FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
キャ~!!

今日は30日。
エントリーの〆切じゃ!!

もう、1時間を切ってしまった・・・

でも、今日は忙しかったので、眠い・・・

とりあえず、FAXを入れておこうか?

タイトルは
「セミナーに参加するための時間をつくる」です

【2008/04/30 23:13】 | 商い
トラックバック(0) |
今回は、前回の続きで“いい接客”について書こうと思ったんですが
今日、たまたま、“まずい接客”を受け、その解答がでたので
このさいだから、その事も書いておこうと思います

それは、今日、近くの不動産屋さんに、駐車場の更新手続きに行ったときのことです

私、今まで、どうしても、その不動産屋さんが好きになれないでいるんです

別に、悪いことをされたわけではないし
特別、接客が悪いわけではないんだけど
商売人として、好きになれないんです

その不動産屋には、もう、数回行っていますので
更新手続きなどに慣れてないわけじゃないんです

更新などで、行かなければならないと思うと、すっごく気が重くなるんです

どうしてなんでしょうか?

今までは、その原因がわからなかったんです
が、しかし、今日、発見しました

それは・・・
気分が悪くなるのは、その不動産屋さんから、
更新のお知らせが来たところから始まります

封筒を開けて、契約期間が満了するから、手続きをにきてくださいとう
内容の手紙を読んだ瞬間、「あ~・・・」とため息がでます

その文面から感じる雰囲気が、すっごくイヤなんです

なんと、例えていいかわかりませんが
商売人として許せない雰囲気をかもし出しているんです

さらに、更新の予約を入れた時の電話対応も、不快です
電話も向こうが見えるようです

だから、この不動産屋さんに行くのは、ゆうつなんです

たぶん、普通の人は、そんなこと感じないと思うんです
でも、私は、ダメなんです
感じてしまうんです。

それはまるで、ゲゲゲの鬼太郎が、妖怪の妖気を髪の毛で感じるように
私は、ビジネスの影に隠れている本音を心で感じてしまうんです

ただ、原因はココだ!
というような具体的な原因は、いままでわかりませんでした

ところが、今日、発見したんです

今日も、お店に入ったとき、ちょっとお待ち下さいと
イスの前で、立って待たされました

その時「イヤだな~」と思いながらも、不快の原因を考えてみました

接客態度が、特別悪いわけじゃない・・・
でも、どうして、ここに来るとイヤな気持ちになるのか?

そんな疑問を考えていたとき、ふと、答えがわかりました
天から降ってきたんです

あることに気が付いたんです

この不動産屋の人たちって、言葉では
「いらっしゃいませ」と言ってるけど
頭を下げないんです

このことを発見してから、意識的に観察してみたら
となりで契約が終わった人を見送る年配の女性も
事務机で、パソコンをやってる女性も
電話を応対している男性も
み~んな、「ありがとうございます」と口では言ってはいるけど
頭をさげていなんです。態度に出ていないんです

この気持ちを、私の接客アンテナがキャッチしたんです

今日のこの発見は、私にとって重要です
すごい、収穫でした

不動産屋さん、ありがとう!



追記を閉じる▲

【2008/04/29 23:36】 | 商い
トラックバック(0) |


ねこすけ
メラビアンの法則ですね。

言語情報 7%
聴覚情報 38%
視覚情報 55%

言葉に魂がこもってないことは、誰でも
すぐ解る。

といいつつ、自己反省!!


まずは、嫁に謝ろう・・・・・・


ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
言葉に魂がこもる・・・・

深い言葉だ・・・

数式化できれば、ノーベル賞間違いなし!

コメントを閉じる▲
私がブログを書くにあたって気を付けていることがあります

それは「愚痴や批判は書かない」というポリシーです
世界の中で、ブログ数が多いのは日本
それも、ほとんどが不平・不満を書いたものだといいます
それでは、せっかくの自分を見つめるチャンスが
悪い方向に行ってしまいます

なるべく、いいことを書くのが私のブログの方針です

しかし、今回の書く話は、批判と言えば批判なるかもしれません

内容は、“まずい接客”を受けたことについてなんです

では、なぜ書くのでしょうか?

実は、次に語る“いい接客”を話すうえでどうしても
伝えておかなければならないからなんです

さて、今回の“まずい接客”とは・・・
この前の前の日曜日、某有名100円ショップのダイ○ーに行った時のことです

もう、夜なんで、店はすいていました
ふたつあるレジのうち、1個だけが開いている状況で
私は、2000円ぐらいの買い物をしました

レジの中には、フロアーの責任者らしい女性が入っていて
キビキビと会計をすませてくれました

お金を払い終わって、レジの横の台に移動しようとしたとき
「あ!そうだ、チャック付きの袋を買うのを忘れた・・・」
と、買い忘れに気が付きました

「さて?どうしよう?」

会計はすんじゃったし、袋詰めして車に運んでからもどってくるのも
面倒なので、このままの状態で、とりあえず袋だけ買いに行こうと思いました

お店はヒマそうですし、レジにくるお客さんも、まばらなんで、
迷惑はかからないだろうと思い
そのレジのフロアの責任者の女性に、買い物カゴに品物が入った状態のまま
「すみません、ひとつ買い忘れてものがあるんで、ココにこのカゴを置いていいですか?」って、そのレジのじゃまにならないところに置こうとしたら、その女性
「置いてもいいですけど、見てませんから!!」ってけっこう強い口調で言われてしまいました

予想もしてなかった返答だったので、ある不快な感情が湧き上がりました

私は「見てなくていいですから、ここならジャマにならいのでお願いします!」
と言って、袋を買いに売り場に戻りました。

袋を探しながら
「なぜ、私は不快に思っているのか?」
を考えてみました

たぶん、言い方も原因のひとつだとは思います。

マニュアル的に考え、あとでクレームになりそうなことは避けたほうがいいと思ったのでしょうか?

しかし、「見てませんから!!」まで言わなくてもいいと思うんですよね
袋を1個買いに行くという目的は話しているんだから
すぐに帰ってくることは想像できるんだからね
それに、忙しくなさそうだし・・・

もっと、“言い方”を考えてから言えばいんだよね

まずさ、どっちにしろ、私は困ってるわけなんだから
「はい、わかりました」とか「かしこまりました」とかね
私的には「いいですよ」なんて言葉でもいいんですけど
とりあえず、私の気持ちに、OKはほしいんですよね

その後に、置いては困る理由をさりげなく伝えればいいんだよね
「ココにずーっといれませんけど、いいですか?」とかね

たぶん、何かあったときのことを考えて強くいったんだと思うんだよね
たとえば、買い物から変えてきたら品物が1個ないとかさ・・・

そんなクレームを心配してのことなんでしょうかね?
たとえ、無くなって、クレームつけられても100円ショップでしょ?
高額な宝石を置くわけじゃないんだから、いいと思うんだよね

私というお客に不快を与えて
次から来なくなったらどうしよう?
な~んて考えは、ないんでしょうかね?

さて、ここで、私が不快を感じた理由が、
これからのビジネスに方向に、おおいに関係があるとおもうのです

さあ、このへんのところを知っておいてから
次の機会に、今度は今回とまったく正反対の接客の話をします

では


追記を閉じる▲

【2008/04/28 23:27】 | 商い
トラックバック(0) |
昨日からの不安が、少し軽くなりました

25日の私の話についての感想を聞くことが出来たからです

まったく、的のはずれた話ではかったみたいでほんと安心しました

私といっしょにゲストに呼ばれ方は
とってもしっかりとして、すばらしい資料を作成しておりました

それとは、違って、私の場合は資料がよく出来ていません
ですから、私はしゃべるしかないと思って、なるべく、話すようにしました

メールやFAXをくれた方々本当にありがとうございます

こういう支えがあるからこそ、次の階段に足をかけることができるということなんですよね

本当に、感謝です

【2008/04/27 23:47】 | 商い
トラックバック(0) |


ねこすけ
お疲れ様でした。

私は残念ながら社用で参加できませんでした。
でも、他の方からの評判は入ってきます。
最高!だったそうです。


プレゼンで飯を喰っている訳でもないので、
上手く話をする必要もないですしね。
(私は、多少プレゼンが商売になってますけど
こんなもんです。)

ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
そうですよね
ねこすけさんから言われてさらに安堵しました

終わってから、知人からの評価は
「へたな漫才よりおもしろかったよ」
この言葉は、私にとって最高の賞賛でした

感謝の電話
カズ
石井さん、こんにちは。カズです。

今日は少し店頭も落ち着いたので
石井さんのブログを探し出して、
初っぱなからずーっと読ませてもらっていました。

おかげさまでとても良い勉強になりました。
ありがとうございます。


さて、今回のセミナーに大阪の友人(非会員)が
参加してまして、

「とにかくすばらしかった。感動した。紹介してくれてありがとう」と電話をくれました。

私たちの仲間になるって決めたんだそうです。
伝導してますね。

彼は大阪のセミナーには社員を連れて参加するそうですよ。


あー・・・私も行きたい!

