FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
3週間前にやった健康診断の結果が届きました

ドキドキしながら封筒を開けました

今までなら、けっこう自分の健康には自信があったんですが、最近、不規則な生活が続いていて、何かひっかかるんじゃないかと思っていたんですよ

それに、時間がなくて健康診断を受けていなかったら、まわりの人から
「忙しそうだけど、身体大丈夫なの?」とか
「健康診断に行かないとダメよ」などと心配してくれていただく声があまりにも多いので、思い切ってうけたわけなんです

私が一番心配しているのは、血糖値と肝臓です

血糖値は、父親が糖尿病だったので気にしているようにしています

肝臓は、日々、ビールをガブ飲みしてますから、当然心配でした

でも、なんとか両方とも規定値内だったので安心しました

ところがです

身長が縮んでいるんですよ

普段、私が公表している数字より3cmも低いんです

やはり重力のせいなんでしょうかね

そして、さらにウエストが意外とあることがわかってしまいました

メタポなんて、ならないと思っていたけど、どうもヤバイみたいですね

そういえば、このところ帰りが遅いので、夕飯食べてからすぐ寝ちゃうことが多いですよね
だから、朝起きても、腹が減ってないようなことがあるんです

これ、ちょっとマズイですよね

どこかで、生活パターンを変えないといけないですね

だって、指導事項に
「脂質検査にて若干の所見が認めます。定期的に経過観察してください。」
って書いてあったんですよ

そろそろ食生活を、本気になって改善するようにしなければ・・・
でも、今は、ちょっと無理かな・・・



息子がきのこを栽培しています

太い木のような物体に毎日霧吹きで湿気を与えてやるときのこが生えてくるというものなんですね

あきっぽい息子も、日々、せっせと世話をしていました

そしたら、なんと、こんなにきのこで出来てしまいました

DSC02021.jpg

さっそく収穫して、バター焼きで食べたら、すっごいうまいんです

肉厚だけど、柔らかくて、なんとも言えない歯ごたえなんですね

これは、なかなかおもしろい栽培セットです

新鮮とか、おいしいとかいう前に、きのこがどうやって出来るのかという体験にはとっても役に立つと思うんですよね

幼稚園などで芋掘りをやりますが、あれもとってもいいことだと思うんですよ

芋が地面の中じゃなくて、木になってるんじゃないかと思ってる子供がいるという話を聞くと、こうした体験がとっても重要だと思うんですよね

野菜を食べよう、食べ物を大事にしょう、と言うことといっしょに、野菜がどうやってできるのか、食べ物がどうして大事なのかを体験で小さな子供の時期に教えれことはとっても大切なことなんですね

うちの息子は20歳を超えてますが、きのこの成長に感動していました

今日から、機械の搬出のために作業場のコンクリートを砕く作業が始まりました

いや~もう、何十年の間固まっていたコンクリートなんで、かなり頑丈ですね

作業をお願いしている業者さんもたいへんですよ
何もできない私は、砕くのを横で見ていて
「お~、こんなに厚いんだ」と驚きました

なんでこんなに厚くしてるのか?
それは、クリーニング屋の機械って、モーターを使うモノがけっこうあるんで、振動が起こりやすいんですよ

家庭用の洗濯機でも脱水の時に音がしたり、揺れたりしますよね

あれの大きいのがクリーニング屋の機械なんですから、当然ですよね

その振動などを押さえるためにコンクリートはかなり厚くしておくんです

そんなところに機械を設置してるから、そのコンクリートを砕くだけでも大変なことなんですよね

業者の方には、まったく申し訳ないと思っています

でも、長年使われた機械が撤去されるのは、なんとも寂しいことですね

ありがとうございました
DSC01975.jpg


人の感って「すごい!」ってを感じたことありませんか?

