FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
パートさん・アルバイトさんの募集が始まりました

前回、募集広告を出してから3年も経つんですね

その時に来てくれた人がふたり、今も大活躍しています。

ほんと、いい人が来てくれたと感謝しています。

今回の募集内容は、車を運転して集配をする人がひとりと、中で作業をする人ひとり、合わせてふたりを採用したいと考えているんですね

昨日の日曜日の新聞折り込みだったんで、今日1日にかかってくる電話が勝負ですね

と、気合いを入れていたら、午前中、3人・・・

う?今回は、そんなに集まらないかな?

とちょっと不安になったけど、午後になったら、続けて6人問い合わせがありました

全部で9人の方からの問い合わせです

たぶん、この9人の中できまると思うんです

前回、募集したときに18人ぐらい問い合わせがあったけど、最初に来た人から条件があえば採用していったんですね

やっぱり行動が早い人は、なんだかやる気があるみたいなんですね

さて、そんな問い合わせのあった方々なんだけど、前回はとにかくひとりひとり面接したんですね

だから、かなりハードでした

ところが、今年は新店舗のことがあり、あまり面接に時間がとれません

そこで、「働き読本」なるものを創りました。

IMG_1332.jpg

8ページの冊子です。

まずは、問い合わせのあった方に、この「働き読本」を取りに来ていただき、シルクのことを知っていただき、それでも勤めたいと思う人は、面接をしてお互いの意志を確認しようとおもっているんです。

さ~て、人生での「一期一会」。

どんな人をめぐり逢えるでしょうか

楽しみです。

入り口付近の道が出来てきました

DSC07498.jpg

施工している職人さん曰く
「目地を同じにして貼るのは得意だけど、バラバラに貼るのは難しい・・・」

そうですよね

何ミリ目地と決まっていれば、それにしたがって並べればいいんだけど、あんまりくっつけないでとなると、その人のセンスみたいなもんが必要になりますからね

それに、これは天然石、だから、1枚1枚厚味が違うんです

それを平にするのも技ですね

ひとつずつ、水平を測りながら作業を進めていくんです

まったく、手間のかかる仕事です

こんな面倒なことを頼んだのは誰なんでしょうか?
施主の顔がみたいもんです。(笑)

またも、ギリギリセーフでした

なんで、いつもこうなるんでしょうね

入り口の石のことなですけどね

今日から石を貼りだしたんですよ

でね。その石が足りないことはわかっていたんですよ

でも、まあ、ホームセンターに行けば売ってるもんだから、そんなに気にしていなかったんですね

ところが、朝一番で瑞穂にあるジョイフル本田に行ったんですよ

そしたら、在庫がないんです

「ヤベ~・・・・」

12束必要と言われたんだけど、3束しかないんです

で、次の瞬間、店員の山本さんという方が近寄ってきたんですよ

「お客さん、いくつぐらい必要ですか?」って聞くんですね

別に、何も態度に表していないし、僕から問いかけたわけじゃないんですよ

それなのに、その山本さん「実は、今日の午後、その石は入荷するんですよ」って言うんです

まだ、買うとか買わないとか何もしてないのに、そんな話をし出すんですよね

不思議です

でもまあ、現実には必要なんですね

で、考えました。午後入荷か・・・

もう、石貼りは始まっているから、それがどこまで進むかだな

間に合わないと職人さんの手を止めてしまって、工事が遅れてしまう

だからといって、こればっかりは入荷するのを待つしかないよね

しょうがない、とにかく入荷したらすぐに買いに来よう

そう思って山本さんに携帯の電話番号を伝えました

一度もどって、仕事をしながらその電話を待ちました

現場の状況は、すでに買ってあった22束の石を並べられるだけ並べ、貼り始めていたところだったんですね

あとは、工事の進行状況と石が入荷するタイミングがどうなるかです

午後2時半頃、山本さんから入荷したという電話をもらいました

欲しい数を20束と伝え、なるべく大きめの石が入っているのをお願いしますと伝えました

そしてすぐに車で向いました。

混んでなければ30分ぐらいで行けます

ところが土曜日です。これがまた16号が混むんだ、だからわかんないんですよね

でも、あ~ら不思議、意外とスムーズに到着してしまいました

ところが、やっぱり駐車場は満タンですね

しょうがないから、売り場のヨコに路駐しました

石の売り場に行くと、今、まさに山本さんがホークリフトで運び終わった石をワゴンに選びながら移動しているところでした

「間に合いますか?」の山本さんの質問に「ギリギリです」と答え、あとはいかに早く積み込み運ぶかだけです

選んだ石20束を山本さんは、路駐した車の後ろに積み込み、僕は会計を済ませました

DSC07492.jpg

そして、帰路についたんです

現場に戻ってみたら、ちょうどこれから入り口中央の石を貼りだすところでした

間に合いました

よかったです

今日、石が入荷しなかったらたいへんなことになっていました

まさに間一髪でした

なんで、いつもこうなんでしょうね

妻に「ギリギリ間にあったよ」といったら、「いつもそうね」と言われました

ほんと、そうなんです。

今回の店創りは、ほんと最初からそうなんです

それにして、全面的に協力してくれたジョイフル本田瑞穂店の山本さん、本当にありがとうございました。


オープン間近、追い込み工事の中、現在進行している工事費の見積があがってきました!