でもPTA総会は休めないのです・・・。
DVDにならないですかねえ。

カズさん、ありがとう
マスター石井
カズさん、コメントありがとうございます

カズさんの友人の話、ちょっと安心しました
今回は、私はあくまでもゲストなので
ゲストの役目ができればそれで十分なんですよね

次回、大阪は、今回の内容をさらに吟味して
内容の濃いものにしようと思っています

4/26のブログにも書いたように
私の役目は、私にしかできないことをやるだけです

コンサルタントでもなければ
本職でプレゼンをやっているわけではないので
しっかり組み立てた話はなどできません

なぜ、そういう発想にたどり着いたのかという
“その瞬間”を重点に話ができたらいいな~と思っています

とにかく、私のリアルが
みなさんのビジネスの役に立てばいいな~と
願っています。がんばります。

コメントを閉じる▲
昨日、都内で行われた経営者の集まるセミナーにゲスト講師として呼ばれました

私より、もっと前を進み続けている先輩経営者もいるし
すばらしい業績を残している経営者がいるにもかかわらず
郊外の町の、それもこんな小さなクリーニング屋の店主が
人前で話すなんてとんでもないことだと思っています

とは言っても
私は、あくまで商人なので、マーケットの方法やマネージメントの話などできるはずがありません

ただ、日々、自分の商売の中で実践していることを話すだけです

そういった商売の話をすることは、さほど難しいとは思っていません
毎日、工夫をして商売をしていますから、実践内容の話ならたくさんあります

だだし、全部並べて話し出したら、ただの自慢話になってしまいます

仕事の自慢話などしても、何の学びもありません

私がゲストとして呼ばれたことには、意味があると思っています
それは“私にしかできない役目を果たす”ということです

その役目とは、実践内容をたくさん話すということではなく、
“どうして、今の自分があるか”ということです

私のいままでを振り返って見ると
思いついたことを夢中で実践して、結果をまとめて、また次の実践をして
うまくいかない場合は、修正して、実践して、まとめて、とそんなことを繰り返していました

だから、自分の変化など気が付かないで突っ走ってきました

でも、そうこうしているうちに、いろいろなことが見えるようになりました
というよりは、見え方が変わったと言ったほうが正確かもしれません

でも、それは結果であって
その時には、自分の変化など感じていませんでした

実践をしていない3年前と今とでは、全然違う見方になっていることは確かです
しかし、1年前と今とを比べても、そうとう違います

それだけ、めまぐるしく変化している中で
その変化のきっかけは何かを自分に問いただしたとしても
なかなか難しいモノがあります

しかし、そこのところが伝えられるかどうかが今回の勝負だと思っています。

“その瞬間”は今、振り返ってみるといくつもあることがわかります

平凡なたとえかもしれませんが
“その瞬間”とは、階段の踊り場です

階段1段1段が実践です

その階段と踊り場の関係を、昨日、遠方から来ていただいた方々に
伝えることが出来たかどうか、本当に気になっています

今、昨日の話を、もう一度思い出して
さらなる表現方法によっと“その瞬間”を伝える努力をしようと思っています

こんなどこにでもあるクリーニング屋の店主が
ほんの2~3年で、まったく違った見方をするようになれるんだから
商人の誰でも成れることは間違いありません
これは、私が体験済みです

ぜひ、全国の商人が、楽しみながら実践を繰り返し
「商売って、メチャメチャ楽しいじゃん!」
と、ひとりでも多くの方が思えるような社会が訪れることを祈っています

私のつたない話を聞いてくださった皆さん
本当に、心から感謝いたします
「ありがとうございました」

【2008/04/26 23:55】 | 商い
トラックバック(0) |


てっちゃん!
お役目大変お疲れ様でした!
Good Job!^^

参加出来ずに残念です。(TT)
次回は大阪ですね、もうひと踏ん張り頑張って~^^


てっちゃん、ありがとう
マスター石井
今から、大阪の準備をします

反省を踏まえて、組み立て直しをします
もうひと踏ん張りしますよ~
応援よろしくお願いします

お疲れ様でした。
とんとん
もう一息顔晴ってくださいね。

大阪の商人も
きっと待ちわびていると思いますよォ。

私も聴きたかったナ~。



コメントを閉じる▲
緊張しまくってます

せっかく、時間をさいて来ていただいた方々に
期待どおりのお話ができるのか・・・

ぶっつけ本番でがんばります

【2008/04/25 11:52】 | 未分類
トラックバック(0) |

やっぱり凄かった
銀座の店主
マスター、25日は大変勉強になりました。
新潟から三代目を呼び寄せたかいがありました。
小阪先生の社会の背景から、マーケティングの骨格の説明、そして、マスター、米澤社長の実践例、めちゃめちゃ贅沢な講演会でしたね。

仕事落ち着きましたら、ぜひ、築地へ来てくださいね。


銀座の店主さん、ありがとう
マスター石井
新店、新事業などで、お忙しい中
参加していただきありがとうございました

銀座の店主・新潟の三代目・小さな街のクリーニング屋と不思議な組み合わせの
不思議なトリオが出来てしまいましたね
先生も、喜んでいましたよ

築地ツアーを楽しみに
春の繁忙期を乗り切りたいと思っています

一段落したら、おじゃまします。
よろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
ついに映画「ルイスと未来泥棒」のDVDが
4月23日発売になりました

もちろん、うちにも昨日入荷しましたので
店頭に並べてみました

IMG_2266.jpg


いい感じです

ここに並んでいるのは、すでに予約分なので
嫁ぎ先が決まっています

でも、あと20本ぐらいは販売してみたいんです
それには、どうしたらいいのか・・・?





別に、ノルマじゃないから、いいんだけど
とにかく、売ってみたいという感情がある以上は
チャレンジしてみることにしました

まずは、レンタルDVD屋さんへ
あれ?あるにはあるけど、4本だけ?

ここのレンタルDVD屋さんは、けっこう在庫が豊富で
新作がでると、20本ぐらいは、ドーンといれるんですよね

それが4本・・・さびしい・・・

でよくよくそれを見ると、
「うん?パッケージが違う?」

DVDを見るとレンタル専用になってる
そうか・・・いろいろ違いがあるんだ・・・

と、まずは、製品の下調べをしました

あとは、純粋に販売促進をしていきます

あれ?私って、何屋でしたっけ?


追記を閉じる▲

【2008/04/24 20:42】 | 未分類
トラックバック(0) |


ねこすけ
くめっちさんに、代引きで送って上げて下さい。
20本くらい捌けると思います。


・・・・・私も何の商売で飯喰っているんでしょう?
自分でも、良く解らない。

ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
そうか!
そういう手があったのか!

まとめて売るなんて考えてもみませんでした
最後の切り札に、とっておきます

コメントを閉じる▲
さてさて、昨日のプレゼントの答え
それは↓
IMG_2272.jpg


正解は、デジカメでした

実は、私は誕生日にデジカメを買うことを決めているんです

それは、一昨年から、そうしました

自分へのご褒美としたんですが
面白いことに、ただそれだけではないことがわかりました
今のような仕事のやり方をする前は
誕生日といえば、家族で食事に行くぐらいのもんです

まあ、そんな感じで、じゅうぶんでした

でも、お客さんを喜ばすマスターになるには
とにかく、自分にも、ご褒美を与えて、ワクワクしないといけないと思っていましたが
何か理由がないと自分へのプレゼントなんて、なかなかできないんですよね

そこで自分の誕生日をイベント化することにしました。

まずは、自分で、自分にプレゼントを用意する
おいしい店を予約する
家族を招待する

そうして、いろいろ演出を考える

プレゼントも、いろいろ迷うから
進化の激しいのデジカメに決めてしまいました

余談ながら、デジカメの進化はスゴイ!
1年経つと、まったく違うモノに変身してるんですよ

まあ、そんなわけでデジカメを買うと決めました
新しモノ好きといっちゃえばそれまでなんです。ハイ。

そんな楽しみを、とにかく作ってしまう

もちろん、旧デジカメは、息子達の手に渡ります
1年おちだから、けっこう喜んでいますよ

そんなことを、ここ3年ぐらいやっていると
な~んか、おもしろい感情がわき出してきたんです

そう、それは
「人を喜ばすことって、どういうことなのか?」ってことがわかってくるんですよね

ようするに、自分の誕生日の演出をしていると
そのポイントが見えてくるんです

欲しいものをもらって喜ぶという感情が
どういう盛り上がり方をするのか
ってことが、よくわかるんです

もし、デジカメというモノだけを
突然、もらったとして、果たして私は喜ぶだろうか?とか考えるわけなんです

私の場合は、1ヶ月前ぐらいから
カタログを集めて、ネットで価格を調べて
な~んてことをやっていたんですが
それって、面倒なんだけど
欲しい人にとっては、すっごく楽しい時間なんですよね

よく、新しいモノを購入するとき
カタログを見てるのって楽しいじゃなないですか?