今日、ちょっと人に会う用事があって、40分ぐらい電車にのりました

その用事に向かう電車の中で私が座った席の左側座っていた人は、とても良い気持ちよく眠っていました

この人、大丈夫なのかな?と私は心配になりました

というのは、もうすぐ終点なんですよね

終点で気が使いないと、そのまま、折り返しで電車は出ちゃうんですよ

ところがです。

本当に良い気分で寝ていたその人は、終点でみんなが降りると、ちゃんと目が覚めたんですよね

不思議ですね

あれだけ気持ちよく眠っていたのに、ちゃんと起きたんですよ

さて、今度は、私の番です

電車で出かけた私ですが、案の定、帰りが終電の1本手前になってしまいました

まあ、こんなことは始めてじゃないんで、別に驚くことではないんですが、今回はちょっと文明の利器を利用してみるころのしました

それは、携帯電話にある機能なんですが、駅に近づいたらベルを鳴らしてくれるというシステムなんですね

さっそく乗り換え駅と降りる駅を登録して試すことにしました

ところがです

帰りの電車のなか、運がいいのか悪いのか、シートが空いていたので座ってしまったんですね

普通は私、アルコールが入った時は、座らないようにしているんです
だって気持ちよく寝てしまうに決まっていますからね

でも、今回は文明の利器が駅に着いたことを知らせてくれるという安心感があったので、つい座ってしまったんです

そして、乗り換えの駅に到着しました。

しか~し、文明の利器は何も反応しません

私はウトウト眠気が襲ってきて、意識はもうろうとしていました

そんな状態だったんですが

「えっ!」

と意識の根底から呼び声が聞こえて

「ここはどこ?」と眠気を打ち破る感情が沸き上がってきました。

そうです。ここは乗り換えをしないいけない駅なんです
ここで、乗り換えないと、とんでもない方面に行ってしまうんです

私は、もうろうとしながら電車を降りました

それは、ただの「感」です

だって、着いた駅がどこだかよくわからないまま降りたんですよ

私は思いました

やっぱ、文明の利器を頼るより、人間の「感」のほうがどれだけ正確なのかと・・・

そんな反省をしながら帰宅の徒につきました

でも、終電を逃さなくてよかったです

おやすみなさ~い。

今日は、檜原中学校で仕事について話をしてきました

もう、今年で4年目になるんですね
呼んでいただけることは本当に光栄です

去年までは、私ひとりだったんですが、今年から私を含めて3人になりました
私も、他の方の仕事の話が聞けるので楽しかったです

私の他にはグラフィックデザイナーと獣医さんでした

ふたりとも女性で本当にがんばってるんだな~と感心しました

グラフィックデザイナーの仕事ってなんだかいいですよね
まず、名前の響きがいいですよ

“デザイナー”ってやっぱカッコイイですもんね

“クリーニング屋”・・・”グラフィックデザイナー”・・・

やっぱグラフィックデザイナーの勝ちです

でも、徹夜や日曜まで仕事をするのは当たり前といっていたので
なかなか仕事内容は大変なんですね

でも、そうやって生まれたデザインが、店頭にならんだりしたらやっぱうれしいでしょうね
その達成感があるから、どんな苦労も報わるって感じなんでしょう
だから、きつい仕事も続けることができるんですよね

もうひとりの方は、獣医さんです

こちらも、またたいへんな仕事です

だって、命にかかわることですもんね

動物だからといっても、今やペットは家族同様なんですから、日々真剣に対応しなければならない仕事です。ただ、動物が好きだという理由だけではなかなか続けることは難しいですね

でも、獣医さんがおっしゃっていました
「この仕事が続けれられるは、『やりがい』があるからだと思います」と

そうですね。やっぱそこんとこですよね
収入とかなんとかより、まずはやっていて手応えがあるってことですよ

さて、さて、私はといえば「仕事って何?」ということを話してきました

中学生に言いたいいたいことは、ようするに今出来ることは今やっておけよってことです
そして、なんでも好奇心をもって興味を持つことですね

先のことを考えることも重要だけでど、勉強をやる環境があるなら勉強し
遊ぶ仲間がいれば、遊んで友だちをつくり、おおいにエンジョイしろよってとこですかな?

まあ、私が中学生の時もそんな感じでしたよ

授業風景は、檜原中の校長先生がブログをやっているのでそちらをどうぞ

檜原日記

2万5千年前にネアンデルタール人が滅びて、クロマニオン人が氷河期を乗り越えたのはなぜか?
そんな話題に触れました

こんなことは、どうでもいいころなのかも知れませんが、どうも現代の地球環境を考えると、まったく関係ないとはいえないみたいですよ。

というのは、クロマニオン人が厳しい地球環境を乗り越えたのは道具の開発だっていうんです

確かに両方とも石器は作って使っていたみたいなんですね

でも、ネアンデルタール人は石器を磨きに磨き、きれいな石器に進化していったのに比べ、クロマニオン人は、さまざまな石器を開発したというんです。

ヤジリだけじゃなくて、ナイフとか包丁とか、バリエーションが豊富になったんでしょうね

バリエーションが豊富になれば、さまざまな食べ物を食べることができたんじゃないかというわけなんですよ

ここが、今の温暖化の地球環境を乗り越えポイントかもしれませんね

きれいな道具より、新しい使い道のある道具の開発が絶滅するのか生き残るのかの分かれ道ってことでしょうかね

そして、興味深いことに、それを思いつくのは、たったひとりからだというのです

クロマニオン人全員が思いついたんじゃなくて、ひとりのクロマニオン人がが思いついたことが、全体に広がり、やがて生き残るということにまで繋がっていったんじゃないかということ

そうですよね。

現代もきっと、小さなひとりが大きな役割を果たすのかもしれませんね。

今日は、仕事が休みなので、店の片づけです

片付けとは、今週から始まる機械の搬出のためなんですね

今は、使っていない父親が立ち上げた店舗兼工場があります
そこいには、もう、今では骨董品の部類にはいる機械たちが静かに眠っています
それらを外に出さないといけないんですよね

これはたいへんなことなんですよ

だって、この機械たちは、何年にも渡って設置してきたわけでから、ところ狭しと並んでいます
まあ、パズルのような感じですね。

これを、3日間で、全部出さなければならないんだから、そりゃ、もう、なんだか気が遠くなるような思いです。全部でドライクリーニングの機械、乾燥機、水洗機など、数えたら13台ありますよ

普通に出すだけでもたいへんなんですが、大きな機械は地べたにコンクリートで固めてあります
そこで、まず今週2日間かけて、基礎にコンクリートで固めてある部分を砕きます

機械が動かせる状態にしておいて、来週、大型クレーンを使って外に出します

昔は、店の前の道路も交通量が少なかったら、作業用の車両をドーンと置いても大丈夫だったけど
今は、そんなわけにはいきません。

だから、昔に入れた場所から出すことができないんですね

しょうがないので、店の横側の壁を壊して搬出することになります

この2週間は、仕事をしながらやらなきゃいけないんで、ちょっと忙しい日々が続くと思います

でも、どんなにたいへんなことだとしても、出来ないことはないんだから頑張ります

なんだか、父親が商売を始めたころからの軌跡に触れる機会ができたような気がします
このことは、私にとって40歳代の大きな転換期なのかもしれませんね。

今日、明日と地元でふたつの市が開かれます

秋川駅北口にあるルピアという商業施設を中心に行われるイベントですね

まず、「よかもん市」

これは、素人の方が作られたこだわりの品々を販売します
素人といいっても、どれもプロと言っていいほどの出来映えです
採算を度外視しているので、そのぶんかなりお買い得な品々ばかりですよ

もうひつは「ガレリアキラリ市」
こちらは、プロの方が作った商品を販売してるんですね
さまざまな商品が、一度に見れるのでなかなか楽しいです

さて、私はちょっと、お昼休みを利用してのぞいてきました

けっこう、人が集まっていました

いつもは、別々の開催されるイベントなんだけど
今回は、同時にやってるんですよね

同時にやると、たくさん店が出ていてなかなかボリュームがあります

こうしてみると、やっぱりイベントっていいですね

なんだか、とにかくワクワクして、お財布のヒモもゆるんでしまいますね

ふだんは、意外と人通りが少ないところも
こうしたイベントをしていたら、ずいぶんにぎやかになるんでしょうね

エブリディ・イベント!