IMG_1327.jpg

キャ~!予想を遙かに越える費用に、見積書を握る手がワナワナワナ・・・・

とはいえ、この数字の影には、本当に誠心誠意がんばってくれている業者の方々がいらっしゃるわけなんですよ

一つの目標に向かって、突き進んでいる結果がこの数字になっているわけなんですね

とはいえ、やっぱり厳しい数字は厳しいですよね

まあ、それに答えるべき資金を集めるのが、会社の代表の役目なんですよね

がんばりまっせ~!

ってなわけで、いろいろ考えても仕方がないので、とりあず今日はもう寝ます

おやすみなさ~い


パートさんの募集をするために、求人広告をだすことにしました

しばらくは新店舗といままでの店舗と2店舗での営業になるんで、どう考えても手が足りないんですね

ところが、今まで面接が出来るという確実の日程がとれなくて、こんなギリギリになってしまいました

だから、今度の日曜日に折り込みなんだけど、今日のお昼が最終〆切なんですね

こんな重要なことを今週の月曜日から始めました

いや~まあ、だいたいのコピーは出来たんだけど、最後までこだわった部分があったんですね

それは”職種の呼び名”です。

普通、クリーニング屋がアイロンがけや洗いを手伝ってくれる人を募集する場合

「工場内軽作業」スタッフと呼びます

あと、店と工場を車で往復する人は

「配送」「集配」ルート」スタッフになるんですね

でも、どうも、これって、なんだかかたっ苦しくてだめなんですよね

そこであれこれ考えました

「工場内作業スタッフ」は「ランドリースタッフ」と呼び、「配送スタッフ」は「デリバリースタッフ」と呼ぶようにしました

さて、その反応はいかに?

それがわかるのは日曜日以降ですね

また、新しい人とワクワクする出会いを楽しみにしています

昨日は、帰宅後、すぐに寝ちゃいました

夕飯も食べず、風呂にも入らず、とにかく寝たんですね

朝の7時までぐっすり寝ました

そしたら、身体のだすさがなくなり、動くようになりました

いや~、やっぱ、あの怠さは、寝ろっていうサインだったんですね

そんな身体が回復したと思ったら、また、いろいろやることが現れてきました

まず、店舗デザインの関係で、入り口に続く道に“石”を敷き詰めないといけなくなったんですね

それも、下地を作る関係でその“石”をすぐに用意しなければならなくなっちゃんです

さて、どんな石にするか?

今まで、今度の新店舗のためにホームセンターをいろいろ見ていたんで、それが役に立ちました

庭に敷く石はいろいろあって、そのなかで2種類の石がいいんじゃないかとひらめいたんですね

それはジュラストーン(ソルンフォーフェンストーン)かアルビノイエローなんですね

DSC07451.jpg

左がジュラ、右がアルビノです。

拡大すると

ジュラ↓

DSC07454.jpg

アルビノ↓

DSC07455.jpg

まあ、どちらも同じような感じなんですよね

どちらでもいいといえばいいんだけど、どちらにするか決め手が僕にはないんですよ

まわりの人に聞くと、意見は半々にわかれたんですね

ジュラストーンは恐竜の時代の石灰岩なんで、なんともいえない古い感じがあるんですよ

だから、今度の店のイメージには合うんですね

かたや、アルビノはちょっと白っぽいんです

あまりにもきれいすぎるんで、こちらはちょっと違うからな?と思ったんですね

とうとう、どちらにしていいかわからないので、工房のデザイナーの方に聞くことにしました

そしたら、全員一致でアルビノになったんです

理由は、今は白っぽいけどコンクリートに埋まって経年劣化でいい味がでるんだろうということなんですね

そうか、今よりも時間が経ったときを考えるんですね

さすがです

というわけで、アルビノという石にしました

で、さっそく仕事が終わってとなりの街のホームセンターまで慌てて買いに行ってきました

でも、必要量の半分しか持って帰れなかったんで、体力的に限界で・・・・

続きはまた明日ですね

また、体力を回復したら買いに行ってきま~す

このままだと、部材屋さんになっちゃいそうですね





閉店時間の7時になりました~!