そして、そのモノを手に入れちゃうと
安心しちゃって、買う前の楽しみが無くなってしまう

そんな感情の変化を自分で、計画的に体験していると
それが、接客や販促のヒントになるんですよね

最初は、ただの自分へのご褒美と考えていた誕生日
いつのまにか、思いがけない学びの場となっていました

ご褒美は、金額の高い、安いではありません。
やるか、やらないかだけです。商売人たるもの、自分へのご褒美は、きっちりしておきましょう




追記を閉じる▲

【2008/04/23 23:39】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |


ねこすけ
自分へのごほうび。

いいですね。
私も小さな試練を超えたら、そっと小さな打ち上げを
やることにしています。

脳が喜びますけんな。

おめでとう御座います。
ブラックローズ
今日は、さっそくデジカメ君の出番だったんですか???

永らくお借りしていました本!
本日、返却しました。

ためになりました。
私も少しエコに心掛け様と思います。

ブラックローズさん、ありがとう
マスター石井
はじめまして、ブラックローズさん

コメントありがとうございます
少しは、役に立ったでしょうか?

当店のエコへの取り組みは
これらガンガンいきますから
注目していてくださいね


ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
ねこすけさんの小さな打ち上げって
なんだろう?

気になります・・・

コメントを閉じる▲
本日、私の誕生日のため
プレゼントを自前で用意しました

さて中身は・・・
IMG_2262.jpg

明日、公開です

【2008/04/22 23:44】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |


ねこすけ
おめでとうございます!!!
では、好例の・・・・

ワーイ\(^o^))/…\((^0^)/ワーイ
ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ
ラッキー(/\)チャチャチャ\(^o^)/ウ-!!
コッチモ\(^^\)(/^^)/アッチモ
アリカト\(^^\)(/^^)/アリカト
アタリ\(^^\)(/^^)/アタリ



おめでとうございます!
えびっこ
お誕生日おめでとうございます。
いくつになっても、誕生日って
うれしいものですよね。

プレゼントは、何かな?(●^o^●)




てっちゃん!
ハッピーバースデー♪^^

ますます元気にGood Job!で~


ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
そこまで、盛大にお祝いしてもらうと
照れるな・・・・(^^;)

えびっこさん、ありがとう
マスター石井
答えは、デジカメでした

仕事がら、洗う前のシミの状態などを
撮影するために、つねにポケットに入れています

まあ、基本的に新しモノ好きなんですよね

てっちゃん、ありがとう
マスター石井
パートさんの前で
「これからは、誕生日をイベント化する」
と宣言してしまいました

具体的な内容もなしに・・・

コメントを閉じる▲
ついに、やって来ました
私の望んでいた新規のお客さん

その最初の一言が
「こういうクリーニング屋さんを探していたんです!」

これです。これ。
この一言が聞きたくて、今回チラシを発行したんです

いや~うれしいの一言ですね~

明日、4月22日は私の誕生日
この誕生日を前にして、私の理想とするお客さんと出会えてことは
本当にうれしいことです

これぞ、「一期一会」なんですね


今回のチラシのタイトルは
「ていねいなクリーニング屋をお探しのあなたへ」でした

サブタイトルは
「あなたは、クリーニング屋でイヤな思いをしたことがありませんか?」なんです

今までに、いろいろクリーニングを利用したけど
あまり、じょうずなクリーニング屋さんがなくて
がっかりしていた人を、思い描いた作ったチラシです

そのチラシを見て、その通りの人が来てくれたということは
本当に感動です

今回、来店してくださった新規のOさんは
「いままで、クリーニングに出したけど、落ちなくてあきらめていたんです」
「このコートの汚れは、去年のです・・・」
「自分で水でこすったら、落ちたんですよ・・・」
「もう、こういうクリーニングさんは無いと思っていました」と話していました

だめ押しに、うれしかった言葉は
「こんな近くに、こういう店があったんだ・・・」です
この言葉を話しながら、悔しそうにしているOさんが、とっても、いとおしく感じました

本当に、今回、思いきってチラシを発行して良かったと思っています

そのチラシにつけたオファーの期限が4月30日までなんです
今回の出来事をしっかり検証、分析し
次回の実践のために役立てたいと思っています

この続きは4月30日以降に発表します


追記を閉じる▲

【2008/04/21 23:46】 | 商い
トラックバック(0) |

お誕生日おめでとうございます。
とんとん
うれしい誕生日プレゼントでしたね。

新規さんほど緊張しつつも
ありがたいものはありませんよねェ。

うちもボチボチ集客中。
効果はまだまだかな~?

ご報告が楽しみです。

お互い顔晴り(がんばり)ましょう!





とんとんさん、ありがとう
マスター石井
新規のお客さんは、ほぼ口コミです

確かに口コミで来店していただけることは、うれしいし
最初からうちのことをよく知ったますから
いきなり、大量に持ち込んでくれたりします

しかし、今回は、私が書いたチラシで私が探していた人に
やっと出会えた(お客さんも、そう思っていると思います)
という喜びは、また、なんとも言えない感動がありました

とんとんさんも、集客がんばってくださいね
いい出会いはあったら、教えてください。


ねこすけ
おめでとうございます。
さすが、マスターですね。

ブログでは、お初になります。
ねこすけです。=^・^=

私の偽者が出るほどの人気はないでしょうけど・・・
一応、本人です。

お客を選ぶ店は、お客に選ばれる。
お客を選ばない店は、お客にも選ばれない。


今月は、一杯「ペンが置かれ」ますね。
あ、このネタは禁止でした。でも、アマゾンさんで
本も購入しました。400円でした。
もう少し興奮が冷めてから読みます。

では、今後も宜しくお願いします。


PS
口コミ伝染者は、「ゴーちゃん」です。

誕生日オメデトウございまっす
こうちゃん
小五郎さん、誕生日オメデトウございます

4月22日は「良い夫婦」の日でもありますね!

これからも、仲の良い夫婦で張り切って
いって下さいね

本当にオメデトウございます(^_-)

ねこすけさん、ありがとう
マスター石井
こんばんは、ねこすけさん。
コメントありがとうございます

>お客を選ぶ店は、お客に選ばれる。
>お客を選ばない店は、お客にも選ばれない。

そのとおりですよね
いままで、お客さんを選ぶとういう概念がなかたのですが
このスタンスは重要だということに気が付きました

お客さんを選ぶということは
別に、高飛車になるということではなくて
自分の店のコンセプトを明確にして
なおかつ、発信することによって
そのコンセプトを必要とする人と
コンタクトを取るってことですよね

重要なのは
自分の店のコンセプト、理念、ミッションを
明確に持っているのかということと
それを表現できるかどうかとうことですね

これから頑張ります
ねこすけさん、応援よろしくお願いいたします


こうちゃん、ありがとう
マスター石井
よい夫婦ですか・・・
現状は・・・どうだか・・・

まあ、気を取り直して
このネタを来年のニューズレターに
応用することを考えます?