にぎやかにするには、これがポイントですね

近所のカラオケボックスが、閉店してしまいました

このご時世なんで、厳しかったんでしょう
しかたがないとはいいながら、なんとも寂しい気分です

そこの店長が、最後にあいさつに来たときに残念ながら、私はいなくて会うことはできませんでした

以前、カラオケボックスに来たお客さんに、店員がこぼしてしまったシミを取ったことから、顔見知りになりました。店長も、さぞ寂しい気持ちでしょう

そのカラオケボックスの建物が、今、壊されています

閉店後、翌日には機材が持ち出され、その数日後には内装品の処分が始まり、今は大型重機で建物自体を壊しだしています

昼間中、ガタン!ゴトン!カーン!バリバリ!と悲鳴のような音が聞こえてきます

人ごとではないような気がします・・・・

私も、今、父親の店の機械撤去に取りかかるところなんですよ

そこには、私が小学生のころから設置されていた機械もあります

正月になると、死んだ父がお供えをして清めた機械もあります

時代の流れですし、今は使用していない機械ですが、処分するしかないんだけど
なんとも言えない気持ちになるんですよね

時代が大きく変わろうとしている、そんな感じがします


携帯電話を変えてから、なかなか使いこなせない日々が続いております。

そんなある日。この前まで使っていた携帯を引っ張り出してきて電源を入れてみたんですよ

もちろん、もう通話やメールはできません

でも、その携帯にはワンセグがついていたんです

もしかしたら、テレビが見れるのかな~と思ったからんんですよね
だって、今、使っている携帯にはワンセグなんてものはついていないですもん

携帯を、テレビに切り替えて恐る恐る受信してみると・・・

なんと、テレビが見れるんですよ!

こりゃまた、びっくり。

まあ、よくよく考えたらそうですよね

ワンセグは電波なんですからね

試しに、前の録画しておいた桑田佳祐の番組があったんですが
これもしっかり見れるんですよ

これには、ちょっと感動しましたね

この携帯を解約したときに
「今、お使いの携帯は、お近くとショップにお返しください。期限はありませんけど・・・」
と言われましたが、ワンセグが見れるんじゃ、しばらく使わせていただきます

なんだか、得した気分です

昨日、来店してくれたお客さんのブラウスのことを話しますね

「ちょっとお聞きしたいんですが・・・」ということでした

最近よくあるんですよね。洋服を買ったあとに洗い方で質問にくるお客さんが・・・
私は、クリーニングのプロとして、たいへんうれしい現象だと思っています

さて、そのブラウス。素材はポリエステルです

普通、ポリエステルは水洗いできます

ガンガン洗っても、まず問題ない素材です

でも、そのブラウスの洗濯表示は手洗いをダメにして、ドライクリーニングしなさい
となっています

何ででしょうか?

触ってみると、ベルベットのような風合いです
色は、黒。某有名ブランドの商品ですね

そのお客さんは、こう質問しました
「これを買うときに、店員さんが『洗濯機で洗えますよ』っていわれたんですが、大丈夫ですか?」
ということでした

この質問、けっこう多いんですよ

以前、、水洗い不可のレーヨンのブラウスを、水洗いできますと言われたから買ってきたというお客さんが、やはり商品を持ち込んで質問してきたことがあります

私はこの質問を聞くたびに感じるんです

私は、お客さんが家庭で洗うことはたいへんいいことだと思ています
でも、もし、販売される方が『洗濯機で洗えますよ』というならば
どう洗うのかまでアドバイスして欲しいと思うんです

ネットに入れるとか、洗剤は何するとか、洗う時間とか・・・
わかる範囲でアドバイスしてくれると助かるんですよね

私は、プロとして、そのお客さんに、私は家庭で洗うときの洗い方とポイント
その時に、起こるべきデメリットなど意点を話しました

実は、はっきりいって、それは洗濯機に洗わないほうがいいブラウスです
だって、表示はポリエステルだけど、すっごく極細の繊維なんですよね
ポリエステルであって、ポリエステルではないんです
もし、洗濯機で洗ったとしたら、けっこう生地に負担がかかります
生地がベルベット調なので、アイロンがかけられません

洗濯機の手洗いコースでもやめたほうがいいですね

洗濯機で洗ったときにデメリット、ドライクリーニングとの違い
お客さんの洋服に対する価値観などを考えてあげないで『洗濯機で洗えますよ』
と言えないと思うんですがね

これからは、うちのお客さんには
お店で『洗濯機でも洗えますよ』と言われたら時にどう対処したらいいのか
アドバイスをしてあげないといけないな~と感じました

またまた、やることば増えちゃいましたね(笑)

