつですが、なんとか形になってきたのでとってもハッピーです!!

明日はカフェで使う家具を買いに行ってきます。

この連休は忙しいぞ~!!



『夢のビンゴ大会』が終了しました。

いや~、長かったですね~

1ヶ月かかりましたね。

まったく、よくうちのお客さんがついてきてくれたと感謝します。

結果的に1等賞が10名の予定だたんだだけど、13名になちゃいました

それに2等は20名だったけど、こちらも28名にふくれあがってしまいました。

まあ、いいですよね~

みんな、楽しんでくれたみたいだから、大サービスです。

この企画の目的は結果じゃなくて過程なんですからね。

今回、2度目のビンゴ大会だったんだけど、かなり学ぶところが多かったですね

途中で新ルールを加えていったのは、我ながらいいアイデアだったと思ってます。

やっぱり、何事もやりながら考えないとダメですね

とにかくやってみる

これですね

来週から、ビンゴ大会の賞品交換が始まります

その時にでもお客さんから、感想を聞くことにしましょうか?

そうすれば、次回のビンゴ大会は、さらに楽しくなると思うんですよ

さ~て、今夜はそろそろ寝ますかね?

明日から2連休の予定は、もうすでに埋まってるんですよね

明日は、朝から「垣根作り応援団」に準備に入ります

とにかく、準備をよくしておかないと、もう少し規模が大きくなったら混乱しちゃいますからね

お客さんに手伝ってもらったり、電気屋さんの伊藤ちゃんから道具を借りたり、まったくシルクはいつも他力本願なんですよね

明後日は、カフェの家具を買いに行ってきます。

片道1時間弱かかるかな?

とにかく買いに行っておかないと始まりませんからね

さ~、本気で寝ることにします。

では、おやすみなさい。

お客さんからいただいた手作りのワンちゃんです。

IMG_0552.jpg

Fasebookにはのせたたらなかなか評判がいいんでブログにものせちゃいます。

お客さんからは「番犬にどうぞ!」と言われたけど、シルクでは「招き犬」になってます。

ありがとうございます。

店の庭に垣根を作ろうと計画しています。

それも、なんとまたまたお客さんに強力を仰いで・・・

まず、それにはとにかく材料だけは確保しておかないとマズイと思うんですよね

普段、店に張り付いているから、そうそう買い物には出れません。

それに、最近定休日にいろいろ予定が入ってしまうので、やっぱり思うように時間がつくれません

そこで、店が終わってからホームセンターに行くことにしたんですね

とはいえ、我が店は7時閉店で、ホームセンターは8時までだからそんなに時間に余裕がないんですよ

だから、圏央道という有料道路を使います。

一般道で行くと20分以上かかるところを、なんと7分ぐらいでいけるんです。

とにかく、ホームセンターが閉まる前にいかないとダメなんで、お金がもったいないけどしょうがないんですね

今回買った材料は、板です。

それも3m60cmという長さなんですね

10枚は必要なんですね

あまりに長いんで、車の中には納まりきれません

だから、助手席の窓をあけて積み込みました。

IMG_8279.jpg

これだけ、飛び出すとやっぱ心配だから帰りは一般道に帰ることにしたんです

まあ、もう、時間を気にすることはないですからね

さ~て、着実に材料が集まってきましたよ

あとはお客さんに「垣根づくり応援団」の募集をするだけです。

果たして、垣根をつくる手伝いをしてくれる人は現れるのでしょうか?

