FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
年に2回「みそ教室」やるんですよ。

みんなで、大豆ゆでて、潰して、麹と混ぜてね。



味噌づくりは、続けて参加される方が多いから、段取りがいいですよね。



あっという間に作りあげてしまいます。

味噌は手作りがいいですね~。

昔は、そんなこと思わなかったんですよ。

まあ、みそならどれも同じだと思っていましたからね。

でも、今の歳になったら、わかるんですよ。

なんか、市販のには余分なものが入っているってね。

コンビニ弁当もそうだよね。

ずーっと食べ続けているとわかんないけど、しばらくぶりに食べると、何か入っているってね。

舌が添加物を感じるんでしょうね。

その点、自分で作ると原材料がなんであるのかわかって安心です。

こうした食べ物で身体が出来ているんだと思うと、やっぱり大切なことなんですね。

次回は2月19日(火)の予定です。


シルクでは、クリーニング屋なのに去年、一昨年と産業祭に出店してきたんですよ。

IMG_4013 2

IMG_40212.jpg

糀ドリンクとスープカレーを販売したんですね。

IMG_402299.jpg
(写真は去年のです)

そんな産業祭が10・11日とあったんですよ。

でも、今年は出なかったんですよ。

何人ものお客さんから、「今年は出るの?」って聞かれることが多かったんですね。

「出ないんですよ」って言うと「何で?」また聞かれます。

何でかな~と自分でもいろいろ考えたんですよ。

まずね、産業祭の意義ですよね。

やっぱ、地域産業を活性化するためのイベントだと思うんですよ。

でも、2年参加してみてわかったんだけど、どっちかといえばフードフェスタのような気がするんですよね~。

とはいえ、フードフェスタとしては、そんなに規模の大きなものではなく中途半端なんです。

まあ、楽しけりゃいいとか、当日の売上がよければいい、なら何も言うことはないんだけど、地域産業の活性化という意味からは、ちょっとね・・・・

聞いた話だけど無料の苗や野菜だけをもらいに行くというひともいるらしいですね。

ぜひ、これから先、地域産業が活性化するような産業祭になることを祈っています。

お店でね、ベーグルを2週間に1回だけ週末に販売してるんですよ。

売れ残るともったいないから、予約販売にしてたんです。

ところが、予約をとらなくても完売してしまうことがわかったんで、店頭に並べて得るようになったんです。

もちろん、取り置きもしてはいます。

でね。

やっぱり買う人は、同じ味を選ぶようになるんですよね。

でも、出来れば食べたことのない味にも挑戦して欲しいと思っているわけですよ。

ただ、丸々1個食べるには勇気が必要ですよね。

そこで、そんな悩みを解決する新しいカタチがこちらです



わかりますか?
ハーフ&ハーフなんですよ!
(^ ^)v

このベーグルを作った井上さんの似顔絵を添えて、販売開始です。



どうなるかわからないけで、やってみたら凄く評判がよかったんです。

こりゃ、しばらくやる価値はあるなと思って、次なる策を練ってます。

お楽しみに!

やっぱりさ、少し外で出ないとダメっよ。

店が忙しいからといって、店の中にいたんじゃ、視野は広がらないですね。

まじめにセミナーを受けに「みなとみらい駅」まで行ったんですね。



新しい駅はキレイですね。

田舎ものには眩しいですよ。
(^^;;

始まるまで時間があったんで、そのへんをぶらぶらと観てあるいたんです。

そしたら、本屋さんがあったんですね。



「BOOK&CAFEだって?」

よくよく見ると、カフェの横に本が並んでるんです。



それも、まあ、解放的ですよ。

普通、駅の本屋さんといえば、一つの店舗スペースにまとまっていて、出口あたりに会計があるんですよね。

ところが、この本屋さん、レジは、ずーっと奥にあって、レジからは、写真にあるところは死角なんですよ。

まあ、ようするに万引きしやすいってことなんです。

こんなにオープンでいいんでしょうか?と思ったんだけど、これも新しいビジネススタイルなんでしょうね?

これからも、こうした新しい考え方のお店が増えてゆくんでしょう。

そうそう、今日のセミナーはそんなセミナーなんですよ。

僕も、ちゃんとお勉強しなきゃですね。
(^ ^)v

近所のお店が閉店したんです。



食べ物のお店なんです。

飲食系は寿命が短いと聞きます。

2年で店を閉じるところもあると言われています。

ところが、このお店は15年やられたんです。

お店をやっている僕からみて15年とはスゴイことだと思います。

そんなお店が閉店するということは、本当に悲しことです。

これから先、街から小さな個人店が姿を消すでしょう。

これは、将来たいへんなことだと思うのです。

そう思っているのはお店をやっている僕らだけなんでしょうか?

みんなはどう思っているんしょうか?

「近くにイオンがあるから不便はない」
「ネットで何でも買えるから心配はない」
「個人店は行かないから問題ない」

果たして、本当にそうなんでしょうか?

お店の役割は、モノを売り買いするだけじゃないんと僕は思うのです。

お店というリアルに人と人が触れあう場がなくなってゆくことに、僕はとても危機感を覚えているんです。

それは、けして他人事ではなく、今の自分のお店だって同じです。

地域に個人の店がなくなり、採算が合わないという理由で大型ショッピングモールが撤退したら、果たして生活は豊かになるのでしょうか?

生活を豊かにするということが、モノだけではないということを、今一度考え直す時期なのかもしれませんね。

m(__)m