妻が、家で使う柔軟剤を変えました

理由は単純で、いつも買う柔軟剤が行きつけのドラックストアになかったからなんですね

新しく使い出した柔軟剤は、テレビでも宣伝している有名ものでした

使い出して妻が私に聞きました
「ねっ、匂いが気にならない?」

私は、けっこう鈍感なほうなんで
「べつに、平気だよ~」
と言っていました

ところが、今日、風呂からあがってタオルと使ってみたら、なぜか、すごい匂いがするですね

なんて表現したら良いのかわかりませんが
こんな体臭の人って、いるよねって感じの匂いがしたんですよ

いい香りというよりは、世間的に多くなっている匂いと表現したほうがいいんでしょうかね

ちょっと、難しい言い方だけど、たぶんこの柔軟剤を使っている人ってかなりいるんだなと思いました

柔軟剤は、成分や効果ももちろん大事なんだけど、匂いまで関係してくるとは思ってもみませんでした
まだまだ研究しないといけないですね




先日、お客さんで洗濯機を買い換えるたいんだけど、どんなのがいいのかというご相談を受けました

ようするにドラム式洗濯機にしたほうがいいのか、従来の縦型洗濯機にしたほうがいいのかということなんですよね。

最終的には、お使いになる方(普通なら奥さん)が決めるべきことなんだけど
とにかく、私が知ってる限りの話をしました

話をしているうちに気が付いたんです

洗濯機を買い換える時に、まず最初に考えなければならないのは、「何をしたいのか?」ということなんだということを。

パソコンも同じですよね

どうせ買うなら高機能のものを買っておけばいいと思って買ったとしても、けっきょく使う機能は決まっていて、宝の持ち腐れになってしまうことが多々あります

洗濯機も同じなんですよ

最新型には、いろんな機能が付加してきますが、そのほとんどが洗濯機としてあんまり必要ないものなんですよね。

だって、洗濯機はきれい洗えるが基本なんですから。

まあ、それぞれに良い点と悪い点があるんで、何を期待してるのかによって選ぶ基準違うってことを基本とすることですね

たとえば、「今、流行のが欲しい」となれば、最新型のドラム式を買えばいいんです
それで、その欲求は満足します

でも、汚れ落ちがいいのが欲しいとなると、ちょっと違います

それとか、小さい子供がいるとか、サッカーをやってる息子がいるとか
専業主婦であるとか、干す場所が狭いとか・・・

やはり、そのへんのところをちゃんと押さえておかないと買ったあとで、ガッカリする可能性があるんですよね

相談に来たお客さんからは「とにかく、汚れ落ちがいいのが欲しい」というので
ある洗濯機をオススメしました

もし、その洗濯機で汚れが落ちないようなら、洗い方を教えてあげようかと思っています

今回は、アドバイスの肝を学ぶことができました

相談に来てくれたお客さんに感謝です




天気がいいので妻と鎌倉に行ってきました。

ここ数ヶ月、日曜日や連休でも仕事をしたり、勉強会に参加していたので
その罪のすぐない第2弾です

そう、第1弾は川越でした。

川越でも、気晴らしと言って出かけたけど、結局は商売の勉強になってしまったんですよね

今回も、まったく同じようにたくさんの学びを得てしまったので、
やっぱり、気晴らしだけではおわりませんでした

まず、おいしいモノの話から・・・

鎌倉のにぎやかな小町通りとは反対側に「五島」というお食事どころがあります
一見、普通の家みたいで、なおかつ路地の奥にあるからなかなか見つけにくいんですよ

一番最初に行ったときはさんざん迷いました

でも、ほんとそばや天ぷらがおいしい店なんですよ

その店で、妻が天重を頼みました

その時にテーブルに置いてあったメニューがコレです

DSC01897.jpg

なんかいいでしょ?
他のモノは、メニューに写真が載ってるんだけど、コレはテーブルの上に置いてあるんです
なんか注文したくなりますよよね

そして、出てきたのはコレです

DSC01898.jpg

まあ、おしいそ~

私は、この店は4回目なんで、どんなもんがあるのか知ってますが
初めて来た人には、このイラストのメニューはとてもいい印象を与えると思います

メニューひとつで感じ方は違うんですよね

さて、もうひとつ商売の学びなんですがケーキ屋さんの店頭です

DSC01900.jpg

その店の前に置いてあったのがコレです

DSC01901.jpg

よくよく見ると、ここには、お誕生日のお客さんの名前が書いてありますよね

これって、すごいことですよね

この店、お客さんの誕生日をちゃ~んと把握してるんですよ

たぶん、ここの店はリピータが多いんだと思います
観光客相手というよりは、ちゃんと地元のお客さんとつながっているのがこの看板でわかります

こういうケーキ屋さんなら、また行きたくなちゃいますよね

あ~、まだまだ学んだことがたくさんあるんで書きたいんだけど
せっかくの日曜日だったんでこのへんにします。




昨日、中学生を前に「仕事について」話をしました
やっぱ、ひとの前で話すってことは緊張しますよね

参加された方々も職業もこれまた多伎にわたります
ピアニスト、保育園の副園長、理髪店、特殊造形師、内装店そして私クリーニング屋です

こうして、あらためて考えてみると、仕事っていろんな種類があるんですね

私のように2代目だから家業としてつがなければならなかったけど
そうでない人は、仕事をどこかで選ぶんですよね

仕事を選ぶということはたいへんなことだと思います

話を聞いた中学生もいつか仕事を選ぶ日がくるんですね~

さて、今回、インフルエンザで学級閉鎖があったために、ひとクラスを一人で担当する予定だったんですが、二人ひとクラスを担当することになりました

私がご一緒させていただいたのは、内装店社長のF氏です

自分の昔の話と、あいさつの大切さについて話してくださいました

職人としての苦労、商売の浮き沈みのの苦労、そして、現在のあり方。
さすが、経験の上での話なので、とても重みのある話でした。

特に、あいさつをちゃんとしよう。そうしないと人間として信用されない。
そんな話を聞いて基本はここだよねと、あらためて私も気づかされました
さっそく自分の今の職場に取り入れたいと思いました

続いて、私の話。

まあ、私の話は、けっこうちゃらんぽらんしています

特に、伝えたかったテーマは「出会い」です

とにかく人間って、ひとりで出来ることなんてたいしたことないんだから
なるべく、多くのひとと知り合った方がいいと思うんですよね

それには、将来を見ることもいいんだけど、今やるべくことはやっておいたほうがいいと思うんですよ

だいたい、社会人になると
「学生時代は良かった」と言います

そういう、あとから良かったと思うような学生時代に、やるべきことをやったひとは
きっと、いい人に出会えて、いい仕事に出会えて、そしていい人生を過ごせるんだと思うんですよね