なんとか1日もちましたよ・・・・

今日は、ちょっと辛かったですね~

今朝は、起きたときからなんだか、変だったんですよ

身体に力が入らないって感じなんですね

熱はないと思うだけど、とにかく身体が重い・・・

こりゃ、ヤバイなと思ったんだけど、今日は休めないんですよね

朝から、予定がびっしりです

まず、朝8時から新店舗前で打ち合わせですね。

昨日、届いたデザインをもとに、ブロックの積み方や、照明用の配線を決めておかないといけないんですね

あと、1日デザインが遅れていたら、ブロックが全体的に2段ぐらい積まれちゃってたいへんなことになっていました。

それに、塀に配線もしておかないと照明がつかないんですよね

そんなこともらって、まず打ち合わせに一番のりしたのいは、あのミナミ電気伊藤ちゃん

まあ、昨夜もパソコンの修理で遅かったとうのによく来れました。

次が、店舗屋さんの阿部さん

そして土建屋さん

シルクの営業が9時で、今日は僕が店を開けないといけないんで、あわてて打ち合わせをしました

まあ、とりあずって感じです

そして、打ち合わせ半ばで現行のシルクの開店準備に入りました

店舗の阿部さんと、土建屋さんの打ち合わせの結果、駐車場に敷く天然石を明日中に用意しないと間に合わないというこになり、天然石探しとなりました

そのため、午前中は僕は石探しです

昼は、食欲がないのでパスしました。ちょっとお腹の調子が悪くなってきたんですね

そうこうしているうちに、午後は、求人広告の打ち合わせです

今度の日曜日に求人広告を出すために、明日いっぱいで原稿をつくらないと間に合わないんですね

いや~めまぐるしい・・・・

だんだん、目がまわってきちゃってけど、あとちょっとです

あとは、店舗で使うアンプを注文したり、事務処理をしたり・・・・

まあ、そんなことで、今、やっとお店の閉店時間を向かえたというわけなんですね

いや~、ほんと、めまぐるしいです

身体のために今日は、早く帰って寝ます

腹の調子がおかしいので、消化のいいおかゆでも食べようと思っています。

あとは、ゆっくり寝れば、明日はまた元気モリモリになることでしょう!

ってなわけで、本日の業務は終了です!

お待たせしました~!(って誰も待ってないって?)

外構のデザインが静岡の工房からあがってきました

DSC07434.jpg
(一部お楽しみのためモザイク)

いや~、これで地に足をついて工事を進めていけますよ

今の建物を建ててるときも、感じたんだけど「どうなるかわからないで事が進んでいく」ってほんと不安なんですよね

どんなにたいへんなことでも、先が見えているとある意味の不安は少ないんですね

それが、たとえ一部だったとしてもなんですね

そんな精神状態を「ストレス」と呼ぶのかもしれませんね

今の時代、心が病んでいる人多いと聞きます

それって「先が見えない」からなんじゃないでしょうかね?

そんなことを、ちょこっと感じた今日この頃でした

さ~て、これからが本番です

いままで、確実なものがないために工事をお待たせしてしまった店舗屋さん、ごめんなさい。

これからはいかに、このデザインをリアルな店舗に反映させてゆくのかが課題ですね

しばらくは打ち合わせの日々が続くでしょう

もう、ひと踏ん張りですね。

塀の基礎にコンクリートが入りました

DSC07428.jpg

もうすぐブロックを積み上げるという段階まで来たんですが、実はまだ塀のデザインの詳細がわかっていません

この上にどんな塀をつくるのかわかっていなのに、基礎が出来あがっていくのはなんだか恐ろしいです

いや~、こんな危険なことをしていていいのかと思うでしょ?

でも、しょうがないんですよ

塀を作り始めないと駐車場のコンクリートが敷けないんですよね

駐車場には、車がのっかるわけだから、とにかくコンクリートはとにかく早くやって乾燥をじゅうぶんにしておきたいんですよ

そこから逆算すると、もうコンクリートを入れないと間に合わないんです

さて、どうなるか?