これからよろしくお願いします。

おそくなりました!
タケノウチゴー
マスター、お誕生日おめでとうございます!!
夜ファクスお送りしようとしたのですが社長に捕まり…(^_^;できず…(笑)





タケノウチゴーさん ありがとう
マスター石井
その気持ちだけで、じゅうぶんです (^_^)v

コメントを閉じる▲
今日は、日曜でお店が定休なんで作業はお休みです

でも、朝9時から出勤して
今、帰ってきました

昼飯は、事務所で食べましたが
夕飯は、家族と回転寿司を食べました

今日は、ずーっとやりたかったことを
朝から、ずーっとやっていました

それは、お客さんへの礼状の見直しです

うちの店は、お客さんが新規で来店すると
お礼状を出します

もちろんタイトルは「一期一会」です

それは、よくぞ、来店してくださった!というお礼と
一生に一度の出会いに感謝のためです。

考えても見てください。
初めての店ってけっこう勇気がいるんですよね

クリーニング屋だって、最初にハードルは高いと思います
そりゃ、知り合いの紹介なら、事前に情報を仕入れていますから
安心かもしれませんが、
お店を見てとか、チラシを見て来店するってことは
かなりの冒険だと思うんですよ

うちのようなサービス業じゃなくて
モノを売ってる商売の場合
別に、初めてのお店だったとしても
一応は、「買わない」って選択枝があるから
それなりに、入ることはできます。

ところが、床屋さんとか、歯医者さんとか、
自分の何かを任せるお店っていうのは、
何もしないで帰るっていうのが難しいですよね

やっぱ、その店の情報を、口コミとか、評判とかで
事前に知っていないと、なかなか入れませんよね

だからこそ、新規ご利用のお客さんには、
その勇気にに対して、お礼は言わなきゃダメなんですよね

そんなお礼の文章を考え直していたんです

文章だけでなく、運用のシステム化も考えました

システム化、な~んて聞くと、すっごく綿密な考えと行動かとおもうかもしれませんが
そんなことは、まったくなく
壁に画鋲であるのか、バインダーで運用するのかという
根本的な部分を、今日考え直してみたんです

それと、お客さんに渡す「私がこの店を始めた理由を書いた手紙」も、
少し手直しが必要になってきました

というのは、この文章を書いたのは、去年のことなんで
時代と、お客さんの変化に微調整しないといけない部分が出てくるんですよね

いままでは、お客さんの名簿は、壁に貼っていたんですが
どうも、更新がうまくいかず、いつもDMの発送するタイミングを逃してしまうんです

まあ、私も作業をしながらのことだから
忘れてしまうのは、しかたのないことだとは思いますが
もっと、うまく管理できればいいな~と
ずーっと思っていたんです

それを、今日は丸一日かけて、見直しました

胸の中で、モヤモヤしてたことがスッキリしました

そして、やっと仲間へのニューズレターまで
手が回るようになりました
「最近、届かないよう~」と言っていた方々
本当に、申し訳ございませんでした
明日、ヤマトメール便で発送となります

イヤ~、また、今日もいい仕事をした
というわけで、もちろん、お疲れさまビールをいただいております

そうそう、アサヒの「熟選」ってビール、ひさびさにうまいッスヨ。
アサヒ、がんばってますね~


追記を閉じる▲

【2008/04/20 23:49】 | 商い
トラックバック(0) |
やっと、追いつきました。(^_^)v

いままで、追われていたニューズレターの発行が
なんとか、軌道に乗ってきましたよ~

いつも、予定ギリギリに発行している状況が続いていて
ここ、最近、クリーニングとまったく関係ない・・・でも、すっごく関係のある
そんなことばかりやっていたので
いつ、正常にもどるか心配していました

前月号は、制作部数の間違いもあり、うまく発行できませんでした
今回も、やはり部数間違いがありましたが
なんとかなりそうです
いままで、ニューズレターは自前でコピーして
たたんで、封筒に入れていました

家族総出の作業になりました
以前、その様子を写真で公開したことがあるのですが
それは、もう、大騒ぎ状態です

正月そうそう、レターを折り、封筒にいれている写真もありました
よく見ると、息子の格好はお出かけモードです

たぶん、私が出かけるのは引きとめて、無理やり
手伝わせてしまったんでしょうね

しかし、そんなことを続けていれば
家族に迷惑がかかるということから
発行に関する業務を外部に委託するようになりました

コピーも印刷屋さんに頼むようにしました
印刷コストを比べると、そんなに変わらないことがわかったからです

ところが、いつも原稿が出来上がるのは、ギリギリなんで
印刷屋さんに超特急でお願いすることが多くなりました

でも、急いでも限界があるので、数日はかかってしまいました

原稿が出来てから、すぐに印刷できたうえに安い方法はないものか?
そんなことを思っていたら
商工会のリソグラフを借りれることになりました。

リソグラフのスピードのおかげて
原稿が完成して、最短でその日のうちに印刷が終わります
ただ、印刷に商工会にいかなければならないのはちょっとたいへんです
でも、その印刷スピードは感動的です

そして、今月、私の都合で、どうしても23日ぐらいには、
お客さんの手元に届いてほしい内容のニューズレターだったので
逆算してみると、発送業者に18日には渡さないといけないことがわかりました

しかし、原稿が15日の時点で完成していません

その日は、原稿を書きたかったのですが
大切な勉強会が下北沢であるので参加することにしました
帰りは、当然終電でした
夜中の1時ぐらいです

そんなわけで、15日は、原稿にまったく手がつけられませんでした
「18日に発送業者に渡すのは、どう見ても無理かもしれない・・・・」
ふと、脳裏をよぎりました。

しかし、どうしても、25日に私がお店を留守にすることを
お客さんに伝えておかなければならないので
「どうしても、出すんだ!」と決めてしまいました

翌16日は朝5時に起き、夢中で書きました

お昼休みに、ちょっと手直しをしました。

そして、なんとか午後3時に、原稿完成

その完成した原稿を持って、商工会に印刷させてもらいに行きました
まだ、この時点で昼飯は食べていません

印刷が終わったのが夕方の6時。
なんとか、ニューズレターの印刷だけは終了しました

けっきょく、昼ご飯を食べる時間はありませんでした

あとは、宛名です。

17日に印刷しようと思ったんですが
ところが17日は、超忙しくなってしまい
まったく、宛名に手をつけることができませんでした。

残るは18日
この日の午後3時に、発送業者がニューズレター一式を取りにくることに
なっているのでなんとか、それまでに印刷しなければなりません

仕事をしながら印刷していたんですが
なかなか、終わりません
そうこうしているうちに、ついに発送業者が来てしまいました
宛名の状況を見るとあと10枚ぐらい
業者に待ってもらって、なんとか無事渡すことができました

まったく、すべてがギリギリでした

でも、振り返って見ると、よく15日の時点で
あきらめなかったと感心しています

絶対無理だと思ったんですが
やると決めたら、なんとかなるもんですね

ひとつ、学びましたよ
「人間、あきらめなければ、必ずできる」
とってもシンプルな学びでした。


追記を閉じる▲

【2008/04/19 23:16】 | 商い
トラックバック(0) |


てっちゃん!
Good Job!^^

お疲れ様でした!

てっちゃん、ありがとう
マスター石井
サンキュー!

コメントを閉じる▲
昨日の相談の続きです

実は、その商工会の担当の方に話したことは山ほどあるんですが
私は、イベントプランナーじゃないので
ここどは、もうひとつだけ書いておきます

それは、“音”です

“音”と言っても、さまざまな役目があります

その場をにぎやかにしたり
ムードをかもしだしたり・・・

でも、私が話したのは、あくまでも集客に絞ってのことです

そのイベントに自転車で向かっている時に
生演奏が聞こえて来たんです

その時に、感じたことは
「なんだか、ワクワクする」でした

映画の例えるとオープニングみたいなもんでしょうか

映画館で映画が始まる前に、
まったく関係のない予告編とか、お知らせとかするじゃないですか?
面白い映画の予告編もあれば、怖い映画の予告編もある
あとは劇場からのお願いや注意事項なども
スクリーンに映し出されますよね

それ自体は、どうってことないんだけど
見ているだけで、ワクワクするんです

それは、
「これから映画が始まるぞ~!」という期待感からなんです

その気持ちと同じように
自転車で、イベントに向かっていると時に
生演奏が聞こえて、なんだかワクワクしたんです

そのことを、商工会の担当の方にお話しました

その生演奏は、午前に1回、午後に1回程度で
あとはCDをかけていたんですよね

その時の私の気持ちを素直に伝えました

「あの生演奏が聞こえた時は、どんなイベントなのか、ワクワクしたよ」

「でもCDがに変わった時点で、どこのデパートの売り出しかなって感じ・・・」

ここで重要なのは“音”という集客効果

看板は、見える場所にいかなければ
まったく効果がないけど
“音”は、建物が建ち並んでいても
その間を縫って進んでくる広告なんです

その広告の力をよく認識して
適切な選択をしないと
効果がまったくなくなっちゃうんですよね

その例として
“石焼きいも屋さん”と“チャルメラ”の話をしました

たぶん、わかってくれたと思うんですが
だいたい、こういった話をすると
「そう、言ったって1日中生演奏をするわけにはいかないですよ・・・」
って言葉が返ってくると思ったので先手を打って
その場合は、こうして、ああしてすればいいんです
と親切に解決策まで話しました
そして、もっとついでなことにその効果まで話してきました