そうそう、別にすげー勉強しろとはいいません
でも、勉強できる状況なんだから、勉強しなかったら損ですよ

もし、どうしても勉強がいやなら、それに勝るとも劣らないなにかを
一所懸命やればいいんですよね

それは、スポーツでもいいし、昆虫の研究でもいいんですよ

とにかく、その時にやるべきことをやる
そんなことを伝えたかったですね

そしてね。

友だちをたくさん作るんですよ
この時期に親友と呼べる友だちをね
友だちの作り方がわからないひとは、映画「カーズ」を観て勉強しましょう

今回の企画主旨は、現在、仕事をしてるひとの職場に触れるということだと思うんですよ
普段は、見ること聞くことのできない仕事の話を聞く。それが目的だと思うんですが
私が中学校におじゃまして感じたのは、これは我々大人にとっていい体験だと思ったんですね。

どういうことかというと、今の大人は子供達の将来のために、さまざまな取り組みをしています
しかし、その基本的な考え方は、現在の若い世代とかみ合いにくいものがあると思うんです

それは、学生を含め今の若い世代が、私たちの若いころと違うからなんですね

その感覚を理解してないと、いくらすばらしい構想があったとしても
若い世代が、本当に若い世代のためなのとか、本当に理解してくれてるのか、難しいですよね

大人が若い世代のためにと思うには、まず、私たち大人は、今の学生の気持ちを知るべきなんですよね。

学生がやる職場体験の逆の学校体験ってとこですね

中学生の中に身を置いてそんなことを感じました

話を聞いてくれた中学生ありがとう
そして、今回の企画をされた方々に心から感謝いたします

今日は、ひさびさに遅くまで仕事しましたね

え?今のご時世、仕事が忙しいならいいじゃん!って

確かにそうですよね~、普通、そう思いますよね
実はね、仕事の量が多くて忙しいんじゃなくて、ただたんに、私の段取りが悪かった結果なんですよ

今日は、中学校で仕事の話をしないといけないんですが、
昨夜、そのスライド資料を作っていたら、眠くなってねちゃったんです

完成しなかったので、朝、早く起きてまとめてみましたがこれまた完成しない

お昼ご飯を食べながら、あでもないこうでもないと、いじくっていたら
なんだか、まとまりのないスライドになってしまいました

本来なら、時間どおりにできるかどうか試してみないといけないんだけど
そんな時間はないから、そのまま本番に行ってきちゃいました

その話は、後日として・・・・

さてさて、まったく、段取りが悪いと反省しました
こういうことは、もっと早くから準備しているべきですよね

今日、もうひとつ段取りの悪いのがあったんですよ

それは、ニューズレターの発送です

お客さんに送っているニューズレターの印刷が、昨日なんとか終わったんですよね

でも、昨日の時点では宛名のラベルが出来ていないから発送業者に渡せなかったんですね

でも、せっかく印刷が終わってるんだから、早く宛名ラベルを印刷しなきゃと思ったけど、その大事な宛名ラベルの在庫がないんですよ~(泣)

しょうがないので、仕事を中断して買いに行って、印刷が始まったのが午後6時を回っていました

リミットは、8時。8時までに宅急便渡さないと、明日には配送業者のところに届かないんですよ

あ~、なんて段取りが悪いんでしょう

もっと、早くから宛名だけでも印刷しておけばよかった~

まあ、そうなげいても仕方がないので、ドキドキしながらやりましたよ

そして、宅急便の会社に着いたのが7時58分。

まったくギリギリでした

もっと、段取りよくやればなんとかなったと思うんだけど、どうも最近後手後手なんですよね

超反省してます。


ニューズレターをひさびさに完成させました
イベント続きでなかなか出来なかったんですよね
とりあえず、形になってよかったですよ

ホッとしたのもつかの間。まだやるべきことがあるんです

明日、中学生の前で“仕事”について話さないといけないんですね

この話をいただいてから、ずーっと考えていました

話すことはたくさんあるけど、今の中学生にとって何を話したらいいのか。

本当にセレクトに悩みます

自分の過去を話しすぎでもいけないけど、自分が何者であるのかは話さないといけないし
今、やっている仕事の内容に触れないといけないし
仕事についての考え方も伝えないといけないし、
そしてそして、時間が限られていますし・・・・

同じ年代なら、価値観が同じだから人生観なんて話しても通用するけど
中学生では、そんなものはまだまだ実感がないから聞くには無理があるんですよね

あ~、何を話そうかな~と思っていたら、すっごく眠くなってきてしまいました

果たして、こんなことでうまくいくんでしょうか?

ドラム式に洗濯機は、時としてすごい時間がかか場合があります

行程のすすみぐらいが、ほんとよくわからないんですよね

今日も、洗濯の行程を見ていたんです

スタートスイッチを押して、タイマーを見つめていたんです

「あと46分からなかなか進まないな・・・」
と思っていたら、急に45分にワープしました。そして43分に・・・

「あ~、なんとか進んできたな~」と思って洗濯機から離れたんですよ

そして、しばらくしてから、どのくらい進んだのかを見に行ったら
な、な、なんと、残り時間が48分になってるじゃないですか!

あれ~!どうしんだ!