塀のデザインと現実の工事が一致するように祈るしかありませんね

運を天に任せる

そんな気持ちです



今日も、また、助けられました

ほんと、ありがたいことです

今日は、クリーニング店では絶対に必要な洋服をつり下げておく収納用のポールを立てることになっていたんですね

これがなきゃ、クリーニング屋はできないですからね

とはいえ、これ意外と高いんですよ

だから、今のお店をやるときは自分で作ったくらいなんですね

でも、こんどは、あのころと違って体力もないので、業者に全部お願いしようと考えていたんです

で、見積をとったらなんと45万円することがわかったんですね

いや~、これじゃやっぱとても手が出ない・・・

ということで、材料だけ頼んで自分でやることにしたんですね

材料だけで安くはないんですよ

25万円はしましたからね

でね。自分と息子でやろうとは思っていたんですよ

ところがですね。

見るに見かねた親切なおふたりが手伝ってくれたんです

手伝ってもらったというと聞こえがいいけど、実はほとんどやってもらっちゃたんですけどね

ミナミ電気の伊藤ちゃんとクリーニング資材会社の村田専務なんです

おふたりとも、こういう工事はなれているんで僕はあんまり口出し出来ませんでした

出来たのは缶コーヒーを買ってくるぐらいのもんです

そのお二人のコンビネーションにより無事ポール設置完了となりました

DSC07408.jpg

伊藤ちゃんは、垂直を出してくれる秘密兵器と、ポールを切る道具を持参してくれました

この垂直を出す秘密兵器はスゴイです

DSC07416.jpg

赤外線を壁に照らして、ポールがまっすぐかどうかわかっちゃうんですからね

今回この秘密兵器のおかげでどれだけ作業が正確に出来たことか・・・

ありがたいことですね~

いっしょに作業をしていただいた村田専務も
「完璧だ!ここまで正確に作ったのはいままでにない」と豪語するぐらい正確にポールが立ちました

仕上げには伊藤ちゃんがミリ単位で高さを揃えてくれました

ほんと、何もお手伝ってくれたお二人には心から感謝いたします

そして、お二人のおかげですばらしいストックスペースが出来ました。

これは、店をやっていくうえで一生の宝です

本日は本当にありがとうございました。

店舗デザインが完成しないまま、外の塀の基礎工事をはじめちゃいました。

というのも、オープン時までには駐車場のコンクリートだけはうっておきたいからなんですよね

そこを完成していないと、お店に入るところがグチャグチャになっちゃうんですよ

というかけで、とにかく塀の基礎だけでも打っておこうということになったわけなんですね

デザインが完成していないのに、塀の位置を決めるのはかなり勇気がいります

だって、基礎は1度作ったら動かせないですからね

昨日、その位置を「ココだ!」と決めたんです

それは、店舗前の庭と駐車場の境を決めるという意味もあるんですよね

庭を広くとると、駐車場が狭くなすし、その逆だと庭が狭くなるし・・・・

難しい決断なんですが、決めました。

お客さんのために「駐車場を広くとろう」

ということになったんです

まあ、ここまでは良かったんですよ

ところが、その塀の下にある基礎が庭側に出来るのか、駐車場側に出来るのかまでは考えなかったんです

土建屋さんは、強度のことを考えて庭側に基礎をうちました。

DSC07390.jpg

掘った右側の鉄筋が塀の部分です

この左が庭、右が駐車場なんですね

写真を見てもらうとわかるとおもんだけど

鉄筋の左にスペースがあるのがわかるでしょ?

僕も、これは何の疑問もないと思っていたんです

ところが、店舗デザイナーに電話したらなるべく庭側に基礎がないほうがいいというんです

草花を庭に植えるときに基礎が邪魔をするというんですね

ガーン!

もう、今、まさに鉄筋をいれて、その場所を作ってるところなんですよ

こんなタイミングで、基礎の変更をお願いなんかできないでしょ?

でもあとに悔いを残したくないんで、勇気を出してお願いしみました

いろいろな思いを話したら、土建屋さんが「今なら変更できます。コンクリートを流し込んだらおおごとですから・・・・」って言ってくれたんです

その言葉にに背中を押され「ごめんなさい、基礎を反対側にしてください」とお願いしていまいました

あ~!!また、やっちゃいました!

ドタキャンならぬドタ変更!