この前の日曜日に、生まれて初めて本の買取をお願いしました。

引越しからずーっと車に載せっぱなしだったからかれこれ半年が経ちます

途中、どこかに行くときなどは、重いのにいったんおろしてまた積み込んでな~んてことをしてたんですよね

だから、早くいかねばと思いながら、どうせたいしたお金にならないだろうと後回しにしていたんですね

ところがです。

なんと、89冊あった古本が3310円になったんです。

IMG_5197.jpg

ほとんど読まないから引越しのときに捨てようと思ったのに、こんな値段が付くとは・・・・

いや~なかなかクセになりそうですよ~

まだ、片付けられないでダンボール入っている本がありますからね~

それにしても、不思議なのは値段をどうつけるのかですね

というのは、値段がつかないと返されたコミックがあるんですよ

全巻そろってる中の半分なんですね

本の上のほうが汚れているからだというんです

そうすると、せっかく全巻そろってるのに、バラで買い取るわけですね

それだと、売るときに売りにくと思うんですけどね

まあ、そのへんがルールで、全巻よりそろってるよりも本の品質で値段を決めるということなんですね

とにもかくにも、お小遣いができたことは喜ぶべきことでした。

また、屋根裏にあるダンボールを片付けてお小遣いをつくろうと思います。


カフェをやるには保健所の申請が必要になるんですね

そんなに難しいことじゃないんだけど、申請をするにも、図面なんかが必要なんですよね

まあ、それは店舗をお願いしている業者の方がやってくれるからいいんです

ただね、問題は保健所に行く時間がなかなか作れないってことなんですよね。

現状では、なかなか店をあけることが出来ないんですよ

そんなことを、察してか店舗業者の阿部さんは、事前にお伺いにいってくれたんですね

これには、ほんと助かりました。

とにかく、事前に保健所の指導をうけておいたほうが許可がスムーズなんですよ

変更しなければならない点は、早めに対応できるから無駄がないんです

これからは、変化が激しいですから、こうした時間を作り出せるかどうかがカギですね。

がんばろう!!

最近、睡眠をとるように心がけでいます

健康のためというよりは、気力のためですね

どうも、何かをやろうとするときに、すっごく面倒くさくなっちゃうんですよね

歳のせいっていっちゃえばそれまでなんだけど、それじゃマズイよね

あの「面倒」っていうのは不思議なもんで、何かをやる前に考えつくわけですよ

まだ、身体が動いていないうちに頭に浮かんでくるんですよね

だいたい、そん時はその行動がぜ~んぶ見えちゃったりして、急に気力がなくなるんです

よく、行動を分解して細かくしてやるということを聞きますが、行動を分解する前に「あれやって、これやって、それを運んで・・・あ~!面倒!!」ってなっちゃうですよね

だから、もう、全体像は考えない

そう、あんまり大きく考えないことにしたんです

これけっこう大事かもしれないんです

この前も、垣根作りの材料を買いにいったんですよね

材料はけっこうあるんですよ

だから、ぜ~んぶそろえるとたいへんだから、とりあず、金具と杭だけ買いにいたんです。

それだけじゃ不十分だけど、今日はとにかくそれだけ。

それができれば、もう、大成功。

だって、買いにいくのが店を閉めての7時からホームセンターが閉まる8時までだから、そんなに時間がないんですよ

それだけ買えれば十分ですよね

で、買えたら、夜、ビールで乾杯!!

