人と人がつながる店
あんまり、表立っては言ってないけど、うちって全国から宅配でクリーニングを受付してるんですよ。

近くに信頼がおけるクリーニング屋さんがあるところはいいんだけど、無いところもあるんです。

そんな人のために、宅急便でクリーニングを受けているんですね。

クリーニングって、送るときは、そんなに気にしなくていいんです。

箱にぎゅーぎゅー詰でもいいんですよ。

でも、仕上がったらなるべくシワのないように送りたいものなんです。

だから、スーツなどの多いお客さんにはクロネコヤマトの「ヤマト便」ってヤツを使ってハンガーにかけた状態で送っていたんですよ。

ところがです!

その箱の大きさの規定が今年の6月から改定されて今まで預かっていた物が預かれないって集荷に来た人が言うんですよ!

え!!

今日、送ろうと準備してたんだけど、ダメじゃん!

新しい規定では、箱の大きさがタテ+ヨコ+高さが200cm以下だっていうんです。

あちゃー!

今日、送ろうと思った箱は、52cm+52cm+110cm=214cmなんですよ!

ちょっと大きい・・・・

このくらい良いじゃん!って思ったんだけど集荷の人が絶対にダメっていうんです。

それならと箱の改造に入ったわけですよ。

その箱っていうのがこれです。



この箱の高さを96cmにするとちょうど200cm以内になるわけですよね。

まずは、寸法を計測です。



次にマーキング。



カッターで軽く切れ込みを入れ、折り込みます。



底面をガムテープでしっかり貼って完成です。



この箱を2個作って発送しました。



無事、届いてくれることを祈るばかりです。

ちなみに、集荷の人は持って行く時に計り直しをして、96cmが97cmだから戻ってくる場合はあるからダメだと言ったけど、もう、ここまで来たら戻ってもいいから持って言ってくれと言いました!

僕は思うんですよ。

宅配便がAmazonなどの影響で大変だということは知っています。

だから、先日の一律140円の値上げに対しても、文句も言わずサインをしました。

でも、今回、とても困ったのは今まで持って行っていたものを持っていけなくなったとしたら、事前に伝えて欲しいってことなんですよね。

だってさ。

定期的送ってることは、クロネコヤマトの人は知ってるわけですよ。

今回、初めてこの箱を送るわけじゃないからね。

こっちは、前と同じように荷造りしているわけですからね。

だったらさ、事前に教えて欲しかったよね~

今回、たまたま、午前中にクロネコヤマトの人が届けに来て、規定が変わったことを知ったけど、もし、それがなければ、支度を全部済ませて夕方、引き取りを待っていましたよ。

そんなわけで、本日は定休日だったんだけど、宅配クリーニングの荷造りな1日でした!
ジャンジャン!
(^_^)v

テレビで、何やらクリーニングの特集をやってくれたみたいですね。

このところお店に来るお客さんが、引き取りが遅くてすみませんとよく言われます。

さらに、クリーニング屋さんが困っているんだってね!とも言われるんです、そのせいなんですかね?