こんなに面倒見のいいクリーニング屋はいないと思います

帰り際に
「本日は、本当に、いい勉強をさせていただきました」
と言って帰ってきました

でも、今考えると、やっぱこれだけ話ならば
せめてコーヒー1杯
イヤイヤ、ケーキぐらいつけて欲しいですよね

今度会ったら、言っておこう
「商工会さん、これからはコーヒー1杯+ケーキで」とね


追記を閉じる▲

【2008/04/18 23:34】 | 商い
トラックバック(0) |

音・BGM
くめっち
妻が店内のBGMに「槇原敬之」さんを流す。

けして悪い歌ではないし、牧原さん・・すごいいい歌なんだけど、お買い物の音楽ではないんですよね。店内のお客様の導線が成り立たなくなる。

やっぱり・・矢沢永吉さんもそう。おいら・・大ファンなんだけど、店内のBGMに「YAZAWA」は合わない。

店内のBGMのボリュームを少し上げたんです。すると不思議なことに・・・・滞在時間が長くなりました。

「空間」・・というものが生まれたのかもしれません。

くめっちさん、ありがとう
マスター石井
BGMの話、すっごく興味ありますよね
確かに、ボリュームひとつで
空間のイメージが変わるんですよね

それにしても滞在時間まで影響するとは・・・

そうそう、くめっちさん、それって
「感性工学」のテーマですよ
ぜひ、使用前の使用後のデータを
測定したほうがいいですよ。

コメントを閉じる▲
地元の商工会に用事があって行った時のことです。

商工会の中でイベントを担当しているそれなりの立場の人から
「石井さん、ちょっと・・・・」
って声をかけれ、別室に連れてかれました

「仕事の話じゃあないんだけど・・・」
って言われてました

「何のことかな~・・・もしかして、北口活性化構想案の会合で、言っちゃったころかな?」
と、いろいろ心配にはなったんです。

すると、商工会の担当方は
「この前、駅の北口活性化のために初めて開催したイベントのことなんだけど
あれを、年2回のペースでやるんだけど、どう思う?」
って聞かれたんです

「え?相談ってそれ?」
そもそも、こんな話を、町のクリーニング屋のおやじに聞かないで
その道の専門の方に聞けばいいんでだよね
街おこしコンサルタントって、いるんじゃないですかね

でも、このイベントは、それなりに意味はあると思っているんです

だから、興味もあったんで土日の2日間、
会場の視察がてら、ぶらぶら、見学してみました。
初めてのイベントだから、いろいろと工夫はしているんだろうと
期待をして行ったんですよね

地元新聞の記事には、1万に以上集客できて大成功とあったけど
私の目でみたら、そうには見えませんでした

その理由は、街の活性化にまったく貢献してないからです

今回のイベントの主旨がただの打ち上げ花火のように「楽しかったね」でいいんならいいんです

でも、街の活性化を目的とするならば、ダメです

私がこのイベントを通じて学んだことは多々あります
始めてやるイベントだから、準備は不十分だったと思いますが
ほんと、商売人にとって、いい勉強の機会でした

私は、コンサルタントではないので、難しことは言えませんが
最初に、その商工会の担当に方にお話したのは

導線のことです。

あれ?導線って言葉でいいのかな?それとも動線?
まあ、漢字はよくわからないんだけど
とにかく、どう、人が動くのかということなんですよね

そのために、まず駅に行ってみました

駅からを降りた人がどう行動して会場までいくのか
観察してみたんですよね

でも、普通、気になるでしょ?

人がどうやって集まってくるのかってことが・・・

だって、イベントっていうのは、集客が目的なんだから
とにかく、どう人を集めるか考えないとダメでしょ?

だから、そのための仕掛をしてないとしたら問題なんだよね

で、実際はどうだったのかっていうと・・・・

駅の階段を下りるとポスターはあるんです・・・
でも、ちょっと小さいけど・・・・

まあ、小さくても見る人は見てくれます
そのポスターを見た人は、次にど動くのか?

あれ?バス停に行きましたよ
会場はすぐそこなのに・・・

本来は、
「突き当たりを左に曲がって
信号を渡って、そのまま進んで、ビルの角を右に曲がれば
会場がの入り口にメインアーチがある」
そんな流れがなんですが

実際に、私が観ていると
「突き当たりを右に曲がって
信号を渡って、左に曲がって、次に右に曲がって
メインアーチじゃないところから、会場に入ってしまった」
って感じなんですね

会場への導線が設定されていないんですよね

「導線を描いていないから人がそのように行動してくれないんですよ」
ってその商工会の担当の方に話したら
「初めてのことですし、どこから来るかわからないもんで・・・」
との答えでした。

そりゃ、もっともなことです
でも、それじゃイベントは成功しません

イベントを成功させるために
イベントの内容は、確かに重要です
でも、イベントの内容がいいからって
勝手に人が集まってくるなんてことはないんです

超有名な芸能人だったら、そりゃ話は別ですよ
導線なんて、考えなくてもOKです
どんな困難を乗り越えてでもやって来ます
シークレットライブと言えば、意地でも来ます

「超有名人じゃないんだったら、ちゃんと仕組みを作らないと、人は来ないですよ」
と、ちょっとおせっかいかも知れませんが言ってしまいました

このことって、商売といっしょなんですよね
まずは、とにかくお客さんに来てもらう
それがもっとも重要なんですが
どうも、そこを誤ってしまう人が多いんです
いい商品なら、大丈夫!ってね

でも、その商工会の担当の方の名誉のためにも言っておきますが
実は、その方、商売人よりは、商売のことが見えていると思います

本当に見ていなのは、昔から商売をやられている方なんですよね

商店街が衰退しているのは、けして近くに大きなショッピングセンターが出来たためではありません

商売人が、商売とは何?ってことが見えなくなり、
やがて、こだわりを捨て、儲けに向かってしまったからなんですね


今、その捨ててしまったこだわりを、もう一度拾い上げ
商売が衰退していく本当の理由を知ったとき
日本国中の商店が生き生きと商売をするんでしょね

ほんと、今回はとっても多くの学びを得たイベント視察でした
商工会の担当の方、こんなクリーニング屋のおやじの話でよかったら
いつでも、話しますからね
でも、これからは有料です。

1時間につき、ホットコーヒー1杯ってとこでどうですかね?


追記を閉じる▲

【2008/04/17 23:19】 | 商い
トラックバック(0) |


タケノウチゴー
導線の設計…って、あながち冗談じゃありませんが、「お葬式」を思い出してみればわかりやすくないですかね?

そのイベント(=お葬式)に迷わず確実にたどり着けるように、駅とか主要なところから会場まで絶対に迷わないように(指をさした)矢印がつづいてますよね。

行く意志をもった人が確実に到着できないといけない。そうでないと悔やんでも悔やみきれない重大な重いが、お葬式の場合にはあります。


「イベントを行っているから、知っている人には来てほしい」

という意思は、(失礼な表現ですが)

「家の者が亡くなりました。それを知ってくれた方にはぜひともお葬式に着て弔ってあげてほしい」


という思いとかなり近いと思ったのです。


不謹慎な表現、失礼しました。

まいどで~す
こうちゃん
導線というと、「忙しい時の無駄をなくすための道」みたいな意識があります。 

カット後に見せる鏡・髪を掃うホウキ・お顔そりの蒸しタオル・
ドライヤーなどの位置関係は一人の時と、
数人でやっている時では考えされられます。


効率を良くして、その時間をお客様が喜んでくれるために使いたいですよね。


火曜日のペン・・・素敵でした


私も多くの学びを得ました!!  感謝!


千葉の会では、小五郎さんをいつか呼ぼうと思っています。  是非、お願いします

タケノウチゴーさん ありがとう
マスター石井
その通りですよね

ちょうど、今日、友人のお父さんが亡くなられたので
お通夜に行ってきました
お焼香待ち(といっても、すごい列の最後部あたり)
の時に、斜め前の人の携帯が鳴りました
不謹慎や奴だ・・・と思いながら
聞き耳を立てていたら
どうも、お通夜の場所がわからないという電話らしのです
やはり、導線は重要ですよね

こうちゃん、ありがとう
マスター石井
千葉の会、聞いただけでワクワクします

ゆっくり、みんなで話をしたいので
できれば土曜日あたりに開催していただけると
泊まりで行くことができます

いずれにせよ
今は、クリーニング屋にとって超繁忙期
おいおい、調整してぜひ開催をお願いします

コメントを閉じる▲
私の宝

takara.jpg

【2008/04/16 01:36】 | 商い
トラックバック(0) |


てっちゃん!
先日はお世話になりました!