そうすると、垣根づくりの材料は、横板とビスだけになるわけですよ

なんだか、気持ちが軽くなります

今まで、全部いっぺんにそろえようと思ってるからなかなか出来ないかったんですね

それが、こういう考えかとをすると楽になるんですよ

確かに買いにいく時間の労力は2倍になるけど、でも、気持ちのほうが大事なんですね

まあ、こんなことは、ぜ~んぶ脳の働きなわけだから、気力は脳と直結してるですね

いかにしたら、脳が、そう思わないようにすることが大切なんです

行動を分解すること、そして、なるべく睡眠をとるようにすること

これが気力を生み出すコツみたいな感じですよ

とにかく、すきあらば寝る

これしかないような気がします


半年振りに映画館に足を運ぶことができました。

まったく、こんなに長いこと映画を見なかったのは久々ですね

観た映画は、もちろん「カーズ2」です

人にはさんざん「観た方がいいよ~!」っていいながら、自分は今日観てなかったたんだから、まったく無責任な奴ですよね。

上映開始が11時40分というのに、着いたのが11時45分なんですよ

もう映画が始まってるんだけど、券を買って入ってみました。

すると、やっぱり、劇場内ではまだ始まる前の注意事項をやってるんですね

あれって長いと思ったら、10分はやってるんですね

ほんと、長すぎですね

まあ、今日のところは映画の感想についてはここでは書かないことにしましょうね

それよりも、もうそろそろ映画館も本気で人にフォーカスを当てた商いをやらないといけないですよね

映画って、もうちょっとお客さん思いのサービスを取り入れたら足を運びやすいと思うんですね

だってさ、本来なら、は映画を観る前ってワクワクしてないといけないじゃないか。

それが、チケット売場で待たされ、席を決めるのに悩み、スタンプカードでは何度も裏切られ、知らない間に料金を変えていく、このなんともふに落ちない部分がイヤなんですよね

そんなかでも、一番、改善してほしいと思うのは座席を決めるところですね

あれって、今、埋まってるところとか見せちゃいけないんですかね?

昭島にあるムービックッスがネット予約でやってるように、空いている席を公開して、その中で決めてゆくほうがわかりやすりと思うんですね

今日行った、うちの近くのイオンにあるワーナーマイカルは、空白状況の座席を見てるのは売場の人だけなわけですよ

そんな状態で、紙に印刷された座席表を見せられて「どこがいいですか?」って言われても困りますよね

あれ、なんとかしたほうがいいと思うんですよ

観る前から、観ている最中、そして観た後もワクワクするような映画館が出来たらいいですね。

そしたら、もっと足を運ぶと思うんですけどね。

パンにのせて食べる納豆を食べました

IMG_5955.jpg

正確にいうと食べようとしました。

妻は食べてたけど、僕はたべれませんでした。

パンにのせたい気持ちはわかるけど、なんともいえない感想なんですよ

パンに合うようにさまざまな工夫はしてますよ。

たてえば、バター風味にしたり、納豆の粒を極小にしたり・・・

でもね~

納豆は個性が強いからね~

食べれなかった僕は、付属のバター風味の調味料をいれないで普通に醤油をかけてご飯で食べてみました

でも、粒が小さいために豆の味がしなくて何を食べれてるのかわかないんですよ

ごはんには完全に合わない納豆になっていました。

パン食が増えたから、いろんなものをパンに乗せて食べることはいいことだと思うんだけど

納豆はね・・・・

まあ、パスタでも納豆があるからいいのかな~

僕なら、納豆を食べるためにご飯を食べようと呼びかけたいと思いますけどね。


まったく、よく出来たもんだあらためて感心してます。

この前、家具のイケアに行ったときのことなんですよね

テーブルのちょっとした寸法を測りたいな~って思った瞬間。

その横にはメジャーが置いてあるんですよ

IMG_2578.jpg

このタイミングでココに!

よく考えていますよね

これは、人の行動がよく見えている証拠なんですね

さて、今日、新規のお客さんにお店の見取り図を作ろうと思っていろいろ描いてみたんですよ

でもなかなかうまく描けないんですよね~

なるべくわかりやすくとか、正確にかかないといけないと思っちゃうんですよね

そんな時、またもやイケアを思い出しました

あの家具に付いてく組み立て図なんですね。

あれって、ほんとシンプルなんですよ

IMG_7009.jpg

見るだけなんで、直感的にわかりやすいです

今までに、いろんな組み立て家具を買ったけど、いてくる組立図の文章なんて、一度も読んだことないんですよね

だったら、絵だけで十分ってことなんですよね。

人に何かを伝え、そこにはまだまだ頭をフル回転しないといけないんですね

でも、果たして、自分が作る見取り図は果たしてどうなることやら・・・

チュッパチャプスという飴知ってますよね

あの棒に丸い飴が付いてるやつですよ

あれが自主回収されていたって知ってました?

実は、うちではお客さんとのイベント用に数ヶ月前に2箱かったんですよね

で、1箱はほぼなくなってしまったて、次の箱を開けようと思った時にこの自主回収を知ったんです。

IMG_6760.jpg

なんで知ったのか?

