人と人がつながる店
やっちゃいました。

ついに、お客さんからやってはいけないと言われていたシマトネリコの直植えです。



お客さん曰く「マスター、このシマトネリコは絶対に直植えしないほうがいいよ。あっという間に2階ぐらいまで伸びてしまうから・・・」

と釘をさされていたんです。

でもね。

鉢植えのままだと置く場所がないんですよ。

だから、思い切って植えてみました。

もともとは、ここにアオダモが植えてあったんです。

でも、夏の暑い時期に水やりが少なかったようで、枯れてしまったんですね。

回りがコンクリートだから、夏はけっこう暑くなるみたいなんです。

だから、場所的にはあんまりいい場所じゃないんですね。

一応、今年の夏は水やりを気にして見ますが、どうなるでしょうか?

ちなみに、これ、僕が植えるはずだったんですが、今、こんな状態なんで、奥さんが頑張って植えてくれました。

大変ですよね~

大繁殖したハツユキカズラを抜き、穴を掘り、植えるですからね。

よくぞ、頑張りました、奥さん。

お疲れ様でした。



お店が販売する商品が多くなってくると、困ってくるのが在庫の管理なんですね。

うちの 場合、クリーニング屋なもんですから、在庫のない商売をしてきたわけですよ。。

ところが、ここ数年で、扱うアイテム数が急増したんで、在庫の棚がグチャグチャなんです。。

でね。

在庫を置くバックヤードは整理しておく必要性が出てきたわけですよ。

そりゃ、良くわかっちゃいるんだけど、なかなかそこまで手が出ないんですね。

どうしても目の前の仕事をこなすほうにエネルギーがいっちゃうんですよね。

でもそんな僕に、救世主が現れたんです!

お客さんで、以前のお勤め先で在庫の管理をしていたという女性が、バックヤードを片付けてくれんっすよ。



そりゃね。

僕ひとりで出来ないわけじゃないんだけど、この僕の性格から考えるといつになることや・・・

僕の性格って、なんでも後回しにするタイプなんすよ。

なんっうかですね。

こう、気がのらない感じなんです。

そんな僕のために散らかっていたバックヤードを片付けておくれたお客さんがいるんですよ。

Iさんです

まったく、貴重時間をさいてくれているんですよね。

本当に感謝です。
m(_ _)m

やっぱり、うちの店はお客さんによって支えれれているんだな~、とあらためて実感しました。

あ・り・が・と・う!!!!!

では、今日はこのへんで・・・

また明日!(^^)/~~~

食事に行ってきました。

実家の母親のお祝いですね。

予約をしたお店は、とってもいいお店でした。

だって、サラダがこんな感じなんですよ。



おしゃれでしょ?

料理は美味しいし、お店の人の対応は親切だし、ほんといいお店だったんです。

ところが・・・

ただ、ひとつ、トイレが気になったんです。

確かに、渋い色づかいで落ち着いた雰囲気なのはいいです。

便座が木で出来ているのもおしゃれです。

ただ、木の便座って座った時に冷たかったんです。

おしゃれもいいんだけど、冷たくないような工夫をしておくておいいんじゃないかと思いました。

でも、とっても美味しい良い感じのお店です
(^ ^)b

ここでちょっとですね。

もしかして、え?座ってオシッコするの?

疑問を持つ方のためにちょっと解説を・・・・

僕のは男なんで、昔は立ってしてたんですよ。

でも、諸事情により座ってすることに変更になったわけなんです。

その諸事情っていったって、たいしたことじゃないんですね。

ただ、床が汚れないためということなんです。

だってさ、あの福山雅治だって、座ってしてるんですよ。

こりゃ、日本男児なら右にならえしないといけないですよね。

そこで、そうしてるんです。
(^ ^)b

でも、僕がそうじゃなかったら、今回のことは気がつかなかったと思うんです。

トイレの便座が冷たいのは、ヒヤッとしてあんまりいい気持ちじゃないっすよね。

飲食店の皆さん、よろしくお願い致します

ちなみに、うちのお店のトイレの便座の温度は僕が調整してるんです。

では!