後ろ髪を引かれながらの中座でしたが・・・。

こ、このペンは?
ひょっとして「あのシーン」が?^^


てっちゃん、ありがとう
マスター石井
そのとおりなんです

感動的でした

モノではありません

自分のほうに歩み寄ってくる人
そして、そこにはそれぞれの物語が・・・

最近、めっきり涙腺が弱くなってしまいました。

ニコニコと
タケノウチゴー
してしまいました。
昨日もこの日記拝見しましたが、今改めて拝見して、
「あのシーン」
再現がここであったこと、本当うれしいなぁーって、おもって、思わず一人PCの画面を前にして満面の笑みとなったのであります(*^_^*)



あ、自分のことはおいといて、ですよ(笑)

コメントを閉じる▲
朝、早く起きて竹炭をつくる現場を見学に行ってきました。

そこは、小鳥がさえずりなんとも穏やかなところでした

なんで、クリーニング屋が竹炭の現場を見に行ったのか
不思議ですよね~。

それには、深~い意味があります

ひとつは、私が今年のテーマでもある「消臭」に関係しているからです

今、消臭というとテレビで宣伝している某ファブ○ーズを思い出しませんか?
あれって、使ってる人、けっこういるんですよね

でも、大丈夫なんでしょうか?
今、やってる宣伝なんか、私はどうかと思うんですよ

学生服の臭いを、シュッシュッとスプレーして
デートに行かせる
私から言えば「洗っちゃよ!」ってことなんですけどね

そのへんのところがなんとも理解できないんですよね~

ところで竹を焼いている現場の話なんですが・・・
人間、火を見るとなぜかうれしい

take3.jpg


焼かれる順番を待つ竹たち
take1.jpg


焼かれる前にきれいなります
take2.jpg


コレが釜
take4.jpg


芸術品のような竹の炭
take5.jpg


追記を閉じる▲

【2008/04/15 09:13】 | 商い
トラックバック(0) |
こんなことで、腹を立ててはいけないと思いきや
いい気分でないことは確かなんですよね

それは昨夜、妻とふたりで夕飯を食べに行った時のことです

迷ったあげく、一度も入ったことのないオムライスの店入りました

チーズが入ってたり、ビーフシチューがかかっていたりと
けっこう、おいしいそうだったからなんです。

日曜日の夕飯といっても、もう、時間も遅いので
お店は、混雑してませんでした

店に入ると、女の子がやってきて
「なん名様ですか?」って聞くから
「2名です」って答えたら
「では、こちらへどうぞ」って、

通されたのが、な、な、なんとファーストフードにあるような
やっと、ふたりが座れるスペースの席でした

これじゃ、せっかくの夕飯時に、ゆっくりできないし、
気持ち的にさびしい感じだったんで
「もっと、広い席ありませんか?」って聞いたら
「でしたら、こちらにどうぞ」
と、窓際の席に案内されました

よく見ると、窓際の席はガラガラ
店内も、まったく混んでいません

そんな時に、いくら、ふたりだとはいえ
マニュアル通りにふたりがけのイスに案内しなくて
いいと思うんだけど、どうだろう?

せっかくの夕飯だったんですが、無性に気分が悪くなってしまいました

これは、きっとマニュアルのデメリットなんでしょう
ふたりで来たときは、ふたりがけの席に案内する

これは間違いではないけど
店内が、ヒマだったらっていう
前提条件ってないんでしょうか?

「やってもらってうれしいことを、お客さんにする」その店員も、そこを大切にしていたら
こんなことにはならなかったことでしょう

このこと以来
店頭でも接客を見直しております

日々、進化していかなければ・・・

【2008/04/14 23:41】 | 商い
トラックバック(0) |
今日は、朝早くから起きて
事務所の机の上を、かたづけとニューズレターの作成をする予定でした

まあ、霧雨が降っていたので、どこへ行くこともないから
はかどるかと思ったら、やはり、だらだらと時間は過ぎてしまいました

しかし、せっかくの休みということなんで、
何かひとつは、いつも出来ないことをしよう
そう思って、映画を観にいくことにしました


タイトル「ドラえもんのび太と緑の巨人伝」です
20080413214541.jpg


このパンフレットは意外とおもしろく出来ていて
シールを貼り付けて遊べたり、飛び出す絵本がつくれたりするんです。

私が映画に行くときは、いつもギリギリです。
今日も、午後2時55分上映開始なのに、家を出たのが2時45分
近くのモール内にあるワーナーマイカルなんで
普通なら5分もあれば間に合うと、油断してました。
今日は、雨が降ってたので、すっごく混んじゃっていたんですね。

こういう天気って、モールは混むんだよね~
みんな行くとこないんだろうね

だから、モールに行く道がすでに渋滞してたんで、
裏道を駆使して、なんとかギリギリ到着することができました。

いつもは、ヒマな映画館ですが
やはり、日曜ということもあって、けっこう人が入ってるらしくて
「只今、混雑してますので、中央の席なら、ここか、ここ」
そう言われたので
「なるべく、まわりに、人がいないところがいいんだけど・・・」
と言って、後ろのほうの端っこの席を取ってもらいました

だって、私ひとりなんですもん・・・

だいの大人がひとりでドラえもん
ちょっと、恥ずかしいでしょ?

なんてったって、まわりは小さい子どもがいる家族連ればかりなんですからね

そんな私に、公開記念として、トコトコ歩くドラえもんのおもちゃをいただきました。
20080413215137.jpg


内容のことは詳しく話しませんが
タイトルどおり、地球環境に対しての警鐘です

ドラえもんって、ほんといいですよね~
こういう映画を親子で観ることは、とっても大事だと思います。

いつもは、だらしないのび太も正義感モリモリだがんばるんだよね

その反面、いつもはいろいろ道具を出してピンチを救うドラえもんが
意外と活躍してないような気がしました

なんでも、壊れた道具を修理のために未来に送るときに
正常な道具まで、送っちゃったらしんです。

この設定にも、意味があるんですよね
好きですね~、こういうメッセージ。

ピンチの時に、いつもの道具がない
そんじゃ、ピンチを乗り越えるにはどうするか?
ここにも学びがあるんですね

なかでも、ジャイアンがいいこと言うんですよ
活躍してますよ、今回のジャイアン

映画が終わって、大勢の家族づれていっしょに歩いていると、
小さい子どもが
「あ~おもしろかった。今日のドラえもんは本当に良かった」
と親に話していました。

いいですね~、ほのぼのとした光景です
こうやって、いい映画を観れば、きっと素敵な感性が育つことでしょう

この映画を大人が観たら、たぶん、相当学ぶことがあると思います
自然環境もことはもちろん、今の世界的に問題になっていることの
解決策も、きっとわかるんじゃないかと思うんですよね

この映画「親子でいい映画を見る会」推薦作品に認定します。

【2008/04/13 22:31】 | 映画
トラックバック(0) |
詳しくは↑

【2008/04/13 21:45】 | 映画
トラックバック(0) |


てっちゃん!
むむ、今度のDVDはドラちゃんか?(笑)


映画「うた魂」観ました?
おススメです!

てっちゃん、ありがとう
マスター石井
「うた魂」、まだ観てませんが
いい感じですよね
最近、邦画はすっごく元気ですよね

私が気になってるのは
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの
「最高の人生の見つけ方」です。
5月ロードショーの映画です


コメントを閉じる▲
一昨日。

クリーニングの仕事を、目の前の服だけと捉えるのと
その服の後ろには、必ず人がいるということを意識するのと
違うという話を書いたけど、このことを聞くと
「働く人が多かったら、むずかしいんじゃないの?」
って突っ込みがでるかもしれません
そうかも知れません

たぶん、店主がひとりでやる分にはいいけど
パートさんや従業員までも、その方針でやるのは
相当、難しいと思うんだよね

でも、それは、間違いだよね

今、自分の接客技を、自分以外の人、例えばパートさんとか、
自分の息子だとかに、伝えるには、どうしたらいいのか?