それは、なにげにネットで「チュッパチャプス」って検索したら「自主回収」って出たからなんですね

あれ?

どうしよ~

っていっても自主回収してるんじゃあ、とりあえず電話で聞いてみないといけないですよね

お客様相談室に電話してみました。

すると、着払いで送ってくれとのことなんですね

しょうがないな~

面倒だけど、知ってしまったら使うわけにいかないもんね

全部送ることにしました

それにしても、こういう情報って知らなきゃ知らないですよね

普通に食べていたモノが急に食べれなくなるって不思議ですね

自主回収の情報ってどこからやってくるんでしょうかね?

今日、若いお母さんが、ふたりの女の子と来店してくれました
出来上がったジャケットを家族3人で取りにきてくれたんですね

そのふたりの女の子は、うちの店がやけに気にいってくれたらしく、ひとりは僕の言うことにいろいろ質問してそばにいるし、もうひとりはカーズのおもちゃで遊びまくっていました

お母さん曰く「なんだからすっかり家みたいな感じで遊んじゃって・・・」と恐縮しているみたいなんですが、僕にとっては、一番うれしい光景なんですよね。

とはいえ、女の子ふたりを育てるのは、なかなかたいへんなんですよね

とにかく女の子はお茶目ですからね~

そんな女の子ふたりに「庭の草むしりを手伝ってくれないか?」とお願いしてみました

すると、ふたりとも喜んで手伝ってくれたんですよ

IMG_4591.jpg

室内から見ていたお母さんも「いつものお礼ですから・・・」と見守ってくれました

いや~うれしかったですね~

こうして、お客さんと接することができる商いがあるんですね~

なんだか、わかいいふたりの女の子に商いの大切さを教えてもらいました

早く、この女の子を含めて、すべてのお客さんのために庭を早く創らねばとあらためて誓うのでした。

がんばろう~♪

あさイチというNHKの番組があるんですね

昨日、「治せ!アトピー性皮膚炎」という番組をやっていたんですよ

妻が録画しておいてくれたんで、夜、見たんです

実は、僕もアトピーなんで、時々肌がかゆくなるんですね

そんで、かきむしっちゃって、血が出ちゃうことって何度もあるんですよ

だから、アトピー性皮膚炎の方の気持ちはよくわかるんです

今まで、僕も医者にいっても、薬をもらって塗るだけどあまり病気に関して説明をしてくれない経験をしました。

でも、この番組ではその治療法をちゃんと解説してくれたんですね

1、きめ細かい泡で洗う
2、手でやさしくもむように
3、入浴後の保湿剤

こんなに基本的にことなんです

まあ、簡単に言うとスキンケアが大事だよということなんですよね

皮膚の角質を気づけないようにして、清潔を保つてことが大事みたいです

その方法で、実際に出演している方のアトピーも改善されていたんですよ

見ていて思いましたね

僕も何軒かの皮膚科に行ったけど、ぜ~んぶ薬を出しておしまいでした

とにかく何の説明もなしにステロイドを塗りなさいといわれました

こうして、理屈や薬の塗り方をもっと教えてほうがいいと思うんですよね

僕が行った皮膚科で、ひどいところは、いきなり先生から「お風呂に長く入りすぎです!!」な~んて怒られちゃったりりしたんですよ

でも、僕は俗に言う「カラスの行水」なんで、そんなことはなんですね

まったくひどいもんですよ

これからの時代、アトピーはもっと増えることでしょう

我々自身が正しい知識を持って対処してゆくことは、より大事になりそうですね

というよりは説明することはどんな仕事でも大事なことかもしれませんね。


まったく、うまくいかないときはなんで、こうなんでしょうかね~

あんまりにも、ダメだともう怒る気にもなりませんよね

実はね。

今日、金融機関を3件まわる用事があったんですよ

仕事がひと段落したんでね、妻に受付をまかせ、僕は出かけていったんです。

行くのは、信用金庫→銀行→郵便局なんですよね

信用金庫では、あきる野市発行の商品券を換金をすればいいんです。
ちゃ~んと、商品券はもったし必要書類ももったし、会社の印鑑も持ったし、準備は万全です。

次は銀行ですね。ここでは、払い戻しをするんです。
もう、あんまり取引をしてない口座に少しお金が入っているから全部出しちゃおうと思ったんですね
普段使わないから、通帳も別のところにおいてあるので、忘れないようにチェックして持ち出しました