ほんと、申し訳ございません。ごめんなさい。

でも、今、妥協したら悔いがのこるんですよ

だから、勘弁してください

本当にごめんなさい

でも、よろしくお願いします。

ワクワク系商人仲間で、大手化粧品会社の新人教育を担当しているみっちゃんが店にやって来ました

あきる野のとなり八王子にセミナー講師としてやって来た帰りに寄ってくれたんですね

寄るといっても、ここあきる野市八王子から電車で来るのはちょっとたいへんなんですよ

そんなたいへんな思いをして来てくれたんですね

でも、ゆっくり話が出来てたいへんうれしかったです

みっちゃんは、さすが、人を指導している人だけあって、言うことが全て学びです

で、そんなたくさんの話のなかで、特に感銘を受けたのは言葉があります

「いまささら気がついたことなんだけど・・・」と前置きして言ったのは「自信を持たせるのはお客さんである」ということです

ほんと、当たり前のことなんだけど、これは深い言葉です

人を指導するのに、このことに気づいているか気づいていないかで、指導された人の成長が大き変わると思うんですよね

まったく、第一線で活躍している人の言葉は説得力がありますよ

みっちゃん、素晴らし話をありがとうございました。

すっかり寝不足です

昨日の夕方、青山のブルーノート東京で行われた商人の集まりに参加したんですね

ひさびさにワクワク系商人に会ったら、すっごく元気をもらいました

そして2次会、3次会、4次会と進んで、結局寝たのが朝の4時でした。

今日は仕事が普通にあるんで、7時半の電車で品プリを出て帰ってきたんですよ

だから3時間ちょっとしか寝てないんです

い~、さすがに眠いですね

だから、今日はもう寝ます。

おやすみなさい

本日の午前中、土地・建物の精算が終わりました。

いや~参りましたね~

通帳に振り込まれたお金をあっちこっちに送金するんですよ。

銀行の応接室を借りてやったんです。

土地、建物、追加工事、登記費用などの金額を確認して伝票を書くんだけど、なんともリアリティのない作業です。

僕は思いました。

借りたお金を一度全部引き出して、目の前に積み上げてから支払いをする。

これいいんじゃないかと思うんですよね

銀行は困るとおもいますが・・・・(笑)

でもとにかく、やっと区切りがついたって感じですね。

昨年の3月から始まった土地購入と家の新築、よくここまで来たもんだとおもいますよ。

とはいえ、店舗はまだまだこれからが本番なんですよね。

今日は、終わりであり、新たな出発でもあるんです。

身体に気をつけて頑張ろう!

そのパワーをもらいにこれからブルノート東京に行って来まーす。

ワクワク系商人に会うのが楽しみです。

昨日までに自宅が一段落したと思ったら、今日は店舗創りラッシュが始まりました。

まず、朝、店舗屋さんと外構の打ち合わせから始まりました。

その中で「“塀”をどうするか?」という答えがまだ出ていないんですよね

だから、まだ工事に入れないんですよ

僕には、ある程度イメージがあるんだけど、まだ、着工できない理由があるんですよね

それは、外構デザインが完成していないということなんです

今、外観のデザインは静岡・浜松にある工房に依頼してます。

そのデザインが、まだ完成していない段階であんまり工事を進めるわけにはいかないんですよ

とはいえ、そんな状況の中でもなるべくコストを下げた塀はないのかという模索はしていたんですよね

もともと、塀はブロックを積み重ねてつくるつもりなんです

でも、ある程度の高さを保ちたいんで、その分コストはかかるな~と思っていたんですよ

そこで、塀の一部を木で作ったらどうかと考えていたんですよね

これは、あくまでもコストのことで考えていたんですよ

そんなことを店舗屋さんと話した数分後、その外観設計の工房から電話がありました

デザインが今週中に完成するという連絡なんですね

まさに、グッドタイミング!!