仕事のやり方を、簡単に人に伝えるには、マニュアル化すればいいんだよね
でも、私の考えている接客技はニュアル化できないんだ

そんな矛盾を乗り越えて
今、伝え方を研究してます

そのキーワードは“弟子”だと思います

昔からある“弟子”という考え方
これは、かなり使えると思うんですよね

【2008/04/12 23:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
息子(次男)と、その男友達と、そして私
この3人で飲みに行くことになりました

なにやら、話したいらしい
そして、私の話も聞きたいらしい

20080411203003.jpg


果たして・・・・

【2008/04/11 20:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は、雨が降っているので、お客さんが少ない・・・
ってことは、仕事的には寂しい・・・

そんな日だったから
新しく入ったパートさん相手に、私の商売感を話してしまいました。

それは、“公平と平等”という話でした

とは、言ってもそんなに難しい話じゃなくて
私の商売に対する持論みたいなもんです。

ちょっと長くなりそうなんで
隠しておきます・・・
どういう話かと言うと

私の考えの中に、お客さんを“個人”で捉えたほうがいいという考え方があります
“個人”で捉えるとは、その人の個性なり、好みなり、事情なりを把握して
それぞれ個別に対応したほうがいいということなんですね。


例えば、ワイシャツの仕上げ
ワイシャツは、しょせんモノなんですよね

目の前にあるのが、ワイシャツという服であって
これを洗って仕上げることが私たちの仕事です

クリーニング屋としては、これで正しいことです

しかし、私はそのワイシャツの後ろに、必ず人がいるってことを
ワイシャツを仕上げる人は、意識してほしいと思っているんです

それは、糊を堅くしてほしいとか、たたんでほしいとかいう
お客さんからの個別の要望とは、別な話です。

例えば、このワイシャツは“吉田さんのワイシャツなんだ”というふうに
意識してほしいということなんです。

例えば、お魚屋さんが、いいマグロが入ったとします。
来店するお客さんに、全てに
「いいマグロが入ったよ」ってすすめることは
けして、商売として間違いじゃあありませんよね

でも、みんなに同じようにすすめるんじゃなくて
田中さんのご主人は日本酒が好きで
マグロが大の好物だとしたら
田中さんにこそ
「いいマグロが入ったよ」
と言ってやるべきじゃないかと思うんです。

なんだか、たとえ話がたとえになってないような気がしたので
もうひとつの話をしてみました

それは、コンビニの話です。

私は、近くのコンビニに、ほぼ毎日行きます。
その時に、お店で使うモノは領収書をもらいます

ほぼ、毎日、行くから
私が領収書を必要とする場合があるお客であることは
そのコンビニのオーナーを始め、店長も、パートさんも知っています。

だから、あるパートさんは、私がそれを買うと
「領収書ですね」と言ってくれます


しかし、その店のオーナーのおじさんと
責任者の女性は、未だかつて一度も
「領収書ですよね」
と言ってくれたことがありません

ドライブ途中に偶然たちよったお客さんと
毎日、買い物に行く私と
まったく同じ対応をしてくださいます

もう、数年経っているのですが
「いらしゃいませ」も
「ありがとうございました」も
「また、お越しください」も
すんぶん狂わぬトーンで話してくれます。
絶対、顔は知られているわけだから
人間としては、知ってるわけです。
でも、特定の個人として認識してもらえないので
「領収書ですね」も
「いつも、ありがとうございます。」
も言いません。

もちろん、この対応はコンビニの商売として間違いではありません

そして、模範的な対応をする立場であるオーナー、責任者としては
マニュアルを厳守することは当然のことです。

しかし、その責任者の下で働いている
パートさんですら、これだけ顔を合わせているから
「領収書ですよね」と自然に言葉になるんです。

私は、この話を、うちのパートさんにしてから、こう言いました
「これが、平等と公平の違いなんです」と・・・

このコンビニのオーナー及び責任者の女性の応対は
“平等な対応”です。

しかし、「領収書ですよね」と言ってくれたパートさんの対応は
“公平な対応”なんです

公平の後ろには、人が存在します
特定な条件を持った人が存在します


べつに平等には、人が存在しないとはいいません

ただ、公平のほうが人を“個人”として捉えるニュアンスが強いってことです

この話をしたら、ひとりのパートさんが言いました
「ワイシャツを仕上げていると、着ているひとを想像できる」

そうです。そういった仕事をして欲しいのです

確かに、目の前にあるのはワイシャツというモノですが
その後ろには、必ず人がいるということを意識してほしいのです。

これは、けして、新しい考え方ではなくて
昔は、どこでもやっていたことなんです

そんな私の商売感をパートさんたちに話していて
「ハッ」と熱く語っている自分に気が付き、慌ててブレーキをかけました。
よかった・・・あとちょっとで暴走するところだった・・・





追記を閉じる▲

【2008/04/10 23:05】 | 商い
トラックバック(0) |

うん、納得です!
えびっこ
一、個人として対応されると
うれしいですよね(*^_^*)

自分がされて、うれしいことを
お客様にもしてきたいなぁ。



えびっこさん、ありがとう
マスター石井
そうそう、そうだよね
とにかく、自分がされてうれしいことは
ドンドン人にするべきだよね

これ基本だよね

コメントを閉じる▲
ついに、やって来ましたよ~
新規のお客さん!!!

かねてから、ブログで書いておりました
ポスティングのチラシによって、新規のお客さんがやって来ました

おばさんです。

近所に、古くから住んでるらしくて
「このへんは、昔、○×△*■だったんだよね~」
と昔のことを話してくれました。

そして、帰り際
「お得意さんになってくださいね」
って言って、自転車で帰っていきました。

それって、本当は
こっちがお願いしたいことなんですけど・・・

【2008/04/09 22:29】 | 商い
トラックバック(0) |
今日の関東・東海地方は、朝から低気圧の影響で大荒れの天気でした

私は、無謀にも、普通の格好で、普通に傘を差して出勤したのですが、
お店に着いたときは、案の定、ずぶぬれになってしまいました。

靴は、びっしょり
靴下も、びっしょり
もちろん、履いてたジーパンもスソのほうがびっしょりです

靴は、替えがあるからいいし
靴下は、脱げばいい
でも、ジーパンだけは、どうしよう・・・

でも、それをがまんして、朝の準備をしていたら
パートさんが出勤してくる時間が迫ってきました。

間に合うかな・・・
と迷ったんですが、ジーパンを乾かすことにしました

そこで、私は業務用ボイラーを点火し
22Kgの大型乾燥機の中に、濡れてしまったジーパンを投げ込みました

贅沢な乾燥です。

しかし、まだ、朝で使いだしなのでなかなか温度があがりません
間に合うか・・・

この時の格好は、とても口に出して説明できません
この人が、この店の店主だと、とても思えません。

しかし、もしも、誰かが来るとヤバイので
仕事で使っている膝まであるエプロンをつけ
腰にトレーナーを巻いて、一応、防備はしておきました。

なんとも情けない姿・・・

ジーパンが乾くまで、私は作業場をウロウロするしかありません
気が付くと、パートさんの出勤時間が迫っています

まあ、途中でもいいやと
ジーパンを出して履いてみると
「暖か~い!」
なんとも、気持ちのいい一日のスタートです。

それにしても、この“低気圧”っていうやつは
本当に、くせ者です

傘をさすと風が強すぎで、途中立ち止りくらいの風は吹いていました。
そのくらい風は、強いのです

でも、天気予報ではあくまでも“低気圧”なんですよね

これが、“台風”だと、人の緊張感はまったく違ってくるんですよね

いつだか、川の中州に取り残されて流されてしまった事故がありました
あれも“低気圧”の予報だったと思います。
人は、言葉で油断してしまうんでしょうね

実際、私も油断した結果
パ○ツ姿になってしまいました。

【2008/04/08 22:26】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |
お昼休みに15分だけ、
ちょこっとお昼のするようにしています。

最近、朝早く起きるようにしているのと
花粉の薬のせいでけっこう眠いんです。
そこで、昼食を食べた後
ちょっとだけ、寝るようにしてるんです。

でも、この15分の昼寝っていうのが
なかなか難しいですよ。

昼寝をしよう、なんて思っていないときは
昼食が終わって、イスに座って、しばらくじっとしてると
自然と眠くなってきて、うとうとしだすんですよね

ところが、身体のためと思って
ヨコになって、目を閉じても
なかなか眠れない

そんなことをしていると
すぐに15分なんて経ってしまうんですよね

だから、寝たんだかどうだか
よくわかんないんです

昼寝を奨励している会社があると聞きます
海外でも、仕事の能率アップのためいいと聞きます

それほど、昼寝はいいのはわかっていても
慣れてないと、ダメですね

だからと言って、あまり長く寝ちゃうと
今度は、身体がだるくなってきちゃうんですよね

うまく、昼寝を取り入れて
少しでも、頭が冴えながら仕事ができるよう
がんばってみます。

【2008/04/07 22:56】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |
今日、日曜日だというのに、よく仕事をしてしまいました。

作業はないのですが、自分だけがやる“仕事”っていうのが
ずいぶん貯まっていたもんですから・・・

まず、午前中、店の前の花の手入れをしました

枯れ出した葉っぱをとり
咲き終わった花をつんでやる
それだけで、花は元気になるんですよね~
わかっちゃいるけど
日々、時間がとれなくて
ほったらかしにしてあったのが
きれいサッパリ、いい感じになりました

