人と人がつながる店
ホームセンターに行ったんですよ。

そしたらですね。

こんなもんが売ってたんです。



ポータブル洗濯機とは、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、原理はとてもシンプルです。

シミが付いたところを叩くマシーンなんですね。

見本が置いてあったんで、実際に動かしてみました。

う~ん、悪くはないけど、これを使う時はどんな時なのかなと想像してみました。

ポータブルというくらいなんで、持ち運ぶことを想定して作ったわけですよね。

いつもカバンの中に入れてあるとか・・・

例えば、食事に行って、食べこぼしをしてしまった時なんかにいいのかな?

でも、レストランで食べこぼしをしたとして、こんなの使ってらえるかな?
(^^;;

だって、モーター音がウ~ンウ~ンするんですよ。

ってことは、出先で使うとしたら、人のいない所ってことになるわですよ。

旅行に行った時に、食事をしてこぼしてしまったって、部屋に戻って来たときですかね?

でも、それだったら、何もしないで帰ってから家で洗うかクリーニング屋さんにお願いしたほうがいいと思うんでよねす・・・

そんじゃ、家で使うのかな?

でも、家出ったら、洗剤付けて洗っちゃったほうが早いよね。
(^ ^)v

どんな場面でこのポータブル洗濯機が活躍するのかなかなか気になる存在です。

世の中、面白い商品があって楽しいですね。

たまには、本業の話題もお届けしないといけないっすよね。

だんだん、何屋さんだかわからなくなちゃいますからね。

そう思ってる矢先、カフェのノートに嬉しい記帳をいただきました。



学生服のベストに赤いシミが付いたっていうんですね。

それを家で洗ったけど落ちなかったみたいなんです。

家で洗って落ちきらないのは油性といって油っぽいシミだから、ドライクリーニングのシミ抜きをしたんです。

そうしたら、きれいに落ちたんですね。

そのことを書いてくれたのが今回紹介する書き込みです。

嬉しいですね~♪

どんな商いも同じだと思うんだけど、やっぱり技術力って大丈夫ですね!

現代は、SNSが普及してるからどうやって宣伝するのかというところに力がそそがれているけど、最終的には技術力があるかどうかを問われんですよね。

シルクとしても、自社の技術におごることなく、学び続けないといけないと思ってます。

これからもクリーニングのご依頼をお待ちしています。

皆さんよろしくお願いします。
m(_ _)m


テレビってのは、ほんと影響力がありますよね。

ちょっと健康番組で何がカラダに言いっていえば、次の日にその商品がスーパーから消えちゃいますからね。

また、グルメ番組でどこそこのラーメンが旨いと紹介されてば、すぐに行列が出来ちゃう。

商品が売れたり、店が混雑することは悪いことじゃないんだけど、なんだかテレビに踊らせているようで僕はあんまり好きじゃないんですね。

そんなテレビの世界で、CMもこれまた影響力が大きんですよね~。

商売柄、洗剤のCMはけっこうじっくり検証してるんです。

「あのぬいぐるみの中のシャツシミは、どんな洗剤でも落ちるだろうな~、だってシミが付いてすぐにあらってるからね・・・」
な~んて見方をしちゃうんです。

でね。

今日、テレビでアタックネオのCMを見てたんですよ。

そんでね。

気になったことがあるんです。

子どもの映像をバックに「白にこだわるユーザー90%が満足」って出てるシーンなんですね。



このさ、画面の下にある小さい文字あるでしょ?

これ気になりませんか?

僕は、すっごく気になったんですよ。

そこで調べてみました。

書いたあったのは、

調査対象:全国の20~59歳女性100名
(週1回以上洗濯する、衣類の洗いあがりの白さにこだわりながらウルトラアタックNeoを主に使用していると回答した人)

調査機関:2015年11月17日~20日(調査実施機関:マクロール「”洗浄力”に満足jしている~やや満足している

なんです。

僕は、ビックリしました!

だって、調査したのはたった100名ですよ

それに、調べたのはたった4日間です!

こりゃ90%満足って書くにはちょっと調査が足りないんじゃないですかね?