これで外構工事が明確に始められます

でね。ちょっとデザイナーの方に木の塀の話をしたんですよ

そしたらですね・・・

な、な、なんと、そのデザイナーの方も木を使うことを考えていたそうなんですね

それに、もっと驚いたのは、使う板の幅なんでよ

僕は10cmぐらいを考えていたんだけど、そのデザイナーの方もまったく同じ幅を考えていたというんです

いや~、こりゃ参りました

偶然ってあるんですね~

いよいよ店舗創りに本格的に入ることができます

これからが本番です

あ~、楽しみだな~

で、おやすみなさい。

怒濤の引っ越し3日間の最終日です

もう、けっこう身体全体が筋肉痛です

そんなパワー不足の身体だから、今日が最後といっても、まだ全然片づきません。

まあ、なんとかなるでしょう

思えば初日11日は、箱詰め作業をやりましたね

僕の持ち物の多くは”本”なんで、けっこう重くなっちゃいました
アリさんの引っ越し屋さん、本当にごめんなさい。

で、昨日10は本格的に引っ越しました

約束の時間よりアリさんが1時間早くやってきたんで、もう箱詰めがあおられっぱなしだったんですね

で、本日は荷ほどきです。

どこに何があるのか確かめながらなんだけど、あんまりはかどりませんでした

これは、ボチボチやるしかないですね

そんな3日間の最後に、とっても良いことがありました

先日行われた「ホタテ壁塗り大会」当日、インフルエンザで参加できなかったお客さんが引っ越し祝いで花を持ってきてくれたんですね

IMG_1274.jpg

いや~、うれしいですね~

その女性の方「ほんと、行きたかったんだけどインフルエンザになっちゃてダメだたの・・・
ほんと、残念・・・」

だから、今日ぐらいは何かしたかったんです

というわけなんですね

ほんと、ありがたいことです

感謝。

あ・・・、眠くなってきちゃいました

本日の業務は終了しました

おやすみなさ~い・・・・

昨日の、荷造りから始まった引っ越しが本日無事完了しました

完了っていったて、荷物が移動しただけですけどね

まあ、家を建ててるんだから、いつかは引っ越しをしなきゃいけないのはわかってんだけど、できればあの労力は使いたくないですよね~

だって、他に使うパワーがなくなっちゃいそうですからね

そんな、できればしたくない引っ越しなんですが、なんとか終わってこうしてブログを書くことができます

とにかく、運んじゃえはなんとかなるでしょうからね

今回お願いしたのはアリさんの引っ越しですなんですが、なかなかいいですよ~

親友から勧められたんで、そうしたんでだけど、はっきり言って"当たり”って感じです

それにしても、今の引っ越し業界の競争ってすっごいですね

ネットで数社見積を同時に依頼したんだけどね

その中で一番早く電話をくれたの関西のS社なんですよ

その記録的なタイムは3分を切っています。

間髪入れずに電話して受注しようと思っているんでしょうね

でも、うちは最初からアリさんにお願いしようと思ったんで、見積が上がってきても悪いから詳しいことは話しませんでした

でね。

その引っ越し屋さんの仕事っぷりを見ていて感動しました

DSC07247.jpg

さすがプロ!って感じです

その段取りもすごいんですが、冷蔵庫を階段から2階にあげた時は、もう感動ものですよ

うちは店舗併用住宅なんで、2階が住まいなんです

でね

だから、2階の登る階段の幅は平均よりも広くとっているんですよ

その階段をふたりがかりで冷蔵庫をあげたとき、先にいる人は、階段の壁と冷蔵庫でほぼペチャンコになっていました

でも、それをあげてしまうんですよね

とにかくスゴイです

やはりプロはすごですね~

と思っていたらもうすぐ12時。

今日は朝からおお忙しだったんで、寝ます

さ~て、新店舗の上での初夜はどんな夢をみるんでしょうかね?

ホタテの壁塗り大会が終わったあと、そのなんともいえないいい“空気感”を感じてふと思ったとき、“それ”はやろうと決めました

そして“それ”がついに到着したんです!!

DSC07139.jpg

間に合いました!

いや~奇蹟です

どうせ、ここまできたんだからやるっきゃないって感じで、やってみましたけどギリギリ手に入りました

“それ”って、一度はあきらめたことなんですよね

コストを計算したら「う~・・・、ちょっと無理かも・・・」となったんです

でも、何か方法はないかと、ダメもとで“それ”を販売している会社に電話したんですね

インターネットの画面だけで判断するとどう考えてもコスト的に無理という答えなんでね

そしたら、その会社の代表の方が、いろいろ教えてくれたんですね

“それ”の品質に関しても語る語る・・・

だから、僕も“それ”に対する想いを語る語る・・・

お互い、語り合いながら、いい方法が見つかったんですよ

そして“それ”は、予算的にもなんとか手の届くところにまでになったんですね

お~これはいける~♪

と思ったんですが、心配事が出てきました

今度は“それ”が間に合うかどうかってことなんですよね

だから聞きました「で、納期はどのくらいかかりますか?」と。

「え・・・、年明けから注文が増えちゃって、1週間から10日ぐらいかな?」

というんです

ガ~ン・・・

せっかく予算的にあうところまできたのに、今度は納期が全然間に合わない・・・

しょうがないから正直に納期を話しました

「実は、内装工事の都合で明後日には欲しいんですよ・・・」

「え?明後日ですか?・・・・」

「ええ・・・・」

そんな会話のあと、その代表の方が

「わかりました。なんとかしましょう。こうしてわざわざ電話をかけてきてくださったんですから、今、出荷予定で、まだすぐには使用しないモノをそちらに回しますよ」

と言うじゃないですか!

いや~、こう来るとは思いませんでした

電話して良かった~!

これで、やろうと思っていた“それ”が出来る環境が整いました!

これで空気感をつくる素材は揃いました

ホタテ貝の粉で出来た自然素材の壁。

足場を再利用した古材の床。

そして“それ”

これだけ揃えば“空気感”は完璧です!

仕上がりが楽しみです。

いや~、ホタテ壁塗り大会の興奮が冷めない中、まだまだやることは続きますよ~

床に使う古材が今週の月曜日に運搬されていたですよね

DSC07100.jpg

建築現場に使っていた足場なんですね

これを床に貼る作業が始まりました

DSC07101.jpg


DSC07102.jpg

この古材、そう簡単に数が集まるわけじゃないんですよ

ある時はあるけど、無いときはない。

そう、当たり前なんだけど、新品じゃないから数を揃えるのがたいへんなんですよね

それを、去年の8月ぐらいから受注していただき、ずーっと在庫で抱えてくれていた足場の古材を扱っている会社には、本当に感謝します

今度は、店舗の内装をやっている大工さんにバトンタッチです

よろしくお願いします。

波乱万丈の新店舗建築ですが、ここにきてまたまた波乱が起きました!

