人と人がつながる店
昨日、洗濯教室をやったんだけど、明日もまた洗濯教室をやるんですよ。

クリーニングという仕事をしている以上、自分の知識が人の役に立たつことはとっても嬉しいことです。

でも、日本人の多くが、家庭洗濯のことで悩んいることは事実だと思うんですよね。

テレビのCMを見ると、科学白さや部屋干しで臭わないというフレーズが飛び交っていますよね。

もし、あのCMの通りになるとしたら、家庭洗濯では悩む必要がないわけです。

ところが、現実は、臭い、汚れが落ちない、タオルが黒ずむ、ゴワゴワする・・・という声が多いわけですよ。

なんでなんでしょうかね?

洗剤メーカーは多額の研究費をかけて、それらの不満を解消しようと日々努力をし、新しい洗剤を開発、販売する。

そんなことを、もう、何十年も繰り返しているのに、毎日洗濯をする主婦やOLからは、満足の声が少ないのはなんなんでしょうか?

あれだけの大手企業が世に送り出している洗剤はなんなんでしょうか?

と、いつも洗濯教室をやると思っちゃいます。

まあ、これはとにかく、正しい知識と情報を手に入れて賢い生活者になるしかないんですよね。

明日もそんなお手伝いに行って来ます。

では、また、そのご報告は明日のお楽しみということで・・・・

今日は、事前にご予約をいただいていたお客さん5名を迎え、洗濯教室をやったんですよ。



初めてお会いする方たちなので、スゲー緊張しました。

僕は、基本的に、人前で話すのが苦手なんです。

うっそー!ってよく言われるけどほんとなんですよ。
(^^;;

僕は緊張すると、鼻がかゆくなるんです。

今日も、やっぱりかゆくなりました。

そのおかげで、話は暴走状態だったと思うんです。

参加された方々は遠くから来てくれた方ばかりなので、少しは参考になることを持って帰ってくれたのか、ちょっと心配してます。

まあ、とにかく、話したいことは話したつもりなんで、あとは運を天に任せるだけですね。

参加者の皆さんの洗濯が明日から変わることを祈るばかりです。

でね。

実は、この洗濯教室って、僕が教えるだけじゃなくて、参加された方のお話を聞くこと、僕にとっては大いに勉強なるわけですよ。

どんなことで悩んいるとか、どんなことを知りたいのかかなとが直接わかるからなんですね。

実際問題、女性は家庭洗濯のやり方をちゃんと教わってないんですよ。

例えば、料理教室なんかは、基本的なやり方なんかは、教えてくれたりするじゃないですか?

でも家庭洗濯は習う機会がないんです。

ただ、テレビのCMや、ドラックストアでの情報、または友だちから聞いた話なので、洗剤を選び洗ってるわけですよ。

テレビのCMなんか、僕に言わせるとヒドイもんです。

あそこまで白くなったり、臭いが無くなったら、プロも使いますよ。

あのCMのようにならないから問題なんですよね。

新しい洗剤が出れば、今度こそ、キレイになるんじゃないかと買ってしまうのが常じゃないかと思うんです。

とにかくね。市販の洗剤なら、どれもそんなに大差がないと思ったほうがいいですよ。

それよりも汚れが落ちる理屈を良く理解して、自分で上手に洗濯できるようになるといいですよね。

微力ながら、そのサポートをこれからもやっていきたいと思っているしだいです。

おやすみなさい。
(^^)/

祝日の定休日だったんだんですよ。

だから、店を閉めて1日ニューズレターの原稿書きをやってたんです。



僕はですね。基本的に文章を書くのは苦手なんですね。

とにかく、学校の宿題で最も嫌いだったのが感想文なんですよ。

だってさ、本を読んで感想を書けっていわれたって、人それぞれとらえ方はあるから何を書いていいのかわかんないじゃないですか?

それに、もし、感想はあったとしても、話し合うならまだしも、紙に書くということはかなり難関です。;

数学みたいに1+1=2なら、宿題としていいと思うんですよ。

正解なのか間違っているのかが明確だからですね。

でも、感想分の宿題って、ちょっと違うよね。

正解がないから、とっても難しく問題だと思うんですよ。

そんな国語苦手な僕だから、結局朝10時ぐらいに始めて、夜の8時になっても完成しませんでした。

まあ、入稿は月曜の夜なんで、それまでにはなんとかなるでしょうと思ってます。

明日も頑張ろう!!
(^-^)/

突然ですが、このところシルクのカフェでやりたいことがたくさんあって、妄想だけで潰れそうです。
ワハハ!
(^^;;

いや~、やっぱさ、面白いことって、いろいろやりたいじゃないっすか!!

そのやりたいということを、今、ここで書いちゃうと、たぶん、朝までかかるんで、とりあえず、1つだけ書かせてくださいよ!

それはね「食堂」なんっすよ!

今は、シルクのカフェってさ、飲み物しか提供出来ないじゃないですか。

だからといって食べ物を出したいとは思うけど、手が足りないっすよね。

とはいえ、せっかく静かな空間なんだからさ、和食なんかをゆっくり食べたいと思うことがあるわけですよ。

だかってね。和定食でも、高級な懐石料理を食べたいというわけじゃないんすよ!

ただ、チェーン店のようにワンオペで電子レンジを使いチンチンする音がするようなのだけは勘弁して欲しいってことです。

とにかく、料理の好きなおばちゃんが作る「和」を食べたいと思うわけですよ。
(^ ^)b

と、そんなことを思っていたら、な、な、なんと!そんな企画が実現しそうなんです。



九州・宮崎でシーフードの料理コンテストで最優秀県知事賞をとった方が、うちのお客さんのお母さんなんです

そんな人がいるなら、こりゃ、お願いしたいと思っていたら、10月の15日と16日に東京にくるらしいでです。

それなら、ぜひ!ということで、10月にイベントをやることにしたんです。

みんなで、黒田さんの美味しい弁当を食べるってやつです。

せっかくだから、そのためのチラシを今、書いてます。



詳しくは、このお知らせを見ていただくとして、今日はとりあえず、そんなことをやるというご報告をしたところで、寝ます。

そんじゃ、おやすみなさい!
(^ ^)b

そうそう、明日は祝日で定休日になります。
よろしくお願いします。
m(_ _)m



このところ、手作りのお店が続々オープンしています。

(手作りの店と呼んでいるのは、シルクの店の中に開業した小さなお店のことなんです)

本日、紹介するのは、ペーパーをくるくる巻いて花や小物を作るお店「ペパくるる」さんです。






このお店は、完成品を販売するというよりは、一緒に作るワークショップを主にするのが目的なんですね。



この額縁に入った花も、ワークショップの見本なんですよ。

12種類の花が用意されていて、それを作り上げると基本的な技術が学べるってことになってるらしんです。

今は、買うより作るほうが楽しいですからね。

これからの展開が楽しみです。

シルクに来たら、のぞいてみてくださいね。

自動ドアを入って右側にあります。

(^ ^)v