fc2ブログ
創業57年 きれいにするのは衣類だけじゃない!
クリーニング屋シルクの世界へようこそ!

よろしかったらLINEに登録をお願いします
友だち追加

では、お客さんから質問の多い、シルクの謎についてご説明させていただきます

Q.なぜクリーニング屋なのに「美味しい」なの?

A.最初は「森のクリーニング屋」だったんです

その理由は、これからのお店に役割のひとつに「お客さんを癒やす」があると思ったんですね
それには、どうしたらいいのか?
それは、森のような空間を作ればいいんじゃないかと思ったわけですよ
そいて雰囲気としては、ジブリっぽい店がいいな~って「魔女の宅急便」が参考にしたドブロブニクの写真とニラメッコしながら店のイメージを作りました

次にテーマにしたのが「ジャズなクリーニング屋」です

ジャズって、相手の演奏に臨機応変に対応するでしょ?
セッションっていうんですか?
クリーニングの受付もセッションじゃないかと思ったわけなんです
だって、衣類の種類、汚れ具合、お客さんの服に対する思い、価値観などなどさまざまですよね
それに対して、シミはどこまで落としたらいいのか?
仕上げはどんな感じがいいのか?
それをお客さんと会話しながら決めるんだから、そりゃもうジャズセッションですよ!
ってことで「ジャズなクリーニング屋」にしたんです

そして今、「美味しいクリーニング屋」にしたのはですね

クリーニング屋がクリーニングだけやっていたんじゃ、クリーニングの用事がない人はお店に行く理由がないですよね
そこで、クリーニング以外に何かお店に行く理由はないかと考えたんです
実はシルクでは20年以上前から新潟の糀ドリンクを販売していたんですね
一般的には甘酒と呼ばれるものです
僕が潰瘍性大腸炎になったあと、発酵食品である甘酒を飲んだら調子がよくなって、それから扱うことにしたんです
「そうだ!クリーニングがなくても、糀ドリンクを買いに来てくれる人がいる。ってえことは、もっと身体にいいものとか、美味しいものを揃えばいいんだ!」ということになり「美味しいクリーニング屋」になってしまったんです
めでたし、めでたし

Q.「マスター」ってどいういう意味?

A.これは「クリーニングマスター」の略です

クリーニング屋をやるには国家資格であるクリーニング師が必要なんです
繊維の知識や、シミ抜きの技術、それに仕上げる技がないと良いクリーニングは出来ないですからね
「師」は師匠とか先生の意味ですね
だから、人に教えないといけないんです
そこで、クリーニングマスターと自分ことを呼び、クリーニングの情報、衣類の知識、家庭洗濯のやり方などの正しい知識を広めることがシルクの使命だと思ったんです
その責任を負うために「クリーニングに関する師=クリーニングマスター」と名乗ることにいているんです

Q.営業時間が7時5分の「5分」はなに?

A.営業終了の7時までは片付け始めちゃいけないんです

ホームセンターやドラックストアなんかで、営業時間が夜8時なのに、8時前から外の片付けやレジの片付けなんかやりだすところあるじゃないですか?
あれって、買い物していて焦りませんか?
営業時間が8時なら、8時になってから片付けをするべきだと思うんです
そこで、シルクは夜の7時になったら片付けを始めます
すると5分ぐらいかかるので、7時5分まではお店が開いているってことなんです
よく閉店間際に来たお客さんから「この5分に救われた!」って言われます

Q.定休日が火曜・水曜にした理由は?

A定休日といっても、ほぼ店内で仕事をしています

食品を扱うようになってから、その発注や在庫管理などの時間を作らないといけなくなったんです
そのため、1日はそれにあてます
もう1日は、普段、店から出ることがなかなか出来ないので、用事を済ませる日にしています
定休日というと休んでるっていう印象があるかもしれませんが、このパターンがシルクの営業スタイルだと思っています

Q.シルクの店名の由来は?