次にやったのが、ニューズレターを書き出し
夢中で、やっていたら、
あっという間に、お昼となってしまいました。

お昼といっても、時間がもったいないので、
サラッと簡単にすませて
いざ、ニューズレターの続きを・・・

とって机に向かっていたら、やたら眠くなってきたので
こりゃ、外に出ないとダメだと思ったので
近所のお祭りに“花”を入れに行ってきました

外に出たおかげで、頭が冴えてきましたから
経理関係の書類をかたづけ
売上をグラフ化して、
たまりに、たまった、事務系の雑務をちょっと片づきてみました。

その後、明日から販売しようと思っている
防虫カバーのを1枚1枚パッケージをしました。

とりあえず、60枚ぐらい出来たので、
さあ、新しい販促にとりかかるかと思いきや
目の前の封筒をあけたら
商工会からの提出書類の期限が、明日であることに
気が付いてしまった・・・

その書類を作成していたら
もう、夜の7時半
「ヤバイ・・・」
そう、思いながら仕事にキリを付けて帰宅。

本当に、今日は、自分としてよくやったので
ご褒美に、ビールを飲むことにしました
何日ぶりだろう?
と、記憶をたどると
約2週間ぶりということらしいです。

イヤ~、ビールが飲めるなんて、すっごい幸せ
と思いながら、今、ブログを書いています

でも、あと3分で寝ます
すっごい、眠くなってきました

本当に、今日はよく働きました

【2008/04/06 23:02】 | 未分類
トラックバック(0) |

書類提出、今日までだった
えびっこ
マスターのブログ読んで良かった・・・。
私も、商工会に提出の書類忘れてたんです。

ありがとうございます。

これから、がんばります。


えびっこさん、ありがとう
マスター石井
>私も、商工会に提出の書類忘れてたんです。

私のブログもお役に立つことがあるんですね
よかったです。

コメントを閉じる▲
店を閉めたあと、1本の電話がかかってきました
「私も、いつ死ぬかわかないから、早く、技術を伝えたい・・・」

あるクリーニング屋の社長からの電話でした

この方、相当な腕の持ち主で、どんなシミでも取ることができます
腕は確かなんですが、頑固な職人気質なんで
なかなか、技術が表にでることがありません

その方が電話で
「シルクさんが中心になって、人を集められないか?」
と相談されたんです

確かに、技術的にはすぐれているのですが
独自の洗い理論をもっていて
なかなかクリーニング業界には、なじまないんですよね
まあ、異端児って感じですかね

私も、また、同じ異端児なんで
異端児同士、気が合うみたいです
しかし、その異端児だから
人を集めるのが難しいんですよね

でも、集めないとやがては、この人の技術も
後世に残せずに終わってしまうのです。

前々から、この人の技術には
たいへん興味があったのですが
なかなか、話がいい方向にいかなかったんんです

今日、この人の「もう、私も、いつ死んでもおかしくない・・・」
の言葉に、そろこそ、本気を出して残す手段を考えないと
いけないと、あらためて感じました

このまま、埋もれてしまうには
実に、もったいないことだと思っています

なんとか、しなければ・・・

【2008/04/05 22:44】 | 未分類
トラックバック(0) |


てっちゃん!
技術も環境問題と同じですよね。

いかに次世代に遺していくか? 大変な問題です。

頑張ってください!

異端が異端じゃなくなる日は近くまで来ていまずぞ!

きっと・・・。^^;

てっちゃん、ありがとう
マスター石井
>異端が異端じゃなくなる日は近くまで来ていまずぞ!

やっぱ、そですかね~
近いですかね~
それでは、その日まで
もうちょっとだけ、おとなしくしてますか・・・

コメントを閉じる▲
最近、お店に出ないことが多かったんだけど
今日、たまたま、お店に出たら
そんなに、頻繁には来ない年配のMさんが品物を取りに来たところでした

お店に入って来たMさんは
私の顔を見るなり「ニヤリ」として
車に戻って行ってしまいました

「あれ?どうしたのかな?」
と思っていたら、

しばらくして、戻ってきて
「はい、これ」
ってビニール袋の入った固まりをくれました

「なんですか?これ?」って聞くと
「マスターにあげたかったの、セリの佃煮。」
とニコニコしていて、やたらとうれしそうです。

「山から取ってきて、作ったの」
「これだけつくるのに、こ~んなにたくさん取ってきたのよ」
と手を大きく広げて表現してくれました

確かに、目の前にあるのは大人の握り拳ぐらいの量なんだけど
煮詰めて作るんだから、この量を作るのに
どれだけたくさんのセリが必要だったかと思うと
貴重な一品です。

これをいただいたのが、昼前だったので
昼食に食べてみました

そしたら、これがまた「おいし~いい!!」
白いご飯に、めちゃくちゃあうんですよね~

もし、あの時、私が出なかったら
たぶん、Mさんは仕上がった服を
もらって帰るだけだったかもしれません

きっと、Mさんは、私に直接渡したかったんでしょう
本当にうれしいことですよね

確かに、うちでは、いままでにもたくさんの品のお客さんからいただいています
梅だ、メンマだ、酒粕だ、ジャガイモだ、サンマだ、トマトだと
種類も多岐もわたり、数多くの食材をいただいております

なんだか、申し訳ないな~と思うのですが
あげるほうからすると、たぶん、遠慮されるより
喜んでもらってくれたほうが、うれしいことだと思って
“遠慮しないで、ありがたく頂戴する”
というポリシーでいます。

ですから、今回も、ありがたくいただきました
本当にごちそうさまでした。

なんだか、だんだん、昔の商売の仕方を取り戻しているようでうれしい毎日です。

【2008/04/04 22:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
私の店には、クジが置いてあります

駄菓子屋でよくみかけた、いろ~んなものが吊してあるやつです
けん玉や、紙ふうせん、竹とんぼなど、昔のおもちゃシリーズなんです
1回55円です。

そのクジだけをやりに来てくれる親子がいます。
お母さんは、とっても映画好きで、うちのお店のファンです。

子どもは、幼稚園に行っている女の子なんですが
その子が、クジの緊張感がたまらないということなので
お母さんが連れて来てくれるんです

今日も、1回やりました
でも、残念ながら赤いスーパーボールでした

私は、この子が毎回、やってくれるのに、いいのが出ないのは、
ちょっと、こころ苦しく思っていました。

そこで、今日は私、マスターの自腹で55円出して
その子に、クジを引いてもらいました

でも、やはり、残念ながら
前にも、当たったことのあるプラスチック製の小さなコマでした。

普通なら、残念がるところなんですが
そのお母さんが、すかさず
「○○ちゃんは、このコマの色を集めてるんだよね~」
って言い出しました。

それを聞いた子どもは、
「そう、そう、そうなの!」
とうれしそうに飛びはねていました

うまいですね~
同じ形のコマなんだけど、
こどもにとっては、色が違うという楽しみがあったんですね~

子どもと、いっしょに喜ぶお母さん。
子どもに、新しい視点を与えたお母さん。
このお母さんに、育てられているこの女の子の
将来は、まったく心配ないですよね

【2008/04/03 23:09】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |
新しい職場に、お母さんが勤め出すと
子どもたちは、どう思うだろうか?
いままでと違ったパターンになるわけだから
多少なりとも、影響するだろうね・・・

この春から勤めだした新しいパートさん2人のうち
Tさんの娘さんが、調子を崩して初めて学校を休んだそうです

いままで、休んだことのない子どもが、休むってことは
何かあるわけだよね。

その話をTさんから聞いた時、ピン!ときたんですよ。
たぶん、子どもは、お母さんが勤めだした会社が、どんな会社なのか
気になってるんだよね
そして、これから、お母さんがどうなっていくのか不安だから
精神的にダメージをくらっちゃったんだろうね

そこで、そのTさんに提案してみたんですよ
「働いている写真を送れば、安心するんじゃないだろう?」ってね

その提案に、Tさんは賛成してくれました

そこで、記念写真を撮ろうということになったんですが
なかなか、この衣替えの時期なんで、仕事が一段落しないし
みんなが、いっしょに顔を揃えるチャンスがなくて
撮ることができませんでした。

でも、今日、仕事にメドがたったし、天気も良かったので
店の前でみんなで、記念写真を撮りました

Tさんが帰るときに、その写真を渡すと
「どうも、ありがとうございます。でも、今は私の雰囲気を見て、
落ち着いていますから安心してください」
と言われました

ようは、働いているお母さんが家に帰ってきてからの
態度を見れば、仕事場の雰囲気はさっしがつくってことみたいですよ

ってことは、Tさんにとって、うちの職場環境は悪くないってことなんでしょうね

安心しました。

とにかく、家に帰って愚痴がでるような職場にはしたくないですからね

店の前で撮った記念写真
私の机の前にも、1枚貼ってみました

働く人に、働きやすい環境を整える
これは経営者にとって大きな責任なんですよね

【2008/04/02 22:43】 | 商い
トラックバック(0) |