とよくよく見ると、

案の定、ドラム式洗濯機特有の行程「泡消し」に入っていたんですね

この「泡消し」という行程は、ドラム式を買わない限りしらないですよね~
まったく不思議な行程です

とにかく、これじゃ、時間がかかりすぎると電源を落とし、再スタートをしました

まったく、融通のきかないのがドラム式洗濯機ですね


携帯電話を変えたのが先週の水曜日の夜のことです

だから、あれから1週間が経ちやいましたよ

未だ、変わってしまったアドレスを友人・知人に教えることが出来ていません

なんで出来ないのかというと、まず電話のかけ方とメールの送受信の仕組みがよくわかんないということと、携帯にふたつのアドレスがあって、どっちがどうなのか理解出来ていないということからなんですよね

でも、さすがに1週間も過ぎてしまったんで、教えないとマズイですよね

早く教えないと失礼だと思っています。
私にメールを送っても、もどってしまっている人ごめんなさい。

さて、そんな携帯電話の変更なんですが
実は、1週間前に購入するとき、こんなことがありました

そもそも、最初にこの携帯電話を買おうとも思ってそのショップに行ったときに
私を対応してくれたのは、店長でした

最初は、若くてハキハキしてるいい感じの青年だとぐらいにしか感じなかったんですが
私が「よく考えてまた明日来るから、名刺をください」と言って、もらった名刺に店長と書いてあったからわかったんです

さすが、店長。
本当にいい感じの対応でした

その店長から、「乗り換え」についての特典をいろいろ聞き
「お~、そんなにいろいろ特典があるんだ」と感心しました

まあ、その時に注文しちゃってもいいな~と思ったんですが、私には即決をしないという鉄則をがあり
一度、家にもどって一晩考えてから翌日申し込みをしました

そして、数日が経ってそのショップから電話があり、注文していた携帯が入ったということです

私は仕事が終わってさっそく契約に行きました

しかし、そこには店長はおらず、女性の方が応対してくれました

まあ、あとは書類だけなんだから、もう誰でもいいと思って契約書にサインをしました

でも、最後の最後になって
あれだけ、店長が乗り換えに関して話してくれた特典の説明が全然違うんです

その時は、特典ぐらいいいかと思ったんですが
どうも、帰ってから納得がいかないので、その携帯ホームページで調べてみました

そしたら、やっぱ店長が言ったことはあってるんです

そこで、次の日ショップへ行きました

そしたら、また店長はおらず、その女性がいたんで、あらためて私の疑問を話しました

「ねえねえ、この前の説明だと購入後90日間は、質問が1回しかできないって言ったけど
ここに、無制限って書いてあるけど、どうなの?」

と細かい規定のところを指さして私が言うと

「え?そうですか?・・・・・
あ~ら、ほんとだ、そうなんですね。では無制限で大丈夫ですよ」
と言われました。

私は、まだまだ疑問がありましが、たぶん答えられないと思って
「あとは、店長に聞きますから、いついるか教えてもらえますか?」
いって、質問はそこまでとしました

そしたらその女性
「私、資格を持っていないんで、あまり詳しくないんですよ」
というではありませんか

そうなんですか?

そんじゃ、店長が話してくれた、基本料が無料になるとか何かもられるとか
そんなの全然知らないんだ・・・・

後日、店長に疑問を全部話したら、すべて解決しました

あ~スッキリした!

やっぱ、その店の人だからといって、すべてを知ってるわけではないんですね

今の時代は、損とか得とかより、納得して購入をしたいですね


神楽坂に行ってきました

用事はふたつです

ひとつはインターネットの達人K氏に話を聞くこと。
もうひとつは、大学生が用意してくれた食事会に参加するため。

どちらも私にとっては重要な用件なんですね

インターネットの話は、すごかったですよ
まだまだインターネットって知らない部分があるんですよね

別に、ただインターネットを見てるだけなら
何も難しいことを考えなくていいんだけど、我々商人がインターネットに関わっていかざるおえない状況なので、やっぱその仕組みぐらい知らないといけないですよね

K氏の話は、すべてが目からウロコの事ばかりでした

細かいことは抜きにして、やはりインターネットの世界も仲良くお付き合いしましょうってことですかね

K氏、お忙しいところありがとうございました。

さて、大学生との食事会ですが、
神楽坂に、感性豊かな店があるとうことなので案内していただきました。

その店に行く途中、大通りではなくてわざと裏道を通ったんですが
なかなかコジャレた多いんですよね~

DSC01845.jpg

きれいでしょ?

看板もしゃれてます

DSC01831.jpg

ちょっとイタリアの街並みみたいですよね

DSC01844.jpg

そんな異国の街並みを歩いた到着したのが、なんと超和風の店。

DSC01834.jpg

店構えもいいし、内装もいい、店員もよくて、とにかく料理がうまい。

こだわってつくりあげた店というのは、何かお客さんのワクワクさせるんですよね
となりの部屋では、小さな悪ガキ3人が大暴れしてけっこううるさかったけど
それでも、頭にこないというのは、この店のフレンドリーなムードと居心地の良さなんでしょうね

ただ、たんに高級志向にいくんじゃなくて、リーズナブルな価格設定を保ちつつ
何がお客さんを喜ばせるのかを知っている店でした

さすが、神楽坂って感じですね

まあ、とにかくいい感性の勉強になったことだけは確かです

セッティングしてくれた大学生に感謝です。







2日間のお休みだというのに予定がいっぱいです

今日は、午前中お客さんへのニューズレターを書き、午後は、神楽坂へ用事をふたつすませ
明日は、夕方までお店で片づけをして、それから立川で人に会います

あ~、なんだか知らないけど、まだまだ忙しい日々が続いています

そうそう、今週の金曜日は、中学校で1時間の進路指導の授業をしないといけないんですね
まだ、資料も筋書きも出来ていないけど、企画してくれてる方々のために
精一杯やるつもりでします

さ~、がんばるぞ~!!

台風が過ぎ去って、あらためて壊れたテントを広げてみました

DSC01825.jpg

まあ、こんな感じに破けてしまいました

どう見ても、交換ですね

確かに、もう、テントの生地が傷んでいたから、寿命といえばそうなんだけど
どうも、目の前で破けたことがなんとも、悔しくてすぐに買い換える気がしないんです

そこで、息子と二人で直してみました

そしたら、こんな感じになりました

DSC01828.jpg

いいじゃん!

意外とまともじゃん!