最後は、郵便局で送金をするんです。
ぱるる指定なんでこればっかりは行かないとダメなんですよね
送金用紙に金額をしれてOKです。

さて、このこの3つがきれいに連動するはずだったんですよ

ところがです。

まったく、うまくいかないときはいかないんですね

まず、信用金庫に行ったら会社の通帳を忘れてしまっことに気づきました。
「あれ~、会社の印鑑は持ってきたけど通帳が忘れるなんて・・・」

通帳に入金されるんで、通帳がないと商品券の換金ができないんですよね
換金の期限は9月いっぱいだから、まあ、いいやと思って気を取り直し、次の銀行へ向かいました。

銀行で払い戻し用紙に記入して、いざ印鑑を押す段階になって、印鑑を忘れていることに気がつきました

「アチャ~、会社の印鑑はあるけど、個人の印鑑を忘れてきた~、う~、悔しい~、ココまで来てなんと・・・」
と思ってもしかたがない。

なにくわぬ顔で、銀行の案内をする女性を横目に、さっさと出て行きました
結局、お金がおろせなかったわけなんですね

ってことはですよ。

そのお金を使ってぱるるで送金しようと思っていたわけだから、それも出来ないじゃないですか!!

いや~、もう、ここまでくれば全滅です

せっかく、この3つの用事をきれいに流れるように片付けようとしただけど、完敗です

もう、悔しいからさっさと店に戻ってきました

あんまりにも、早く帰ってきた僕を妻に「いつものことね」と呆れていました

まあ、ここまで完璧に用事を済まさないで帰ってこれればたいしたもんでしょう!

子供の使いよりも、使いにならないお使いでした。

おしまい。

今日は新宿の工学院大学で行なわれた日本感性工学会大会に行てきました。

そで素晴らしい講演を聞くことが出来ました。

テーマは「デザインの仕事と感性」なんですね。

出演者は我が師匠である小阪裕司氏。そして、テレビでおなじみの脳科学の茂木健郎氏。さらに、ゼナ、クールミントガム、キシリトールガムなどのパケージデザインをした佐藤卓氏と、かなり有名なメンバーなんですよ。

この3人がデザインにっいて語るというとても興味深い講演たったんですね。

いゃ~とても学びの多かった講演ですよ。

その中で印象的だったのは、デザインとはけして、特別じゃなくてすべてのものとかかわっているということなんですね

なんか、僕たちが「デザイン」っていうと、その道のプロが抽象的な何かを具体的に絵したりすることだと思いますよね

でも、それは違う。

すべてのこと。

たとえば商いをするということにもデザインはあるというんです

確かにそういわれてみるとそうですね

ようするに、何かを伝えようとすると必ず「デザイン」はあるとうんですね

う~ん、かなり深い話でした。

とっても勉強になりました。

ところで、素顔の茂木健一郎氏は、とでもラフな方です。

壇上でイスに座っても足を、ドバーッと前に放り出してちょっとだらけた雰囲気なんですね

でも、言う時は、いいたい事をビシバシいいます

テレビとちょっと違った一面が見れて楽しかったです。

さ~て、また、シルクの店もデザインしないといけないですね

がんばろう!