もっと、早くやらなきゃいけないとは思っていたんですよ。

でも僕がこんなことになってしまったんで、忘年会も新年会も出来ずにここまできてしまいました。

ここにきてやっと会社としての新年会が出来たんです。



僕の留守にいている間、みんなで協力しあって会社を動かしてくれたことに本当に感謝です。

だってさ。

クリーニングって、物販と違ってお客さんから預かった洋服を洗って仕上げてお渡ししなきゃいけないんですよね。

とても、1人では出来ないことなんですね。

働いている人たちの連携が必要なんです。

ようするに流れがあるんです。

そんな中で、1人でかけるとたいへんなことになるんですよ。

それもさ。

一番責任のある立場の僕が抜けちゃったんだから、そりゃ想像を絶するほどたいへんだったと思うんですよね。

それを、お互いにカバーしあって動かしてくれたことには本当に感謝です。

確かに、僕の欠員は、会社にとって危機的な出来事だったのかもしれないけど、それをみんなで乗り切ったということは、大きな財産ではないかと思うんです。

そんな感謝を込めて、本日、シルクの新年会をせていただきました。

本当にありがとうございます。

こんなマスターですが、これからもよろしくね!
(^^;;

昨日の続きですよ〜。
(^o^)b

MacBookとiTunesをつなげたいんだけど、つながらないのでアップルのサポートに電話したら、感動したというところで終わってるんですよね。

さて、つながらない原因はわかりました。

簡単にいうと、僕のMacBookが古いってことなんですね。

難しく言うとOSをバージョンアップしないといけないってことなんです。
(ちゃんとアップデートしてたんだけど、それだけじゃダメだったんです)

あまりにも古いので、今、パワーアップしたら、もしかしてシステムが壊れちゃうかもしれないので、バックアップを取ってからやろうということになったんでです。

ところがです。

そのバックアップを保存しておくためのハードディスクがないんです。

そこで、急きょ買いに行くことにしたんです。

で、ですね。

買いに行って、思ったんですが、その性能の進化にはビックリもんですよ。

スゲーデカイんです。

デカイっていったって、モノがデカイんじゃなくて、容量が多いってことなんですね。

まあ、例えて言えば軽自動車ですね。

昔は、軽自動車っていったら狭かったでしょ?

でも、今じゃかなり広いですよ。

軽自動車自体の大きさは、そんなに変わらないのに、入る量が違うんですよね。

パソコンのデータも同じです。

僕らは、むかし、むかし、そのむかし、フロッピーディスクっていうのを使っていたんでよ。

黒く四角い小さな板みたいなやつにデータを入れていたんですね。

その入る情報量は1.44MBっていう量だったんですね。

でね。

次にCDっていう円盤が現れたわけですねよ。

このCD−Rっていう円盤に記録できるデータは、700MB なんですね。

これって、フロッピーの486枚分になるわけですよ。

あの黒い板が486枚が、あのペラペラの円盤1枚に収まっちゃうんですよ。

これだけでも、スゴイっしょ?

我々、カセットテープ族には信じられない進化ですね。

さらに、今回、手に入れた2TBという容量の外付けハードディスクは、な、な、なんとフロッピーディスクに換算すると、1,456,128枚になるんですよ。

これ超スゴイことなんですよね。

そんなそんなに容量が大きいハードディスクなのに、販売価格が8,000円台なんですね。

もう、ビックリです!

いつの間にこんなに大きく安くなっちゃったんでしょうかね?

まあ、とりあえずはハードディスクは用意出来ました。

そして、MacBookのバックアップも取りました。



準備万端、あとはアップルのサポートセンターに電話するだけです。

昼休み利用して、電話してみたんですよ。

そして、手順を教えてもらって、無事MacBookのバージョンを上げました。



ファイルのダウンロードから完成まで、そうだな〜、途切れ途切れだったけど、3時間はかかりましたかね。

で、本来の目的だったiTunesとつながてみたら、ちゃんとつながるようになりました。

それでね。

画面をよくよく觀るとなんだから新しいパソコンになったみたいです。

確かに壁紙は変わったけど、そのほかでもアイコンのデザインも変わっていたんですね。



まったくパソコンは、一筋縄ではいきませんですな。

新しいパソコンを買えば、たぶん、もっとスムーズにことは運ぶと思うんだよね。

でも、今はガマン。

まずは使えるこのMacBookで業務を遂行しようと思ってます。

このブログを読んでる方々、ぜひ、1度、パソコンの中身をお片付けしたらいいと思います。
気持ちのモヤモヤが吹っ飛びます!

そんじゃ、また!