どんな内容だったのか気になって、早速、ネットで検索してみたらあったんです。



長期放置品に関してだったんですね。

確かに、どんなクリーニング屋さんでも、この問題はありますよ。

取りに来ない理由は、いろいろあると思うんですよね。

単純に忘れちゃってとか、引っ越しちゃったりとか、出した人が死んじゃったりとか、とにかく理由はさまざまなわけですよ。



でも、ほんとこれは困りますね。

とにかく、預かりもんなんで、むやみに処分出来ないわけですよ。

最近、名義のわからない空き家が多くなって行政が困っているようだけど、それと同じかもしれませんね。

この問題を解決するには、やっぱ法律を変えないとダメだと思うんですよ。

時代ともに、お客さんが変化していることがわかっているわけだから、昔のルールは通用しないわけですよ。

解決するには、法律を何かを変えないとダメでしょう。

そうなるとこの問題を解決するのは、もう少し時間がかかりそうですね。

さて、話はまったく変わりますが、明日はカフェで、ニューズレターのサポート折り込みです。



準備は整いました。

あとは、援軍を待つばかりです。

明日は、よろしくお願いします。
m(_ _)m

今日は、定休日でした。

自由の身ということで、前から頼まれていた地元のJAあきがわにて洗濯教室をやったんですよ。

一昨日、お店でもやったんで、このところ続いてますね。

今回は、28名の勉強熱心な女性の前で洗濯の話をさせていただいたんです。





もともと、あがり症なんで、人前で話をするのは苦手なんですが、一昨日に話した内容頭に残っていたんで、意外と自分なりには話が出来たのかと思ってます。

ただ、今回、ちょっと特殊事情があるんですよね。

この方々は、来月ライオン小田原に視察に行かれるそうなんです。

でね。僕の洗濯教室の中に、今の洗剤の話は本当はあるんですよ。

合成洗剤と石けんの違いですね。

石油から出来ている合成洗剤について便利さだけじゃなくて、身体に対する影響とか、環境への影響などの知識を持って欲しいと思ってるんです。

でも、その話をすると、来月の視察での話が素直に聞けなくなっちゃうんじゃないかと思ったんですよね。

そこで、その点には極力触れないようにしてみました。

1時間半の予定の中で、けっこう一方的に話をしていみたけど、理解してもらえたのかちょっと気になりますね。

出来ることなら、後日、感想でも聞かせてくれると、自分にとってすっごくプラスになるんですけどね。

こういう、心配をどうしてもしちゃうんで、たくさんの人の前で話をすることが苦手なんですね。

大人数の中での話は、とにかくエネルギーを放出している感じですね。

終るとぐったり、声も枯れていました。

やっぱり、僕にはこじんまりした集まりが似合っているんですね。
(^^;;

また、お店のほうで、こじんまりした洗濯教室を開催したいと思います。
おやすみなさい。
(^ ^)b

昨日、洗濯教室をやったんだけど、明日もまた洗濯教室をやるんですよ。

クリーニングという仕事をしている以上、自分の知識が人の役に立たつことはとっても嬉しいことです。

でも、日本人の多くが、家庭洗濯のことで悩んいることは事実だと思うんですよね。

テレビのCMを見ると、科学白さや部屋干しで臭わないというフレーズが飛び交っていますよね。

もし、あのCMの通りになるとしたら、家庭洗濯では悩む必要がないわけです。

ところが、現実は、臭い、汚れが落ちない、タオルが黒ずむ、ゴワゴワする・・・という声が多いわけですよ。

なんでなんでしょうかね?

洗剤メーカーは多額の研究費をかけて、それらの不満を解消しようと日々努力をし、新しい洗剤を開発、販売する。

そんなことを、もう、何十年も繰り返しているのに、毎日洗濯をする主婦やOLからは、満足の声が少ないのはなんなんでしょうか?

あれだけの大手企業が世に送り出している洗剤はなんなんでしょうか?

と、いつも洗濯教室をやると思っちゃいます。

まあ、これはとにかく、正しい知識と情報を手に入れて賢い生活者になるしかないんですよね。

明日もそんなお手伝いに行って来ます。

では、また、そのご報告は明日のお楽しみということで・・・・

ホームセンターに行ったんですよ。

そしたらですね。

こんなもんが売ってたんです。



ポータブル洗濯機とは、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、原理はとてもシンプルです。

シミが付いたところを叩くマシーンなんですね。

見本が置いてあったんで、実際に動かしてみました。

う~ん、悪くはないけど、これを使う時はどんな時なのかなと想像してみました。

ポータブルというくらいなんで、持ち運ぶことを想定して作ったわけですよね。

いつもカバンの中に入れてあるとか・・・

例えば、食事に行って、食べこぼしをしてしまった時なんかにいいのかな?

でも、レストランで食べこぼしをしたとして、こんなの使ってらえるかな?
(^^;;

だって、モーター音がウ~ンウ~ンするんですよ。

ってことは、出先で使うとしたら、人のいない所ってことになるわですよ。

旅行に行った時に、食事をしてこぼしてしまったって、部屋に戻って来たときですかね?

でも、それだったら、何もしないで帰ってから家で洗うかクリーニング屋さんにお願いしたほうがいいと思うんでよねす・・・

そんじゃ、家で使うのかな?

でも、家出ったら、洗剤付けて洗っちゃったほうが早いよね。
(^ ^)v

どんな場面でこのポータブル洗濯機が活躍するのかなかなか気になる存在です。

世の中、面白い商品があって楽しいですね。