まあ、たぶん、こんな小さい文字は誰も読まないと思いますけどね。

とにかく、テレビCMには、下の方に小さい文字で注釈をいれてるのがありますよね。

ほら、あるじゃないですか?「イメージ」ってってやつが。

洗剤のCMで言うと、汚れが剥がれ落ちて真っ白になるやつです。

あんなことないですからね。

でも、CMのほとんどがあんな感じです。

あんまりイメージを信じちゃうと正しい情報が入らなくなっちゃいますよね。

これからはCMを見るときは、下の方の小さい文字も読むようにしましょうね。

ささやかな自衛手段ですよ。
(^^)v


虫喰いってガッカリですよね。

セーターなんかに知らないうちに穴があいてたりするんですよね

虫喰いは、湿気と温度と汚れが原因ですね。

だから、虫喰いの被害にあいたくなような大切セーターは、クリーニングをオススメします。

とはいえ、クリーニングをしたからといって絶対に虫に喰われないというわけではありませんよ。

やっぱり、セーターが湿気を含んでいて気温が上がってくると虫も活発に活動しますんで、カシミヤやアンゴラは心配ですよね

とはいえ、いっくら効果あったとしても化学物質を使った防虫剤は使いたくないですよね。

そんな時にふと思ったんです。

うちの店に食品添加物で作ったアルコール除菌スプレーで虫喰いの虫をなんとかできないか?ってね。

このスプレー、基本的に口に入っても大丈夫なもので作ってるから、小さい子どもが使っても安心なんですね。

化学物質じゃないから肌についても心配ないんですよ。

実際、敏感な僕のアトピー肌に付けてもなんともないんですからね。

もともとは、ノロウィルスやインフルエンザに効果があるスプレーなんです。

話が脱線しますが、ノロって、普通、次亜塩素酸を使わないとダメじゃないですか?

でも、次亜塩素酸を使うと、床の色が変わったり、ドアのノブが変色したりするから使えない場所があるんですよね。

そんな時に、使えるのが食品添加物の除菌スプレーがあると便利なんですね。

そのスプレーなんだけどね。

今日、試しにセーターなんかを喰う虫であるヒメマルカグオブシムシらしき虫(もしかしたら違うかも?)にスプレーしてみたんです。

そしたらですね。

虫の動きが止まったんですよ。

これも、もしかしたら虫喰い防止にも活用できるんじゃないかと思うんですよね。

とはいえ、作ったメーカーはそんなことを言ってないので、あくまでも僕の仮説です。

これから実際に実験を重ねてみようと思っています。

もし、これが効果があったら画期的な新発見かもしれませんよ。

シルク特製安全防虫スプレーってね!

もしかして、ノーベル賞ものかも?
(笑)



今日は、横浜までクリーニングを届けに行ってきました。

え?横浜まで集配してるんですか?

って、思うかもしれないけど、横浜までは普通集配してません。

今日は特別です。

いつも宅配便でたくさんのクリーニングを送ってくれるお客さんが横浜にいるんです。

そこで、今日は定休日ということもあり、いつも宅配便では申し訳ないので、直接持って行くことにしたんです。

場所は新横浜駅の近くにあるワクワク系実践会というところです。

全国の商人が集まって勉強をしている場所なんですね。

そこの社長であるAさん(女性)にクリーニングのスーツを届けて任務は一応完了しました。



さて、帰ろうかと思ってふと、セミナー会場をのぞいてみたら、なにやら、DVDを見て20人ぐらいの人が勉強してるんです。

あれ?みんな真剣だな~

僕も、今日は仕事が終わってるから、端っこほうで見ていたいな~

と、会場の責任者に聞いてみたらOKがでたんで、隅っこで聞いていました。

そしたら、なんと、偶然なんですが若いクリーニング屋さんが画面に映ってるんです。

こりゃ、同業者の話だからためになるな~と見ていました。

そのクリーニング屋さん、何やら、いろんなものを売ってるみたいなんです。

洋服ブラシ、毛玉取り、防水スプレー、などなど・・・

さらに、極め付けは映画のDVDも売った経験があるというんですね。

いや~、世の中にはおもしろいクリーニング屋さんがあるもんですね~

と思って、ずーっと観ていたらあれ?

なんか見た事のある顔ですね。

あら?

まさか?

もしかして?

髪の毛も真っ黒でアロハシャツみたいなのを着てるから、気づかなかったけど、この人よく見たら僕だわ

いや~偶然というのは恐ろしいものですね。

横浜までクリーニングを届けに来たかいがあります。

いや~、なんか得した気分です。

(^O^)/