というわけで、あとどのくらいもつかわかりませんが
とりあえず、修理ということでこの場はしのぎます。

あ~、この時期の出費は痛いですよね

新しい携帯を買って2日が経ちました
でも、まだ、使い方がよくわかりません

わからないというよりは、携帯を触ってる時間がないって感じなんですね
いままで、新しいモノを買うとワクワクしたんですが、
今は、ワクワクするより、一通り使えるまでけっこうたいへんなんですね

とはいえ、携帯の会社を変えたために、今までとは違うメールアドレスになってしまったので
一刻も早く、友人・知人に知らせないといけないんですよね

でも、使い方をよく理解していないから、まだ、そこまで手がまわらないんですね
まあ、ひところでいっちゃえば、面倒くさいということなんですね

でもね。携帯にメールが来ないって、けっこう平和ですよ

確かに私にメールしたい人は
「あれ?メール送ったのに返って来ちゃったよ?」
と、困っているかもしれないんだけど、メールのない日々もいいな~と思ってるんですよ

もし、どうしても連絡を取らなければならないような重要なことだったら
電話番号を変えていないんで、電話で連絡くれると思うんですよね

とにかく、いままでは、ファーストフードのクーポン券とか
映画の情報とか、ビジネス知識だとか、いろ~んなメールを登録していたけで
なんだか、そんなのいらないような感じがしますね

とわいえ、親しい人には早くアドレスを変更しないといけないですよね
携帯を変えたマナーとして・・・

昨夜店を閉めた時あと
台風で鉢植えが倒れちゃ大変だと思ってお店の中に避難させてみました
そしたら、カウンターの前がこんなんなってしまいました

20091007193807.jpg

もうジャングルです

そんでもって、
今朝の8時ぐらいになったら、雨が小降りになり明るくなってきたんで
鉢植えを外にだそうと思ったんですよ

そしたら、雨は弱いんだけど、すげー風でとても出せないんですよね

こりゃ、困ったと・・このままでは、ジャングルの中でクリーニングの受け渡しをしないといけない。

でもまあ、とりあえずは、開店の準備をしなけりゃと思い、店舗前のロール式テントをそろそろと伸ばしだしました。

意外と、今回の台風って大丈夫じゃないの?

な~んて思って、今度は中の準備をしていたんです

そしたら、窓をたたくのがスゲー風なんですよ

急に、外が心配になり店舗の前を店の中から見ていました

そしたら、突然、グワーッと突風が吹き、さっき伸ばしたばかりのテントを直撃したんです!

エッ~!!!!!と思った瞬間、ビリッーーーーーーーーーーーー!とテントが切れる音!

そしてたらテントが、ヒラヒラと鯉のぼりのように宙に舞い上がりました!

アレ~・・・私が見ているその目のまで、テントが破けてしまうなんて・・・・

いや~!がっかりです・・・・・

雨が小降りになったからって安心しちゃったんですね

あとちょっと待っていればよかったんですね

でも、もう、しょうがない。

あきらめよう・・・

テント1枚が破けただけで済んだんだから・・・

テレビを見ると竜巻で家が飛ばされたりしちゃって凄い被害を受けて人もいるわけなんだから。

そんなすごい風が吹いていたんで、植木鉢が外に出たのは開店してから1時間後でしたよ

まったく、自然の力に比べると人間って無力なんですよね
今回、そのことを肝に銘じました。



私の携帯は、数ヶ月前からこんな感じで使っていました

DSC01822.jpg

ボタンのカバーが取れてしまたので、勘で押していました

でも、さすがに夜なんかは、文字だけが光るんじゃなくて、文字盤全体が輝くのでけっこうまぶしい状態だったんです

早く、買い換えないといけないとは思っていたんですが、また、新しい携帯を買って使い方を覚えるのも本当に面倒だから、なるべく使うようにはしていたんです

でも、そう長くは持たないことはわかっていたので、新しい機種を調べていました

そしたら、自分の使いたい機能がある携帯があったので、買ってしまいました

携帯が新しくなったのはいいけど、設定とかなんとかがちょっと面倒なんですね

昔は、こうじゃなかたんですよね~

新しいものを買うと、ウキウキしたんですが、最近は面倒になってきちゃって・・・

まあ、とにかく電話とメールだけは使えるようにしないといけないですね

携帯の会社が変わったから、早くメールアドレスを知人にしらせないといけないですね

あ~、やっぱ面倒だな~

最近の水性ペンは手強いですね~

今日も、黒い水性ペンが付いてしまった綿のブラウスを水洗いしたんですが、洗っただけでは落ちませんでした

見た感じは普通の洗いだけで落ちそうなんですよね。
水性なんだから、水洗いでいけるんですよ

ちょうど、前のところに1~2cm、グジャグジャって付いちゃったシミなんで
そんなに落ちにくいシミじゃないはずなんですよね

でも、洗い上がったらしっかりと残っているんです

仕方がないので、しみ抜きしました

そうしたら、きれいに落ちました

確かにしみ抜きをすると水性だとわかるんですが、油性ペンみたいにしっかり付いているんですね

これから、ペンはどんどん落ちにくくなるみたいだから、皆さん気を付けましょうね

とくに胸ポケットにペンを入れる人は、ペン先が出たまましまわないようにしましょうね

「一期一会」とはよく言ったもんです。
人生には、出会いがあり別れがあり、そして再会がある
まあ、なんともロマンチックなことですね

人は、ひとりで生きていないんだと感じる瞬間でもあるんですね

さて、なんでそんな感情に浸っているのか?