金消契約といって、だいたいの費用が確定したのがつい最近

で、なんとか支払いができるかな~と思っていたところに登記料の見積変更の連絡があったんです

え~、いまさら、なんだよ~、と思ってその金額を聞いてみたら

な、な、なんと、当初の見積の倍以上に費用がかかるっていうんですよ

こりゃ、もう、大打撃です!

なんで、こんなことになっちゃったの?

というのは、今度の建物は店舗併用住宅なんだけど、それを普通の住宅として登記した場合の見積を出していたんですね

いや~、これにはもうビックリですよ

だって、最初から店舗併用住宅だってわかてるじゃん!

登記する会社には、融資会社から資料が行ってるし、僕も名刺交換して自営業だってわかってるし、なんでこうなっちゃうの?

不思議です

もっと、前々からわかっていれば覚悟が出来きますが、来週15日に精算しなきゃいけないというせっぱ詰まったところで、登記料倍は痛いですよ!

まったく、最後の最後まで気を抜かさせてくれないんですね

もう、こうなったら、ドーンと構えるしかないですね!

がんばるぞ~!

なんで、こんな時期に

今回のホタテの壁塗り大会では、学ぶことが多かったです。

初対面の方ばかりなのに、作業をよく分担してやっていました

別の誰に何をということを言ってるわけじゃないのに、個人個人でちゃ~んと考えて行動してくれているんですね

いや~、この力ってほんとすごですね

これ「人間力」とでもいうのでしょうか?

人の可能性ってすごいんですね

では、その様子の一部を写真で紹介しますね

最初に訪れた難問。

↓それは、ホタテの粉が玉になっちゃうこと。

P1000171.jpg

でも、これも参加者の中に、つけ麺・店主がいたんで、その指導でなんとかクリアしました

↓背伸びして最大限に塗ってくれる子供たち、限界に挑戦です

P1000289.jpg

↓親もいっしょに壁塗りを体験
左の白い壁が塗る前の色、右側がホタテの壁少し真っ白じゃなくて、少しアイボリーなのがわかるでしょ?

P1000262.jpg

↓大人たちはたんたんと手際よく作業進めます
素人とは思えない、作業風景です

P1000397.jpg

↓低いところは子供たちの出番です

P1000256.jpg

↓完成です

P1000514.jpg

↓珪藻土のように表面が少しザラザラした感じでとてもナチュラルです。
やっぱり、すこしアイボリーにしたのが良かったです
暖かい感じがするんすよね

P1000516.jpg

参加してくださった方々、本当にありがとうございました。

感謝・感激です。

ホタテ貝の粉を壁に塗る「ホタテ壁塗り大会」が終わって、いろいろ思うところがあります

人は、一生学び続けると言われるけど、本当にそうなんですね

今回参加してくださった方々から多くの学びを得ました

書きたいことはたくさんあるんだけど、時間がとれないので、詳細は、後日にするとして、今日はマスター石井の塗り始め一発目の写真ということでご勘弁を

P1000214.jpg


今日は、たくさん感動することがあったけど、眠いので寝ます。

明日、ゆっくりと報告しますね。

でも、完成の図だけはアップします

IMG_1265.jpg

多くの人に参加していただいたことに感謝です

そしてマスター石井のつなぎの写真

IMG_1258 (1)

背中の模様が羽のよう・・・・

これは「天使の羽」と名付けましょう!

でも、もう眠いから寝ますね

そんじゃ、お休みなさい。

マスター石井


ではお休みなさい

今日、建物の立ち会い検査をしました

工務店の社長を含め責任者と、最後の確認ですね

外観の出来具合とか、床のキズや、クロスの張り具合などをいっしょに検査するんです

まあ、現場にはいつも通っていたんで、気になるところはとりあずチェックしてさせてもらいました

でも、キズはどうせ暮らしていれば、付いてしまうんで建物自体がしっかりしていれば細かいところはいいんですよね

で、そんな忙しい中やっと明日、開催される「ホタテ壁塗り大会」の準備が整いました

壁にホタテ貝の部材を塗るコロコロローラーも山のように買い込みましたよ

IMG_1263.jpg

そのたの細かい準備もとりあず完了です

あとは、明日実際に塗ってみないとどうなるかわかんないですね

普通なら、少し練習をしておくのが当たり前ですが、今回はまったくのぶっつけ本番です

あら?もう12時。

さ~て、明日のために今日は早めに寝ますか!

明後日6日(日曜日)に迫ってきました「ホタテ壁塗り大会」で使う「栄光のつなぎ」が届きました!