今、シルクのカフェ化計画が進行しています

まずは、水道工事をできるだけ安くしてもらうようにお願いしています。

家と店の水道工事をお願いしたところなので、とにかく予算を告げてそれに近づけてもらっています

あと、重要なのは雰囲気を決めることですね

これは僕しかできないことなので、がんばって決めようと思っています。

とはいえ、僕だってその道の専門じゃないから、そんなにさまざまなパターンを知ってるわけじゃないんです

だから、頭で考えるより実際にやってみるしかないんですよね

そこで、とりあえず、僕が気に入ったテーブルをひとつ買ってきました

そしてそれを、実際にカフェとなる場所においてみたんですね

そのテーブルの上に、候補となるイスやテーブルの写真を置いておくんです

あとは、お店に来たクリーニングのお客さんに聞くんです

実際に、そのテーブルを見てもらい、触ってもらうんです

そのうえで「どれがいいっすかね?」と聞くわけですね

IMG_0701.jpg

いや~、そうするとおもしろいもんで今まで自分が気が付かなかったいろいろと意見が出るんですよね

「私はテーブルは高めのほうが好きだわ」

「このイスは、ここにカバンがかけられて便利よね」

「店が白いイメージだから、ブラウンより白木のほうがいいと思うわ」

などなど・・・

この方法がなかなかいいですよね

僕は、全体的なイメージと、どのようなテーブルとイスを選ばなければならないかの理由が決まります

お客さんは、そこにカフェが出来るイメージを描くだけで喜んでくれます

最近は、昼飯をそこで食べたりもしてます
(今日みたいに台風だとお客さんが少ないので・・・)

とにかく、自分のイメージをイスやテーブルを置くとどんな感じになるのかイメージできないときは、実際に置いてみるしかないんですよね

まだ、1個しか買ってないから、もし違うテーブルになってももったいないと思わないんですよ

そうしないと決められないんですからね

それに、お客さんといっしょに考えるのもなかなかいいもんですよ

さてさて、どんな雰囲気にイスとテーブルになるのか、自分でも楽しみですね

IKEA(イケア)に行った事ありますか?

あの家具のお店ですね。

実は、僕は行った事がないんです。

だから、今回、新三郷というところのイケヤにちょっと遠いんです行ってきました。

まあ、それにしてもデカイ建物ですね~

外から見ただけで、その規模のすごさがわかります

まあ、外見として規模もすごいけどその仕組みがこれまたすごいですよね

その合理的というか意図的なつくりには、びっくりですね

うちも、新しい家を建ててしまったので、どうしても新しい家具は必要になってしまいました

近くにニトリがあるんで、そこには行ったんですよ

まあ、値段も手ごろだし、必要な大きさや個数がそろうのでけっこう便利だったんですね

それにね。ニトリで印象が良かったのは店員さんの対応なんですね

それも見習いの店員さんが本当に素晴らしい対応をしたんです

だから、まあニトリで十分なんですね

で、今回、イケヤに行ってみたんだけど、まあ、店員がいないんですよね

とにかく、なんでもお客さんにやらせるんです

倉庫に行って自分で家具を取ってくるとかその発想はなかなかですよね

とにかくお客さんにどういう行動を取って欲しいのかを決めて、それにそった配置をしてます

イケアでは、徹底した合理化の勉強ができます

まあ、どちらがいいとかいうことは別にして、同じ家具だけど、いろいろと売り方があるんだなと思いました

どんな売り方をするにしても、これからは中途半端はダメですね

やるなら徹底的にやらないといけないですね

いい勉強をさせてもらいました。

台風が近づいていますね。

時々強い雨が降ることがあります。

まあ、そのせいか蒸し暑い蒸し暑い・・・

もうエアコンはいらないかと思ったけど、この湿度では必要ですね

店先の花も、とりあえず店の中に避難させました。

IMG_4051.jpg

床が木なんで、ブルーシートをしっかり敷いて水がもれないようにしました

入ってくる人は、みんな「花屋?」って感じで見ていきます

そうです。前にも言ったけど花屋を始めたんです。

そこで思いました。

人が花屋なのかな?と感じるのはこのくらいのボリュームがないとダメなんですね

今までみたいに外でバラバラあるだけじゃ、花屋にはなれないことがわかりました

新しい発見です。