それはですね
以前、大阪に映画の手伝いで行った話はこのブログにも書きました。
8月31日付ブログ「大阪から帰ってきました 」参照

その時に、ある青年に出会ったんですよ。
全国の農家を自分の足で回ったという青年なんですね

たまたまボランティアの打ち上げで、斜め前に座っていたということで知り合ったんですね

もし、大阪にいかなければ・・・
もし、その席に座らなければ・・・

そうです。たぶん一生会うことはなかったと思うんです

その彼と昨日、新宿で再会しました

なんともうれしかったですね

土曜日のセミナーの終わりが遅いこともあり(あくまでも、勉強会で遅かったとうことですね。詳しくは前日のブログ「「ビールの聖地」をどうぞ)五反田に宿をとりました

そして、日曜日に朝。
目が覚めたのは6時ぐらいでした
前の日が遅かったんですが、その青年と新宿で午前中に会う約束をしていたので、しっかり目がさめました。

前の日の勉強疲れ?もまったく残っていない状態で、新宿へ向かいました。

そして、再会。

いや~、うれしかったですね~

野外カフェで、食事をしながらお互いの現状を話しましたが
まあ、どういうわけだから共感できる部分が多いこと多いこと・・・

不思議なものです

彼とは2回目なんですが、なんとも話に力があるんですね~

これはやはり彼の体験からくるんですね

人って、歳じゃないんですよね~
経験なんですよね~

彼が話してくれた話の中で、特に印象的で大事なことだと思ったのは「タマゴ」の話です

彼が全国の農家を回っている時に知り合った農家に、彼がツアーを組んで、さまざまな業種に人達を連れていった時のことです

放し飼いをしているニワトリが、踏ん張りに踏ん張って生んだタマゴをその人達が触ったら

「暖かい。」と言って驚いていたというのです

タマゴって、スーパーで買うときに冷たいですよね。

だから、今の若い人たちは、タマゴは冷たいと思っているそうなんです

そのタマゴが暖かいということが、感動だというのですね

これは、とても大事なことだと思います

まだまだ、私たち大人がやらければならないことを教えてくれました

今回、この青年から、多くの大事なことを学ぶことができました
そして、勇気と可能性をもらいました。本当にありがとうございました。

またお会い出来る日を楽しみにしています。

昨日は、1日セミナーに参加しました

何のセミナーかというと「アイデアをどうひねり出すか?」という内容だったんですね
アイデアって、出し方があるんだってことがよくわかりました

とにかく、新しいアイデアって、既存の体験や知識がベースになんですね
私はアイデアって、ひねりすような印象があったんですが、とにかく組み合わせなんだということがわかっただけでも楽になりました

「アイデアと企画は違う」これが大きな学びですね

これから、活用したいと思います

さてさて、セミナーの話もさることながら

場所が恵比寿なんですよ。

いや~、この響きにちょっとヤバイですよね

とにかく、今日は勉強会

けしてビールを飲みにきたわけじゃないんですね

しか~し。

恵比寿前には、堂々たるビヤホールが・・・・

20091004093434


セミナーが終了してからに参加した人達で、ちょっと寄っていくことにしました

その結果気がつくと・・・

20091004093432


こん時間になってしまいました

とてもおいしいビールをいただくことができた1日でした

あっ!違った!学びの多い1日でした。

ずーっとやらねばと思っていたことが2つあります

ひとつはホームページの作成、もうひとつは法的書類の提出。

時間や知識がないので、やろうやろうと思いつつなかなか進まなかったのがこの2つです

だから、思い切って人に頼むことにしました

そしたら、昨日、その回答が同時にやって来ました

まずはホームページ作成ですね

これは、前にも人にお願いしようと思ったことがあるんですよ。でもその時は、あまりにも忙しくて構想を練ることすらできなかったんですね

でも、まだ、十分が時間がとれないのは、以前と同じなんだけど「やらねば」のほうが強いのでやることにしました。

そして、以前お願いしようと思って2度ほど話をした女性から連絡をもらえるように知人に話しておいたら、昨日連絡が来ました。そして、来週打ち合わせをすることにしました

もう、どう考えても自分の力ではできないですね

確かに費用はかかるけど、今、前に進むにはこの方法しかないと思いました

そして、もうひとつの回答は、法的な書類です

法的な書類を専門の方にお願いしていたんですが、それがどうもOKになりそうだということです。

こちらが出来ない理由は、時間より知識がないからなんですよね

私は、会社を設立するときに登記を自分でやりました

公認会計士にお願いするとけっこうかかるようなので、本を見ながら公証人役場へ通い
登記所にも通い、なんとか自分で登記することができました

この時は、お金がなかったからがんばってやったんですね

何にもわからない状態だったけど、とにかく会社を立ち上げる時だたんで、お金がまったくなかったんですよ。

そんな状況だから、自分でやったんですが、今回のように専門的な知識が必要になってくると、いくら本を買って読んでも、やっぱり無理ですわ

費用はかかりますが、お願いしないとこちらも前に進むことができません

お願いしてよかったと思います

そんな1歩前に進むための回答が2つ同じ日に来たことはうれしいですね

ここんとこ、ちょっとヘコんでいたとこがあるんで、「やる気」をもらいました

人は、ひとりで出来ることなんて、ほんとちょっとなんですよね

人を頼ることの重要性を感じました

そして、なんだか「働く」ことの楽しさをさらに感じたような気がします

昨夜は、地元の中学に在学中の子供さんを持つ父親が集まる会に同席させていただきました

その会の名前は「おやじの会」といいます

普通、学校関係の集まりと聞くととPTAを思い浮かべますよね

でもこの「おやじの会」とは、もっと積極的に子供たちために活動しようという集まりなんですね

おやじの存在を知ってもらうということが目的ですね

そして、この集まりに来たおやじ達が、本当にすばらしい。

自分の子供だけじゃなくて今の中学生のことを真剣に考えているんですよね

なんで、そのような会に私が加わっているのか?

実は、この会から今度、中学生の前で話をして欲しいという依頼を受けたので、おじゃましてみたんです

実際に、その集まりに参加してみて良かったと思います

私が中学生の前で何をはなしたらいいのかが明確になりました

私が中学生に時代を思い出してみると、どんな凄い人の話を聞いたとしても、その内容までではなかなか覚えていません。

でも、その人に話をしてもらったという事実はだけは絶対に忘れません

私も話の内容よりも、シルクのマスター石井から話を聞いたことを
覚えていてもらえるように、今度の話の組み立てを考えようと思っています

それにしても、昨日のおやじ連はすごいですね~