FC2ブログ
創業53年 こころの洗濯屋
今年の2月だったかな~。

ブラックボードPOPの講習会に出たことがあるんですよ。

その時は、初歩の初歩でペンの握り方や線の書き方を教えてもらったんです。

上手には、程遠いけどなるべく描くようにして、お店活用していたんです。

そんな中、中級編をやるっていうんで、参加してきました。

内容は自店のPOPをつくろうっていうことなんですが、なかなかそのイメージが思いつかないまま、当日を迎えてたんです。

ただ、何を描こうかだけは決めていました。

それはは「薬膳茶」です。

最近、お店に置いているんだけど、けっこうお客さんのほうが良く知っていて、不思議くらい買っていかれる人が現れます。

そんな状況なんで、告知してあげないといけないと思って、ブラックボードを使ったPOPを作ろうと思ったわけなんです。

まずは、いろ~んなパターンを紙に下書きしてみました。



なかなか、核心を伝えるキャッチコピーがなかなか思いつかないんですよね

そんなわけで、完成はしなかったけど、何をどう描いたらいいのかは、今回の講習会でバッチリ掴んできました。

完成したら、店頭に置きますんで、良かったら観てみてくださいね!
(^ ^)b

この包みがなんだかわかりますか?



1個10万円のあられが2個、この中に入っているんですよ。

中身は、こんな感じです。



京都の職人さんが腕を奮って作り上げた傑作です。

西陣織の巾着も触らせてもらいましたが、凄いです。

たかが、あられ。

されど、あられ。

あられの価値を、ここまで上げるなんて、なんて凄いことなんだと感動しました。

どんな仕事にも価値は存在するんだと、あらためて学んできました。

自分の仕事の価値って、なんなんでしょうか?

店の中には、サンスベリアが たくさんあるんです。

これは8年前。今のお店が始めた時にお祝いでいただいた花が増えたものなんです。

そんなサンスベリアの中で、初めて花を咲かせたとブログに書いたのは10月24日でした。

ところが1ヶ月経っても、しっかりと咲いているんですよ。




凄いですね!
(^^;;

刺身やお寿司のお惣菜にわさびがついてきますよね。


あれ、いろんな種類があるというこをテレビで観たんですよ。

そしたら、本当に中身が違うんですね。

テレビで出てたのは、本わさびに西洋わさびを混ぜたものでした。

ちょうど、お寿司についてきたのがあったんで、何が入っているか確認したんです。

写真右がそうだんですよ。



ところが、刺身についてきたわさびを見てみるとこれが、いろいろ入っているんです。

ソルビットに増年多糖類、着色料・・・

知らなかったですね~。

でも、この二つ、おかしなことに同じ同じ会社なんですよ。

たぶん、左のほうがコストが安いから、無料で配っても大丈夫なように作ったもんなんでしょうね。

知らないところで、いろんな添加物使われています。

あんまり神経質になるのは良くないけど、少しは気にしてもいいかなと思いました。
(^ ^)b

お風呂のシャワーからお湯が出なくなっちゃったんですよ。

温度調整が効かなくなったんですよね。



これ、直せるのかな?

と思っていたら、うちの奥さんが、ちゃ~んと修理の方法をネットで調べてっくれていたんです。

ってことは、やらなきゃいけなくなちゃいました。

まずは、水道の元栓を止めるところからですね。

止水弁をマイナスドライバーで回ります。



次に温度調整のレバーを外します。





さて、核心のシリンダーを外します。

これが簡単には出てこないんですよ。

とにかく、ネジみたいなのがないんです。

そこで、全体のカバーも外しちゃいます。



お!ネジらしいものが見えました。



でも、これ、普通の工具じゃ回せないですよ。

パイプレンンチを使うんです。





ネットには、スパナを使ってDIYで出来るって書いてあったけど、パイプレンチなんて普通の家にはないですよね。

まあ、とにかく回すことが出来、シリンダーは外れました。



外した部品をきれい洗浄したけど、破損やパッキンの痛みはありませんでした。



そして、そのまま組み立てみたんです。

あ~ら不思議!何もしてないのに直っちゃいました。

原因はなんだったんでしょうか?

と、まあ、費用がかからなかったので、良しとしましょうかね?