当日の朝、みんなに渡そうと思ってたんですね

ところが息子が「どこで着替えるの?」という鋭い質問があったんですよ

そうだよな~、よくよく考えると着替えると言ってもトイレぐらいしかないよな~と思って事前に渡すことにしました

まったく、気が付かないところがあるんですよね

そんでね

段ボール箱に満タンにつまった「栄光のつなぎ」はなかなかいいですよ

何色かって?

それは、当日のお楽しみですね

このブログに写真を載せようと思ったけど、やめました

だって、迷いに迷って決めたいろなんですから・・・・

で、またまた息子からある提案がでたんです

「当日参加してくれた人に、参加することでもらえる何かを用意したらどうか?」ということなんですね

う~・・・、また考えなきゃいけない課題が出てきました

何か企画すると、次から次へと考えがつながっていって、本当にきりがないですね

まあ、ゆっくり考えますわ

さ~て、「ホタテ壁塗り大会」どうなることやら、なんだかワクワクからドキドキに変わってきましたよ

IMG_1258m.jpg

収入印紙です。

今まで使ったことのない額です。

こんなんで、うん万円です

こんな切手のような小さい紙切れを買うのに、うん万円必要なんですよ

なんで、こんなのを買ったのかというと、本日、無事、金消契約とやらを完了したんですね

これは何かというと、簡単にいっちゃうとローンの最終契約って感じですかね

今度のお店と土地は、ほとんど借入で手に入れたものなんですね
(これからローンの支払いが始まるよ~お~怖い~)

土地をを先に購入して、それから建物を建てる場合、土地代金を先に払っておはないといけないわけですよ

でも、そんな現金はあるわけないんで、借りるわけですね

それがつがぎ融資なんですね

そのお金を一時借りておいて、先に土地代金として支払って建物が出来た時に精算するってことなんですね

だから、土地の代金を払った時から、今日の精算までの間利息が発生するんです

まあ、その利息の高いこと高いこと・・・

4.4%ぐらいはあるんですね

だから利息だけでもこれまた、うん十万かかるんです

きゃ~!こわ~!

建て売りを買う場合は、こんなことないんですよ

だって、土地と建物を同時に買うわけだから、借りことと精算がいっしょにできるわけですからね

でも、土地と建物が別々だと、こうなっちゃうんですよ

まあ、そんな恐怖の契約書へのサインが無事終わったということなんですね

あとは、工務店、銀行、僕という3者で実際にお金のやりとりをするわけなんです

そんな緊張する契約書へのサインだんだけど、いきなり、2カ所間違えてしまいました

訂正印だらけの契約書になってしまいました(笑)


東京ビックサイトで開催されているギフトショーに行ってきました

IMG_1253.jpg

この忙しい時に、よく行けたと思うんですよ

ほんとうは、親友の千葉さんと行く予定だったんだけど、都合が悪くて一緒に行けなくなっちゃったんです

千葉さんと行ければ帰りに一杯飲んで・・・・・

ひとりで行くことになったんで、今回は車で行ってきました

このあきる野市からだいたい1時間ですかね

電車だと、その1、5倍はかかると思うんです

それにしても、まあ毎回思うんだけど、ほんとすごい人ですよね

今の世の中、モノが売れないとか言われているんだけど、続々と新商品が出来てくるんだからスゴイですよね

なんだかんだ言ったってまだまだ日本はモノが売れるんだな~と思いました

そんなわけで、とりあず、新生シルクで扱えるようなモノを探してみました

一番気に入ったのはくすのきを加工する時に出た端材でつくった虫よけですね

くすのきは、樟脳の原料になる木ですから効果は抜群です

さっそく、注文して使ってみようと思うんです

まずは、自分で試してみないとわからないですからね

そうそう、ギフトショーで出す名刺は「雑貨屋」です

そうじゃないと、うちの店を理解するのは難しいですからね

それにしても、よく歩いた半日でした

自分の身体ににお疲れ様といいたいですね

妻が買い物に行った

イオンで必要なモノを買っていたら、ふとパン屋さんが「99円セール」をやってるのが目についたようだ

そんでもって、レジに行列が出来ていたんで、ふと立ち寄ってしまったんですね

で、よく買うことのある明太子のパンを買おうとしたら、いつもは1本なんだけどこの日は半分になっているんです。

だから2個買ってきたんです

IMG_1252.jpg

でね。

よくよく見たら、これって普通に1本ですよね

IMG_7756.jpg

ってことは、妻は99円の魅力に引き込まれたけど
けっきょく1本まるまる買ってしまったというわけなんですね

ちなみに、普段の時にまるまる1本買うのとあんまりかわらないみたいですよ

妻もこれには大笑いをしていました