FC2ブログ
創業52年 こころの洗濯屋
文化祭の準備に取り掛かっているんだけど、なかなか決まらないところもあるんですよね。

前は、サポーター全員に集まってもらってミーティングをやったんだけど、全員っていうのは難しいっすね。

結婚したり、お子さんが出来たり、お仕事を始めたり、
いろいろ状況は変わっていますからね。

そこで、日にちをずらして個別にプチ打ち合わせをしています。

特に買い出しをお願いしている方には目的の品物が無く苦労かけているようです。

どうもすみません。
m(__)m

個別で、ある程度カタチにはなるんだけど、やっぱりどこかで、一度は会って話をしなきゃと思ってるんです。

そこで今週の27日(木曜)夜7時半からシルクのカフェで、ちょこっとだけ打ち合わせをします。

まず、当日、何か手伝っていただける方LINE@シルクをください。

登録方法は、レターの4ページ目にあります。
もしくは、このQRコードでお友だち追加をお願いします。



そして、もし、その打ち合わせに参加出来る方は、LINE@シルクに返事をください。

よろしくお願いします。
m(__)m

多肉植物って、よく手間がかからないから育てやすいて言われますよね。

上手に育ててる人が言わせると「外に出しっぱなしにしておけばいいのよ!」とか「水なんか気がついて時しかあげてないわよ」などなど・・・

けっこう、いい加減でも育つ印象があるんです。

お店で少しは育てているんだけど、意外と難しいんですよ。

やっぱ徒長(間伸びする)したり、形が崩れたりするわけです。

そんな多肉植物の中でグリーンネックレスっていうのがあるんですね。

これがまた、過去、2回育ててはみたけど、みんなダメにしちゃってるんです。

一度も成功したことがないんですよ。
(^^;;

でも、今年は2個かったのが両方とも生きながらえているんです。



ところがです。

置いてある場所で色合いが違うんですね。

手前は陽が直接当たるところなんですね。



奥のは、明るいけど直接陽が当たらないところに置いたやつなんです。



やっぱりどう見ても、奥のほうが色がいいですよね。

手間のは、ちょっと焼けている感じです。

いや~、グリーンネックレスって、置く場所によって、違いがでるんですね。

とはいえ、なんとか枯れずにすんでいるので、今年はなんとか成功しそうです。
(^ ^)b

文化祭1週間前になりました。

まだ、たいした打ち合わせもしてないんで、大丈夫かと時々心配になります。

でも、もう7回にもなると大体の要領がわかってくるので、大丈夫なんでしょう。

さて、そんな中、焼き鳥の用意をお願いしているお客さんから連絡が来ました。

「去年、購入した焼き鳥なんですが、メーカーが販売していないようなんです・・・」

このお客さん、去年購入したお店に行ったら焼き鳥がなく、そのメーカーまで問い合わせをしてくれたんですね。

そしたら、そのメーカーではその焼き鳥を関東地区で販売していないというのです。

さてさて、困ったもんです。

文化祭の焼き鳥は、国産にこだわっているんですよ。

中国産なら、どこにでもあるけど、国産がなかなかないんですよね~。

このままいくとネットで探し、注文になるようなんです。

もちろん、仕入れ値は上がります。

でも、もう価格はレターに書いちゃいました。

ってことは、今年は焼き鳥は持ち出しになっちゃうかも?

まあ、1年に1度のお祭りなんで、それも良しかと思っています。

焼き鳥を探してくれたお客さん、お手数をおかけします。本当にありがとうございます。
m(__)m

これから2021年まで日本の政治を責任もって進めてゆくトップが決まりましたね。

3年間は、この人その政党の方針で世の中が動いてゆくことでしょう。

そんなニュースを見ていて、ふと思い出した映画があるんです。

ずーっと前に観て、シルクのレターにも書いたことがある映画なんです。

それは「県庁星」です。



県庁に勤めるエリートが、民間のスーパーで体験をするっていう内容なんだよね。

これがさ、良く出来てるわけですよ。

エリートはね、マニュアルとか、決まりごとで動くわけです。

それを民間にも求めるんですね。

ところが、街のスーパーじゃ、そんなものはあってないようなもんです。

そうじゃないと、日々、営業出来ないっすからね。

そんなスーパーの体験を通して、エリートが何が大切かを学ぶわけです。

どんな凄い政治家があわられても、一般庶民の生活をしないかぎり、国民からは支持されないでしょうね。

スーパーはお客さんを見て仕事をします。

政治家は何を見て自分の仕事をするんでしょうかね?

僕は、お客さんの笑う顔を見て仕事をしたいです。
(^ ^)v

本日も、無事、レターの折り込みがお客さんの協力のもと完了いたしました。

ご協力ありがとうございました。
m(__)m



さて、終わってみれば予定通りでしたが、始まる前は、またもバタバタだったんですよ。

いつもは佐川急便の午前中着便が問題になるんです。

ところが、今回は福山通運の昨日着便が問題になってしまいました。
(^^;;

っていうのは、レターを入れる透明なビニールの封筒を昨日着で注文してあったんですが、今朝の時点でまだ届いていなかったんですよ.

こりゃマズイ!!

そこで、発送のメーカーにお願いして宅配業者に連絡してもらったんですよ。

そしたら「遅くても今日の3時には」っていうんですよ。

昨日着便が、今日の3時っていうのはどうなの?って感じです。

それも遅れてすいませんの一言も無しに・・・

そうそう、今日、こんなことがあったんですよ。

いつも、午前中便が午後になる佐川急便だから、まず伝票番号で状況を調べたんです。

そしたら、センターから配達ドライバーが持ち出していることはわかったんです。

ってことは、珍しく午前中に来る可能性が大です。

でも、まあ、とりあえず念のために佐川急便のセンターに電話いれておいたんですよ。

そしたらですね。

いつもは「急ぐように配達のドライバーに伝えておきます」と言うだけど、今日は違いました。

「時間指定は、あくまで指定をしているだけで、届けるというお約束をしているわけではありません。もし指定した時間に届けて欲しいなら、法人さまには時間に届くジャスト便サービス(有料)かがあるんです」

っていうんですよ。

あちゃー!前まで、なるべく急ぎますと言っていたのが、今度は別料金なら時間に届くというわけです。

これもどうかと思うんですよ。

時間指定の仕組みは宅配業者が作ったことです。

別に、我々からそうして欲しいと言ったわけじゃないですよね。

宅配業者が、時間に届けてあげるよっていうから、それを利用しているわけなんです。

もしね。

どうしても翌日届けられないなら、ちゃんと中1日空けるとかすればいいんですよ。

今日出したら明後日に届くを基準にすれば、なんか時間の過ぎてゆくのも正しいかもしれないね・・・

そうすれば、世の中のリズムも少し遅くなるんじゃないでしょうかね?

ってことで、本日は宅急便のお話でした。
お・そ・ま・つ・で・し・た・m(__)m