A.天から降ってきた名前です

初代は石井クリーニング店として個人業でした
その店を一度出たことがあるんです
そして、チェーン店にしばらく勤めていたんですね
そのときに、すでに自分で会社を創ろうと思っていました
そして、店名を考えているときに「シルク」という名前が浮かんだんです
ご存知の通り、シルクは絹です
絹は、日本人に馴染みが深く、ドレープが美しくツヤがあり、さらに繊維の中でも一番強い素材です
まさに、クリーニング屋にはピッタリだと思ったんです
なんの迷いもなく「シルク」と名付けました

Q.モットーはなに?

A.モットーは用事がなくても行きたくなる店です
朝起きて、なんの用事がないときに「今日はシルクでも行ってみるか!」って思ってくれるような店を作りたいと思っています
目標としているのは「ビレッジバンガードのようなディズニーランド」です
ミッションは「衣食同源」といって、衣類と食は同じように大切なんで、衣類もきれいにし、身体もきれいにする
だから「きれいにするのは衣類だけじゃない!」って思ってます
会社を作るときに基本になる考え方である経営理念を決めましたは、それは「先義後利」です
とにかく、筋を通すこと、正しいことをする、そうすれば利益はあとからついてくるっていう意味です

以上、まだまだ謎はありますが、今日はこのへんで失礼します
最後まで読んでいただきありがとうございました

店の棚をひとつ動かすと、それに連動して、他の棚も動かさないといけなくなることが多々あるんですよ
今回のレイアウトは、まさにそのドツボにハマりました
😱
当初、カウンター左横の棚のところに補助カウンターを作ろうという計画だったんですね。

そしたら、そこにもともとあった棚を商品をどうしようか?って問題が起こるわけですよ。
まあ、補助カウンターの下にでもおけばいいやと軽く考えていたんだけど、そうは問屋がおろさないかったです
😅
そのために、カウンター右横の棚もいじらなきゃいけなくなったんですね!

a href = "https://blog-imgs-166.fc2.com/s/i/l/silk929/fc2blog_202401032214274f7.jpg">

いや~、1日で終わると思っていたんですが、ちょっと大事になったんで、今日中に終わりませんでした
😞
明日、続きをかんがりま~す!

この年始の休み中にやっておきたいことがあるんですよ。

それは、店にレイアウト変更なんですね。

場所はここ↓


目的は、2人のお客さんを同時に受付するための配置なんです。

僕の場合は、図面とかで考えるんじゃなくて、ある程度イメージを作って実際に棚やテーブルを動かして決めるんですよ。

だから、商品を棚から下ろして、棚を空っぽにして移動しやすいようにするわけです。

ということは、とても1日じゃ出来ないんですね。

そこで、ゴールデンウィークとか夏休みとか、この年末年始にやるんです。

5日まで休みなんで、3日間あるからきっと上手く配置が出来ると思います

頑張りま~す!


ついに2024年がスタートです!

毎年、初日の出は、近所の公園の高台に行って観るんだけど、今年はいつもの日課である朝のウォーキングをしながら見ることにしたんですよ。

木の影だ光を和らいで、直接観るより太陽がでかく観えて感動です!



そして、お客さんからいただいた浅草の「縁起開運えと飴」を開封してみたんですよ!

これがまた、めちゃ綺麗です!



普通は「今年も良い年になりますようね!」って願うんだけど、今回ばかりは世の中にいい材料が見当たらないから「良い年にしましょう!」って感じです!
😊✌️

僕の大掃除担当は、風呂と換気扇なんです。

風呂掃除は、2週間ぐらい前に完了していたんだけど、換気扇をしている時間が無かったんですね。

とうとう、12月31日ギリギリとなっちゃいました
😅

ぜ~んぶ分解して、アルカリ剤で漬け込んで、油分をとって、乾燥、組み立てるんです。



やり始める時は「面倒くさいな~!」と思ったけど、やっぱ、やるかことやると気持ちがいいですね!

これで、新しい年を迎えられるます!

さあ!今年に残るところ1時間を切りました

あと少しで新しい年になります!

果たして、2024年はどんな年になるんでしょうか?

きっと、良い年になりますよね!